<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大森)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Omori)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩崎 泰雄   教授
  1  6          
 26
(1)
 
 4
 
 
池田 憲   准教授
 1  4 2  1        10
 17
(1)
 2
 2
 
 
狩野 修   講師
 2 2 3 6          4
(2)
 16
(2)
 1
 
 
 
川邉 清一   講師
   1 4          1
 17
(1)
 1
 2
 
 
髙澤 隆紀   助教
  1  4          1
(1)
 17
(2)
 
 2
 
 
平山 剛久   助教
    4          2
 17
(3)
 
 2
 
 
村田 貴代子   助教
    2          
 
 
 
 
 
 3 8  1 0  0  18
(3)
 4
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














岩崎 泰雄   教授
         
 
 
池田 憲   准教授
 1 4  1     10
 2
 
狩野 修   講師
 2 3       4
(2)
 1
 
川邉 清一   講師
  1       1
 1
 
髙澤 隆紀   助教
         1
(1)
 
 
平山 剛久   助教
         2
 
 
村田 貴代子   助教
         
 
 
 3 8  1 0  0  18
(3)
 4
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ikeda K, Hirayama T, Takazawa T, Kawabe K, Iwasaki Y:  Transdermal patch of rotigotine attenuates freezing of gait in patients with Parkinson's disease: an open-label comparative study of three non-ergot dopamine receptor agonists.  Internal Medicine  55 :2765 -2769 , 2016
2. Murata N, Murata K,Gonzalez-Cuyar LF,Maravilla K:  Macrocyclic and Other Non–Group 1 Gadolinium Contrast Agents Deposit Low Levels of Gadolinium in Brain and Bone Tissue Preliminary Results From 9 Patients With Normal Renal Function.  Investigative radiology  :447 -453 , 2016
3. Ikeda K, Sawada M, Morioka H, Kyuzen M, Ebina J, Nagasawa J, Yanagihasi M, Miura K, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y:  Clinical profile and changes of serum lipid levels in epileptic patients after cerebral infarction.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  26 :644 -649 , 2017
4. Yokoi D, Atsuta N, Watanabe H, Nakamura R, Hirakawa A, Ito M, Watanabe H, Katsuno M, Izumi Y, Morita M, Taniguchi A, Oda M, Abe K, Mizoguchi K, Kano O✝, Kuwabara S, Kaji R, Sobue G:  Age of onset differentially influences the progression of regional dysfunction in sporadic amyotrophic lateral sclerosis.  Journal of neurology  263 (6) :1129 -1136 , 2016
5. Watanabe H, Atsuta N, Hirakawa A, Nakamura R, Nakatochi M, Ishigaki S, Iida A, Ikegawa S, Kubo M, Yokoi D, Watanabe H, Ito M, Katsuno M, Izumi Y, Morita M, Kanai K, Taniguchi A, Aiba I, Abe K, Mizoguchi K, Oda M, Kano O✝, Okamoto K, Kuwabara S, Hasegawa K, Imai T, Kawata A, Aoki M, Tsuji S, Nakashima K, Kaji R, Sobue G:  A rapid functional decline type of amyotrophic lateral sclerosis is linked to low expression of TTN.  Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry  87 (8) :851 -858 , 2016
