東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 小児科学講座(大橋)
 Department of Pediatrics (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関根 孝司   教授
 1   1   1       
 19
(4)
 
 4
(1)
 
 
清水 教一   准教授
 3 1    2 1       4
(4)
 3
(2)
 
 
 
 
二瓶 浩一   講師
 1             
 3
(1)
 
 
 
 
中村 浩章   助教
              
 3
(2)
 1
(1)
 
 
 
三嶌 典子   助教
              
 3
(3)
 
 
 
 
 5 0  2 0  0  4
(4)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 清水教一:  ウイルソン病に対する酢酸亜鉛療法.  小児科  56 (11) :1799 -1804 , 2015
2. 二瓶浩一:  川崎病.  小児科診療  78 (11) :1653 -1657 , 2015
3. 関根孝司:  脱水症のみかたと輸液の基本.  小児科診療  78 (6) :723 -728 , 2015
4. 清水教一:  見落としてはいけない小児神経の病気 Wilson病などの銅代謝異常症.  小児神経学の進歩  44 :109 -115 , 2015
5. 清水教一:  Wilson病.  糖尿病  58 (8) :529 -531 , 2015
6. 児玉 浩子, 青木 継稔, 有馬 正高, 池田 修一, 猪股 裕紀洋, 大竹 孝明, 小峰 恵子, 近藤 宏樹, 清水 教一, 林 雅晴, 原田 大, 藤澤 知雄, 水落 建輝, 道堯 浩二郎, 宮嶋 裕明, 別所 一彦, 松浦 晃洋, 中村 道子:  Wilson病診療ガイドライン2015.  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  29 (2) :63 -119 , 2015
■ 著書
1. 清水教一:  ビタミン代謝異常(葉酸,ビオチン,B12).  今日の小児治療指針第16版  227-228.  医学書院,  東京都, 2015
2. 清水教一,深尾敏幸,窪田満,奥山虎之,伊藤啓哉,大竹明,小林弘典,小林正久,作本修,但馬剛,中村公俊,長谷川有紀,濱崎孝史,福田冬季子,村山圭:  Wilson病.  新生児マススクリーニング対象疾患等診療ガイドライン  202-210.  診断と治療社,  東京,日本, 2015
3. 清水教一:  金属代謝異常症.  こどもの病気,遺伝について聞かれたら  70-72.  診断と治療社,  東京,日本, 2015
4. 関根孝司:  小児の輸液法と注意点.  内科総合誌 2015vol.32 臨時増刊号 病態生理と症例から学ぶ輸液ガイド  344-348.  文光堂,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎長谷川 慶,本山 治,中川知亮,関根孝司,濱崎祐子,宍戸清一郎: Focal segmental mesangial proliferationを呈し異なる臨床経過を呈したnon-IgA腎症2例の検討.  第37回日本小児腎不全学会学術集会,  加賀,  2015/11
2. 清水 教一 小川 絢子,小西 弘恵, 徐 じゅひょん, 奥山 虎之, 青木 継稔: MC-Bank患者登録からみた本邦におけるWilson病治療の実態に関する検討.  日本先天代謝異常学会,  大阪,  2015/11
3. ◎二瓶浩一, 関根孝司: 川崎病急性期の低尿酸血症について.  第35回日本川崎病学会,  鹿児島,  2015/10
4. ◎宇都宮真司、二瓶浩一、佐地勉、関根孝司: 川崎病再発例の特徴について.  第51回日本小児循環器学会学術集会,  東京,  2015/07
5. ◎長谷川 慶,本山 治,濱崎祐子,宍戸清一郎: 急性巣状細菌性腎炎における短中期的予後とリスクの検討.  第50回日本小児腎臓病学会学術集会,  神戸,  2015/06
6. 水教一,小川絢子,三嶌典子,小西弘恵,徐朱玹,奥山虎之,青木継稔: MC-Bank患者登録からみた神経症状を呈するWilson病症例の現状に関する検討.  第57回日本小児神経学会学術集会,  大阪府,日本,  2015/05
7. 星野廣樹、清水教一、中澤祥子、三嶌典子、関根孝司、青木継稔: 再生不良性貧血が疑われた肝神経型Willson病の一例.  第57回日本小児神経学会学術集会,  大阪府,日本,  2015/05
8. 清水教一: ウイルソン病の診断と治療のポイント,日本版ガイドラインの発表をふまえて.  第56回日本神経学会学術大会,  新潟市,日本,  2015/05
9. 星野 廣樹 清水 教一, 中澤 祥子, 関根 孝司, 青木 継稔: 再生不良性貧血が疑われた肝神経型Wilson病の一例.  日本小児神経学会,  大阪,  2015/05
10. 清水 教一小川 絢子, 小西 弘恵, 徐 じゅひょん, 奥山 虎之, 青木 継稔: MC-Bank患者登録からみた神経症状を呈するWilson病症例の現状に関する検討.  日本小児神経学会,  大阪,  2015/05
11. ◎正田八州穂, 渡邊美砂, 早乙女壮彦, 宮下弘, 藤巻有希, 小峰由美子, 関根孝司, 舘野昭彦,小原明, 佐地勉: 果物アレルギー小児の臨床像.  第118回小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
12. ◎高月晋一, 中山智孝, 直井和之, 池原聡, 松裏裕行, 小原明, 佐地勉: 小児期肺高血圧においてエポプロステノール治療開始1年目の血行動態が予後予測になる.  第118回日本小児科学会,  大阪,  2015/04
13. ◎鶴岡未来, 白井陽子, 竹中紗代, 朴ジュヒョン, 中村浩章, 藤原順子, 二瓶浩一, 舘野昭彦, 佐地勉, 関根孝司: サイトメガロウィルス感染を合併した消化管アレルギー乳児の一例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
