<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(大橋)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















上芝 元   教授
 1             2
 2
(1)
 
 
 
 
大平 征宏   講師
    2          
 
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














上芝 元   教授
 1        2
 
 
大平 征宏   講師
         
 
 
 1 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 上芝 元:  テストステロンの産生と生理作用.  泌尿器科  13 (4) :369 -373 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎大平征宏, 木村道明, 寺師碩甫, 草鹿砥宗隆, 小菅孝明: 桂枝加朮附湯エキスと麻黄附子細辛湯エキスの併用により軽快している家族性地中海熱の1例.  第71回日本東洋医学会学術総会,  宮城県仙台市(web),  2021/08
2. ◎田中理沙, 斉田芳久, 上芝 元, 二渡信江, 酒井正博, 涌井勇斗, 松門 武松, 城田知己, 河南典子, 石間恵美, 岩佐麻依子, 菊池香乃子: NST介入の目標設定は栄養改善に有意義か.  第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会,  Web開催,  2021/07
3. 〇上芝 元: テストステロン軟膏によるメタボリックシンドローム男性へのアプローチ.  第118回日本内科学会,  東京(Web),  2021/04
4. 〇一城貴政,上芝 元: 副腎偶発腫瘍のマネージメント.  第94回日本内分泌学会学術総会,  Web,  2021/04
5. 〇上芝 元: テストステロン軟膏によるメタボリックシンドローム男性におけるインスリン抵抗性及び脂質改善効果.  第94回日本内分泌学会学術総会,  Web,  2021/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者