<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 薬剤学教室
 Department of Pharmaceutics

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















野口 修治   教授
    4          
 7
 
 
 
 
鈴木 浩典   准教授
    4          
 7
 
 
 
 
伊藤 雅隆   講師
 2  1 3          
 6
 
 
 
 
 2 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














野口 修治   教授
         
 
 
鈴木 浩典   准教授
         
 
 
伊藤 雅隆   講師
 2 1       
 
 
 2 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shota Tokunaga, Chie Uchikoshi, Kyu Hayashi, Hironori Suzuki, Masataka Ito, Shuji Noguchi:  Novel Pharmaceutical Cocrystals and Solvate Crystals of Nobiletin, a Citrus Flavonoid with Potent Pharmacological Activity.  Chemical and Pharmaceutical Bulletin  71 (8) :633 -640 , 2023
2. Zhenni Huang, Hironori Suzuki, Masataka Ito, Shuji Noguchi:  Characterization of Ambroxol and Its Hydrochloride Salt Crystals by Bromine K-Edge X-Ray Absorption Near-Edge Structure Spectroscopy and X-Ray Crystal Structure Analysis.  Chemical and Pharmaceutical Bulletin  71 (9) :741 -746 , 2023
3. Masataka Ito, Yuriko Iwata, Hiroyasu Iwasaki, Kyu Hayashi, Taku Nakayama, Hidemasa Hikawa, Isao Azumaya, Hironori Suzuki, Shuji Noguchi:  Cocrystal or Salt Crystallization for Active Pharmaceutical Ingredients By Using Deep Eutectic Solvents.  Crystal Growth and Design  23 (9) :6298 -6307 , 2023
4. Zhenni Huang, Hironori Suzuki, Masataka Ito, Shuji Noguchi:  Structural analysis of pharmaceutical tablets using two-dimensional X-ray absorption fine-structure spectroscopy and its combination with X-ray computed tomography.  Journal of Drug Delivery Science and Technology  93 : , 2024
総説及び解説
1. 伊藤 雅隆:  深共晶溶媒を用いた医薬品原薬の溶解および共結晶化.  Drug Delivery System  38 (3) :210 -219 , 2023
2. 伊藤 雅隆:  医薬品原薬および固形製剤の物性評価.  製剤機械技術学会誌  1 :14 -19 , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. 〇林 弓、藤沼 健太、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、野口 修治: 粉砕方式が原薬の諸物性に及ぼす影響について.  第67回 日本薬学会関東支部大会,  東京、日本,  2023/09
2. ○‌佐々木 祐莉、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、野口 修治: CMCナノファイバーを用いた苦味マスキング粒子の調製.  日本薬剤学会第38年会,  名古屋、日本,  2023/05
3. ○‌佐藤 有里、伊藤 雅隆、坂本 知昭、鈴木 浩典、野口 修治: テラヘルツ分光法を用いた錠剤物性評価.  日本薬剤学会第38年会,  名古屋、日本,  2023/05
4. ○‌小野瀬 直希、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、野口 修治: 揮発性深共晶溶媒を用いた固体分散体の調製.  日本薬剤学会第38年会,  名古屋、日本,  2023/05
5. ○林 弓、藤沼 健太、伊藤 雅隆、鈴木 浩典、野口 修治: 粉砕方式が原薬の諸物性に及ぼす影響について.  日本薬剤学会第38年会,  名古屋、日本,  2023/05
6. ○黄 珍妮、鈴木 浩典、伊藤 雅隆、野口 修治: Structure analysis of the tablet by CT combined with X-ray absorption fine structure spectroscopy.  日本薬剤学会第38年会,  名古屋、日本,  2023/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者