<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 衛生化学教室
 Department of Hygienic Chemistry

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















山本 千夏   教授
    3          
 13
 
 
 
 
原 崇人   講師
   2 1          4
(1)
 10
 
 
 
 
中野 毅   助教
    1          1
 1
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  5
(1)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














山本 千夏   教授
         
 
 
原 崇人   講師
  2       4
(1)
 
 
中野 毅   助教
         1
 
 
 0 2  0 0  0  5
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hara T, Kumagai R, Tanaka T, Nakano T, Fujie T, Fujiwara Y, Yamamoto C, Kaji T:  Lead suppresses perlecan expression via EGFR-ERK1/2-COX-2-PGI2 pathway in cultured bovine vascular endothelial cells.  The Journal of Toxicological Sciences  48 (12) :655 -663 , 2023
2. Du K, Hirooka T, Sasaki Y, Yasutake A, Hara T, Yamamoto C, Fujiwara Y, Shinoda Y, Fujie T, Katsuda S, Eto K, and Kaji T:  Pathogenesis of selective damage of granule cell layer in cerebellum of rats exposed to methylmercury.  The Journal of Toxicological Sciences  48 :429 -439 , 2023
3. Hara T, Matsuura S, Aikawa K, Shirai M, Yoshida M, Kaji T, Yamamoto C:  Cadmium induces chondroitin sulfate synthase 1 via protein kinase Cα and elongates chondroitin/dermatan sulfate chains in cultured vascular endothelial cells.  The Journal of Toxicological Sciences  48 :457 -467 , 2023
■ 学会発表
国内学会
1. ◎原崇人,吉田尚人,松村実生,安池修之,山本千夏: 血管内皮細胞においてt-PAを発現誘導する有機セレン化合物.  メタルバイオサイエンス研究会2023,  岐阜,  2023/10
2. ◎鵜澤拓矢,松村竜駿,遠藤夏未,堀川風和乃,原崇人,山本千夏: TGF-β1による増殖期の血管内皮細胞におけるグリコサミノグリカン伸長酵素の発現調節メカニズム.  フォーラム2023:衛生薬学・環境トキシコロジー,  広島,  2023/09
3. ◎原崇人,山本千夏: プロテオグリカン合成は終末糖化産物の生成を抑制する.  フォーラム2023:衛生薬学・環境トキシコロジー,  広島,  2023/09
4. ◎市田夏海,佐山健太郎,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏,藤江智也: カドミウムによる血管内皮細胞層の障害に対するインテグリン発現抑制の関与.  フォーラム2023:衛生薬学・環境トキシコロジー,  広島,  2023/09
5. ◎小田嶋奏甫,高瀬未帆,井関歩夢,恒岡弥生,原崇人,藤原泰之,山本千夏: マウス腎臓および血管のレニン・アンジオテンシン系に対するカドミウムの影響.  フォーラム2023:衛生薬学・環境トキシコロジー,  広島,  2023/09
6. ◎中田千晶,片山晴香,浅津茉優花,原崇人,藤江智也,山本千夏: カドミウムによる血管内皮細胞脱着傷害に対するclaudin-5およびZO-1の寄与.  フォーラム2023:衛生薬学・環境トキシコロジー,  広島,  2023/09
7. ◎原崇人: 内皮細胞グリコサミノグリカン合成の どうして・なぜ.  第9回東京環境健康薬学研究会,  東京,  2023/08
8. ◎吉田尚人,原崇人,松村実生,安池修之,山本千夏: 血管内皮細胞の線溶活性を亢進させる有機セレン化合物.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
9. ◎原崇人,山本千夏: プロテオグリカン合成を介した糖化ストレスの抑制.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
10. ◎市田夏海,佐山健太郎,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏,藤江智也: カドミウムによる内皮細胞毒性に対するインテグリン発現の関与.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
11. ◎川口貴大,原崇人,山本千夏: 超硫黄ドナーによる培養血管内皮細胞のパールカンおよびシンデカン-1の発現抑制.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
12. ◎池内璃仁,中野毅,原崇人,北畠和己,山本千夏,月本光俊,藤江智也,鍜冶利幸: アデニン代謝物による血管内皮細胞のヘパラン硫酸プロテオグリカンの転写調節.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
13. ◎中野毅,原崇人,山本千夏: メチル水銀は脳毛細血管内皮細胞の密着結合構成分子の発現を抑制する.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
14. ◎白井美咲,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏: カドミウム誘導性ヒアルロン酸合成促進におけるHAS3の関与.  第50回日本毒性学会学術年会,  横浜,  2023/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者