東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 微生物・感染症学講座
 Department of Microbiology and Infectious Diseases

教授:
  石井 良和
  舘田 一博
講師:
  木村 聡一郎
■ 概要
1. 感染症の発症機序の解明
本講座では、肺炎モデル(肺炎球菌、レジオネラ属菌、非結核性抗酸菌、緑膿菌)、腸炎モデル(クロストリジウム属菌)、皮膚炎モデル(黄色ブドウ球菌)、敗血症モデル(黄色ブドウ球菌)など、様々な菌種による実験感染モデルを開発し、多角的に感染症の発症メカニズムの解明に取り組んでいる。これらによって得られた知見を基に、その治療面への応用を実験的に試みている。
2. 感染症における治療法および抗菌薬投与法に関する研究
緑膿菌慢性気道感染に対するマクロライド少量長期投与の有効性メカニズムの解析、MRSA感染症に対する治療法、非特異的感染防御因子と抗菌薬との併用療法などについて、感染実験モデルを用いた検討を行っている。一方、新規抗菌薬について、in vitroおよびin vivoにおける抗菌力の評価、小動物実験モデルを用いた感染防御および治療効果に関する研究などを行っている。
3. 耐性菌に関する研究
治療戦略上あるいは感染対策上問題となる耐性菌を対象とし、これらの薬剤耐性因子、院内伝播経路および拡散状況を次世代シークエンサー (NGS) を用いて全ゲノムレベルで解析し、情報を提供している。NGSで解析することで、従来の方法では解明が困難であった耐性菌の伝播・拡散状況が確認出来、これを報告している。また、海外の研究者との共同研究で、カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌の効率的なスクリーニング法の提案をしている。基質特異性拡張型β-ラクタマーゼに関する研究では、Toho-1(現CTX-M-44)およびToho-2(現CTX-M-45)などの新規酵素を報告している。
4. 院内感染症とその疫学
5. 感染症コンサルテーション
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費
 研究課題:抗菌薬の臨床的ブレイクポイント設定及び検証のためのモデル構築  (研究代表者:石井 良和)
 研究補助金:1600000円  (代表)
その他
1.  受託研究
 研究課題:新規超高速PCR機器による病原性微生物の迅速診断法の確立に向けた臨床検体による性能評価試験  (研究代表者:舘田 一博, 石井 良和)
 研究補助金:1080000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  舘田 一博 :厚生労働省:薬事食品衛生審議会薬事分科会委員, 公益財団法人日本感染症医薬品協会:理事
2.  石井 良和 :一般財団法人機能水研究振興財団:理事, 厚生労働省:薬事食品衛生審議会専門委員, 農林水産省:動物用抗菌性物質製剤調査会委員・動物用医薬品再評価調査会委員, 東京都:衛生検査所精度管理委員会委員, 国際標準化機構/第212専門委員会:国内代表
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  MRSAフォーラム2018  (教授・会長 : 舘田 一博 )  ,東京都  2018/07
2.  第30回日本臨床微生物学会総会学術集会  (教授・会長 : 舘田 一博 )  ,東京都  2019/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  舘田 一博 :一般社団法人日本感染症学会:理事長, 一般社団法人日本臨床微生物学会:理事長, 公益社団法人日本化学療法学会:評議員, 一般社団法人日本環境感染学会:評議員
2.  石井 良和 :一般社団法人日本臨床微生物学会:理事, 公益社団法人日本化学療法学会:幹事, 一般社団法人日本感染症学会:評議員, 一般社団法人日本環境感染学会:評議員, 日本細菌学会:評議員, 動物用抗菌剤研究会:理事
3.  木村 聡一郎 :一般社団法人日本感染症学会:評議員, 公益社団法人日本化学療法学会:評議員, 日本微生物生態学会:教育研究部委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 良和   教授
    8          4
(4)
 5
 1
(1)
 
 
 1
舘田 一博   教授
    8          
 8
(2)
 
 
 
 1
木村 聡一郎   講師
    4          1
(1)
 2
 
 
 
 
青木 弘太郎   助教
    6          
 2
 
 
 
 
梶原 千晶   助教
    3          
 
 
 
 
 
南條 友央太   助教
              
 
 
 
 
