<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 総合診療・救急医学講座(大森)
 Faculty of Medicine, Department of General Medicine and Emergency Care (Omori)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















瓜田 純久   教授
  1  3          
 2
(2)
 
 
 
 
本多 満   教授
    2          
 1
(1)
 
 
 
 
島田 長人   臨床教授
  1            
 1
(1)
 
 
 
 
一林 亮   講師
   1 1          1
(1)
 
 
 
 
 
佐々木 陽典   講師
 2 4 3 3  1 1       3
(1)
 2
(2)
 
 
 
 
前田 正   講師
    2          
 
 
 
 
 
小松 史哉   助教
 1             
 1
 
 
 
 1
宮崎 泰斗   助教
    1          
 
 
 
 
 
山田 篤史   助教
              
 1
 
 
 
 
渡辺 雅之   助教
    1          
 
 
 
 
 
 3 4  1 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














瓜田 純久   教授
         
 
 
本多 満   教授
         
 
 
島田 長人   臨床教授
         
 
 
一林 亮   講師
  1       1
(1)
 
 
佐々木 陽典   講師
 2 3  1     3
(1)
 
 
前田 正   講師
         
 
 
小松 史哉   助教
 1        
 
 
宮崎 泰斗   助教
         
 
 
山田 篤史   助教
         
 
 
渡辺 雅之   助教
         
 
 
