東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 薬学部 衛生化学教室
 Department of Hygienic Chemistry

教授:
  山本 千夏
講師:
  藤江 智也
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















山本 千夏   教授
    1          1
 29
(5)
 
 2
(1)
 
 
藤江 智也   講師
   1           5
(4)
 11
 
 
 
 
原 崇人   助教
              5
(1)
 14
 2
(1)
 
 
 
 0 1  0 0  0  11
(5)
 2
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Fujie T, Takenaka F, Yoshida E, Yasuike S, Fujiwara Y, Shinkai Y, Kumagai Y, Yamamoto C, Kaji T:  Possible mechanisms underlying transcriptional induction of metallothionein isoforms by tris(pentafluorophenyl)stibane, tris(pentafluorophenyl)arsane, and tris(pentafluorophenyl)phosphane in cultured bovine aortic endothelial cells.  The Journal of Toxicological Sciences  44 (5) :327 -333 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎藤江智也,忍勇太朗,山本千夏,鍜冶利幸: 血管内皮細胞におけるカドミウムおよび鉛の相互作用.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
2. 藤江智也,宇田川聖季,宇田川直利,◎山本千夏,鍜冶利幸: 鉛による血管内皮細胞の活性イオウ分子合成酵素CSE発現の誘導とその機構.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
3. ◎伊藤佳祐,吉田映子,藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: カドミウムの内皮細胞毒性を担う金属輸送体ZIP8発現誘導とその機構.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
4. ◎原崇人,山本千夏,鍜冶利幸: カドミウムによる内皮細胞プロテオグリカン合成の攪乱-動脈硬化のシグナルトキシコロジー.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
5. ◎原崇人,酒巻沙弥香,中村武浩,山本千夏,鍜冶利幸: 細胞密度に依存して血管内皮細胞のパールカン合成を調節する亜鉛錯体.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
6. ◎高橋茜,高橋結,藤江智也,原崇人,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸: 血管内皮細胞において銅錯体Cu10はERK/p38MAPK経路を介して活性イオウ分子産生酵素CSEの転写を誘導する.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
7. ◎佐伯文聡,原崇人,根岸雄一,山本千夏,鍜冶利幸: パールカンおよびビグリカン合成を内皮細胞密度依存的に制御するグルタチオン保護金クラスター.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
8. ◎藤江智也,土田翼,山本千夏,鍜冶利幸: TGF-β1による血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導.  メタルバイオサイエンス研究会2019,  東京,  2019/10
9. ◎髙橋茜,髙橋結,藤江智也,原崇人,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸: 血管内皮細胞において銅錯体Cu10が活性化したERK/p38 MAPK経路によって介在される活性イオウ分子産生酵素CSEの転写誘導.  フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都,  2019/08
10. ◎伊藤佳祐,吉田映子,藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: カドミウムによる血管内皮細胞の金属輸送体ZIP8の発現誘導はJNK-NF-κB経路によって介在される.  フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都,  2019/08
11. ◎原崇人,吉田真衣,石井美穂,山本千夏,鍜冶利幸: FGF-2による血管内皮細胞のビグリカンの発現抑制.  フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都,  2019/08
12. ◎佐伯文聡,原崇人,根岸雄一,山本千夏,鍜冶利幸: 細胞密度の低い血管内皮細胞のプロテオグリカン合成を抑制するグルタチオン保護金クラスター.  フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都,  2019/08
13. ◎藤江智也,鍜冶利幸,山本千夏: 血管細胞における生体防御の解析ツールとしての有機-無機ハイブリッド分子.  フォーラム2019 衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都,  2019/08
14. ◎髙橋茜,髙橋結,藤江智也,原崇人,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸: 血管内皮細胞において銅錯体Cu10はERK/p38 MAPK経路を介して活性イオウ分子産生酵素CSEの転写を誘導する.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
15. ◎伊藤佳祐,吉田映子,藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: カドミウムによる血管内皮細胞の金属輸送体ZIP8の発現誘導はJNK-NF-κB経路によって介在される.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
16. ◎宇田川聖季,藤江智也,原崇人,山本千夏,鍜冶利幸: 鉛による内皮細胞の活性イオウ分子合成促進メカニズム.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
17. ◎佐藤有紗,原崇人,山本千夏,鍜冶利幸: 血管内皮細胞においてシンデカン‐1発現抑制はシンデカン-4発現を誘導する.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
18. ◎佐伯文聡,原崇人,根岸雄一,山本千夏,鍜冶利幸: グルタチオン保護金クラスターによる内皮細胞密度依存的なパールカンおよびビグリカン合成の抑制.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
19. ◎相川恵太,松浦将吾,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏: 血管内皮細胞におけるデルマタン硫酸糖鎖の合成に対するカドミウムの影響.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
20. ◎中村あづさ,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏: カドミウムによる血管内皮細胞のヒアルロン酸合成促進.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
21. ◎中村明希,藤江智也,鍜冶利幸,山本千夏: 血管内皮細胞における鉛のZIP8遺伝子発現の誘導.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
22. ◎藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: 有機-無機ハイブリッド分子による内皮細胞の生体防御機構解析.  第6回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2019/08
23. ◎藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: 血管内皮細胞におけるカドミウムと他の重金属の相互作用.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
24. ◎遠藤広貴,藤江智也,山本千夏,鍜冶利幸: 血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導における活性イオウ産生酵素の役割.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
25. ◎吉田真衣,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏: FGF-2は血管内皮細胞のビグリカン合成を抑制する.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
26. ◎原崇人,山本千夏,鍜冶利幸: カドミウムは血管内皮細胞が合成するビグリカンのデルマタン硫酸糖鎖を伸長する.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
27. ◎佐伯文聡,原崇人,根岸雄一,山本千夏,鍜冶利幸: グルタチオン保護金クラスターによる細胞密度依存的な内皮細胞プロテオグリカン合成の制御.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
28. ◎信清拓海,森光弘,藤江智也,原崇人,鍜冶利幸,山本千夏: 血管内皮細胞選択的な増殖促進機構解析ツールとしてのフェナントロリン亜鉛錯体.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
29. ◎中野毅,加藤剛,高橋勉,篠田陽,山本千夏,鍜冶利幸,藤原泰之: NRF2はヒト血管内皮細胞株EA,hy926細胞の線溶活性を負に制御する.  第46回日本毒性学会学術年会,  徳島,  2019/06
30. ◎Takato Hara, Mai Yoshida, Miho Ishii, Chika Yamamoto, Toshiyuki Kaji: The mechanisms of biglycan suppression by FGF-2 in vascular endothelial cells.  Forum 2019 Pharmaceutical Health Science・Environmental Toxicology,  Kyoto,  2019/08
国際学会
1. ◎Takato Hara, Shogo Matsuura, Keita Aikawa, Mai Yoshida, Chika Yamamoto, Toshiyuki Kaji: Cadmium elongates the dermatan sulfate chains of biglycan in vascular endothelial cells.  11th International Conference on Proteoglycans,  Kanazawa,  2019/09
2. ◎Takato Hara, Shogo Matsuura, Keita Aikawa, Mai Yoshida, Chika Yamamoto, Toshiyuki Kaji: Cadmium elongates the dermatan sulfate chains of biglycan in vascular endothelial cells.  Proteoglycans Future Leaders Symposium 2019,  Kanazawa,  2019/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者