東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 微生物・感染症学講座
 Department of Microbiology and Infectious Diseases

教授:
  石井 良和
  舘田 一博
講師:
  大野 章
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 良和   教授
    13   3       7
(6)
 32
(4)
 
 7
 
 
舘田 一博   教授
  5  11  1 2       
 33
(2)
 
 9
 
 
大野 章   講師
              
 1
 
 
 
 
木村 聡一郎   講師
 4   2   1       2
(1)
 6
 1
 3
 
 
梶原 千晶   助教
    2   1       2
 3
 1
 3
 
 
木村 聡一郎   助教
 4   2   1       2
(1)
 6
 1
 3
 
 
南條 友央太   助教
       1       
 2
 1
 
 
 
山口 哲央   助教
    1  1 3       5
(2)
 11
 1
 4
 
 
 8 0  2 0  0  18
(10)
 5
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yoshioka D, Kajiwara C, Ishii Y, Umeki K, Hiramatsu K, Kadota J, Tateda K.:  Efficacy of β-Lactam-plus-Macrolide Combination Therapy in a Mouse Model of Lethal Pneumococcal Pneumonia.  Antimicrobial Agents and Chemotherapy  60 (10) :6146 -6154 , 2016
2. Dixon N, Fowler RC, Yoshizumi A, Horiyama T, Ishii Y, Harrison L, Geyer CN, Moland ES, Thomson K, Hanson ND.:  IMP-27, a Unique Metallo-β-Lactamase Identified in Geographically Distinct Isolates of Proteus mirabilis.  Antimicrobial Agents and Chemotherapy  60 (10) :6418 -6421 , 2016
3. Furuyama T, Nonomura H, Ishii Y, Hanson ND, Shimizu-Ibuka A.:  Structural and Mutagenic Analysis of Metallo-β-Lactamase IMP-18.  Antimicrobial Agents and Chemotherapy  60 (9) :5521 -5526 , 2016
4. Ito-Horiyama T, Ishii Y, Ito A, Sato T, Nakamura R, Fukuhara N, Tsuji M, Yamano Y, Yamaguchi K, Tateda K:  Stability of Novel Siderophore Cephalosporin S-649266 against Clinically Relevant Carbapenemases.  Antimicrobial agents and chemotherapy  60 (7) :4384 -4386 , 2016
5. Urabe N, Ishii Y, Hyodo Y, Aoki K, Yoshizawa S, Saga T, Murayama SY, Sakai K, Homma S, Tateda K,:  Molecular epidemiologic analysis of a Pneumocystis pneumonia outbreak among renal transplant patients.  Clinical Microbiology and Infection  22 (4) :365 -371 , 2016
6. Urabe N, Ishii Y, Hyodo Y, Aoki K, Yoshizawa S, Saga T, Murayama SY, Sakai K, Homma S, Tateda K.:  Molecular epidemiologic analysis of a Pneumocystis pneumonia outbreak among renal transplant patients.  Clinical Microbiology and Infections  22 (4) :365 -371 , 2016
7. Schaller MA, Allen RM, Kimura S, Day CL and Kunkel SL:  Systemic Expression of Notch Ligand Delta-Like 4 during Mycobacterial Infection Alters the T Cell Immune Response.  Frontiers in immunology  24 (7) :527 , 2016
8. Sano G, Itagaki T, Ishiwada N, Matsubara K, Iwata S, Nakamori Y, Matsuyama K, Watanabe K, Ishii Y, Homma S, Tateda K.:  Characterization and evaluation of a novel immunochromatographic assay for pharyngeal Mycoplasmapneumoniae ribosomal protein L7/L12 antigens.  Jouranl of Medical Microbiology  65 (10) :1105 -1110 , 2016
