東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 微生物・感染症学講座
 Department of Microbiology and Infectious Diseases

教授:
  石井 良和
  舘田 一博
講師:
  木村 聡一郎
■ 概要
1. 感染症の発症機序の解明
本講座では、肺炎モデル(肺炎球菌、レジオネラ属菌、非結核性抗酸菌、緑膿菌)、腸炎モデル(クロストリジウム属菌)、皮膚炎モデル(黄色ブドウ球菌)、敗血症モデル(黄色ブドウ球菌)など、様々な菌種による実験感染モデルを開発し、多角的に感染症の発症メカニズムの解明に取り組んでいる。これらによって得られた知見を基に、その治療面への応用を実験的に試みている。
2. 感染症における治療法および抗菌薬投与法に関する研究
緑膿菌慢性気道感染に対するマクロライド少量長期投与の有効性メカニズムの解析、MRSA感染症に対する治療法、非特異的感染防御因子と抗菌薬との併用療法などについて、感染実験モデルを用いた検討を行っている。一方、新規抗菌薬について、in vitroおよびin vivoにおける抗菌力の評価、小動物実験モデルを用いた感染防御および治療効果に関する研究などを行っている。
3. 耐性菌に関する研究
治療戦略上あるいは感染対策上問題となる耐性菌を対象とし、これらの薬剤耐性因子、院内伝播経路および拡散状況を次世代シークエンサー (NGS) を用いて全ゲノムレベルで解析し、情報を提供している。NGSで解析することで、従来の方法では解明が困難であった耐性菌の伝播・拡散状況が確認出来、これを報告している。また、海外の研究者との共同研究で、カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌の効率的なスクリーニング法の提案をしている。基質特異性拡張型β-ラクタマーゼに関する研究では、Toho-1(現CTX-M-44)およびToho-2(現CTX-M-45)などの新規酵素を報告している。
4. 院内感染症とその疫学
5. 感染症コンサルテーション
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費
 研究課題:抗菌薬の臨床的ブレイクポイント設定及び検証のためのモデル構築  (研究代表者:石井 良和)
 研究補助金:1600000円  (代表)
その他
1.  受託研究
 研究課題:新規超高速PCR機器による病原性微生物の迅速診断法の確立に向けた臨床検体による性能評価試験  (研究代表者:舘田 一博, 石井 良和)
 研究補助金:1080000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  舘田 一博 :厚生労働省:薬事食品衛生審議会薬事分科会委員, 公益財団法人日本感染症医薬品協会:理事
2.  石井 良和 :一般財団法人機能水研究振興財団:理事, 厚生労働省:薬事食品衛生審議会専門委員, 農林水産省:動物用抗菌性物質製剤調査会委員・動物用医薬品再評価調査会委員, 東京都:衛生検査所精度管理委員会委員, 国際標準化機構/第212専門委員会:国内代表
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  MRSAフォーラム2018  (教授・会長 : 舘田 一博 )  ,東京都  2018/07
2.  第30回日本臨床微生物学会総会学術集会  (教授・会長 : 舘田 一博 )  ,東京都  2019/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  舘田 一博 :一般社団法人日本感染症学会:理事長, 一般社団法人日本臨床微生物学会:理事長, 公益社団法人日本化学療法学会:評議員, 一般社団法人日本環境感染学会:評議員
2.  石井 良和 :一般社団法人日本臨床微生物学会:理事, 公益社団法人日本化学療法学会:幹事, 一般社団法人日本感染症学会:評議員, 一般社団法人日本環境感染学会:評議員, 日本細菌学会:評議員, 動物用抗菌剤研究会:理事
3.  木村 聡一郎 :一般社団法人日本感染症学会:評議員, 公益社団法人日本化学療法学会:評議員, 日本微生物生態学会:教育研究部委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 良和   教授
    1          
 4
 
 
 
 
舘田 一博   教授
    2          
 6
(1)
 
 
 
 
木村 聡一郎   講師
    2          1
(1)
 2
 
 
 
 
青木 弘太郎   助教
              
 2
 
 
 
 
梶原 千晶   助教
    1          
 
 
 
 
 
南條 友央太   助教
              
 
 
 
 
 
山口 哲央   助教
              
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shibue Y, Kimura S, Kajiwara C, Iwakura Y, Yamaguchi K, Tateda K:  Role of interleukin-17 in a murine community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus pneumonia model.  Microbes and infection / Institut Pasteur  20 :xx -xx , 2018
2. Sritharadol R, Hamada M, Kimura S, Ishii Y, Srichana T, Tateda K:  Mupirocin at Subinhibitory Concentrations Induce Biofilm Formation in Staphylococcus aureus.  Microbial Drug Resistance  x (x) :x -x , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 尾崎将之, 小池淳樹, 細山明子, 田北無門, 高木正之, 木村聡一郎, 舘田一博, 平泰彦, 藤谷茂樹: マウス志賀毒素投与モデルにおける尿細管間質障害の組織学的検討.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都,  2019/03
2. ◎三村一行、木村聡一郎、中久保祥、石井良和、舘田一博: インフルエンザ後の二次性肺炎球菌肺炎マウスモデルにおける肺炎球菌結合型ワクチンの自然免疫活性化作用の検討.  第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2018/10
3. ◎木村聡一郎、舘田一博: Quorum sensing機構とc-di-GMPシグナル伝達機構を介した緑膿菌の病原性およびバイオフィルムへの影響.  第30回 微生物シンポジウム,  東京,  2018/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者