<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 小児科学講座(大橋)
 Department of Pediatrics (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 教一   教授
 2 2  2    1      
 3
 
 
 
 
二瓶 浩一   講師
  1            1
 1
 
 
 
 
中村 浩章   助教
  1 1           
 
 
 
 
 
那須野 聖人   助教
  1            
 
 
 
 
 
 2 1  0 1  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 教一   教授
 2    1    
 
 
二瓶 浩一   講師
         1
 
 
中村 浩章   助教
  1       
 
 
那須野 聖人   助教
         
 
 
 2 1  0 1  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 清水教一:  一般検査から疑うべき神経・筋疾患.  小児内科  52 (3) :344 -347 , 2020
2. 清水教一:  ウイルソン病の診断と治療のポイント,日本版ガイドラインの発表をふまえて.  臨床神経学  59 (9) :565 -569 , 2019
症例報告
1. 笹本光紀, 二瓶浩一, 林歩実, 白井陽子, 中村浩章, 那須野聖人, 清水教一:  特発性分節性大網梗塞を左側に発症した幼児例.  小児内科  51 (6) :907 -910 , 2019
2. 宇都宮真司、武田 慶、星野廣樹、三嶌典子、清水教一:  18番染色体長腕の端部決失と同腕二動原体染色体のモザイクを呈した17歳思春期女性例.  東邦医学会雑誌  66 (3) :160 -165 , 2019
3. Nakamura H, Nakamura M, Shimizu N, Matsunaga K, Kondo Y.:  Analysis of allergens in corn-dependent exercise-induced anaphylaxis.  Annals of Allergy, Asthma and Immunology  123 (1) :103 -105 , 2019
4. Hoshino H,Shirai Y,Konishi H.Yamamura T,Shimizu N:  Efficacy of tocilizumab for fulminant multiple sclerosis with a tumefactive cervical lesion:A 12-year-old boy.  Multiple Sclerosis and Related Disorders  37 :101460 , 2020
■ 著書
1. Norikazu Shimizu, Tsugutoshi Aoki:  Wilson Disease.  Human Pathobiochemistry  133-141.  Springer,  Singapore, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 服部美来、窪田幸世、西原明子、林歩実、宇都宮真司、二瓶浩一、清水教一: 遅発性先天性横隔膜ヘルニアの1例.  第19回世田谷区医師会医学会,  東京、日本,  2019/12
2. 二瓶浩一、小林宗光: 心臓病の子どもを守る会・サマーキャンプの活動.  第55回日本小児循環器学会総会・学術集会,  札幌、日本,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者