9. Kashiwaya K, Saga T, Ishii Y, Sakata R, Iwata M, Yoshizawa S, Chang B, Ohnishi M, Tateda K.:  Worldwide Lineages of Clinical Pneumococci in a Japanese Teaching Hospital Identified by DiversiLab System.  Journal of Infection and Chemotherapy  22 (6) :407 -413 , 2016
10. Yusa T, Tateda K, Ohara A, Miyazaki S:  New possible biomarkers for diagnosis of infections and diagnostic distinction between bacterial and viral infections in children.  Journal of Infection and Chemotherapy  23 (2) :96 -100 , 2017
11. Ohishi T, Aoki K, Ishii Y , Usui M, Tamura Y, Kawanishi M, Ohnishi K, Tateda K:  Molecular epidemiological analysis of human- and chicken-derived isolates of Campylobacter jejuni in Japan using next-generation sequencing.  Journal of Infection and Chemotherapy  :10.1016/j.jiac.2016.11.011. , 2017
12. Urabe N, Sakamoto S, Sano G, Suzuki J, Hebisawa A, Nakamura Y, Koyama K, Ishii Y, Tateda K, Homma S:  Usefulness of two Aspergillus PCR assays and Aspergillus galactomannan and β-D-glucan testing of bronchoalveolar lavage fluid for diagnosis of chronic pulmonary aspergillosis.  Journal of clinical microbiology  :doi: 10.1128/JCM.02497-16. , 2017
13. Nakagawa T, Mori N, Kajiwara C, Kimura S, Akasaka Y, Ishii Y, Saji T, Tateda K.:  Endogenous IL-17 as a factor determining the severity of Clostridium difficile infection in mice.  Journal of medical microbiology  65 (8) :821 -827 , 2016
14. Kishibe S, Okubo Y, Morino S, Hirotaki S, Tame T, Aoki K, Ishii Y , Ota N, Shimomura S, Sakakibara H, Terakawa T, Horikoshi Y.:  Pediatric hypervirulent Klebsiella pneumoniae septic arthritis.  Pediatrics International  58 (5) :382 -385 , 2016
15. Shinkai S, Toba M, Saito T, Sato I, Tsubouchi M, Taira K, Kakumoto K, Inamatsu T, Yoshida H, Fujiwara Y, Fukaya T, Matsumoto T, Tateda K, Yamaguchi K, Kohda N, Kohno S:  Immunoprotective effects of oral intake of heat-killed Lactobacillus pentosus strain b240 in elderly adults: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial - CORRIGENDUM.  The British journal of nutrition  116 (6) :1138 -1140 , 2016
16. Mizuno, Y.
Miura, Y.
Yamaguchi, T.
Matsumoto, T.:  Extended-spectrum b-lactamase-producing Enterobacteriaceae colonisation in long-term overseas business travellers.  Travel Medicine and Infectious Disease  14 (6) :561 -567 , 2016
症例報告
1. 一林 亮、 本多 満、 秋津克哉、佐藤 大輔、 瓜田純久、 舘田一博:  劇症型溶血性レンサ球菌による肺炎に対し積極的な呼吸管理を施行した1例.  日本救急医学会雑誌  27 (8) :264 -269 , 2016
2. Iwasaki Y, Inokuchi R, Harada S, Aoki K, Ishii Y, Shinohara K:  Bacterial Meningitis Caused by Hypervirulent Klebsiella pneumoniae Capsular Genotype K54 with Development of Granuloma-like Nodal Enhancement in the Brain during the Subacute Phase.  Internal medicine  56 (3) :373 -376 , 2017
その他
1. 木村聡一郎、舘田一博:  Quorum sensing機構とc-di-GMPシグナル伝達機構を介した緑膿菌の病原性およびバイオフィルムへの影響.  化学療法の領域  32 (6) :1206 -1212 , 2016