14. ◎矢内俊, 中山智孝, 羽賀洋一, 武藤理香, 松裏裕行, 関根孝司, 舘野昭彦, 小原明, 佐地勉: 小児におけるデクスメデトミジン離脱症候群.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
15. 清水教一: ウイルソン病,診断から治療へ,そして課題.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪府,日本,  2015/04
16. ◎羽賀洋一, 高橋浩之, 松岡正樹, 小嶋靖子, 関根孝司, 藍原康雄, 片上秀喜, 舘野昭彦, 小原明, 佐地勉: 2年間で緩序に左片麻痺が進行した10歳男児.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
17. ◎長谷川慶,本山 治,関根孝司,舘野昭彦,小原 明,佐地 勉: 逆行性排尿時膀胱尿道造影の適応決定に超音波検査は絶対ではない.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
18. ◎本山 治,舘野昭彦,羽賀洋一,長谷川慶,蜂矢正彦,佐地 勉,関根孝司: 下部尿路からの出血が疑われたHenoch-Schonlein紫斑病の2小児例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
19. ◎本山 治,舘野昭彦,長谷川慶,根津敦夫,佐地 勉,関根孝司,飯高喜久雄,: 成人に達した結節性硬化症5例の腎病変.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
20. ◎本山 治,舘野昭彦,長谷川慶,佐地 勉,若山 恵,根本哲生,澁谷和俊,関根孝司,飯高喜久雄: 低補体血症を認めたHenoch-shonlein紫斑病の小児3例の腎炎の組織所見.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
21. ◎本山 治,高山和子,舘野昭彦,豊田理奈,長谷川慶,佐地 勉,濱崎祐子,宍戸清一郎,相川 厚,関根孝司: 末期腎不全に陥り生体腎移植を行なったGalloway-Mowat症候群の1例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
22. ◎本山 治,鈴木紗耶香,舘野昭彦,長谷川慶,佐地 勉,関根孝司,飯高喜久雄: ネフローゼ症候群を呈した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の3小児例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
23. ◎本山 治,鈴木紗耶香,小島泰子,沢田 健,舘野昭彦,長谷川慶,佐地 勉,関根孝司: 超低出生体重児(在胎25週、819g)に生じたインドメサシン投与後の急性腎機能障害.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
24. 本山 治,舘野昭彦,長谷川慶,根津敦夫,佐地 勉,関根孝司,飯高喜久雄: 成人に達した結節性硬化症5例の腎病変.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪、日本,  2015/04
25. ◎澤 友歌,麻生敬子,中川知亮,吉澤定子,関根孝司,舘野昭彦,小原 明,舘田一博,佐地 勉: 小児における便培養からのClostridium difficile(CD)の最近の分離状況.  第118回日本小児科学会学術,  大阪,  2015/04
26. ◎白井陽子,朴ジュヒョン,中村浩章,榎本泰典,那須野聖人,二瓶浩一,清水教一,舘野昭彦,佐地 勉,関根孝司: Solid pseudopapirally neoplasmの一例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
27. ◎星野廣樹,竹中紗代,小西弘恵,清水教一,久保田雅也,青木一憲,舘野昭彦,佐地 勉,関根孝司: 難治性劇症型脱髄性疾患の一例.  第118回日本小児科学会学術集会,  大阪,  2015/04
28. Yoko Shirai, Juhyonn Paku, Hiroaki Nakamura, Yasunori Enomoto, Kiyoto Nasuno, Koichi Nihei, Norikazu Shimizu, Akihiko Tateno, Tsutomu Saji, Takashi Sekine: A case of solid pseudopapirally neoplasm.  The 119th Annual Meeting of the Japan Pediatric Society,  Osaka, Japan,  2015/04
国際学会
1. HiroakiNakamura, Kenichi Akashi, Masako Watanabe, ShoichiroOhta, JunyaOno,
Yoshinori Azuma, Takashi Sekine, Kenji Izuhara, Toshio Katsunuma: Up-regulation of serum periostin and squamous cell carccinoma antigen levels in respiratory syncytial virus bronchitis of infants.  25th ERS INTERNATIONAL CONGRESS 2015,  Amsterdam, Holland,  2015/09
2. ◎Shoda Y, Watanabe M, Wada K, Soutome T, Komine Y, Miyashita H, Fujimaki Y, Tateno A, Sekine T, Ohara A, Saji T: Eosinophilic chronic rhinosinusitis with nasal polyps in a young boy with bronchial asthma.  11th Asian Society for Pediatric Research,  Osaka, Japan,  2015/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者