東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ウエシバ ハジメ   Ueshiba Hajime
  上芝 元
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2019-12-03 10:46:55)
■ 学位
1. 医学博士
■ 刊行論文
1. 症例報告  グリメピリドとテネリグリプチン使用にSGLT2阻害薬カナグリフロジン追加投与で血糖コントロールの著明改善がみられた2型糖尿病の1例. 2018/11
2. 症例報告  シナカルセトが有効であった原発性副甲状腺機能亢進症の一例. 2018/09
3. その他  テストステロン軟膏はメタボリックシンドローム男性においてインスリン抵抗性と血中脂質レベルを改善する. 2018/04
4. その他  新たな仕事への参画(衛生管理者取得に向けて). 2018/04
5. その他  運動習慣のない女子大学生へのヨガ教室体験が心身に与える影響の検討. 2018/03
6. その他  教職員対象の救急講座の試み. 2018/03
7. その他  本学のインフルエンザ予防接種における試みについて. 2018/03
8. 症例報告  グリメピリド長期使用にDPP-4阻害薬テネリグリプチン追加投与で血糖コントロールの著明改善がみられた2型糖尿病の1例 2018/01
9. 原著  Cilnidipine decreases insulin resistance and aldosterone levels in essential hypertension 2017/09
10. 原著  The efficacy of testosterone ointment on insulin resistance in men with metabolic syndrome 2017/06
全件表示(24件)
■ 著書
1. 部分執筆  加齢とホルモン「内分泌代謝専門医研修ガイドブック」 2018/05
2. 部分執筆  副腎酵素異常症「内分泌疾患診療ハンドブックVer. 2」 2018/04
3. 部分執筆  経口避妊薬「内分泌性高血圧診療マニュアル」 2017/11
4. 部分執筆  疫学・頻度「原発性アルドステロン症診療マニュアル第3版」 2017/04
5. 部分執筆  副腎偶発腫瘍「クッシング症候群診療マニュアル」 2015/12
6. 部分執筆  時差ぼけ(時差症候群)「今日の治療指針2015年度版」 2015/01
7. 部分執筆  Steroidogenic enzyme 17,20-lyase activity in cortisolsecreting and non-
functioning adrenocortical adenomas., Steroids-From physiology to clinical medicine 2012/07
8. 部分執筆  副腎偶発腫(インシデンタローマ)「代謝・内分泌疾患診療 最新ガイドライン」 2012/04
9. 部分執筆  副腎偶発腫(インシデンタローマ).「代謝・内分泌疾患診療 最新ガイドライン」 2012/02
10. 部分執筆  DHEA and impaired glucose tolerance: Clinical and basic study., Steroids Basic science 2011/08
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. テストステロン軟膏による中高年男性の糖尿病補助的治療. (ポスター,一般) 2019/07/14
2. 中高年男性の糖尿病治療に対するテストステロン軟膏の寄与. (口頭発表,一般) 2019/06/14
3. 癰治療後に好酸球性胃腸炎を発症した高齢2型糖尿病の1例. (口頭発表,一般) 2019/06/08
4. テストステロン軟膏グローミンのメタボリックシンドローム男性における効果. (口頭発表,一般) 2019/05/09
5. メタボリックシンドローム男性におけるテストステロン軟膏グローミンの効果. (ポスター,一般) 2019/04/27
6. テストステロン軟膏の糖尿病治療への寄与. (口頭発表,一般) 2018/11/17
7. Effects of testosterone ointment in Japanese men with metabolic syndrome. (ポスター,一般) 2018/10/08
8. 肥満高血圧症におけるカルシウム拮抗薬アゼルニジピンのインスリン抵抗性改善作用 (口頭発表,一般) 2018/10/07
9. 本学のインフルエンザ予防接種における試みについて(第2報). (ポスター,一般) 2018/10/03
10. 本態性高血圧症におけるシルニジピンのインスリン抵抗性改善作用およびアルドステロン低下作用. (ポスター,一般) 2018/09/14
全件表示(65件)
■ 職歴
1. 1998/03~2010/09 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 講師
2. 2010/10~2016/03 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 准教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2013/03  難治性疾患克服研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班 副腎偶発種長期予後 
2. 2013/04~2014/03  難治性疾患克服研究事業副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班 副腎偶発腫長期予後 
3. 2014/04~2015/03  難治性疾患等政策研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班 副腎偶発腫に関する全国調査 
4. 2015/04~2016/03  難治性疾患等政策研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班 副腎偶発腫長期予後に関する全国調査 
5. 2016/04~2017/03  難治性疾患等政策研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班 副腎偶発腫長期予後に関する全国調査 
6. 2017/04~2018/03  低テストステロン血症を合併した2型糖尿病男性症例における男性ホルモン軟膏グローミンのインスリン抵抗性における効果に関する研究  
7. 2017/04~2018/03  難治性疾患等政策研究事業 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 副腎偶発腫における全国疫学調査 
8. 2018/04~2019/03  低テストステロン血症を合併したメタボリックシンドローム男性症例における男性ホルモン補充(注射製剤エナルモンデポーと軟膏製剤グローミンの併用)によるインスリン抵抗性と脂質プロフィールにおける改善効果に関する研究  
9. 2018/04~2019/03  副腎ホルモン産生異常に関する調査研究 副腎偶発腫長期予後調査