2. 木村聡一郎、舘田一博:  肺炎球菌の最新動向 ー 莢膜型・病原性・薬剤耐性の変遷.  感染と抗菌薬  19 (3) :195 -200 , 2016
3. 木村聡一郎、三村一行、舘田一博:  インフルエンザウイルス感染後の二次性肺炎.  呼吸と循環  64 (10) :969 -975 , 2016
4. 木村聡一郎、舘田一博:  肺炎球菌感染症の今日的話題:肺炎球菌の病原性.  臨床と微生物  43 (4) :315 -320 , 2016
■ 著書
1. 舘田一博、宮崎泰斗、吉澤 定子、山口哲央:  クロストリジウム・ディフィシル感染症.  クロストリジウム・ディフィシル感染症  1-51.  医薬ジャーナル社,  大阪, 2016
2. 青木弘太郎, 石井良和, 舘田一博:  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌の基礎と臨床.  最新医学  1200-1207.  最新医学社,  大阪, 2016
3. 山口哲央:    ここが知りたい院内感染対策Q&A  194-195.  中山書店,  日本, 2016
4. 山口哲央, 石井良和:  感染症対策 update.  臨床雑誌・内科  861-866.  南江堂,  東京, 日本, 2016
5. 舘田一博, 松本哲哉, 木村聡一郎, 本田なつ絵, 吉澤定子, 石井良和, 嵯峨知生, 森伸晃, 小林了, 岩田敏, 槇村浩一, 赤尾信明, 山口哲央:    Qシリーズ 新微生物学  114-118.  日本医事新報社,  東京, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎梶原千晶、日下祐、鵜殿平一郎、石井良和、舘田一博: 2型糖尿病治療薬メトホルミンのレジオネラ感染に及ぼす影響.  第90回日本細菌学会総会,  仙台,  2017/03
2. ◎小西弘恵、梶原千晶、山口哲央、石井良和、舘田一博: Clostridium binary toxin の自然免疫細胞に与える影響.  第90回日本細菌学会総会,  仙台,  2017/03
3. ◎濱田将風, 山口哲央, 青木弘太郎, 石井良和, 舘田一博: ダプトマイシン非感受性MRSAのバイオフィルム形成能と毒素産生能の解析.  第90回日本細菌学会総会,  仙台,  2017/03
4. 青木 弘太郎, 志牟田 健, 大西 真, 石井 良和, 舘田 一博: モザイクPBP2保有淋菌におけるセフトリアキソン耐性補助因子の探索.  第90回日本細菌学会総会,  仙台,  2017/03
5. ◎斎藤隆弘, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 熊手絵璃, 佐藤隆弘, 石井政孝, 渡邉利泰, 財 裕明, 中嶋 均, 瓜田純久, 平山剛久, 石井良和.: 治療経過中にGuilain- Barrè 症候群を合併したCampylobacter腸炎の1例.  第13回日本消化管学会総会,  名古屋,  2017/02
6. ◎石井良和: 抗菌薬のブレイクポイント(CLSI・EUCAST・日本化学療法学会)の相違
EUCASTのブレイクポイントの考え方.  第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会,  長崎市,  2017/01
7. 青木 弘太郎, 花尾 麻美, 石井 良和, 舘田 一博Neisseria gonorrhoeae PenAアリル分類とセフトリアキソン感受性との関連性に関する検討.  第28回日本臨床微生物学会,  長崎,  2017/01
8. ◎中嶋 均, 斎藤隆弘, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 熊手絵璃, 石孝孝政, 佐々木陽典, 前田 正, 渡邉利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 瓜田純久, 平山剛久, 石井良和.: シンポジウム2「 Campylobacter腸炎の治療経過中にGuillain-Barre症候群を合併した1例」..  第47回日本消化吸収学会総会,  神戸,  2016/11
9. ◎小西弘恵,澤 友歌、植田 有紀子、中川 智亮、麻生 敬子、山口 哲央、清水 教一、石井 良和、佐地 勉、舘田 一博: ノロウイルス院内感染時のイムノクロマト法検査の有効性.  第48回日本小児感染症学会学術集会,  岡山,日本,  2016/11
10. ◎小野大輔, 山口哲央, 藤崎桃子,東條浩幸,石井良和, 舘田一博: MRSAに対する抗菌薬 併用効果の検討.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会 ・第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  新潟,  2016/10
11. ◎山口哲央: MRSAの病原因子と抗菌薬感受性の基礎的、疫学的解析.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・ 第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  新潟,  2016/10
12. ◎澤 友歌,植田 有紀子、佐々木 雅一、村上 日奈子、舘田 一博、小原 明: 意識障害が疑われた乳児ボツリヌス症の1例.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  新潟,日本,  2016/10
13. ◎佐藤礼実, 濱田将風, 山口哲央, 石井良和, 舘田一博: MRSA plasma biofilmの 構造解析及びその機能に関する検討.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会 ・第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  新潟,  2016/10
