<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 小児科学講座(大橋)
 Department of Pediatrics (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















関根 孝司   教授
 3 3  5   1  1     
 18
(4)
 2
(2)
 
 
 
清水 教一   准教授
  1    1 9       
 10
(1)
 
 
 
 
二瓶 浩一   講師
 1             
 3
(2)
 
 
 
 
那須野 聖人   助教
    1          
 4
(2)
 
 
 
 
藤原 順子   助教
              
 1
(1)
 
 
 
 
 4 0  1 0  0  0
(0)
 2
(2)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














関根 孝司   教授
 3        
 2
(2)
 
清水 教一   准教授
    1     
 
 
二瓶 浩一   講師
 1        
 
 
那須野 聖人   助教
         
 
 
藤原 順子   助教
         
 
 
 4 0  1 0  0  0
(0)
 2
(2)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 関根孝司:  生体と腎でのK代謝(2)腎におけるK輸送:2.Kのネフロンセグメントに沿った輸送.  Nephrology Frontier  13 (3) :272 -277 , 2014
2. 岸田勝, 藤原順子, 黒岩玲, 小田優子, 鈴木美沙子, 平井香, 中村浩章, 中園宏紀, 小渋達郎, 鈴木五男:  メッシュ式ネブライザー(Omron MicroAir NE-22U)を用いたブデソニド懸濁液吸入療法の検討.  小児科診療  78 (2) :271 -275 , 2015
3. Kunishima S, Kitamura K, Matsumoto T, Sekine T, Saito H.:  Somatic mosaicism in MYH9 disorders: the need to carefully evaluate apparently healthy parents.  British Journal of Hematology  165 (6) :885 -887 , 2014
4. Ashida A, Yamamoto D, Nakakura H, Shirasu A, Matsumura H, Sekine T, Igarashi T, Tamai H.:  Molecular effect of a novel missense mutation, L266V, on function of ClC-5 protein in a Japanese patient with Dent's disease.  Clin Nephrol  82 (1) :58 -61 , 2014
5. Tsurumi H, Harita Y, Kurihara H, Kosako H, Hayashi K, Matsunaga A, Kajiho Y, Kanda S, Miura K, Sekine T, Oka A, Ishizuka K, Horita S, Hattori M, Hattori S, Igarashi T.:  Epithelial protein lost in neoplasm modulates platelet-derived growth factor-mediated adhesion and motility of mesangial cells.  Kidney Inter  86 (3) :548 -557 , 2014
総説及び解説
1. 関根孝司:  生体と腎でのK代謝(2)腎におけるK輸送:3.アルドステロンの分泌機構.  Nephrology Frontier  13 (4) :46 -51 , 2014
2. 関根孝司:  生体と腎でのK代謝(2)腎におけるK輸送:4.尿細管でのK排泄の調節(1).  Nephrology Frontier  14 (1) :66 -71 , 2015
3. 清水教一:  Wilson病.  小児科診療  77 :552 -553 , 2014
4. 関根孝司:  ネフローゼ症候群と治療:エビデンスと使い方 輸液とアルブミン製剤.  腎と透析  76 (6) :877 -880 , 2014
症例報告
1. Taki K, Sato Ya, Sato Yu, Ashihara Y, Chino A, Igarashi M, Sato K, Kitagawa T, Maetani I, Nemoto C, Nasuno K, Sekine T, Arai M:  A case of a child with an APC pathogenic mutation, aberrant expression of splice variants and positive family history of FAP.  Japanese journal of clinical oncology  44 (6) :602 -606 , 2014