6. Kubo S, Hamada S, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O✝, Takahashi T, Terashi H, Takahashi T, Hatano T, Hasegawa T, Baba Y, Sengoku R, Watanabe H, Kadowaki T, Inoue M, Kaneko S, Shimura H, Nagayama H:  A Japanese multicenter survey characterizing pain in Parkinson's disease.  Journal of the Neurological Sciences  365 :162 -166 , 2016
7. Nagayama H, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O✝, Takahashi T, Terashi H, Hamada S, Hasegawa T, Hatano T, Takahashi T, Baba Y, Sengoku R, Watanabe H, Inoue M, Kadowaki T, Kaneko S, Shimura H, Kubo SI:  Anhedonia and its correlation with clinical aspects in Parkinson's disease.  Journal of the Neurological Sciences  X (X) :X , 2016
8. Kawagoe N✝, Kano O✝, Kijima S✝, Tanaka H✝, Takayanagi M✝, Urita Y✝:  Investigation of metabolism of exogenous glucose at the early stage and onset of diabetes mellitus in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats using [1, 2, 3-13C] glucose breath tests.  PLoS one  11 (8) :e0160177 , 2016
総説及び解説
1. 狩野 修✝:  特集 レジデントが処方する「ステロイド」の使い方 神経疾患.  レジデント  9 (10) :51 -59 , 2016
2. 狩野 修✝、高澤隆紀✝、柳橋 優✝、澤田雅裕✝、岩崎泰雄✝:  レビー小体型認知症.  臨床雑誌内科  118 (2) :213 -216 , 2016
3. Murata N, Murata K,Gonzalez-Cuyar LF,Maravilla K:  Gadolinium tissue deposition in brain and bone.  Magnetic resonance imaging  34 (10) :1359 -1365 , 2016
4. Ken Ikeda, Sayori Hanashiro, Yuichi Ishikawa, Masahiro Sawada, Maya Kyuzen, Harumi Morioka, Junya Ebina, Junpei Nagasawa, Masaru Yanagihashi, Ken Miura, Takehisa Hirayama, Takanori Takazawa, Osamu Kano, Kiyokazu Kawabe & Yasuo Iwasaki:  Treatment with telmisartan, a long-acting angiotensin II receptor blocker, prevents migraine attacks in Japanese non-responders to lomerizine.  Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology  21 (38) :827 -831 , 2017
症例報告
1. Kido H, Kano O, Hamai A Masuda H Fuchinoue Y Nemoto M Arai C Takeda T Yamabe F, Tai T Kasahara M Suzuki K, Shiraga N, Sadamoto S, Wakayama M, Takahashi Y, Iwasaki Y, Shibuya K, Urita Y:  Kikuchi-Fujimoto disease (histiocytic necrotizing lymphadenitis) with atypical encephalitis and painful testitis: a case report.  BMC neurology  17 (1) :22 -26 , 2017
その他
1. 繁田雅弘、荒川千晶、井関栄三、小野賢二郎、鹿島直之、狩野 修✝、清塚鉄人、仙石錬平:  AD治療の未来 ー家族のための薬物治療から本人と家族のための薬物療法へー.  Expertise Discussion Series  3 :5 -6 , 2016
2. 荻野美恵子, 狩野 修✝, 木田耕太:  神経治療最前線 26th International Symposium on ALS/MND.  神経治療学  33 (1) :57 -59 , 2016
3. 池田 憲:  多発血管炎性肉芽腫症 (Wegener肉芽腫症).  中外医学社  34 (5) :542 -544 , 2016