 
山口 哲央   助教
    5          2
(2)
 1
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  7
(7)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 三津山信治, 安部文人, 木村雅明, 樋口哲也, 小野大輔, 山口哲央:  糖尿病に合併した巨大癰の2症例.  皮膚病診療  40 (7) :679 -682 , 2018
2. Fukui Y , Aoki K , Ishii Y , Tateda K:  The palatine tonsil bacteriome, but not the mycobiome, is altered in HIV infection.  BMC microbiology  18 (1) :127 , 2018
3. Harada S, Ishii Y, Saga T, Aoki K, Tateda K:  Molecular epidemiology of Klebsiella pneumoniae K1 and K2 isolates in Japan.  Diagnostic microbiology and infectious disease  91 (4) :354 -359 , 2018
4. Sonoda S, Yamaguchi T, Aoki K, Ono D, Sato A, Kajiwara C, Kimura S, Akasaka Y, Ishii Y, Miyazaki Y, Inase N, Tateda K:  Evidence of latent molecular diversity determining the virulence of community-associated MRSA USA300 clones in mice.  Immunity, inflammation and disease  6 (3) :402 -412 , 2018
5. Igarashi Y, Tashiro S, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K, Ohge H, Suzuki H, Nakamura A, Mori N, Morinaga Y, Yamagishi Y, Yoshizawa S, Yanagihara K, Mikamo H, Kunishima H.:  Oral vancomycin versus metronidazole for the treatment of Clostridioides difficile infection: Meta-analysis of randomized controlled trials.  Journal of Infection and Chemotherapy  24 (11) :907 -914 , 2018
6. Yoshizawa S, Matsumura T, Ikebe T, Ichibayashi R, Fukui Y, Satoh T, Tsubota T, Honda M, Ishii Y, Tateda K, Ato M.:  Streptococcal toxic shock syndrome caused by β-hemolytic streptococci: Clinical features and cytokine and chemokine analyses of 15 cases.  Journal of Infection and Chemotherapy  ahead of print :ahead of print , 2019
7. Ono D, Yamaguchi T, Hamada M, Sonoda S, Sato A, Aoki K, Kajiwara C, Kimura S, Fujisaki M, Tojo H, Sasaki M, Murakami H, Kato K, Ishii Y, Tateda K:  Analysis of synergy between beta-lactams and anti-methicillin-resistant Staphylococcus aureus agents from the standpoint of strain characteristics and binding action.  Journal of Infection and Chemotherapy  xxx :xx -xx , 2019
8. Shibue Y, Kimura S, Kajiwara C, Iwakura Y, Yamaguchi K, Tateda K:  Role of interleukin-17 in a murine community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus pneumonia model.  Microbes and infection / Institut Pasteur  21 :33 -39 , 2019
9. Sritharadol R, Hamada M, Kimura S, Ishii Y, Srichana T, Tateda K:  Mupirocin at Subinhibitory Concentrations Induce Biofilm Formation in Staphylococcus aureus.  Microbial Drug Resistance  24 (9) :1249 -1258 , 2018
症例報告
1. Kiyozumi Suzuki, Tetsuo Yamaguchi, Mitsuru Yanai:  Simultaneous occurrence of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae emphysematous prostatic abscess, emphysematous cystitis, and renal abscess.  IDCases  :e00464 , 2018
2. Jumpei Fujisawa, Tomokazu Mutoh, Kengo Kawamura, Nami Sawada, Daisuke Ono, Tetsuo Yamaguchi, Ichiro Morioka:  Acute epiglottitis caused by community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus in a healthy infant.  Infection and Drug Resistance  :2063 -2067 , 2018
