<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 生命圏環境科学科 環境化学部門 齋藤研究室(環境分析化学)
 Laboratory of Environmental Analytical Chemistry

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















齋藤(西垣) 敦子   准教授
    2          
 2
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Onozato M, Nishigaki A, Okoshi K:  Impact of Great East Japan Earthquake on polycyclic aromatic hydrocarbons in sediment on the coast of Matsushima Bay, Northern Japan.  Polycycl Aromat Compd.  1 :1 -1 , 2018
2. Yuriko Azuchi, Kazuhiko Namekata, Tadayuki Shimada, Xiaoli Guo, Atsuko Kimura, Chikako Harada, Atsuko Nishigaki, Kanato Yamagata,Takayuki Harada:  Role of neuritin in retinal ganglion cell death in adult mice following optic nerve injury.  Scientific Reports  8 :10132 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎安倍聡史, 西垣敦子: 干潟環境中での多環芳香族炭化水素の分布と挙動.  日本分析化学会第67年会,  仙台,  2018/09
2. ◎布施諒, 西垣敦子, 大島茂, 藤巻康人: 分光光度計及びHPLCを用いた3-ニトロベンズアントロンの分析法の開発.  日本分析化学会第67年会,  仙台,  2018/09
3. ◎阿部博和, 西垣敦子, 安倍聡史, 田中正敦: イワムシ(環形動物門:イソメ科)に潜む隠蔽種.  2018年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,  東京,  2018/09
4. ◎Grimbergen M, Nishigaki A: Environmental analysis of organic and inorganic pollutants on coasts around Tokyo Bay.  日本分析化学会第67年会,  仙台,  2018/07
国際学会
1. ◎Azuchi Y, Namekata K, Shimada T, Guo X, Kimura A, Harada C, Nishigaki A, Yamagata K, Harada T: Loss of neuritin accelerates RGC loss and retinal degeneration in adult mice following optic nerve injury.  Neuroscience 2018,  CA, USA,  2018/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者