東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 微生物・感染症学講座
 Department of Microbiology and Infectious Diseases

教授:
  石井 良和
  舘田 一博
講師:
  木村 聡一郎
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費
 研究課題:抗菌薬の臨床的ブレイクポイント設定及び検証のためのモデル構築  (研究代表者:石井 良和)
 研究補助金:1100000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 良和   教授
    2          
 1
 
 1
 
 
舘田 一博   教授
    3          
 4
(1)
 
 1
 
 
木村 聡一郎   准教授
    1          1
 2
(1)
 
 1
 
 
木村 聡一郎   講師
    1          1
 2
(1)
 
 1
 
 
山口 哲央   助教
    1          
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tanaka Y, Kimura S, Ishii Y, Tateda K:  Equol Inhibits Growth and Spore Formation of Clostridioides difficile.  Journal of applied microbiology  127 :932 -940 , 2019
2. Sato A, Yamaguchi T, Hamada M, Ono D, Sonoda S, Oshiro T, Nagashima M, Kato K, Okazumi S, Katoh R, Ishii Y, Tateda K.:  Morphological and Biological Characteristics of Staphylococcus aureus Biofilm Formed in the Presence of Plasma.  Microbial drug resistance (Larchmont, N.Y.)  25 (5) :668 -676 , 2019
3. Katagiri T, Yamazaki S, Fukui Y, Aoki K, Yagita H, Nishina T, Mikami T, Katagiri S, Shiraishi A, Kimura S, Tateda K, Sumimoto H, Endo S, Kameda H, Nakano H:  JunB plays a crucial role in development of regulatory T cells by promoting IL-2 signaling.  Mucosal Immunology  :in press , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎辻健太郎,木村聡一郎,舘田一博,高橋寛: バンコマイシンの骨形成阻害作用の解析と阻害緩和能を有する活性型ビタミンD3の有用性.  日本整形外科学会基礎学術集会,  横浜,  2019/10
2. ◎木村聡一郎、石井良和、舘田一博: 肺炎球菌性重症化肺炎マウスモデルを利用した疾患感受性遺伝領域の探索.  微生物シンポジウム,  京都,  2019/08
3. ◎辻健太郎,木村聡一郎,関口昌之,飯田泰明,舘田一博,高橋 寛: バンコマイシンの骨形成阻害作用の解析と阻害緩和能を有する活性型ビタミンD3の有用性.  第42回日本骨・関節感染症学会,  横浜,  2019/07
4. ◎大熊 新之介, 濱田将風, 花井雄貴, 藤井毅郎, 益原大志, 原真範, 片柳智之, 布井啓雄, 亀田徹, 川田幸太, 保坂達明, 矢尾尊英, 磯部将, 吉川翼, 片山雄三, 小澤司, 塩野則次, 舘田一博, 渡邉善則,: 新しい抗菌薬浸漬人工血管の開発への試み.  第119回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2019/04
国際学会
1. ◎Nakakubo S, Kimura S, Mimura K, Ishii Y, Tateda K: Japanese traditional herbal medicine "Hochu-ekki-to" promotes clearance of pneumococcal nasopharyngeal colonization via macrophage activation in mice.  29th European Congress of Clinical Microbiology & Infectious Diseases,  Amsterdam, Netherlands,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者