東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 臨床検査医学研究室(佐倉)
 Department of Laboratory Medicine (Sakura)

教授:
  武城 英明
■ 概要
臨床検査医学研究室(佐倉)は、佐倉病院のそれぞれの診療科に受診された患者さんが担当医師による診療で必要となる血液や尿の生化学検査などを一括して検査する中央部門として、最善の医療を行うための基盤となる教育・研究活動を行っている。学生教育では、検体検査を通じて医学部学生やレジデント医師に最新の臨床検査医学の進歩と倫理的課題、また、検査から見た臨床医学全般を理解する場を提供する。さらに、東邦大学理学部学生に職業として臨床検査技師を目指す志と素養を高める実習経験を提供する場を提供している。卒後教育では、専門家として個々の力をつねに継続して伸ばす努力と、医療人として患者さんの治療をつねに意識して協調性とリーダーシップを併せ持つ人間性を育む教育環境を提供する。研究活動は、日常の業務と密接に関わる研究課題を設定し、指導する上級技師や教育研究者のもとで、我が国の臨床医学の発展にその成果が貢献すべく学会発表や論文発表を行っている。佐倉病院研究開発部門や検査センターの他部門、それぞれの診療科、学内の他の学部研究室さらに国内外の研究施設と共同体制を構築し客観的で評価される研究を心がけている。個々の教室員の目標として学位および専門技術認定を位置づける。大学内外の研究室交流や地域貢献、国の研究班活動に参加することで、医療者、医学研究者として、共同作業や地域医療、政策研究の重要性を学ぶ機会を提供している。
主な研究課題
1)病因細胞を検出する新規の細胞分子・バイオマーカーの開発
2)アルツハイマー病など神経病の臨床検査学的な病態解明
3)悪性リンパ師など血液疾患の治療病態に関わる検査診断の確立
4)難治性血管病へ平滑筋細胞を標的にした新規治療法の基盤研究
5)糖尿病、肥満症の次世代治療を探索する基礎研究

平成27年度の学部外共同研究研究室(各研究課題は業績参照)
東邦大学理学部研究室、千葉大学医学部血液内科、順天堂大学循環器内科、ウィーン大学バイオセンター、ケンブリッジ大学代謝センター、オランダエラスムス病院内科、アムステルダムメディカルセンター血管内科、ミュンヘン工科大学病院神経内科、ワシントン大学セントルイス校神経内
■ Keywords
臨床検査, 臨床検査技師教育, バイオマーカー, 共同研究推進
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金 基盤研究(B)  (研究課題番号:16H05231)
 研究課題:糖尿病を抑止する活性化脂肪を診断する血中可溶性レセプターの検査学的意義と産生機序  (研究代表者:武城英明)
 研究補助金:3700000円  (代表)
2.  科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)  (研究課題番号:18K19526)
 研究課題:可溶性アポEレセプター分断放出破綻による糖尿病とアルツハイマー病の病態連関の探索  (研究代表者:武城英明)
 研究補助金:1600000円  (代表)
3.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業
 研究課題:原発性高脂血症に関する研究  (研究分担者:武城英明)
 研究補助金:150000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  武城 英明 :日本動脈硬化学会(評議員・理事), 日本肥満学会(評議員), 臨床栄養学会(評議員), 日本臨床化学会, 日本臨床検査医学会, 日本内科学会, 日本循環器学会, 日本糖尿病学会, 肥満治療学会, 内分泌学会
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















武城 英明   教授
  3  5   1       
 16
(4)
 
