<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大橋)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















松瀬 厚人   教授
  5  5  2 1       4
(4)
 16
(2)
 2
(1)
 9
 1
(1)
 
小高 倫生   講師
  3 3           5
(1)
 7
(1)
 2
 7
 
 
押尾 剛志   助教
 1 3  3          2
 8
(1)
 2
 7
 
 
中野 千裕   助教
 2 2  4          3
(1)
 8
 2
 7
 
 
 3 3  2 0  0  14
(6)
 8
(1)
 1
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














松瀬 厚人   教授
    2     4
(4)
 2
(1)
 1
(1)
小高 倫生   講師
  3       5
(1)
 2
 
押尾 剛志   助教
 1        2
 2
 
中野 千裕   助教
 2        3
(1)
 2
 
 3 3  2 0  0  14
(6)
 8
(1)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Shimada N, Morita H, Matsuse H:  Exacerbating factors in elderly patients with Mycobacterium avium complex pulmonary disease.  Epidemiology & Infection  149 (e117) :1 -5 , 2021
2. Shinkai M, Tsushima K, Tanaka S, Hagiwara E, Tarumoto N, Kawada I, Hirai Y, Fujiwara S, Komase Y, Saraya T, Koh H, Kagiyama N, Shimada M, Kanou D, Antoku S, Uchida Y, Tokue Y, Takamori M, Gon Y, Ie K, Yamazaki Y, Harada K, Miyao N, Naka T, Iwata M, Nakagawa A, Hiyama K, Ogawa Y, Shinoda M, Ota S, Hirouchi T, Terada J, Kawano S, Ogura T, Sakurai T, Matsumoto Y, Kunishima H, Kobayashi O, Iwata S.:  Efficacy and Safety of Favipiravir in Moderate COVID-19 Pneumonia Patients without Oxygen Therapy: A Randomized, Phase III Clinical Trial.  Infectious Diseases and Therapy  2021 (doi: 10.1007/s40121-021-00517-4.) :1 -21 , 2021
3. Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Shimada N, Morita H, Matsuse H.:  Association between serum anti-glycopeptidolipid-core IgA antibody titers and clinical characteristics of Mycobacterium avium complex pulmonary disease.  International Journal of Infectious Diseases  109 :155 -159 , 2021
4. Makino A, Shibata T, Nagayasu M, Hosoya I, Nishimura T, Nakano C, Nagata K, Ito T, Takahashi Y, Nakamura S.:  RSV infection-elicited high MMP-12–producing macrophages exacerbate allergic airway inflammation with neutrophil infiltration.  iScience  24 (149) :1 -5 , 2021
総説及び解説
1. 中野千裕、松瀬厚人:  アレルギー用語解説シリーズ M1/M2型マクロファージ.  アレルギー  70 (9) :1235 -1236 , 2021
2. 押尾剛志、松瀬厚人:  専門家による私の治療 インフルエンザ(成人).  週刊医事新報  5087 :42 , 2021
3. Mukae H, Kaneko T, Obase Y, Shinkai M, Katsunuma T, Takeyama K, Terada J, Niimi A, Matsuse H, Yatera K, Yamamoto Y, Azuma A, Arakawa H, Iwanaga T, Ogawa H, Kurahashi K, Gon Y, Sakamoto H, Shibata Y, Tamada T, Nishioka Y, Haranaga S, Fujieda S, Miyashita N, Mochizuki H, Yokoyama A, Yoshihara S, Tamaoki J,:  JRS guidelines committee for the management of cough and sputum. The Japanese respiratory society guidelines for the management of cough and sputum (digest edition).  Respiratory Investigation  59 :270 -290 , 2021
症例報告
1. 島田長茂, 小髙倫生, 中野千裕, 押尾剛志, 大原関利章, 松瀬厚人:  松果体転移を認めた原発性小細胞肺癌の1例.  呼吸臨床  5 (6) :e00131 , 2021
2. 中野千裕, 小高倫生, 押尾剛志, 今泉知里, 新妻久美子、島田長茂、森田浩嗣、横内幸、松瀬厚人.:  非典型的な画像所見を呈した慢性肺アスペルギルス症の1例.  日本医真菌学会雑誌  62 (2) :29 -32 , 2021
3. 新妻久美子、小高倫生、中野千裕、押尾剛志、藤岡俊樹、松瀬厚人:  マイコプラズマ肺炎経過中に横断性脊椎炎を発症した1例.  日本呼吸器学会雑誌  10 (3) :273 -276 , 2021
4. Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Shimada N, Morita H, Matsuse H.:  Effectiveness of mucus plug removal by bronchoscopy for typical high-attenuation mucus with allergic bronchopulmonary mycosis.  Allergology International  S1323-8930(21)00077-0. :doi: 10.1016/j.alit.2021.07.001. , 2021
■ 著書
1. 松瀬厚人:  6治療 6-2段階的治療プラン.  喘息予防・管理ガイドライン2021  114-116.  協和企画,  東京, 2021
2. 松瀬厚人:  (18)アレルギー性気管支肺真菌症(アスペルギルス以外).  別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo.18 呼吸器症候群(第3版)―その他の呼吸器疾患を含めて― II  95-99.  日本臨床社,  東京, 2021
3. 松瀬厚人:    CHECK LISTとCaseでわかる喘息・COPD・ACOの増悪マネジメント  1-91.  文光堂,  東京, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小高倫生,松瀬厚人: ACOに対してDupilumabの使用前後に肺機能、強制オシレーション法、FENO測定での評価.  第58回日本臨床生理学会総会,  名古屋市(WEB開催),  2021/11
2. ◎武井啓郎、島田長茂、吉田悠人、西村匡司、高坂美央、佐藤隆、森川美羽、篠田雅宏、新海正晴、松瀬厚人: SARS-CoV-2の異なる変異株による再感染の1例..  第247回日本呼吸器学会関東地方会,  東京都(ハイブリッド開催),  2021/11
3. ◎廣内尚智、小高倫生,渡邉賀代,中野千裕、押尾剛志,新妻久美子、森田浩嗣,山田有佳、松瀬厚人: 下大静脈への骨セメント露出が原因と考えられるARDSを呈した1例..  第247回日本呼吸器学会関東地方会,  東京都(ハイブリッド開催),  2021/11
4. ◎細谷育央、柴田岳彦、中野千裕、中村茂樹: インフルエンザウイルス感染によるCOPD増悪機構.  第70回日本感染症学会学術大会,  東京都(ハイブリッド開催),  2021/10
5. ◎松瀬厚人: シンポジウム19 感染と気道アレルギーUp-to-date 感染とアレルギー性気道炎症.  第70回日本アレルギー学会学術大会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2021/10
6. ◎中野千裕、小高倫生、渡邊賀代、押尾剛志、森田浩嗣、廣内尚智、松瀬厚人: ACOにおける血清YKL-40測定の有用性の検討..  第70回日本アレルギー学会学術大会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2021/10
7. ◎小高倫生、中野千裕、押尾剛志、渡邊賀代、新妻久美子、今泉千里、島田長茂、森田浩嗣、松瀬厚人: ACOに対してDupilumabが効果を認めた3例..  第70回日本アレルギー学会学術大会,  横浜市(ハイブリッド開催),  2021/10
8. ◎松瀬厚人: ランチョンセミナー1 気管支喘息患者の増悪・症状コントロールにおけるチオトロピウムの果たす役割:基礎して臨床 喘息治療におけるチオトロピウムの臨床的位置づけ.  第2階日本喘息学会総会学術大会,  大阪市(ハイブリッド開催),  2021/07
9. ◎森田浩嗣,小高倫生,渡邉賀代,中野千裕、押尾剛志,松瀬厚人: 敗血症性肺塞栓症から気管支胸腔瘻に至ったLemierre症候群の1例.  第670回日本内科学会関東地方会,  東京都(WEB参加),  2021/07
10. ◎押尾剛志、渡邉賀代、小高倫生、中野千裕、今泉知里、横内幸、松瀬厚人: 後天性気管支閉鎖症に続発した肺アスペルギルス症の1例..  第44回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  名古屋市(ハイブリッド開催),  2021/06
11. ◎小高倫生、中野千裕、押尾剛志、渡邊賀代、今泉千、島田長茂、篠澤早瑛子、松瀬厚人: 気管支内視鏡による一側肺の粘液栓除去後に他肺に粘液栓が再燃したABPAの1例..  第44回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  名古屋市(ハイブリッド開催),  2021/06
12. ◎中野千裕、小高倫生、渡邊賀代、押尾剛志、今泉千里、島田長茂、篠澤早瑛子、大原関利章、松瀬厚人: 気管支内視鏡による除去が可能であった担子菌の関与が疑われる気管支結石症の一例..  第44回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  名古屋市(ハイブリッド開催),  2021/06
13. ◎中山晴雄, 松瀬厚人: COVID-19流行に伴う結核院内感染対策の尊守状態の変化について.  第96回日本結核・非結核性抗酸菌症学会総会・学術講演会,  Web開催,  2021/06
14. ◎松瀬厚人: 成人気管支喘息.  第59回日本アレルギー学会専門医認定教育セミナー,  東京(WEB開催),  2021/05
15. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 小玉健太郎, 太田登志子, 平山忍, 伊藤志昴, 大塚昌信, 佐藤佐友里, 浮須杏奈, 松瀬厚人, 岩渕聡: 新型コロナウィルス感染症に対する診療継続BCPの活用 -ICDの関り方は如何にあるべきか?-.  第7回日本医療安全学会学術総会,  Web開催,  2021/05
16. ◎長澤知也, 島田長茂, 福田英嗣: オシメルチニブ治療中に皮膚障害を認めた1例..  第896回東京地方会,  web開催,  2021/05
17. ◎小高 倫生、松瀬 厚人: シンポジウム10 気管支拡張症の病態を俯瞰する
アレルギー性気管支肺真菌症(allergic bronchopulmonary mycosis;ABPM)を中心に.  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
18. ◎小高倫生.中野千裕,押尾剛志,渡辺賀代,新妻久美子,今泉知里,島田長茂,森田浩嗣,松瀬厚人: 肺MAC症での抗MAC抗体の抗体価での臨床像についての検討..  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
19. ◎押尾 剛志, 中野 千裕, 小高 倫生,森田 浩嗣, 島田 長茂, 今泉 知里, 渡邉 賀代, 松瀬 厚人: 当院における高齢COVID-19 患者の長期入院に関する実情と問題点.  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