4. Kano O, Hirayama T, Takazawa T, Ishikawa Y, Miura K, Yanagihashi M, Sawada M, Nagasawa J, Kyuzen M, Kawabe K, Ikeda K, Ebihara S, Iwasaki Y:  Sputum substance P concentration and peak cough experimental flow in patients with ALS after administration of enalapril.  Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener  17 (Suppl 1) :286 , 2016
5. Ikeda K, Iwasaki Y:  Edaravone, a free radical scavenger, delays symptomatic and pathological progression of wobbler mouse motor neuron disease.  Neurology  86 (suppl) :S38.001 , 2016
6. Kawabe K,Miura K, Ikeda K, Iwasaki Y:  Dopamine transporter scan finding in patients with Huntington's disease.  Neurology  86 (supple) :P1.058 , 2016
■ 著書
1. 池田 憲,澤田雅裕,三浦 健:  第6章 私ならこの薬を選ぶ:実例の呈示.心房細動患者編1)ワルファリン.  超実践的!抗凝固薬の使いかた.  166-170.  メディカ出版,  日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎渡邉ひかる, 佐々木陽典, 竹本育聖, 三浦 健, 狩野 修, 川邊清一,小松史哉, 齋藤隆弘, 鈴木健志, 山田篤史, 田中英樹, 熊手絵璃, 前田 正, 石井孝政, 渡邉利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 中嶋 均, 瓜田純久,: 腎脳症発症を契機に診断に至ったパーキンソン病の一例.  第14回日本病院総合診療医学会学術総会,  岡山,  2017/03
2. ◎花城里依,岩本康之介,増岡和宏,池田 憲,岩崎泰雄,清塚鉄人: 臍帯血移植後に発症した小脳,脳幹型進行性多巣性白質脳症の68歳女性例.  第220回日本神経学会関東地方会,  東京,  2017/03
3. ◎蝦名潤哉,川辺清一,給前まや,鹿野孝太郎,磯部和順,西野一三,池田 憲,岩崎泰雄: 肺癌に対してnivolumab投与後に抗ARS抗体陽性皮膚筋炎を発症した81歳男性例.  第220回日本神経学会関東地方会,  東京,  2017/03
4. ◎池田 憲,澤田雅裕,給前まや,蝦名潤哉,長澤潤平,柳橋 優,三浦 健,石川裕一,平山剛久,岩崎泰雄: 片頭痛罹患者におけると脳血管性疾患リスクの横断研究.  第42回日本脳卒中学会,  大阪,  2017/03
5. ◎斎藤隆弘, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 熊手絵璃, 佐藤隆弘, 石井政孝, 渡邉利泰, 財 裕明, 中嶋 均, 瓜田純久, 平山剛久, 石井良和.: 治療経過中にGuilain- Barrè 症候群を合併したCampylobacter腸炎の1例.  第13回日本消化管学会総会,  名古屋,  2017/02
6. ◎中嶋 均, 斎藤隆弘, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 熊手絵璃, 石孝孝政, 佐々木陽典, 前田 正, 渡邉利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 瓜田純久, 平山剛久, 石井良和.: シンポジウム2「 Campylobacter腸炎の治療経過中にGuillain-Barre症候群を合併した1例」..  第47回日本消化吸収学会総会,  神戸,  2016/11
7. ◎狩野 修✝、高澤隆紀✝、平山剛久✝、三浦 健✝、石川裕一✝、柳橋 優✝、長澤潤平✝、澤田雅裕✝、給前まや✝、川邉清一✝、池田 憲✝、海老原覚✝、岩崎泰雄✝: 筋萎縮性側索硬化症患者のエナラプリル内服による唾液中サブスタンスPと呼吸機能の変化.  第34回日本神経治療学会総会,  米子,  2016/11
8. ◎平山剛久✝、池田 憲✝、狩野 修✝、川邉清一✝、岩崎泰雄✝: 眼筋型重症筋無力症に対するnaphazoline nitrate点眼薬の有用性:著効例の報告.  第34回日本神経治療学会総会,  米子,  2016/11
9. ◎澤田雅裕,蝦名潤哉,給前まや,長澤潤平,狩野 修,池田 憲, 伊藤友梨香,岩崎泰雄: 排尿障害を呈した髄膜炎の35歳女性例.  第219回日本神経学会関東地方会,  東京,  2016/11
10. ◎池田 憲,青柳 丞,給前まや,澤田雅裕,森岡治美,長澤潤平,柳橋 優,石川裕一.三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,岩崎泰雄: 片頭痛予防薬lomerizine hydrochloride投与による片頭痛患者の脳血流変化:脳血流SPECTの治療応用.  第28回日本脳循環代謝学会総会,  徳島,  2016/11
11. ◎花城里依,森岡治美,仲村敬和,岩本康之介,池田 憲,岩崎泰雄,清塚鉄人: リバスチグミン貼付により音楽性幻聴の改善を認めたアルツハイマー型認知症の1例.  第34回日本神経治療学会総会,  米子,  2016/11