 1
 
 2
(2)
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Watanabe T, Nema T, Hiruta N, Murano T, Schneider WJ, Bujo H.:  Lp8 is potentially associated with partial lecithin:cholesterol acyltransferase deficiency in a patient with primary biliary cirrhosis.  Journal of Clinical Lipidology  12 (5) :1157 -1163 , 2018
2. 兒玉奈菜江,伊藤展枝,村野武義,蛭田啓之,武城英明,山本智大,山崎浩樹,横田浩充:  尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン測定意義に関する検討.  日本臨床検査自動化学会会誌  43 (1) :21 -27 , 2018
3. Yano K, Hirayama S, Misawa N, Furuta A, Ueno T, Motoi Y, Seino U, Ebinuma H, Ikeuchi T, Schneider WJ, Bujo H, Miida T.:  Soluble LR11 competes with amyloid β in binding to cerebrospinal fluid-high-density lipoprotein.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  489 :29 -34 , 2019
4. Harada M, Jiang M, Terai K, Ebinuma H, Hiruta N, Schneider WJ, Sugo N, Nagao T, Bujo H.:  Levels of circulating soluble LR11, a regulator of smooth muscle cell migration, are highly associated with atherosclerotic plaques in patients with carotid artery stenosis.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  490 :69 -76 , 2018
5. Yamashita N, Saito N, Zhao S, Terai K, Hiruta N, Park Y, Bujo H, Nemoto K, Kanno Y.:  Heregulin-induced cell migration is promoted by aryl hydrocarbon receptor in HER2-overexpressing breast cancer cells.  Experimental cell research  S0014-4827 (18) :30116 -2 , 2018
6. HIROSHI MIKANO,MEIZI JIANG,MAHITO NORO,YASUO SUZUKI,NOBUYUKI HIRUTA,HIROYUKI UNOKI-KUBOTA,WOLFGANG J.SCHNEIDER,and HIDEAKI BUJO:  Susceptibilities of epicardial and subcutaneous fat tissue for browning-gene expression and diet-induced volume reduction are different.  Molecular Medicine Reports  17 (5) :6542 -6550 , 2018
その他
1. 田中翔, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  二次性脂質異常症.  日本医師会雑誌  147 (5) :995 -997 , 2018
2. Harada-Shiba M, Arai H, Ishigaki Y, Ishibashi S, Okamura T, Ogura M, Dobashi K, Nohara A, Bujo H, Miyauchi K, Yamashita S, Yokote K; Working Group by Japan Atherosclerosis Society for Making Guidance of Familial Hypercholesterolemia.:  Guidelines for Diagnosis and Treatment of Familial Hypercholesterolemia 2017.  J Atheroscler Thromb.  1 (25) :751 -770 , 2018
■ 著書
1. 永山大二, 武城英明, 龍野一郎:  高TG血症に関連する疾患の管理と治療
1.急性膵炎.  高TG血症  158-165.  最新医学社,  大阪, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎関 駿介, 山口 崇, 村野武義, 龍野一郎, 浦風雅春, 武城英明: 未知のGPIHBP-1ホモ接合体変異を認めた若年性高カイロミクロン血症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
2. ◎高谷里依子, 澤田大輔, 佐藤裕範, 山出史也, 菱木はるか, 前澤善朗, 村野武義, 山口 崇, 武城英明, 高谷具純, 下条直樹: 肺炎を契機に発見され食事療法が奏功しているリポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
3. ◎村野武義, 武城英明: 活性測定とリポ蛋白リパーゼ(LPL)異常症.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
4. ◎村野武義, 姜 美子, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 高トリグリセライド血症における血中リポ蛋白リパーゼとその修飾分子可溶性LR11の関連.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
5. ◎渡部俊之, 横村 守, 石田恵梨, 河野正臣, 中川央充, 根間敏郎, 村野武義, 武城英明, 平山 哲, 三井田孝: トリグリセライド測定法の違いにおける脂肪組織の関与について.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
6. ◎山口 崇, 太平征宏, 齋木厚人, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: 肥満外科治療がヘパリン静注前リポ蛋白リパーゼ蛋白量におよぼす影響.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
7. ◎川添理代, 武城英明: 無症状で発見された重症三枝病変の家族性高コレステロール血症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
8. ◎渡邉康弘, 山口 崇, 村野武義, 佐藤悠太, 太平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 武城英明, 龍野一郎: 血中lipoprotein lipase(LPL)が異常高値であったMadelung病の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
9. ◎美甘周史, 姜 美子, 野呂眞人, 鈴木康夫, 蛭田啓之, 久保田浩之, 武城英明: 心外膜脂肪と皮下脂肪組織は、褐色化遺伝子発現および減量に対する感受性が異なる.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
10. ◎姜 美子, Antonio Vidal-Puig, Monique T.Mulder, 村野武義, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 肥満症やメタボリックシンドロームの減量治療におけるベージュ脂肪の役割に関する基礎的および検査学的検討.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
11. ◎村野武義,姜 美子,山口 崇,龍野一郎,蛭田啓之,武城英明: 高トリグリセライド血症での血中可溶性LR11量とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
12. ◎渡部俊之,柳沢康裕,根間敏郎,村野武義,蛭田啓之,武城英明: 糖化タンパク質が著しく高値を示した2型糖尿病の1症例.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
13. ◎武城英明: 動脈硬化性疾患ガイドライン2017の概要.  第84回印旛市郡内科医会,  佐倉市,  2018/09
14. ◎村野武義, 姜美子, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明: 高トリグリセライド血症における血中可溶性LR11とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
15. ◎梅田陽, 中嶋克行, 宮下かずや, 村上正巳, 武城英明, 山口崇, 平野勉, 林洋, 曽我恭司, 阿部祥栄, 矢島秀起, 村野武義: GPIHBP1自己抗体陽性の高TG血症女児の1例.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
16. ◎姜 美子, Antonio Vidal-Puig, Monique T. Mulder, Wolfgang J.Schneider, 武城英明: ベージュ脂肪は高脂肪摂取マウスの脂質異常を抑制する―脂肪の質を変える食事生活指導の可能性―.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪,  2018/07
国際学会
1. Meizi Jiang, Hiroyuki Ebinuma, Takeyoshi Muranod, Hideaki Bujo: Expression of LR11/SorLA, a thermogenesis suppressor, is regulated in adipogenesis of cultured adipocytes.  25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
その他
1. ◎山下直哉,齋藤菜緒,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明,根本清光,菅野裕一朗: 乳がんの抗がん剤ドキソルビシンの感受性における芳香族炭化水素受容体(AhR)の役割.  第15回東邦大学5学部合同学術集会,  習志野,  2019/03
2. ◎菅野裕一朗,山下直哉,齋藤菜緒,寺井謙介,蛭田啓之,武城英明,根本清光: 乳がんにおける芳香族炭化水素受容体(AhR)の役割とその分子標的としての評価.  第15回東邦大学5学部合同学術集会,  習志野,  2019/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者