東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 外科学講座 呼吸器外科(大森)
 Division of Chest Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  伊豫田 明
准教授:
  秦  美暢
助教:
  田巻 一義
  大塚  創
  牧野  崇
  東  陽子
  肥塚  智
■ Keywords
肺癌, 超高齢者肺癌, 術後補助療法, COPD, 気管支鏡下治療, ステント療法, EBUS, 肺神経内分泌腫瘍
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:15K10272)
 研究課題:肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築  (研究代表者:伊豫田 明)
 研究補助金:1430000円  (代表)
2.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:15K10272)
 研究課題:肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築  (研究分担者:秦 美暢)
 研究補助金:10000円  (分担)
3.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:15K10272)
 研究課題:肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築  (研究分担者:大塚 創)
 研究補助金:10000円  (分担)
4.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:15K10272)
 研究課題:肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築  (研究分担者:牧野 崇)
 研究補助金:10000円  (分担)
5.  文部科学省 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:15K10272)
 研究課題:肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築  (研究分担者:肥塚 智)
 研究補助金:10000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















伊豫田 明   教授
   1 2          
 8
(5)
 1
 3
 3
(2)
 2
秦 美暢   准教授
   1 1          
 8
(5)
 
 2
 
 2
東 陽子   助教
    1          2
(1)
 3
(2)
 1
 2
 1
 1
大塚 創   助教
    1          1
(1)
 7
(4)
 
 4
 
 2
肥塚 智   助教
              3
(2)
 5
(3)
 
 3
 1
 1
田巻 一義   助教
              
 
 
 
 
 
牧野 崇   助教
   1           2
(1)
 6
(4)
 1
 2
 
 2
東 陽子
              
 
 
 
 
 
肥塚 智
              
 
 
 
 
 
 0 3  0 0  0  8
(5)
 3
(0)
 5
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hata Y, Kiribayashi T, Kishi K, Nagashima M, Nakayama T, Ikeda S, Kadokura M, Ozeki Y, Otsuka H, Murakami Y, Takagi K, Iyoda A:  Adherence and feasibility of 2 treatment schedules of S-1 as adjuvant chemotherapy for patients with completely resected advanced lung cancer: a multicenter randomized controlled trial.  BMC Cancer  17 (1) :581 , 2017
症例報告
1. Makino T, Hata Y, Otsuka H, Koezuka S, Kikuchi N, Isobe K, Tochigi N, Shibuya K, Homma S, Iyoda A:  Diffuse FDG uptake in bone marrow in patient with granulocyte colony-stimulating factor-producing pleomorphic carcinoma of the lung: a case report.  Molecular and Clinical Oncology  7 :103 -106 , 2017
その他
1. Iyoda A:  A result of prospective biomarker trial on excision repair cross complementing group 1 (ERCC1) in advanced non-small-cell lung cancer: ERCC1 trial (Editorial).  AME Medical Journal  2 :61 , 2017
2. Bao P, Yokobori T, Altan B, Iijima M, Azuma Y, Onozato R, Yajima T, Watanabe A, Mogi A, Shimizu K, Nagashima T, Ohtaki Y, Obayashi K, Nakazawa S, Bai T, Kawabata-Iwakawa R, Asao T, Kaira K, Nishiyama M, Kuwano H:  High STMN1 Expression is Associated with Cancer Progression and Chemo-Resistance in Lung Squamous Cell Carcinoma.  Ann Surg Oncol  doi10.1245/ (10434-017) :6083-0 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎肥塚 智、牧野 崇、大塚 創、東 陽子、秦 美暢、定本 聡太、渋谷 和俊、伊豫田 明、: 興味ある経過をとった肺扁平上皮癌の1切除例.  第175回 胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/11
2. ◎東 陽子、大塚 創、牧野 崇、秦 美暢、肥塚 智、伊豫田 明、: 間質性肺炎合併肺癌手術の工夫.  第70回 日本胸部外科学会 定期学術集会,  北海道,  2017/09
3. ◎肥塚 智1、牧野 崇、大塚 創、東 陽子、秦 美暢、大国生幸、海老原 覚、伊豫田 明、: 周術期LABA/LAMA吸入療法とリハビリテーションを行ったCOPD合併肺癌症例の検討.  第111回 臨床呼吸生理研究会学術集会,  東京,  2017/07
4. ◎東 陽子、大塚 創、肥塚 智、牧野 崇、秦 美暢、栃木 直文、渋谷 和俊、伊豫田 明: 特異な経過を示し診断に難渋した縦隔ホジキンリンパ腫の1切除例.  第179回 肺癌学会関東支部学術集会,  東京,  2017/07
5. ◎牧野崇、大塚創、肥塚智、安積隆、秦美暢、杉野圭史、磯部和順、栃木直文、本間栄、澁谷和俊、伊豫田明、: 悪性気道狭窄に対しAERO ステント留置を行った一例.  第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  長崎,  2017/06
6. ◎大塚 創、牧野 崇、肥塚 智、安積 隆、秦 美暢、伊豫田 明: 当院における間質性肺炎合併肺癌に対する胸腔鏡補助下手術.  第34回日本呼吸器外科学会総会,  福岡,  2017/05
7. ◎牧野崇, 三上哲夫, 栃木直文, 秦美暢, 肥塚智, 安積隆, 大塚創, 杉野圭史, 磯部和順, 本間栄, 渋谷和俊, 伊豫田明: 個別化医療を目指した肺大細胞神経内分泌癌切除例におけるバイオマーカー発現の検討.  第117回日本外科学会定期学術集会,  横浜, 日本,  2017/04
国際学会
1. ◎Takashi Makino、T.Mikami、Y.Hata、H.Otsuka、S.Koezuka、Yoko Azuma、 Kazutoshi Isobe、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Prediction of Potential Biomarkers for Personalized Treatment in Pulmonary Large-Cell Neuroendocrine Carcinoma.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
2. ◎Yoko Azuma、H.Otsuka、Takashi Makino、S.Koezuka、Kazutoshi Isobe、S.Sakamoto、N.Tochigi、K.Shibuya、S.Homma、Akira Iyoda、: Surgery for Patients with Lung Cancer Associated with Interstitial Pneumonia.  18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
3. ◎Akira Iyoda、Yoko Azuma、T.Makino、H.Otsuka、S.Koezuka、N.Tochigi、K.Shibuya、T.Mikami、Kazutoshi Isobe、S.Homma: Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC.  the 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama, Japan,  2017/10
その他
1. ◎東 陽子、大塚 創、肥塚 智、牧野 崇、秦 美暢、磯部 和順
坂本 晋、本間 栄、伊豫田 明: CPFE合併肺癌術後にブラ穿孔を認めた1例.  第21回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会,  福岡,  2017/09
2. ◎肥塚 智、大塚 創、牧野 崇、東 陽子、秦 美暢、磯部 和順、本間 栄、中島 裕康
佐藤 之俊、伊豫田 明: 左胸膜肺全摘術後4年半を経過した後に特異な経過を示した悪性胸膜中皮腫の1例.  第8回 JMIG 研究会,  横浜,  2017/09
3. ◎伊豫田 明: 肺大細胞神経内分泌癌.  平成29年度松医会神奈川支部会,  横浜,  2017/06
4. ◎伊豫田 明: 肺神経内分泌腫瘍の診断・治療-大細胞神経内分泌癌を中心-.  第8回呼吸器外科フォーラム in Hamamatsu,  静岡県浜松市,  2017/04
5. ◎伊豫田 明: Biological and clinicopathological features of pulmonary large cell neuroendocrine carcinomas.  第71回東邦医学会総会,  東京,  2017/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者