東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 化学科 構造有機化学教室
 Structural Organic Chemistry Laboratory

教授:
  幅田 揚一
准教授:
  桑原 俊介
■ 概要
食虫植物型分子の動的挙動を利用した機能物質の開発
銀イオンと錯体を形成すると芳香環側鎖が銀イオンを包むように構造が変化する食虫植物型分子(銀食い分子)について研究している.この挙動を応用して,錯体を形成するとキラリティーを増大する分子,金属センサーになる分子,二次的包接部位を形成する分子の開発を行っている.食虫植物型分子を「超分子集合体」を構築するための部品として利用する研究も行っている.
直鎖状配位子による超分子集合体の構築
ピリジン配位子を合成し,新しい超分子集合体をつくる研究を行っている.その一例として,ベンゼンをスペーサーとして持つ化合物とCu(hfac)2の2:3錯体は超分子の空孔内にテトラヒドロフランやクロロホルムを二分子包接することを見出している.
新規分子マシンの開発と応用
分子マシンとは, 外部から得たエネルギーを機械的動作に変換する分子のことである. 本研究では, 光照射により一方向の回転をおこす「分子モーター」を利用し,新しい機能を備えた分子マシンの開発を目指す.
キラル化合物の合成, 絶対配置決定法の開発
近年, 医薬品, 農薬, 食品, さらには機能性材料など, あらゆる分野でキラル化合物を扱うことの重要性が認識されている. 従って, キラル化合物をどのように効率的に合成するか, どのようにその光学純度, 絶対配置を決定するかということは重要な課題である. 本研究では, キラルアミン類, アルコール類の合成法の開発や, NMR, CD を用いた新規絶対配置決定法の開発を行う.
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















幅田 揚一   教授
    1     1     
 3
 1
 9
 
 
桑原 俊介   准教授
    2    1      
 3
 1
 9
 
 
 0 0  0 1  0  0
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Lee E, Ju H, Park I-H, Jung J-H, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y, Lee S-S:  pseudo[1]Catenane-Type Pillar[5]thiacrown Whose Planar Chiral Inversion is Triggered by Metal Cation and Controlled by Anion.  Journal of the American Chemical Society  140 (30) :9669 -9677 , 2018
2. Jin T, García-López V, Kuwahara S, Chiang P-T, Tour J-M, Wang G:  Diffusion of Nanocars on an Air−Glass Interface.  The journal of physical chemistry. C  122 (33) :19025 -19036 , 2018
■ 著書
1. Kuwahara S, Ikeda M, Habata Y:  Chiroptical Probes for Determination of Absolute Stereochemistry by CD Exciton Chirality Method.  Chiral Analysis: Advances in Spectroscopy, Chromatography and Emerging Methods  345-366.  Elsevier,  Amsterdam, Netherlands, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎松本佑香, 阿保欣佑, 池田茉莉, 幅田揚一, 桑原俊介: ジキシリル26-クラウン-8を含む円筒状クリプタンド包接錯体の構造.  第8回化学フェスタ,  東京,  2018/10
2. ◎天満帆香, 岩瀬美樹, 李 恩智, 池田茉莉, 桑原俊介, 李 心星, 幅田揚一: テトラアームドサイクレンの銀錯体によるキラルニトリルの転写と増幅.  第8回化学フェスタ,  東京,  2018/10
3. ◎両角多久美, 池田茉莉, 桑原俊介, 幅田揚一: Schiff塩基を用いた分子内架橋型銀食い分子の合成.  第8回化学フェスタ,  東京,  2018/10
国際学会
1. Kamo S, Nihei Y, Ikeda M, Kuwahara S, ◎Habata Y: Cyclen-based cylindrical cryptands: Structure of Ag+ complexes and thermodynamic analysis.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
2. ◎Temma H, Iwase M, Lee E, Ikeda M, Kuwahara S, Lee S-S, Habata Y: Transcription and amplification of chiral nitriles by Ag+ complex with argentivorous molecule.  RSC Tokyo International Conference 2018,  Chiba, Japan,  2018/09
3. ◎Kano M, Iwase M, Kachi-Terajima C, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Thermodynamic Analysis of Bis(Tetra-Armed Cyclen)/Silver(I) Complex.  6th International Conference for Young Chemists,  Georgetown, Malaysia,  2018/08
4. ◎Hayano M, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Synthesis of tetra-armed cyclen having pyridylmethyl group as side-arms and structure of metal complexes.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
5. ◎Hongu H, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Cyclic and polymeric structures of metal complexes with pyridine-containing bidentate ligands.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
6. ◎Horita H, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Structural Analysis of Silver(I) Complex with L-shaped Tris(Tetra-Armed Cyclen).  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
7. ◎Kuwahara S, Nakano Y, Mori T, Ogawa T, Ikeda M, Habata Y: Development of Molecular Valves with Two Rotating Units.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
8. ◎Matsumoto Y, Abo K, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Synthesis of a cylindrical cryptand based on dixylyl-26-crown-8 and complexes with cationic organic guests.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
9. ◎Morozumi T, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Synthesis of tetra-armed cyclens having formyl- and amino-substituted side-arms at the position of 1- and 7- of cyclen and complexing property towards Ag+.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
10. ◎Temma H, Iwase M, Ikeda M, Kuwahara S, Habata Y: Inclusion complexes of tetra-armed cyclen having styrylmethyl groups with organic nitriles.  43rd International Conference on Coordination Chemistry,  Sendai, Japan,  2018/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者