<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 薬品製造学教室
 Department of Synthetic Organic Chemistry

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















東屋 功   教授
    4          
 4
 
 
 
 
氷川 英正   准教授
    4          2
 2
 
 
 
 
吉川 晶子   講師
    3          
 3
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














東屋 功   教授
         
 
 
氷川 英正   准教授
         2
 
 
吉川 晶子   講師
         
 
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kobayashi, M.; Kataoka, S.; Nakayama, T.; Kikkawa, S.; Hikawa, H.; Azumaya, I.:  Pd(II)-Catalyzed Aerobic Alcohol Oxidation for Multicomponent Synthesis of 2,3-Dihydroquinazolin-4(1H)-ones in Water.  ChemistrySelect  9 (5) :e202305001 , 2024
2. Enda, T.; Nakayama, T.; Suzuki, K.; Kikkawa, S.; Hikawa H.; Azumaya I.:  New synthetic method for ring-fused quinazoline by palladium-catalyzed oxidative cyclization of 2-aminobenzyl alcohol: Chiral separation and structural analysis.  Journal of Molecular Structure  1298 (15) :137037 , 2023
3. Nakayama, T.; Fujiki, S.; Enda, T.; Kikkawa, S.; Hikawa, H.; Azumaya, I:  A sequential reaction of picolinamide with benzaldehydes promoted by Pd(TFA)2: rapid access to 4,5-disubstituted 2-(pyridin-2-yl)oxazoles in n-octane.  Org. Biomol. Chem.  22 :759 -766 , 2023
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小池大樹, 千葉綾子, 吉川晶子, 桝飛雄真, 氷川英正, 東屋功: 芳香族球状アミドの合成及びその立体・光学特性に関する研究.  第33回基礎有機化学討論会,  岡山,  2023/09
2. ◎中山拓, 藤木沙也佳, 吉川晶子, 氷川英正, 東屋功: オクタン中でブレンステッド酸を用いた触媒的オキサゾール誘導体の合成.  日本プロセス化学会2023サマーシンポジウム,  東京,  2023/08
3. ◎氷川英正, 中山拓, 高橋牧子, 吉川晶子, 東屋功: 水中におけるPd触媒を用いた多成分連結反応によるキナゾリノン合成.  日本プロセス化学会2023サマーシンポジウム,  東京,  2023/08
4. ◎氷川英正, 東屋功: 水中におけるパラジウム触媒を用いた脱水型ベンジル化反応.  第12回JACI/GSCシンポジウム,  東京,  2023/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者