<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 生化学講座/生化学分野
 Department of Biochemistry Division of Medical Biochemistry

教授:
  中野 裕康
准教授:
  森脇 健太
講師:
  土屋 勇一
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 革新的先端研究開発支援事業  (研究課題番号:20gm1210002s0103)
 研究課題:NASHにおける肝リモデリングを制御する細胞間相互作用の解明と革新的診断・治療法創出への応用  (研究分担者:中野 裕康)
 研究補助金:14000000円  (分担)
2.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:20H03475)
 研究課題:新規細胞死ネクロプトーシスの新たな制御機構の解明  (研究代表者:中野 裕康)
 研究補助金:4400000円  (代表)
3.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業  (研究課題番号:20ae0101042h9905)
 研究課題:高感受性フコシル化TRAIL受容体を標的とした新たな癌治療戦略の開発  (研究代表者:森脇 健太)
 研究補助金:9500000円  (代表)
4.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07399)
 研究課題:新規炎症性細胞死ネクロプトーシスを可視化する生体イメージング技術の開発  (研究代表者:森脇 健太)
 研究補助金:1100000円  (代表)
5.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:18H02594)
 研究課題:細胞の極性を制御する遺伝子の組織、個体での機能とその分子機構の解明  (研究分担者:森脇 健太)
 研究補助金:500000円  (分担)
6.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K11589)
 研究課題:非アルコール性脂肪性肝炎に対する増殖因子を介した肝臓修復機構の解明と治療への応用  (研究代表者:土屋 勇一)
 研究補助金:1100000円  (代表)
7.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K05238)
 研究課題:敗血症モデルにおける計画的ネクローシスのFRETイメージング  (研究代表者:村井 晋)
 研究補助金:1400000円  (代表)
8.  2020年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K09231)
 研究課題:膜透過性ペプチドを用いた細胞死抑制による新たな抗敗血症薬の提案  (研究代表者:中林 修)
 研究補助金:1100000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中野 裕康   教授
    5          
 
 
 
 
 
森脇 健太   准教授
   1 1          
 
 
 
 
 
三宅 早苗   講師
   1 1          
 
 
 
 
 
出口 裕   助教
    1          
 
 
 
 
 
村井 晋   助教
    1          
 
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Miyake S, Murai S, Kakuta S, Uchiyama Y, Nakano H.:  Identification of the hallmarks of necroptosis and ferroptosis by transmission electron microscopy.  Biochemical and biophysical research communications  527 :839 -844 , 2020
2. Kojima Y, Nishina T, Nakano H, Okumura K, Takeda K.:  Inhibition of Importin β1 Augments the Anticancer Effect of Agonistic Anti-Death Receptor 5 Antibody in TNF-Related Apoptosis-Inducing Ligand-Resistant Tumor Cells.  Molecular Cancer Therapeutics  19 :1123 -1133 , 2020
3. Hildebrand J, Kauppi M, Majewski I, Liu Z, Cox A, Miyake S, Petrie E, Silk M, Li Z, Tanzer M, Brumatti G, Young S, Hall C, Garnish S, Corbin J, Stutz M, Rago L, Gangatirkar P, Josefsson E, Rigbye K, Anderton H, Rickard J, Tripaydonis A, Sheridan J, Scerri T, Czabotar P, Zhang J, Varghese L, Allison C, Pellegrini M, Tannahill G, Hatchell E, Willson T, Stockwell D, de Graaf C, Collinge J, Hilton A, Silke N, Spall S, Chau D, Athanasopoulos V, Metcalf D, Laxer R, Bassuk A, Darbro B, Singh M, Vlahovich N, Hughes D, Kozlovskaia M, Ascher D, Warnatz K, Venhoff N, Thiel J, Blum S, Reveille J, Hildebrand M, Vinuesa C, McCombe P, Brown M, Kile B, McLean C, Bahlo M, Masters S, Nakano H, Ferguson P, Murphy J, Alexander W, Silke J.:  The inflammatory consequences of MLKL brace region mutations in mice and humans.  Nature Communications  - :- -- , 2020
4. Torii S, Yamaguchi H, Nakanishi A, Arakawa S, Honda S, Moriwaki K, Nakano H, and Shimizu, S.:  Identification of a novel phosphorylation site of Ulk1 that is required for genotoxic stress-induced alternative autophagy.  Nature Communications  11 :1754 , 2020
5. Moriwaki K, Balaji S, Chan FK.:  The death-inducing activity of RIPK1 is regulated by the pH environment.  Science Signaling  13 :eaay7066 , 2020
6. Takeda W, Nishina T, Deguchi Y, Kawauchi M, Mikami T, Yagita H, Nishiyama C, Nakano H:  Stromal fibroblasts produce interleukin 11 in the colon of TNBS-treated mice.  Toho J Med  in press :- -- , 2020
  :Corresponding Author
  :本学研究者