東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ミカミ テツオ   Mikami Tetsuo
  三上 哲夫
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   教授
    (最終更新日:2019-12-03 10:46:55)
■ 学位
1. 博士(医学)
■ 刊行論文
1. 原著  Expression of mTOR signaling pathway molecules in triple-negative breast cancer. 2019/11
2. 原著  Settlement of Stenotic Site and Enhancement of Risk Factor Load for Atherosclerosis in Left Anterior Descending Coronary Artery by Myocardial Bridge. 2018/06
3. 総説  炎症性腸疾患における発がん機序 2018/04
4. 総説  口腔カンジダ症 2018/04
5. 原著  Peroxiredoxin 1 expression in active ulcerative colitis mucosa identified by proteome analysis and involvement of thioredoxin based on immunohistochemistry 2017/12
6. 原著  Microcarcinoid arising in patients with long-standing ulcerative colitis: histological analysis. 2017/06
7. 原著  Depletion of myeloid cells exacerbates hepatitis and induces an aberrant increase in histone H3 in mouse serum 2017/01
8. 原著  Basic Fibroblast Growth Factor Induces Angiogenic Properties of Fibrocytes to Stimulate Vascular Formation during Wound Healing 2016/12
9. 症例報告  多発血管炎性肉芽腫症の経過中に脾臓出血を来した1例 2016/12
10. 原著  Association of BIM Deletion Polymorphism and BIM-γ RNA Expression in NSCLC with EGFR Mutation 2016/11
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. Mucin core protein expression in ulcerative colitis-associated colonic neoplasms. (ポスター,一般) 2016/10/06
2. LAT1の発現は乳癌の予後関連因子である:triple negative乳癌とnon-triple negative乳癌の比較 (ポスター,一般) 2015/05/01
3. 潰瘍性大腸炎粘膜および潰瘍性大腸炎関連癌におけるcarbonic anhydrase 2の発現の検討 (ポスター,一般) 2014/09/27
4. 内視鏡のための消化管病理学-Group分類を中心に (口頭発表) 2014/07/20
5. 潰瘍性大腸炎関連癌の病理 (口頭発表,特別・招待講演等) 2014/07/05
6. 潰瘍性大腸炎粘膜および潰瘍性大腸炎関連癌におけるCarbonic anhydrase 2発現の検討 (ポスター,一般) 2014/04/24
7. 潰瘍性大腸炎関連腫瘍では早期からCD44の発現が低下している (ポスター,一般) 2013/06/07
8. 潰瘍性大腸炎関連癌の浸潤に影響を与えるCD44細胞外ドメインの低発現 (ポスター,一般) 2012/04/27
9. 胃の小間葉系細胞腫瘍におけるGISTの位置づけについて (ポスター,一般) 2011/04
10. 潰瘍性大腸炎関連癌におけるMMP-7, laminin5γ2, sialyl LewisXの発現:sporadic型大腸癌との比較 (口頭発表,一般) 2010/04
全件表示(11件)
■ 職歴
1. 1996/04~1999/03 北里大学 医学部・病理学 助手
2. 1999/04~2006/03 北里大学 医学部・病理学 講師
3. 2006/04~2013/03 北里大学 医学部・病理学 准教授
4. 2013/04~ 東邦大学 医学部 医学科 教授
■ その他
2007.1~現在 Editorial board member, Pathology International
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2002/03  潰瘍性大腸炎関連腫瘍の発生と進展におけるアポトーシス抑制蛋白サバイビンの役割 奨励研究(A) (キーワード:潰瘍性大腸炎)
2. 2004/04~2006/03  潰瘍性大腸炎からの発癌におけるメチル化によるDNA修復遺伝子発現低下と遺伝子異常 若手研究(B) (キーワード:潰瘍性大腸炎)
3. 2007/04~2009/03  潰瘍性大腸炎関連癌での細胞接着因子の発現とDNAメチル化:浸潤能獲得機序の解明 基盤研究(C) (キーワード:潰瘍性大腸炎)
4. 2012/04~2015/03  潰瘍性大腸炎の炎症性粘膜における発癌と浸潤にかかわる蛋白の解明:プロテオミクス解析 基盤研究(C) (キーワード:潰瘍性大腸炎)