<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 病理学講座
 Department of Pathology

■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)一般  (研究課題番号:19K10017)
 研究課題:間葉系幹細胞を標的化するmicroRNAによる包括的な瘢痕抑制法開発の基盤形成  (研究代表者:赤坂喜清)
 研究補助金:1100000円  (代表)
2.  基盤研究(C)一般
 研究課題:増殖因子受容体を標的するmicroRNAを用いた皮膚瘢痕抑制機構の解明  (研究分担者:赤坂喜清)
 研究補助金:100000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















三上 哲夫   教授
    4          
 3
 
 
 
 
本間 尚子   准教授
              
 
 
 
 
 
深澤 由里   講師
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














三上 哲夫   教授
         
 
 
本間 尚子   准教授
         
 
 
深澤 由里   講師
         
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nakagomi E, Mikami T, Funahashi K, Okazumi S, Shibuya K, Hiruta N, Igarashi Y:  Cancer stem cell markers CD44v9+/CD133- are associated with low apoptosis in both sporadic and ulcerative colitis-associated colorectal cancers.  Histology and histopathology  37 (6) :587 -595 , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. 〇野村 恵利¹⁾、栃木 直文¹⁾、深澤 由里²⁾、篠崎 稔(¹⁾、石井 真由美¹⁾雨宮 和紀(¹⁾、堀 裕一³⁾、兼古 晃輔⁴⁾、星野 織絵⁵⁾、澁谷 和俊¹⁾: 鼻型節外型NK/T細胞性リンパ腫の一例.  第61回日本臨床細胞学会総会(秋季大会),  仙台市,  2022/11
2. ◎本間本間本間尚子, 緒方秀昭, 山田顕光, 松田陽子, 紺谷桂一, 宮下美香, 新井冨生, 佐々木英一, 澁谷和俊, 三上哲夫, 澤木正孝: 高齢者triple-negative 乳癌におけるPD-L1発現の臨床病理学的意義の検討.  第30回日本乳癌学会学術総会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2022/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者