<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 薬品分析学教室
 Department of Analytical Chemistry

教授:
  福島 健
講師:
  小野里 磨優
助教:
  坂本 達弥
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:21K07399)
 研究課題:精神病発症危険状態および発症患者の血清分子網羅解析:発症予測マーカー分子の確立  (研究代表者:福島 健)
 研究補助金:1000000円  (代表)
2.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:精神疾患発症予測バイオマーカー探索:血清エクソソーム由来カルボン酸の有用性の検討  (研究代表者:小野里 磨優)
 研究補助金:1000000円  (代表)
3.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:自己免疫疾患マウスモデルにおけるB細胞免疫寛容破綻メカニズムの解析  (研究分担者:小野里 磨優)
 研究補助金:1000000円  (分担)
4.  科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:事故的混入物・不純物の分布を検出できる局所励起PLQYマッピング法の開発  (研究分担者:小野里 磨優)
 研究補助金:1500000円  (分担)
その他
1.  東邦大学薬学部奨励研究
 研究課題:D-アミノ酸酸化酵素の生細胞イメージングを目指す新規蛍光イメージング試薬の創製  (研究代表者:坂本 達弥)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















福島 健   教授
   1 2          
 1
 
 
 
 
小野里 磨優   講師
  1 1 3          
 3
 
 3
 
 
坂本 達弥   助教
   1 2          
 1
 
 
 
 
 0 3  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














福島 健   教授
  1       
 
 
小野里 磨優   講師
  1       
 
 
坂本 達弥   助教
  1       
 
 
 0 3  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 大坂雄一郎, 小野里磨優, 西垣敦子:  養老川河口干潟還元有機泥中の多環芳香族炭化水素の特徴.  分析化学  72 (4・5) :175 -181 , 2023
2. Fukushima T, Kansaku A, Umino M, Sakamoto T, Onozato M:  Evaluation of D-amino acid oxidase activity in rat kidney using a D-kynurenine derivative, 6-methylthio-D-kynurenine: an in vivo microdialysis study.  Drug Discoveries & Therapeutics  17 (6) :434 -439 , 2023
3. Onozato M, Shinohara W, Osaka Y, Sakamoto T, Umino M, Nishigaki A, Okoshi K, Fukushima T:  Characterization of polychaetes inhabiting estuaries and inner bays by composition analysis of amino acids and lactate enantiomers.  Scientific Reports  1 (1) :1 -1 , 2024
4. Sakamoto T, Onozato M, Sugasawa H, Fukushima T:  Substituted kynurenic acid derivatives as fluorophore-based probes for D- and L-amino acid oxidase assays and their in vitro application in eels.  The Analyst  148 :5991 -6000 , 2023
5. Osaka Y, Abe S, Abe H, Tanaka M, Onozato M, Okosh Ki, Nishigaki A:  Sources of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Fecal Pellets of a Marphysa Species (Annelida: Eunicidae) in the Yoro Tidal Flat.  Zoological Science  40 (4) :292 -299 , 2023
■ 学会発表
国内学会
1. ◎ 小野里磨優、篠原 航、大坂雄一郎、坂本達弥、海野真帆、齋藤敦子、大越健嗣、福島 健: 河口や内湾に生息する多毛類に含まれるアミノ酸および乳酸光学異性体の解析.  第20回 東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2024/03
2. ◎ 海野 真帆,坂本 達弥,小野里 磨優,福島 健: キラルイミダゾリジノン環を有するLC-MS/MS用カルボン酸誘導体試薬によるヒト血清中有機酸の分析.  第67回 日本薬学会関東支部大会,  東京,  2023/09
3. ◎佐藤 瑠奈, 大坂 雄一郎, 石原 典子, 小野里 磨優, 西垣 敦子: 干潟環境中のピレン分解微生物の分布調査.  日本分析化学会第69年会,  熊本(熊本城ホール),  2023/09
4. ◎大坂雄一郎, 安倍 聡史, 小野里 磨優, 西垣 敦子: イワムシ糞及び還元有機泥中における多環芳香族炭化水素の分布と挙動.  日本分析化学会第69年会,  熊本(熊本城ホール),  2023/09
国際学会
1. ◎Osaka Y, Abe S, Onozato M, Okoshi K, Nishigaki A: Changes in the concentration of polycyclic aromatic hydrocarbons in fecal pellets of Marphysa sp. E and reduced mud in the Yoro tidal flat, Japan.  10th International Conferences on Marine Pollution and Ecotoxicology,  Hong Kong, China,  2024/01
2. ◎Nishigaki A, Osaka Y, Abe S, Onozato M: Concentrations and Sources of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Fecal Pellets of a Marphysa Species in the Yoro Tidal Flat, Japan.  14th International Polychaeta Conference,  Stellenbosch, Cape Town, South Africa,  2023/07
3. ◎Osaka Y, Abe S, Abe H, Tanaka M, Onozato M, Okoshi K, Nishigaki A: Concentrations and Sources of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Fecal Pellets of a Marphysa Species in the Yoro Tidal Flat, Japan.  14th International Polychaeta Conference,  Stellenbosch, Cape Town, South Africa,  2023/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者