2. Morisada N, Sekine T, Ishimori S, Tsuda M, Adachi M, Nozu K, Nakanishi K, Tanaka R, Iijima K.:  16q12 microdeletion syndrome in two Japanese boys.  Pediatr International  56 (5) :e75 -e78 , 2014
その他
1. 二瓶浩一, 関根孝司:  川崎病患者末梢血単核球におけるToll-like receptors(TLRs)mRNA発現からみた真菌関与の可能性について.  特定非営利活動法人日本川崎病研究センター平成26年度事業報告書  :29 -35 , 2015
■ 著書
1. 三嶌典子,清水教一:  セルロプラスミン.  引いて調べる先天代謝異常症  113-113.  診断と治療社,  東京, 2014
2. 三嶌典子,清水教一:  尿中銅排泄量.  引いて調べる先天代謝異常症  121-122.  診断と治療社,  東京, 2014
3. 小川絢子,清水教一:  酢酸亜鉛.  引いて調べる先天代謝異常症  154-154.  診断と治療社,  東京, 2014
4. 三嶌典子,清水教一:  低銅食.  引いて調べる先天代謝異常症  161-162.  診断と治療社,  東京, 2014
5. 小川絢子,清水教一:  銅キレート薬.  引いて調べる先天代謝異常症  164-164.  診断と治療社,  東京, 2014
6. 勝沼俊雄, 中村浩章:  【乳幼児期にみられる喘鳴のマネジメント】 乳幼児喘息と長期管理 β2刺激薬.  チャイルドヘルス  256-259.  診断と治療社,  東京, 日本, 2014
7. 清水教一:  金属代謝異常症.  引いて調べる先天代謝異常症  30-33.  診断と治療社,  東京, 2014
8. 小西弘恵,清水教一:  Kayser-Fleischer角膜綸.  引いて調べる先天代謝異常症  66-66.  診断と治療社,  東京, 2014
9. 清水教一:  金属代謝異常症.  こどもの病気 遺伝について聞かれたら  70-72.  診断と治療社,  東京, 2015
10. 小川絢子,清水教一:  肝銅含量.  引いて調べる先天代謝異常症  99-99.  診断と治療社,  東京, 2014
11. 清水教一:  銅代謝異常症.  神経症候群  703-707.  日本臨床社,  大阪, 2014
12. 関根孝司:  Lowe症候群(眼•脳•腎症候群).  別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ 神経症候群 Ⅲ  844-847.  日本臨床社,  大阪, 2014
13. Kusuhara H, Sekine T, Anzai N, Endou H:  Drug Transport in the Kidney.  Drug Transporters  303-325.  John Wiley & Sons, Inc.,  New Jersey, USA, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. 清水教一,小川絢子,三嶌典子,小西弘恵,徐朱玹,奥山虎之,青木継稔: MC-Bank患者登録からみた日本人Wilson病患者の実態に関する検討.  第56回日本先天代謝異常学会総会・ 第12回アジア先天代謝異常症シンポジウム,  仙台,  2014/11
2. 竹中沙代, 二瓶浩一, 星野廣樹, 中澤祥子, 伊藤智恵子, 朴硃亨, 三嶌典子, 中村浩章, 那須野聖人, 藤原順子, 関根孝司: 川崎病を合併したマイコプラズマ肺炎について.  第33回日本川崎病学会,  東京,  2014/10
3. ◎高橋 啓、大野尚仁、濱岡建城、小川俊一、大原関利章、二瓶浩一: 川崎病患児血清におけるβ-グルカン、α-マンナンの関与.  系統的血管炎疾患モデル研究会,  東京,  2014/09
4. 二瓶浩一: 「小児の血管炎の総括と展望」:川崎病の臨床像.  第38回日本小児皮膚科学会,  東京,  2014/07
5. 清水教一,三嶌典子,青木継稔: 酢酸亜鉛での治療中に妊娠・出産を経験したWilson病症例に関する検討.  第25回日本微量元素学会学術集会,  岡山,  2014/07
6. ◎小西弘恵, 清水教一, 梶山亜希子, 中村孝裕, 那須野聖人, 舘野昭彦, 佐地勉, 関根孝司, 青木継稔: 幼児期早期に診断された発症前型Wilson病の治療に関する検討.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/06
7. 清水教一,中澤祥子,小西弘恵,青木継稔: 神経症状を呈するWilson病症例の初発症状に関する検討.  第56回日本小児神経学会学術集会,  浜松,  2014/05
