東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 呼吸器内科学分野(大橋)
 Division of Respiratory Medicine, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  松瀬 厚人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















松瀬 厚人   教授
 2 1  2  8        4
(4)
 10
(2)
 1
 2
 
 
押尾 剛志   助教
              2
 6
(1)
 
 3
 
 
小高 倫生   助教
  1            3
(1)
 6
(1)
 1
 2
 
 
中野 千裕   助教
 1             2
(1)
 6
 1
 2
 
 
 3 0  8 0  0  11
(6)
 3
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sheng Ng CF, Hashizume M, Obase Y, Doi M, Tamura K, Tomari S, Kawano T, Fukushima C, Matsuse H, Chung Y, Kim Y, Kunimitsu K, Kohno S, Mukae H:  Associations of chemical composition and sources of PM2.5 with lung function of severely asthmatic adults in a low air pollution environment of urban Nagasaki, Japan.  Environmental Pollution  252 :599 -606 , 2019
2. Fukushima C, Matsuse H, Obase Y, Fukahori S, Tsuchida T, Kawano T, Kohno S, Mukae H.:  Liposomal amphotericin B fosters the corticosteroid's anti-inflammatory effect on murine allergic bronchopulmonary aspergillosis model airways.  Inflammation  :DOI: 10.1007/s10753-019-01069-z. , 2019
総説及び解説
1. 松瀬厚人:  感染増悪なのにステロイド?.  Modern Physician  39 (8) :729 -732 , 2019
2. 中野千裕、小高倫生、松瀬厚人:  アレルギー用語解説シリーズ miRNA.  アレルギー  68 :968 -969 , 2019
3. 松瀬厚人:  感染とアレルギー.  アレルギーの臨床  39 (11) :1 -1 , 2019
■ 著書
1. 松瀬 厚人:  第4章 主要な原因疾患 4-B 感染後咳嗽.  咳嗽・喀痰の診療ガイドライン 2019  48-49.  メディカルレビュー,  東京, 2019
2. 松瀬 厚人:  第2章 咳嗽総論 2-1 咳嗽の発生機序.  咳嗽・喀痰の診療ガイドライン 2019  6-8.  メディカルレビュー,  東京, 2019
3. 松瀬 厚人:  4-D 気管支喘息、アレルギー関連疾患 D-1 咳喘息(CVA:古典的喘息と比較して).  咳嗽・喀痰の診療ガイドライン 2019  71-74.  メディカルレビュー,  東京, 2019
4. 松瀬 厚人:  第2章 咳嗽総論 2-2 咳嗽の分類と原因疾患.  咳嗽・喀痰の診療ガイドライン 2019  9-10.  メディカルレビュー,  東京, 2019
5. 松瀬厚人:  第5章 治療 3 抗真菌薬.  アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き  84-87.  医学書院,  東京, 2019
6. 松瀬厚人:  第5章 治療 5 マクロライド系抗菌薬.  アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き  90-90.  医学書院,  東京, 2019
7. 松瀬厚人:  特殊病態におけるアレルギー疾患の診療 感染症合併時の副腎皮質ステロイド療法の実際.  医学の歩みBOOKS トータルアプローチ アレルギー診療重要基礎知識40  230-232.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2019
8. 松瀬厚人:  5章 安定期の管理 ワクチン.  呼吸器疾患診断治療アプローチ COPD 慢性閉塞性肺疾患  252-256.  中山書店,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎吉田悠人, 島田長茂, 小高倫生, 渡邉賀代, 中野千裕, 押尾剛志, 今泉知里, 大原関利章, 松瀬厚人: 穿破により胸膜炎を伴った成熟型縦隔奇形腫の1例.  第237回日本呼吸器学会関東地方会,  東京都,  2019/11
2. ◎武井啓朗,中野千裕,小高倫生,渡邉賀代,押尾剛志,今泉知里,日山久美子,島田長茂,松瀬厚人、横内 幸: 肺胞出血を合併した慢性肺アスペルギルス症の1例.  第665回日本内科学会関東地方会,  東京都,  2019/11
3. ◎小高倫生、松瀬厚人: シンポジウム6:呼吸器セッション 『COPDに残された課題』 COPDにおけるSABAの位置づけ.  第56回日本臨床生理学会総会,  大宮市,  2019/10
4. ◎松瀬厚人: ABPA Update.  第63回日本医真菌学会総会・学術集会,  千葉市,  2019/10
5. ◎松瀬厚人: 教育セミナー2 重症喘息治療最新の話題.  第2回日本アレルギー学会関東地方会,  東京,  2019/09
6. ◎松瀬厚人: 病態メカニズムから攻める喘息マネジメント.  第50回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会,  名古屋市,  2019/07
7. ◎押尾剛志、條澤早瑛子、今泉知里、中野千裕、渡邊賀代、小高倫生、松瀬厚人、高橋啓: 気管原発MALTリンパ腫の1例.  第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2019/07
8. ◎小高倫生、渡邊賀代、中野千裕、押尾剛志、今泉知里、松瀬厚人: 肺MAC症の気管支内視鏡診断例と喀痰診断例の臨床的相違.  第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2019/07
9. ◎中野千裕、小高倫生、渡邊賀代、押尾剛志、松瀬厚人: 咳喘息及び気管支喘息の治療効果指標としての血清YKL40測定の意義.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
10. ◎松瀬厚人: 気道のmicrobiomeと呼吸器疾患.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
11. ◎湯浅瑛介, 中村千秋, 佐々木智子, 村石佳重, 藤田正志, 榎本泰典, 横内 幸, 大原関利章, 高橋 啓, 松瀬厚人: 当院における気管支洗浄・擦過ブラシ洗浄液検体を用いた肺癌EGFR検査の試み.  第60回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  東京都,  2019/06
12. ◎押尾剛志,島田長茂,新妻久美子,中野千裕,渡邉賀代,小高倫生,松瀬厚人: 喀痰からCitrobacter koseriを検出した症例の広報誌的検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2019/04
13. ◎小高倫生,松瀬厚人、渡邉賀代,中野千裕,押尾剛志,新妻久美子,島田長茂,森田浩嗣,篠澤早瑛子: 当院における肺MAC症の繊維空洞型と結節・気管支拡張型の比較検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2019/04
14. ◎中野千裕,小高倫生,渡邉賀代,押尾剛志,新妻久美子,今泉知里、島田長茂,森田浩嗣,篠澤早瑛子,松瀬厚人: 当院における免疫チェックポイント阻害薬の使用経験.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2019/04
国際学会
1. ◎Chihiro Nakano, Takeshi Oshio, Norio Kodaka, Hiroto Matsuse: The positioning of measurements of serum YKL-40 in various respiratory diseases.  ATS 2019 International Conference,  Dallas, USA,  2019/05
2. ◎Hiroto Matsuse, Takeshi Oshio, Chihiro Nakano, Norio Kodaka: Clinical examination classified with serum SP-D level in patients with organizing pneumonia.  ATS 2019 International Conference,  Dallas, USA,  2019/05
3. ◎Norio Kodaka, Takeshi Oshio, Chihiro Nakano, Hiroto Matsuse: A Comparison of The Clinical and Radiological Findings in Patients of Pulmonary MAC Disease Based on Smoking History and Gender.  ATS 2019 International Confeerence,  Dallas, USA,  2019/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者