12. ◎川辺清一,平山剛久,長瀬大輔,高橋健太,周郷延雄,池田 憲,岩崎泰雄: Mantle細胞リンパ腫に対する bendamusutin + rituximab 療法後に発症したPML.  第34回日本神経治療学会総会,  米子,  2016/11
13. ◎池田 憲,澤田雅裕,花城里依,長澤潤平,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,岩崎泰雄: パーキンソン病のすくみ足に対するrotigotineの効果:非麦角系ドパミン受容体作動薬3剤の対比検討.  第34回日本神経治療学会総会,  米子,  2016/11
14. ◎池田 憲,澤田雅裕,長澤潤平,給前まや,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,岩崎泰雄: テルミサルタンによる片頭痛の予防効果:塩酸ロメリジン無効例での検討.  第44回日本頭痛学会総会,  京都,  2016/10
15. ◎吉井康裕、高澤隆紀✝、三浦 健✝、石川裕一✝、平山剛久✝、清塚鉄人✝、狩野 修✝、川邉清一✝、池田 憲✝、岩崎泰雄✝: 「MCIスクリーニング検査」はCSF Aβ40/42と相関しMCIの臨床治験に有用な可能性がある.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
16. ◎高澤隆紀✝、狩野 修✝、海老原 覚、柳橋 優✝、橋本 裕、小原雅子、竹内仁美、松本幸則、池田和史: 大学病院での認知症患者への取り組み方~大学病院から地域医療機関との連携そしてアウトリーチへ~.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
17. ◎平山剛久✝、小松史哉、柳橋 優✝、給前まや✝、澤田雅裕✝、長澤潤平✝、石川裕一✝、三浦 健✝、高澤隆紀✝、狩野 修✝、川邉清一✝、前田 正、青木弘太郎、高橋幸利、池田 憲✝、岩崎泰雄✝: マイコプラズマ感染症が先行し、NMDA型グルタミン酸受容体抗体が陽性を示した辺縁系脳炎の症例.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
18. ◎狩野 修✝: パーキンソン病診断のポイントと治療の進歩.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
19. ◎木内 俊介、藤野 紀之、小池 秀樹、八尾 進太郎、相川 博音、石川 裕一、高澤 隆紀、池田隆徳: 新規抗凝固薬内服加療中にBranch Atheromatous Diseaseをきたした心房細動の1例.  第3回心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2016/06
20. ◎澤田雅裕,高澤隆紀,池田 憲,石原 学,名取一彦,桝田博之,周郷延雄,岩崎泰雄: 多彩な神経症状,画像所見を呈した古典的ホジキンリンパ腫の中枢神経系への転移例.  第217回日本神経学会関東地方会,  東京,  2016/06
21. ◎池田 憲,給前まや,森岡治美,花城里依,澤田雅裕,長澤潤平,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,岩崎泰雄: 女性健診における脳ドックの役割.  第25回日本脳ドック学会,  軽井沢,  2016/06
22. ◎三浦 健,長澤潤平,池田 憲,岩崎泰雄: 若年性脳梗塞の特徴についての検討.  第3回日本心血管脳卒中学会,  東京,  2016/06
23. ◎池田 憲,給前まや,森岡治美,長澤潤平,柳橋 優,三浦 健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,岩崎泰雄: 片頭痛と血圧脈波:心血管疾患の低リスク者での検討.  第3回日本心血管脳卒中学会,  東京,  2016/06
24. ◎池田 憲,給前まや,森岡治美,長澤潤平,柳橋 優,三浦 健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,川辺清一,岩崎泰雄: 高齢高血圧患者におけるオルメサルタンによる脳血流量の改善.  第3回日本心血管脳卒中学会,  東京,  2016/06
25. ◎池田 憲,森岡治美,給前まや,長澤潤平,柳橋 優,三浦 健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,川辺清一,岩崎泰雄: 脳出血を発症したスタチン使用者の臨床放射線学的検討.  第3回日本心血管脳卒中学会,  東京,  2016/06
26. 横井 大知, 熱田 直樹, 渡辺 はづき, 中村 亮一, 平川 晃弘, 伊藤 瑞規, 渡辺 宏久, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 森田 光哉, 谷口 彰, 織田 雅也, 阿部 康二, 溝口 功一, 狩野 修✝, 桑原 聡, 梶 龍兒, 祖父江 元: ALS患者に対する換気補助療法の予後.  第57回日本神経学会学術大会,  神戸,  2016/05
27. ◎狩野 修✝: ALSの緩和ケアを重視した治療.  第57回日本神経学会学術大会,  神戸,  2016/05
28. 中村 亮一, 曽根 淳, 熱田 直樹, 藤内 玄規, 横井 大知, 中杤 昌弘, 渡辺 宏久, 伊藤 瑞規, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 森田 光哉, 谷口 彰, 服部 信孝, 織田 雅也, 狩野 修✝, 桑原 聡, 阿部 康二, 梶 龍兒, 祖父江 元: 孤発性筋萎縮性側索硬化症患者における発症年齢と遺伝学的背景に関する検討.  第57回日本神経学会学術大会,  神戸,  2016/05
