<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 微生物学教室
 Department of Microbiology

教授:
  安齊 洋次郎
講師:
  飯坂 洋平
  福本 敦
■ 当該年度の研究費受入状況
その他
1.  令和5年度 TUGRIP 東邦大学重点領域研究補助金
 研究課題:新規創薬プラットフォーム構築 −成人型組織細胞の代替細胞の開発−  (研究分担者:安齊洋次郎、飯坂洋平)
 研究補助金:750000円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















安齊 洋次郎   教授
    1  1        1
(1)
 6
 
 
 
 
飯坂 洋平   講師
   1    1       1
 4
 
 
 
 
福本 敦   講師
    1   1       
 3
 
 
 
 
 0 1  1 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














安齊 洋次郎   教授
    1     1
(1)
 
 
飯坂 洋平   講師
  1       1
 
 
福本 敦   講師
         
 
 
 0 1  1 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tanaka Y, Nagano H, Okano M, Kishimoto T, Tatsukawa A, Kunitake H, Fukumoto A, Anzai Y, Arakawa K.:  Isolation of Hydrazide-alkenes with Different Amino Acid Origins from an Azoxy-alkene-Producing Mutant of Streptomyces rochei 7434AN4.  Journal of natural products  86 (9) :2185 -2192 , 2023
その他
1. Yohei Iizaka:  Study on multistep and multifunctional cytochrome P450 enzymes from actinomycetes.  ACTINOMYCETOLOGICA  37 (1) :32 -42 , 2023
■ 著書
1. 安齊洋次郎, 福本敦、飯坂洋平:    バイオフィルム革新的制御技術  276-283.  株式会社エヌ・ティー・エス,  東京, 2023
■ 学会発表
国内学会
1. ◎末永修一, 實川智貴, 田熊ゆい, 大村梨沙子, 宮奈々恵, 飯坂洋平, 安齊洋次郎, 藤崎真吾: 大腸菌におけるウンデカプレニルリン酸生成への大腸菌及び黄色ブドウ球菌のリピドホスファターゼ遺伝子の寄与の解析.  第46回日本分子生物学会年会,  神戸,  2023/12
2. ◎安齊洋次郎: 多機能型シトクロムP450酵素MycGの機能解析と反応制御による抗生物質生産.  日本生薬学会 第69回年会,  仙台,  2023/09
3. ◎曾嘉昊, 笠原安純, 竹内陸, 飯坂洋平, 福本敦, 安齊洋次郎: 放線菌が産生するα-ピリドン環構造を有するクオラムセンシング阻害物質について.  第37回 日本放線菌学会,  広島,  2023/09
4. ◎長野遥, 田中悠, 岡野芽衣, 岸本拓也, 岸本拓也, 達川綾香, 國武博文, 福森海人, 福本敦, 安齊洋次郎, 荒川賢治: Streptomyces rochei遺伝子変異株 KA57 が生産する新規ヒドラジド化合物の構造・生合成解析.  第37回 日本放線菌学会,  広島,  2023/09
5. ◎飯坂洋平, 鈴木浩典, 川崎陽生, 藤本果のん, 福本敦, 野口修治, 安齊洋次郎: 基質同⼀部位多段階酸化型シトクロムP450酵素RosCの結晶構造解析.  第37回 日本放線菌学会,  広島,  2023/09
6. ◎田熊ゆい, 末永修一, 實川智貴, 大村梨沙子, 宮奈々恵, 飯坂洋平, 安齊洋次郎, 藤崎真吾: 黄色ブドウ球菌リピドホスファターゼ遺伝子発現の大腸菌のキャリアリピド含量および薬剤感受性への影響の解析.  日本生物高分子学会2023年度大会,  京都,  2023/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者