14. ◎園田史朗, 山口 哲央, 佐藤礼美, 青木弘太郎, 梶原千晶, 木村聡一郎, 石井良和, 舘田一博: 菌血症マウスモデルを用いた、わが国にdominantなCA-MRSAの病原性の検討.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・ 第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  新潟,  2016/10
15. ◎舘田一博, 平山 忍, 大谷真理子, 村上日奈子, 松尾和廣, 坂本真紀, 宮崎泰斗, 石井良和, 西澤健司: D/DD(Dose by Duration Density)を指標とした抗菌薬適正使用の評価.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第63回日本化学療法学会東日本支部総会,  新潟,  2016/10
16. ◎平山 忍, 大谷真理子, 花井雄貴, 村上日奈子, 松尾和廣, 坂本真紀, 宮崎泰斗, 吉澤定子, 石井良和, 西澤健司, 舘田一博: カルバペネム系薬におけるAntimicrobial stewardshipの新規評価方法の検討.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第63回日本化学療法学会東日本支部総会,  新潟,  2016/10
17. ◎石井良和: 耐性菌制御のブレイクスルーをめざして!
「基礎から見た耐性菌の予防」.  第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  新潟市,  2016/10
18. ◎澤 友歌,青木 弘太郎、木村 聡一郎、直井 和之、池原 聡、高月 晋一、中山 智孝、松裏 裕行、石井 良和、舘田 一博、小原 明、佐地 勉: 川崎病発症後検体における網羅的病原体ゲノム検索.  第36回日本川崎病学会・学術集会,  横浜,日本,  2016/10
19. ◎前田 正,佐藤高広,福井悠人,熊手絵璃,佐々木陽典,石井孝政,宮﨑泰斗,吉澤定子,瓜田純久,舘田一博.: 髄液検査正常であったCryptococcus髄膜炎の一例.  日本感染症学会東日本地方会学術集会,  新潟,  2016/10
20. ◎石井良和: 多剤耐性菌の制御に向けた研究の新展開
新規抗菌薬開発の現状と課題.  第159回日本獣医学会学術集会,  藤沢市,  2016/09
21. ◎園田史朗, 山口哲央, 青木弘太郎, 梶原千晶, 石井良和, 舘田一博: USA300 cloneの重症化メカニズムの検討.  2016年MRSAフォーラム,  岐阜,  2016/07
22. ◎佐藤礼実, 濱田将風, 山口哲央, 石井良和, 舘田一博: 血漿存在下におけるMRSAバイオフィルム構造の解析.  MRSAフォーラム 2016,  岐阜,  2016/07
23. ◎小野大輔, 山口哲央, 藤崎桃子,東條浩幸,石井良和, 舘田一博: 新規ブレイクポイント・チェッカーボードを用いたMRSAに対する併用効果の検討.  MRSAフォーラム 2016,  岐阜,  2016/07
24. ◎山口哲央: MRSA感染症の重症化を決める因子とは-菌の病原性?宿主の状態?薬剤耐性?-.  MRSAフォーラム2016,  岐阜,  2016/07
25. ◎石井良和: バイオフィルム形成が薬剤感受性に及ぼす影響と感染症治療薬開発の現状.  第30回日本バイオフィルム学会学術集会,  東京都中央区,  2016/07
26. ◎濱田将風, 山口哲央, 青木弘太郎, 石井良和, 舘田一博: ダプトマイシン耐性の獲得はMRSAのバイオフィルム形成に影響するのか?.  MRSAフォーラム2016,  岐阜,  2016/07
27. ◎濱田将風, 山口哲央, 青木弘太郎, 小野大輔, 石井良和, 舘田一博: ダプトマイシン耐性能の獲得に伴うMRSAのバイオフィルム形成能と病原性の変化に関する検討.  第30回日本バイオフィルム学会学術集会,  東京,  2016/07
28. ◎山口哲央: CA-MRSAの現状と将来展望.  第64回日本化学療法学会総会,  神戸,  2016/06
29. ◎平山 忍, 大谷真理子, 花井雄貴, 安田 寛, 村上日奈子, 松尾和廣, 坂本真紀, 宮崎泰斗, 吉澤定子, 石井良和, 西澤健司, 舘田一博: カルバペネム系薬におけるAntimicrobial Stewardship活動の効果.  第64回日本化学療法学会総会,  神戸,  2016/06
30. ◎木村聡一郎、石井良和、舘田一博: 肺炎球菌性重症肺炎マウスモデルを用いた疾患感受性遺伝領域の解析.  第64回日本化学療法学会,  神戸,  2016/06
31. ◎石井良和: カルバペネム耐性腸内細菌化細菌(CRE)について多方面から捉える
- 遺伝学的背景 -.  第64回日本化学療法学会総会,  神戸市,  2016/06
32. ◎大野 章, 石井良和, 舘田一博, 山口惠三: 2013年に全国69施設から分離された臨床分離株12,164株の各種抗菌薬に対する感受性サーベイランス.  第63回日本化学療法学会総会,  東京都,  2016/06
33. ◎花井雄貴, 松尾和廣, 大橋隼人, 平山 忍, 草野 歩, 南條友央太, 石井良和, 小杉隆祥, 西澤健司, 吉尾 隆: 高速液体クロマトグラフィーを用いたcolistinの簡易測定法の確立.  第33回日本TDM学会・学術大会,  宇都宮,  2016/05
34. ◎石井良和: 話題の耐性菌~ 故曰、知彼知己者、百戰不殆 ~.  第5回日本感染管理ネットワーク学会学術集会,  別府市,  2016/05
35. 南條 友央太, 山本愛, 石井良和, 舘田一博: 免疫抑制マウスモデルを用いたCandida albicansのトランスロケーション誘導因子の探索.  第90回 日本感染症学会総会・学術講演会,  仙台,  2016/04
36. ◎梶原千晶、日下祐、木村聡一郎、舘田一博: レジオネラ肺炎におけるメトホルミンの効果.  第90回日本感染症学会総会,  仙台,  2016/04
37. ◎日下祐、梶原千晶、木村聡一郎、舘田一博: レジオネラ感染マウスモデルにおけるAnti Gr-1抗体投与による好中球、M1/M2マクロファージの影響.  第90回日本感染症学会総会,  仙台,  2016/04
38. ◎木村聡一郎、舘田一博: Quorum sensingをコントロールする治療的方策.  第90回日本感染症学会総会,  仙台,  2016/04