3. Shigeyasu C, Yamada M, Aoki K, Ishii Y, Tateda K, Yaguchi T, Okajima Y, Hori Y:  Metagenomic analysis for detecting Fusarium solani in a case of fungal keratitis.  Journal of infection and chemotherapy  24 (8) :664 -668 , 2018
4. Keiji Mouri, Yoshihiro Kobashi, Shigeki Kato, Tetsuo Yamaguchi, Mikio Oka:  A case of necrotizing pneumonia caused by co-infection with influenza B and a Panton–Valentine leucocidin negative community acquired methicillin–resistant Staphylococcus aureus strain.  The Japanese Journal of Antibiotics  :71 -80 , 2018
その他
1. 國島 広之, 大毛 宏喜, 鈴木 広道, 中村 敦, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 森 伸晃, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 吉澤 定子:  Clostridioides(Clostridium) difficile感染症診療ガイドライン.  感染症学雑誌  92 (6) :819 -854 , 2018
2. Asai S, Ohshima T, Iwashita H, Ishii Y , Aoki K , Minakawa Y, Machida S, Umezawa K, Tateda K , Miyachi H:  Carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in a Febrile Neutropenia Patient With Acute Myelogenous Leukemia After Hematopoietic Stem Cell Transplantation.  Infectious diseases in clinical practice  26 (5) :e38 , 2018
■ 著書
1. 吉澤 定子:  免疫再構築症候群(HIV及びnon-HIV).  感染症 最新の治療、2019-2021  241-244.  南江堂,  東京、日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 尾崎将之, 小池淳樹, 細山明子, 田北無門, 高木正之, 木村聡一郎, 舘田一博, 平泰彦, 藤谷茂樹: マウス志賀毒素投与モデルにおける尿細管間質障害の組織学的検討.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都,  2019/03
2. ◎石井良和: 社会環境を取り巻く感染症と対策
畜産動物における耐性菌と感染対策.  第298回ICD講習会,  千葉市,  2019/03
3. ◎石井良和: 耐性菌の生き残り戦略とその対抗手段.  第34回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸市,  2019/02
4. 吉澤 定子: シンポジウム1. 蔓延する性感染症への対策と検査.梅毒の検査・治療における留意点..  第30回日本臨床微生物学会総会,  東京,  2019/02
5. ◎石井良和: AMR感染症に対する創薬促進の動向.  第65回日本化学療法学会東日本支部総会 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 合同学会,  東京都,  2018/10
6. ◎三村一行、木村聡一郎、中久保祥、石井良和、舘田一博: インフルエンザ後の二次性肺炎球菌肺炎マウスモデルにおける肺炎球菌結合型ワクチンの自然免疫活性化作用の検討.  第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2018/10
7. ◎石井良和: 薬剤耐性グラム陰性菌対策を進めるために職種間の理解を深める
医療環境・生活環境における薬剤耐性グラム陰性菌の状況.  第65回日本化学療法学会東日本支部総会 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 合同学会,  東京都,  2018/10
8. 吉澤 定子: 第43回抗菌薬適正使用生涯教育セミナー 高齢者肺炎における抗菌薬のmisuse/overuse..  第65回日本化学療法学会東日本支部総会,  東京,  2018/10
9. ◎木村聡一郎、舘田一博: Quorum sensing機構とc-di-GMPシグナル伝達機構を介した緑膿菌の病原性およびバイオフィルムへの影響.  第30回 微生物シンポジウム,  東京,  2018/08
10. 山口哲央: MRSAの進化を科学するー耐性と病原性の接点ー.  MRSAフォーラム2018,  東京,  2018/07
11. 山口哲央: 市中感染型MRSAによる皮膚感染症.  第92回日本感染症学会総会学術講演会 ・第66回日本化学療法学会学術集会 合同学会,  岡山,  2018/06
12. 吉澤 定子: 第23回症例から学ぶ感染症セミナー、壊死性筋膜炎の疫学と病態生理.  第92回日本感染症学会学術講演,  岡山,  2018/05
13. ◎吉澤 定子, 前田 正, 佐藤 高広, 福井 悠人, 宮崎 泰斗, 石井 良和, 舘田 一博.: 梅毒診療に関する臨床的検討 日米ガイドラインによる治療の比較.  第92回日本感染症学会総会,  岡山,  2018/05
14. 吉澤 定子: シンポジウム6. CDI診療ガイドライン CDIの定義とリスクファクター 重症・難治性・再発..  第92回日本感染症学会総会,  岡山,  2018/05
国際学会
1. Yoshikazu Ishii: Infection Control
Antibiotic Resistance and Proper Usage of Antibiotics.  日本薬学生連盟APPS2018,  富士吉田市,  2018/08
その他
1. 吉澤 定子: 特別講演、CDIに関する最近の話題.  第19回感染症フォーラム,  新潟,  2019/01
2. 吉澤 定子: 本邦におけるインフルエンザ診療の現状..  第33回東邦会東京城東支部総会,  東京,  2018/09
3. ◎前田 正, 田中佑樹、柏木克仁, 佐藤高広, 宮崎泰斗, 佐々木雅一, 濱田 将風、 山口哲央, 石井良和, 瓜田純久, 舘田一博,: MRSAの新たな潮流.  MRSAフォーラム2018,  東京,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者