東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 臨床検査医学研究室(佐倉)
 Department of Laboratory Medicine (Sakura)

教授:
  武城 英明
■ 概要
臨床検査医学研究室(佐倉)は、佐倉病院のそれぞれの診療科に受診された患者さんが担当医師による診療で必要となる血液や尿の生化学検査などを一括して検査する中央部門として、最善の医療を行うための基盤となる教育・研究活動を行っている。学生教育では、検体検査を通じて医学部学生やレジデント医師に最新の臨床検査医学の進歩と倫理的課題、また、検査から見た臨床医学全般を理解する場を提供する。さらに、東邦大学理学部学生に職業として臨床検査技師を目指す志と素養を高める実習経験を提供する場を提供している。卒後教育では、専門家として個々の力をつねに継続して伸ばす努力と、医療人として患者さんの治療をつねに意識して協調性とリーダーシップを併せ持つ人間性を育む教育環境を提供する。研究活動は、日常の業務と密接に関わる研究課題を設定し、指導する上級技師や教育研究者のもとで、我が国の臨床医学の発展にその成果が貢献すべく学会発表や論文発表を行っている。佐倉病院研究開発部門や検査センターの他部門、それぞれの診療科、学内の他の学部研究室さらに国内外の研究施設と共同体制を構築し客観的で評価される研究を心がけている。個々の教室員の目標として学位および専門技術認定を位置づける。大学内外の研究室交流や地域貢献、国の研究班活動に参加することで、医療者、医学研究者として、共同作業や地域医療、政策研究の重要性を学ぶ機会を提供している。
主な研究課題
1)病因細胞を検出する新規の細胞分子・バイオマーカーの開発
2)アルツハイマー病など神経病の臨床検査学的な病態解明
3)悪性リンパ師など血液疾患の治療病態に関わる検査診断の確立
4)難治性血管病へ平滑筋細胞を標的にした新規治療法の基盤研究
5)糖尿病、肥満症の次世代治療を探索する基礎研究

平成27年度の学部外共同研究研究室(各研究課題は業績参照)
東邦大学理学部研究室、千葉大学医学部血液内科、順天堂大学循環器内科、ウィーン大学バイオセンター、ケンブリッジ大学代謝センター、オランダエラスムス病院内科、アムステルダムメディカルセンター血管内科、ミュンヘン工科大学病院神経内科、ワシントン大学セントルイス校神経内
■ Keywords
臨床検査, 臨床検査技師教育, バイオマーカー, 共同研究推進
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  武城 英明 :日本動脈硬化学会(評議員・理事), 日本肥満学会(評議員), 臨床栄養学会(評議員), 日本臨床化学会, 日本臨床検査医学会, 日本内科学会, 日本循環器学会, 日本糖尿病学会, 肥満治療学会, 内分泌学会
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















武城 英明   教授
  3  3          
 2
(2)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Watanabe T, Nema T, Hiruta N, Murano T, Schneider WJ, Bujo H.:  Lp8 is potentially associated with partial lecithin:cholesterol acyltransferase deficiency in a patient with primary biliary cirrhosis.  Journal of Clinical Lipidology  12 (5) :1157 -1163 , 2018
2. 兒玉奈菜江,伊藤展枝,村野武義,蛭田啓之,武城英明,山本智大,山崎浩樹,横田浩充:  尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン測定意義に関する検討.  日本臨床検査自動化学会会誌  43 (1) :21 -27 , 2018
3. Yamashita N, Saito N, Zhao S, Terai K, Hiruta N, Park Y, Bujo H, Nemoto K, Kanno Y.:  Heregulin-induced cell migration is promoted by aryl hydrocarbon receptor in HER2-overexpressing breast cancer cells.  Experimental cell research  S0014-4827 (18) :30116 -2 , 2018
4. HIROSHI MIKANO,MEIZI JIANG,MAHITO NORO,YASUO SUZUKI,NOBUYUKI HIRUTA,HIROYUKI UNOKI-KUBOTA,WOLFGANG J.SCHNEIDER,and HIDEAKI BUJO:  Susceptibilities of epicardial and subcutaneous fat tissue for browning-gene expression and diet-induced volume reduction are different.  Molecular Medicine Reports  17 (5) :6542 -6550 , 2018
その他
1. 田中翔, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  二次性脂質異常症.  日本医師会雑誌  147 (5) :995 -997 , 2018
2. Harada-Shiba M, Arai H, Ishigaki Y, Ishibashi S, Okamura T, Ogura M, Dobashi K, Nohara A, Bujo H, Miyauchi K, Yamashita S, Yokote K; Working Group by Japan Atherosclerosis Society for Making Guidance of Familial Hypercholesterolemia.:  Guidelines for Diagnosis and Treatment of Familial Hypercholesterolemia 2017.  J Atheroscler Thromb.  1 (25) :751 -770 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎村野武義,美子,山口 崇,龍野一郎,蛭田啓之,武城英明: 高トリグリセライド血症での血中可溶性LR11量とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
2. ◎渡部俊之,柳沢康裕,根間敏郎,村野武義,蛭田啓之,武城英明: 糖化タンパク質が著しく高値を示した2型糖尿病の1症例.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者