8. 朴ジュヒョン、清水教一、中澤祥子、小川絢子、藤原順子、舘野昭彦、佐地勉、関根孝司、青木継稔: 思春期の服薬コンプライアンス不良により肝機能障害を認めた発症前型Wilson病の1例.  第117回日本小児科学会,  名古屋,  2014/04
9. ◎本山治, 小島泰子, 玉置一智, 澤田健, 小松陽樹, 舘野昭彦, 佐地勉, 関根孝司: 在日スリランカ人の女児に発症したビタミンD欠乏性クル病.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
10. ◎本山治, 澤井清, 舘野昭彦, 長谷川慶, 佐地勉, 関根孝司, 飯高喜久雄: 漢方薬によりアレルギー性膀胱炎を生じた2小児例.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
11. ◎麻生敬子, 佐藤真理, 舘野昭彦, 関根孝司, 小原明, 佐地勉: 子宮卵管造影検査後の母体から出生した児の甲状腺機能異常とその要因.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
12. 小嶋靖子,三井一賢,松岡正樹,羽賀洋一,高橋浩之,関根孝司,舘野昭彦,小原 明,佐地 勉: 小児悪性リンパ腫の多彩な初発症状に関する考察.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,日本,  2014/04
13. 梶山亜希子,三嶌典子,那須野聖人,中村孝裕,朴ジュヒョン,舘野昭彦,佐地 勉,関根孝司: 遷延する腹痛に対してシクロスポリンが著効した難治性血管性紫斑病の一例.  第117回日本小児科学会学術大会,  名古屋,日本,  2014/04
14. 根本智恵子,小川絢子,小西弘恵,中村浩章,清水教一,舘野昭彦,佐地 勉,関根孝司: 肝機能障害を呈したlipomatous pseudohypertrophy of pancreasの1小児例.  第117回日本小児科学会学術大会,  名古屋,日本,  2014/04
15. ◎梶山亜希子, 三嶌典子, 那須野聖人, 中村孝裕, 朴ジュヒョン, 舘野昭彦、佐地勉, 関根孝司: 遷延する腹痛に対してシクロスポリンが著効した難治性血管性紫斑病の一例.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
16. ◎中澤祥子, 清水教一, 小川絢子, 小西弘恵, 舘野昭彦, 佐地勉, 関根孝司, 青木継稔: Wilson病の発症年齢と初発症状に関する検討.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
17. ◎長谷川慶,本山治,関根孝司,館野昭彦,小原明,佐地勉: 当科におけるIgA腎症の治療経過と予後の検討.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
18. ◎本山治, 舘野昭彦, 長谷川慶, 佐地勉, 関根孝司, 飯高喜久雄: 膜性増殖性糸球体腎炎1型7例の長期経過と血清補体価.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
19. ◎本山治, 舘野昭彦, 長谷川慶, 佐地勉, 関根孝司, 飯高喜久雄: ステロイド反応性ネフローゼ症候群の成人身長, 成人後の再発, 肥満, 高血圧, 妊孕性.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
20. ◎本山治, 舘野昭彦, 長谷川慶, 佐地勉, 酒井謙, 関根孝司, 飯高喜久雄: 30歳以降に再発した小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群5例.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
21. 小西弘恵、清水教一、梶山亜希子、中村孝裕、那須野聖人、舘野昭彦、佐地勉、関根孝司、青木継稔: 幼児期早期に診断された発症前型Wilson病の治療に関する検討.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
22. 中澤祥子 清水教一 朴硃亨 小西弘恵 舘野昭彦 佐地 勉 関根孝司 青木継: Wilson病の発症年齢と初発症状に関する検討.  第117回日本小児科学会学術集会,  名古屋,  2014/04
国際学会
1. 関根孝司: Dent's disease.  XII Asian Congress of Pediatric Nephrology,  New Delhi, India,  2014/12
2. 関根孝司: Renal tubular acidosis: Biochemical and molecular diagnosis.  XII Asian Congress of Pediatric Nephrology,  New Delhi, India,  2014/12
  :Corresponding Author
  :本学研究者