(最終更新日:2020-07-31 15:53:13)
  ハラ タカト   Hara Takato
  原 崇人
   所属   東邦大学  薬学部 薬学科
   職種   助教

学位


博士(薬科学)

刊行論文


1. 原著  Cell density-dependent fibroblast growth factor-2 signaling regulates syndecan-4 expression in cultured vascular endothelial cells 2020/05
2. 原著  Cell density-dependent modulation of perlecan synthesis by dichloro(2,9-dimethyl-1,10-phenanthroline)zinc(II) in vascular endothelial cells 2020/02
3. 原著  Induction of versican V0 variant synthesis by a thrombin receptor agonist peptide in cultured human coronary smooth muscle cells 2019/12
4. 原著  Intracellular accumulation-independent cytotoxicity of pentavalent organoantimony compounds in cultured vascular endothelial cells 2019/12
5. 原著  Zinc complexes that suppresses the expression of a reactive sulfur species-producing enzyme, cystathionine γ-lyase, in cultured vascular endothelial cells 2018/12
6. 原著  Structure-activity relationship of [1,5]azastibocines in cytotoxicity to vascular endothelial cells 2018/11
7. 原著  Copper(II) bis(diethyldithiocarbamate) induces the expression of syndecan-4, a transmembrane heparan sulfate proteoglycan, via p38 MAPK activation in vascular endothelial cells 2018/10
8. 原著  Induction of syndecan-4 by organic-inorganic hybrid molecules with 1,10-phenanthroline structure in cultured vascular endothelial cells 2017/02
9. 原著  Transforming growth factor-β1 modulates the expression of syndecan-4 in cultured vascular endothelial cells in a biphasic manner 2017/01
10. 総説  Toxicology of organic-inorganic hybrid molecules: Bio-organometallics and its toxicology 2016/12
全件表示(12件)

著書


1. 部分執筆  プロテオグリカン:チャンスの多いフィールド「理大 科学フォーラム」 2018/02
2. 部分執筆  インフルエンザウイルス性気管支傷害に対するシンデカン-1の防御作用「ファルマシア」 2016/12

学会発表


1. CHSY1の発現誘導を介したカドミウムによる内皮細胞毒性の増強とビグリカン合成の変化 (ポスター,一般) 2020/06/29
2. 細胞内蓄積量に依存しない5価有機アンチモン化合物の内皮細胞毒性 (ポスター,一般) 2020/03/27
3. 血管内皮細胞におけるシンデカン-1の発現の抑制はシンデカン-4の発現を誘導する (ポスター,一般) 2020/03/26
4. カドミウムによる内皮細胞プロテオグリカン合成の攪乱-動脈硬化のシグナルトキシコロジー (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/10/29
5. 細胞密度に依存して血管内皮細胞のパールカン合成を調節する亜鉛錯体 (ポスター,一般) 2019/10/29
6. 血管内皮細胞において銅錯体Cu10はERK/p38MAPK経路を介して活性イオウ分子産生酵素CSEの転写を誘導する (ポスター,一般) 2019/10/29
7. パールカンおよびビグリカン合成を内皮細胞密度依存的に制御するグルタチオン保護金クラスター (ポスター,一般) 2019/10/29
8. Cadmium elongates the dermatan sulfate chains of biglycan in vascular endothelial cells (ポスター,一般) 2019/09/30
9. Cadmium elongates the dermatan sulfate chains of biglycan in vascular endothelial cells (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/29
10. The mechanisms of biglycan suppression by FGF-2 in vascular endothelial cells (ポスター,一般) 2019/08/31
全件表示(75件)
プロフィール

学歴


1. 2009/04~2013/03 東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 卒業
2. 2013/04~2015/03 東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 修士課程修了
3. 2015/04~2017/03 東京理科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 博士課程修了 博士(薬科学) Link

職歴


1. 2017/04~2018/03 東邦大学 薬学部 博士研究員
2. 2018/04~ 東邦大学 薬学部 助教
3. 2018/04~ 東邦大学 薬学部 薬学科 助教

現在の専門分野


キーワード:環境健康学、プロテオグリカン、バイオオルガノメタリクス 

ホームページ


   https://www.c-yamamoto.phar.toho-u.ac.jp/

所属学会


1. 2012~ 日本毒性学会
2. 2014~ 日本薬学会

受賞学術賞


1. 2014/09 日本薬学会 環境・衛生部会 日本薬学会 環境・衛生部会 優秀若手研究者賞
2. 2015/03 日本薬学会第135年会 日本薬学会第135年会 優秀発表賞
3. 2015/09 日本薬学会 環境・衛生部会 日本薬学会 環境・衛生部会 優秀若手研究者賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2020/04~2021/03  カドミウムによる血管内皮細胞の脱着傷害誘発メカニズムの解明   Link
2. 2019/04~2022/03  カドミウムによる動脈硬化発症・進展を促すデルマタン硫酸糖鎖伸長メカニズムの解明   Link
3. 2019/04~2022/03  カドミウムの腎障害に関与する内皮細胞毒性を担う金属輸送体の発現制御機構  
4. 2018/04~2021/03  血管内皮細胞の線溶調節を担う細胞内シグナル経路の解析   Link
5. 2018/04~2019/03  多糖の硫酸化度を測定する金属錯体プローブの開発   Link