20. ◎吉田 悠人、廣内 尚智、太田 真一郎、西村 匡司、水野 雄介、品田 佳那子、森川 美羽、佐藤 隆、山中 澄隆、佐々木 修、篠田 雅宏、松瀬 厚人、新海 正晴.: 気腫合併肺線維症(CPFE)における肺動脈/大動脈径比と予後についての解析..  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
21. ◎松瀬 厚人: コーヒーブレークセミナー7
高齢者の呼吸器感染症に対する抗菌薬選択.  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
22. ◎中野 千裕,小高 倫生.渡辺 賀代,押尾 剛志,今泉 知里,新妻 久美子,島田 長茂,森田 浩嗣,松瀬 厚人: 呼吸器疾患の血清YKL40測定の有用性の検討..  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
国際学会
1. ◎Matsuse H.: Current and future positioning of biologics in the treatment of refractory asthma.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
2. ◎Hirouchi T, Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Morita H, Yamada Y, Satou M, Moroi M, Oharazeki T, Matsuse H.: Successful treatment with benralizumab for asthma with eosinophilic myocarditis.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
3. ◎Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Morita H, Hirouchi T, Yamada Y, Matsuse H.: The clinical characteristics of MAC-PD patients with negative serum anti-glycopeptidolipid-core IgA antibody results.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
4. ◎Morita H, Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Watanabe K, Niitsuma K, Imaizumi C, Hirouchi T, Yamada Y, Matsuse H.: Effects of dupilumab for severe eosinophilic Asthma COPD overlap.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
5. ◎Nakano C, Kodaka N, Oshio T, Matsuse H.: The Positioning of Measurements of Serum YKL-40 in patients with ACO.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
6. ◎Oshio T, Matsuse H, Kodaka N, Nakano C.: Association of persistent and delayed symptoms with pneumonia in COVID-19.  APSR2021,  Kyoto,  2021/11
7. ◎Nakayama H, Matsuoka C, Kodama K, Oota T, Ito Y, Ootuka M, Sato S, Ukisu A, Matuse A, Iwabuchi S: Behavioral characteristics of ICDs in response to emerging infectious disease epidemics.  The 9th World Congress of Clinical Safety,  Web開催,  2021/09
8. ◎Oshio T, Matsuse H, Kodaka N, Nakano C: Clinical Characteristics of Persistent and Delayed Symptoms in Mild COVID-19.  American Thoracic Society 2021 International Conference,  San Diego, USA (WEB),  2021/05
9. ◎Kodaka N, Nakano C, Oshio T, Matsuse H: Association Between Serum Anti Glycopeptidolipid Core IgA Antibody Levels and Clinical Characteristics of Mycobacterium Avium Complex Pulmonary Disease.  American Thoracic Society 2021 International Conference,  San Diego, USA (WEB),  2021/05
10. ◎Matsuse H, Kodaka N, Nakano C, Oshio T: Exacerbating Factors in Elderly Patients with Mycobacterium Avium Complex Pulmonary Disease.  American Thoracic Society 2021 International Conference,  San Diego, USA (WEB),  2021/05
11. ◎Nakano C, Matsuse H, Kodaka N, Oshio T: The Positioning of Measurements of Serum YKL-40 in Various Respiratory Diseases.  American Thoracic Society 2021 International Conference,  San Diego, USA (WEB),  2021/05
その他
1. ◎松瀬厚人: アルコール誘発喘息のすべて.  第11回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京都,  2021/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者