 3 4  1 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Matsumoto S 、Nakanishi R、Ichibayashi R、Honda M、Hayashida K 、Sakurai A、Kitamura N、Tagami T、 Nakada T、Takeda M、Ikeda T:  Heart Rate and Mortality After Resuscitation in Patients With Out-of-Hospital Cardiac Arrest - Insights From the SOS-KANTO Registry.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  :doi: 10.1253/circj.CJ-22-0047 , 2022
2. Hanai Y, Yoshizawa S, Matsuo K, Uekusa S, Miyazaki T, Nishimura K, Mabuchi T, Ohashi H, Ishii Y, Tateda K, Yoshio T, Nishizawa K:  Evaluation of risk factors for uric acid elevation in COVID-19 patients treated with favipiravir.  Diagnostic Microbiology and Infectious Disease  102 (4) :115640 -115645 , 2022
3. Tago M, Hirata R, Watari T, Shikino K, Sasaki Y, Takahashi H, Shimizu T:  Future Research in General Medicine Has Diverse
Topics and is Highly Promising: Opinions Based
on a Questionnaire Survey.  International Journal of General Medicine  15 (2022) :6381 -6386 , 2022
4. Sasaki Y, Shigeta T, Maeda T, Urita Y,:  Fibroma caused by years of carrying
a portable Shinto shrine:Mikoshi-kobu.  Japanese society of hospital general medicine  4 (4) :202 -203 , 2022
5. Shikino K, Tago M, Watari T, Sasaki Y, Takahashi H, Shimizu T:  Five tips on clinical research mentorship
for Japanese generalists.  Jorunal of hospital general medicine  4 (3) :170 -171 , 2022
6. Nagase D, Sasaki Y, Hirota A, Urita Y, Irita H, Onda N, Natori K:  Clinical characteristics of Hodgkin lymphoma
in adolescents and young adults.  Journal of hospital general medicine  4 (3) :133 -138 , 2022
総説及び解説
1. 繫田知之, 佐々木陽典:  Case 12.PaO₂とSpO₂が乖離する?.  medicina  59 (8) :1266 -1269 , 2022
2. 小松史哉,佐々木陽典:  腹痛患者にであったら.  月間薬事  64 (11) :129 -134 , 2022
3. 佐々木陽典:  めまい患者にあったら.  月間薬事  64 (5) :106 -113 , 2022
4. 繁田知之,佐々木陽典:  失神患者にあったら.  月間薬事  64 (7) :187 -195 , 2022
5. 佐々木陽典:  胸痛患者にあったら.  月間薬事  64 (8) :184 -195 , 2022
6. 佐々木陽典:  呼吸困難の患者にあったら.  月間薬事  64 (9) :151 -161 , 2022
症例報告
1. 髙地良介, 田中耕一郎, 三浦康之, 皆川輝彦, 本田善子, 千葉浩輝, 奈良和彦, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人:  柴苓湯と桂枝茯苓丸の併用が,再発性膿瘍形成性虫垂炎に対し有効であった 1 例.  日本病院総合診療医学会雑誌  18 (4) :290 -291 , 2022
2. Ichibayashi R, Watanabe M, Honda M:  Intramucosal esophageal dissection caused by gastric tube insertion.  Clinical Case Reports  10 (6) : , 2022
3. Sasaki Y, Kashiwagi K, Maeda T, Shigeta T, Sato T, Urita Y:  Black esophagus as an indicator of diabetes
and cirrhosis.  Journal of hospital general medicine  4 (3) :158 -159 , 2022
4. Sasaki Y, Nanami T, Mizumura S, Urita Y, Shimada H:  Axillary lymphadenopathy detected by FDG/PET-CT after COVID-19 mRNA vaccination.  Journal of hospital general medicine  4 (3) :165 -166 , 2022
■ 著書
1. 多胡雅毅, 志水太郎, 佐々木陽典, 鋪野紀好, 和足孝之, 髙橋宏瑞:    若手指導医1年目の教科書  1-267.  メディカルサイエンス・インターナショナル,  東京, 2022
2. 佐々木陽典:  「何を研究したらいいかわかりません」と言われたら
理論的かつ構造的に捉えるクリティカル・シンキング.  若手指導医1年目の教科書  135-148.  メディカルサイエンス・インターナショナル,  東京, 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎有上周佑, 小松史哉: 急速に胸腹水貯留が増悪した高齢発症SLEの一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
2. ◎高地良介、中西 将、中村芽以子、平澤数馬、田中美奈子、石井 雅、小松洋介、小原 浩、皆川輝彦、本田善子、島田長人、瓜田純久、鷲澤尚宏: 心筋梗塞による心肺停止後発症した狭窄虚血性腸炎に対し、栄養療法の工夫で人工肛門造設を回避しえた1例.  第37回日本臨床栄養代謝学会学術集会,  横浜,  2022/06
3. ◎阿部雄一, 佐々木陽典: 亜急性の経過を辿り診断に苦慮した高齢発症の関節リウマチの一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
4. ◎井上直人, 佐々木陽典: 黄疸を伴った悪性貧血の一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
5. ◎柴田航平, 齋藤隆弘: 胃潰瘍治癒後に幽門通過障害をきたした一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
6. ◎正木那実, 山田篤史: 胸水貯留、心嚢液貯留で紹介受診となった高齢女性がSLEと診断された一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
7. ◎竹原小百合,山田篤史: 体重減少精査目的に受診した進行性核上性麻痺の診断に至った一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
8. 多胡雅毅, 志水太郎, 中村琢弥, 清田実穂, 佐々木陽典, 鋪野紀好, 家研也, 矢吹拓, 和足孝之, 高橋宏瑞: 「病院総合診療と家庭医療の共通基盤 ―調和と融合を目指してー」.  第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,  横浜,  2022/06
9. 多胡雅毅, 鋪野紀好, 志水太郎, 佐々木陽典, 和足孝之, 高橋宏瑞, 鈴木真紀, 小沢一世: 症例検討から学ぶ診断推論戦略 by JUGLER (Vol. 4).  第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,  横浜,  2022/06
10. ◎一林 亮、鈴木銀河、中道 嘉、増山由華、山本 咲、芹澤 響、本多 満: 亜鉛欠乏がCOVID19肺炎に与える影響.  第25回日本臨床救急医学会,  大阪,  2022/05
11. ◎鹿嶋直康,山崎智文, 堀口恭平, 倉崎康太郎, 永井義夫, 浜野久美子, 丹羽一貴: デキサメタゾン投与を要するCOVID-19治療におけるインスリン投与量予測の試み.  第65回日本糖尿病学会年次学術総会,  神戸,  2022/05
12. ◎齋藤学, 内野泰, 森岡紘子, 岩田葉子, 小島原佑紀, 金口桃子, 佐藤源記, 吉川芙久美, 宮城匡彦, 弘世貴久, 瓜田純久, 宮崎泰斗, 舘田一博, 青木弘太郎: 高度感染条件下のSARS-Cov-2感染における耐糖能別リスク評価.  第65回日本糖尿病学会年次学術集会,  神戸,  2022/05
その他
1. ◎古山ゆりあ, 小松史哉: 発症早期から治療介入を要した成人Still病の一例.  第160回東邦医学会例会,  東京,  2022/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者