29. ◎三浦 健,森岡治美,長澤潤平,柳橋 優,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,池田 憲,岩崎泰雄: 当院における急性期血行再建術の現状.  第57回日本神経学会総会,  神戸,  2016/05
30. ◎清塚鉄人,澤田雅裕,花城里依,山田立子,仲村敬和,岩本康之介,池田 憲,岩崎泰雄: 認知外来におけるスティック型嗅覚同定能力検査法(OSIT-J)を用いた嗅覚検査の有用性.  第57回日本神経学会総会,  神戸,  2016/05
31. ◎池田 憲,森岡治美,給前まや,柳橋 優,三浦 健,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,川辺清一,岩崎泰雄: 抗てんかん剤による血清脂質値の変化:脳梗塞患者での検討.  第40回日本脳卒中学会,  札幌,  2016/04
32. ◎三浦 健,長澤潤平,森岡治美,柳橋 優,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,池田 憲,岩崎泰雄: 当院における若年性脳梗塞の検討.  第41回日本脳卒中学会,  札幌,  2016/04
33. 長澤潤平,三浦 健,柳橋 優,石川裕一,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,池田 憲,岩崎泰雄: 当院におけるBAD型脳梗塞の症状進行因子等に関する検討.  第41回日本脳卒中学会,  札幌,  2016/04
34. 熱田 直樹, 渡辺 はづき, 平川 晃弘, 中村 亮一, 中杤 昌弘, 石垣 診祐, 飯田 有俊, 池川 志郎, 横井 大知, 勝野 雅央, 和泉 唯信, 森田 光哉, 谷口 彰, 阿部 康二, 溝口 功一, 狩野 修✝, 梶 龍兒, 祖父江 元: A rapid functional decline type of sporadic ALS is linked to low expression of TTN.  第57回日本神経学会学術大会,  神戸,  2016/05
35. ◎狩野 修✝, 平山剛久✝, 高澤隆紀✝, 石川裕一✝, 三浦 健✝, 柳橋 優✝, 森岡治美✝, 給前まや✝, 川邉 清一✝, 池田 憲✝, 海老原覚✝, 岩崎泰雄✝: Efficacy of enalapril in patients with amyotrophic lateral sclerosis.  第57回日本神経学会学術大会,  神戸,  2016/05
36. ◎Ikeda K: Therapeutic Development using Wobbler Mouse, an Animal Model of ALS.  第57回日本神経学会総会,  神戸,  2016/05
37. ◎池田 憲,岩崎泰雄: Edaravone, a free radical scavenger, attenuates wobbler mouse motoneuron disease.  第57回日本神経学会総会,  神戸,  2016/05
国際学会
1. ◎Kano O✝, Hirayama T✝, Takazawa T✝, Ishikawa Y✝, Miura K✝, Yanagihashi M✝, Sawada M✝, Nagasawa J✝, Kyuzen M✝, Kawabe K✝, Ikeda K✝, Ebihara S✝, Iwasaki Y✝: Sputum Substance P Concentration And Peak Cough Experimental Flow In Patients With Als After Administration Of Enalapril.  27th International Symposium on ALS/MND,  Dublin, Ireland,  2016/12
2. ◎Ikeda K, Kyuzen M, Ishikawa Y, Morioka H, Hanashiro S, Sawada M, Nagasawa J, Yanagihashi M, Miura K, Hirayama T, Takazawa T, Kawabe K, Iwasaki Y: Treatment with telmisartan, a long-acting angiotensin II receptor blocker, prevents migraine attacks in non-responders to lomerizine hydrochloride.  8th Scientific Annual Meeting of American Headache Society,  San Diego, USA,  2016/06
3. ◎Ikeda K, Iwasaki Y: Edaravone, a free radical scavenger, delays symptomatic and pathological progression of wobbler mouse motor neuron disease.  68th Annual Meeting of the American Academy of Neurology,  Vancouver, Canada,  2016/04
4. ◎Kawabe K,Miura K,Ikeda K, Iwasaki Y: Dopamine transporter scan finding in patients with Huntington's disease.  68th Annual Meeting of the American Academy of Neurology,  Vancouver, Canada,  2016/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者