39. ◎木村聡一郎、三村一行、石井良和、舘田一博: 臨床病態を反映させたインフルエンザ感染後の二次性肺炎球菌性肺炎マウスモデルの確立.  第90回日本感染症学会総会,  仙台,  2016/04
40. ◎木村聡一郎、石井良和、舘田一博: 肺炎球菌性重症肺炎マウスモデルを用いた疾患感受性遺伝領域の特定と解析.  第90回日本感染症学会総会,  仙台,  2016/04
41. ◎山口哲央: わが国における市中感染型MRSAの動向と問題点.  第90回日本感染症学会総会・学術講演会,  仙台,  2016/04
42. ◎石井良和: 抗菌薬の適正使用
3. 検出すべき耐性菌とモニター体制の確立に向けて.  第90回日本感染症学会総会・学術講演会,  仙台,  2016/04
43. ◎石井良和: One Health レクチャー Human 4
動物を介した耐性菌感染症の実態.  第90回日本感染症学会総会・学術講演会,  仙台,  2016/04
44. ◎山口哲央: 知の未来 Future Directions with rising son and daughter
「感染症」
MRSAの病原因子と肺炎の発症機序.  第56回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2016/04
45. ◎小野大輔, 山口哲央, 石井良和, 舘田一博: 抗血小板薬(Clopidogrel)併用によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌のβ ラクタム系薬最小発育阻止濃度低下効果の検討.  第90回日本感染症学会総会・学術講演会,  仙台,  2016/04
国際学会
1. ◎Yamaguchi T, Sonoda S, Aoki K, Ono D, Sato A, Ishii Y, Tateda K: Virulence in and Molecular Characteristics of PVL-Negative, TSST-1 Positive CA-MRSA Circulating in Japan.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
2. ◎Konishi H, Yamaguchi T, Nakagawa T, Kajiwara C, Kimura S, Ishii Y, Tateda K: Roles of interleukin-17 and neutrophil-mediated host responses in murine Clostridium difficile colitis.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
3. ◎Sonoda S, Yamaguchi T, Aoki K, Kajiwara C, Kimura S, Akasaka Y, Ishii Y, Tateda K: Comparison and characterization of USA300 clones by whole genome sequencing and mice pneumonia model.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
4. ◎Nanjo Y, Ishii Y, Yamamoto A, Tateda K: A Role of Candida albicans ALS3 in Gut-Derived Fungal Sepsis.  ASM Microbe 2016,  Boston,  2016/06
5. ◎Ono D, Yamaguchi T, Sasaki M, Ishii Y, Tateda K: Clopidogrel, an Antiplatelet Drug, Potentiates Antibiotic Effect of Beta-lactams against Staphylococcus aureus.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
6. ◎Kajiwara C , Kusaka Y, Kimura S , Tateda K .: Immunomoduratory Roles of Metformin in Murine Legionella infection.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
7. ◎Kimura S , Mimura K, Schaller MA, Ishii Y , Kunkel SL, Tateda K : Nasopharyngeal colonization with Streptococcus pneumoniae exacerbates pneumonia following influenza virus infection in a mouse model.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
8. ◎Kusaka Y, Kajiwara C, Tateda K: Effects of Neutrophil Depletion on M1/M2 Macrophage Polarization and Lethality of Mice with Legionella pneumophila Pneumonia.  ASM Microbe 2016,  Boston, USA,  2016/06
9. ◎Masakaze Hamada, Tetsuo Yamaguchi, Kotaro Aoki, Yoshikazu Ishii, Kazuhiro Tateda: Influence of Daptomycin Resistance on MRSA Biofilm Formation.  Biofilms7,  Portugal,  2016/06
その他
1. 青木 弘太郎: 次世代シークエンサーを用いた薬剤耐性菌解析.  第13回ひびき薬剤耐性菌シンポジウム,  福岡,  2016/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者