東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  イヨダ アキラ   Iyoda Akira
  伊豫田 明
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   教授
    (最終更新日:2017-10-23 18:06:47)
■ 刊行論文
1. 原著  Clinicopathological features and the impact of the new TNM classification of malignant tumors in patients with pulmonary large cell neuroendocrine carcinoma. 2013/05
2. 原著  Adherence and feasibility of 2 treatment schedules of S-1 as adjuvant chemotherapy for patients with completely resected advanced lung cancer: a multicenter randomized controlled trial 2017/08
3. その他  A result of prospective biomarker trial on excision repair cross complementing group 1 (ERCC1) in advanced non-small-cell lung cancer: ERCC1 trial (Editorial) 2017/05
4. 症例報告  Diffuse FDG uptake in bone marrow in patient with granulocyte colony-stimulating factor-producing pleomorphic carcinoma of the lung: a case report 2017/05
5. 総説  Treatments options for patients with large cell neuroendocrine carcinoma of the lung 2014/06
6. その他  まい・てくにっく 肺癌手術における#7郭清のポイント 2014/05
7. 原著  Clinical impact of lung age on postoperative complications in non-small cell lung cancer patients aged >70 y 2014/03
8. 症例報告  Report of a rare case: occult hemothorax due to blunt trauma without obvious injury to other organs 2013/11
9. 原著  The clinicopathological significance of Lgr5 expression in lung adenocarcinoma 2013/10
10. 症例報告  Free tensor fascia lata flap and synthetic mesh reconstruction for full-thickness chest wall defect 2013/09
全件表示(34件)
■ 著書
1. 部分執筆  大細胞神経内分泌癌(large cell neuroendocrine carcinoma)「細胞診ガイドライン4 呼吸器・胸腺・体腔液・リンパ節」 2015/06
2. 部分執筆  肺癌 外科的治療「癌診療指針のための病理診断プラクティス」 2011/05
3. 部分執筆  ⅠA期―ⅢA期 外科手術の適応と実際「肺がん診療と化学療法」 2011/01
■ 学会発表
1. Surgical Treatment for Neuroendocrine Tumors other than SCLC (口頭発表) 2017/10/16
2. 肺大細胞神経内分泌癌に対する臨床病理学的および分子生物学的特徴の解析と治療方法に関する研究 (口頭発表,特別・招待講演等) 2015/11/26
3. 大細胞神経内分泌癌の診断と治療方針-外科治療上の問題点 (口頭発表) 2013/11
4. 肺の高悪性度神経内分泌腫瘍をめぐる諸問題-細胞診と外科治療の接点 (口頭発表) 2013/11
5. Bronchopulmonary carcinoids (口頭発表) 2013/10/28
6. Pryce1 型肺分画症を合併した肺癌の1 切除例 (口頭発表,一般) 2013/06
7. 右肺癌術後難治性肺瘻に対しPGAシートを用いた気管支塞栓術が有効であった1例 (ポスター,一般) 2013/06
8. 原発性肺扁平上皮癌の細胞所見 (口頭発表) 2013/06
9. 肺低分化型腺癌と扁平上皮癌の鑑別診断における免疫細胞化学法の有用性 (口頭発表,一般) 2013/06
10. 癌におけるLgr 5発現の臨床病理学的特徴と予後に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2013/04
全件表示(94件)
■ 職歴
1. 2013/06~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 教授
■ 受賞学術賞
1. 2002/02 第43回日本肺癌学会総会優秀演題賞
2. 2003/05 第20回日本呼吸器外科学会総会Young Investigator Award受賞
3. 2003/11 第44回日本肺癌学会総会優秀演題賞
4. 2008/05 第1回日本呼吸器外科学会賞
5. 2015/11 篠井・河合賞
■ その他
Lung Cancer International, Editor
Dataset Papers in Medicine (Pulmonology), Editor
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2012/03  肺癌個別化医療を目指した肺癌再発予測診断システムの構築 基盤研究(C) 
2. 2012/04~  肺癌個別化医療を目指した肺癌予後予測診断システムの構築 基盤研究(C) 
3. 2014/04~  超音波気管支鏡下生検による肺癌予後予測診断システムの構築 呼吸器外科学 
4. 2015/04~2018  肺癌に対する分子生物学的特性に基づいた個別化治療のシステム構築 基盤研究C