東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 小児科学講座(佐倉)
 Department of Pediatrics (Sakura)

教授:
  舘野 昭彦
准教授:
  小松 陽樹
  本山 治
助教:
  井村 求基
  星野 廣樹
  鈴木 紗耶香
シニアレジデント:
  髙山 和子
■ 概要
小児神経疾患・心身症
けいれん性疾患、発達障害(自閉スペクトラム症、ADHD等)、不随意運動、慢性頭痛、キャーリー・オーバー化した神経疾患、重症筋無力症などの筋疾患、小児心身症などを対象として臨床研究を行っている。当小児科は10年余に渡り、神経内科的疾患や小児期からのキャリー・オーバー疾患の診療を行っており、神経内科グループとのカンファランスを行い、変性疾患、けいれん性疾患、中枢神経感染症などに関する論文発表も行った。発達紹介に関する検討会の講演や、てんかん治療に関するシンポジウムなどを企画した、院内に於ける佐倉精神神経セミナーにも世話人として参加し、発表を毎回行っている。
腎・泌尿器疾患
発達障害を伴う慢性腎臓病患児の移行医療、小児期発症IgA腎症の成人後の状況、ステロイド反応性ネフローゼ症候群の成人後再発のリスク因子や妊娠・出産例の経過を報告した。また、大森病院腎臓科との共同研究としてシクロスポリンを使用した小児腎移植後20年以上経過した症例の長期予後を検討した。
感染症・ワクチン等
B型肝炎ウイルス感染症に関して、ワクチン効果の検討や新しい診断方法の開発を行っている。、
小児救急システム関連
印旛市郡小児初期急病診療所の運営および安全管理に関する取り組みを行い、印旛市郡エリアの一次・二次救急のコントロールを行ってきたが、学会および論文発表はなかった。
その他
北総てんかん懇話会、城南神経懇話会、その他勉強会・懇話会の運営を行い、地域を巻き込んだ勉強会では、発達障害やてんかん治療に関する研究会のモデレーターとして、多科に渡る連携を図った。
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















舘野 昭彦   教授
 1 1            
 5
(2)
 
 
 
 
小松 陽樹   准教授
 1 3  2          2
(2)
 2
(2)
 
 
 
 
本山 治   准教授
 6 1 2           11
(11)
 2
(2)
 
 
 
 
星野 廣樹   講師
  1  1          1
(1)
 1
(1)
 
 
 
 
井村 求基   助教
    1          
 
 
 
 
 
鈴木 沙耶香   助教
              
 
 
 
 
 
 8 2  0 0  0  14
(14)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 長谷川慶,中川知亮,本山治:  急性巣状細菌性腎炎の腎瘢痕化に関連したリスク因子の検討.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :101 -105 , 2018
2. 本山 治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 相川 厚, 長谷川慶, 長谷川昭:  シクロスポリンを使用した小児25例の一次生体腎移植後20~30年の移植腎の生着状況.  日本小児腎不全学会誌  38 :80 -83 , 2018
3. 本山 治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村 毅, 相川 厚, 長谷川慶:  常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  日本小児腎不全学会誌  38 :84 -87 , 2018
4. 本山治, 長谷川慶:  成人後まで経過観察し得たネフローゼ症候群を呈したIgA腎症の小児6例の状況.  日本小児腎不全学会誌  38 :88 -92 , 2018
5. 北村範子,稲岡 努,粕谷秀輔,中塚智也,石川ルミ子,玉置一智,舘野昭彦,岡田 進,寺田一志:  出生時より呼吸器症状を繰り返し、胸部CTでtracheal bronchusが確認されたダウン症候群児の1例.  日本小児放射線学会雑誌(0918-8487)  35 (1) :37 -40 , 2019
6. Motoyama O,Sakai K,Iitaka K.:  Management and outcome of multifetal gestation in a 35-year-old woman with childhood-onset membranoproliferative glomerulonephritis type l.  CEN Case Rep  8 (1) :18 -22 , 2019
7. Miyazaki T,Nagasaka H,Komatsu H,Inui A,Morioka I,Tsukahara H,Kaji S,Hirayama S,Miida T,Kondou H,Ihara K,Yagi M,Kizaki Z,Bessho K,Kodama T,Iijima K.Yorifuji T,Matsuzaki Y,Honda A:  Serum Amino Acid Profiling in Citrin-Deficient Children Exhibiting Normal Liver Function During the Apparently Healthy Period.  JIMD Rep  43 :53 -61 , 2019
8. Tamiya M,Komatsu H,Hirabasashi M,Imura M,Hoshino H:  Neonatal meningoencephalitis caused by human adenovirus species F infection.  Pediatr Int  61 (1) :99 -101 , 2019
総説及び解説
1. 舘野昭彦,星野廣樹,舘野冬樹:  てんかん臨床に役立つ小児てんかん診療の概要 小児科から小児科以外の治療者へ.  てんかん研究(0912-0890)  36 (1) :59 -63 , 2018
2. 乾 あやの,藤澤知雄,小松陽樹:  【私の処方2018】肝・消化器疾患の処方 急性・慢性およびウイルス性肝炎.  小児科臨床  71 (5) :733 -736 , 2018
3. 小松陽樹,乾 あやの:  【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 消化器疾患 慢性肝炎.  小児内科  50 (増刊) :436 -437 , 2018
4. 田尻 仁,高野智子,藤井洋輔,伊藤嘉規,田中英夫,細野覚代,田中靖人,羽島麗子,中山佳子,杉山真也,乾 あやの,小松陽樹,村上 潤,工藤豊一郎,鈴木光幸,虻川大樹,恵谷ゆり,三善陽子,要藤裕孝,四栁 宏:  小児B型・C型慢性肝炎の治療指針(平成29年度版).  日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌  32 (1) :9 -14 , 2018
5. 本山 治:  成長障害とCKD治療.  臨床透析  34 (9) :1091 -1095 , 2018
6. 乾 あやの,藤澤知雄,小松陽樹:  【予防接種とVaccine Preventable Diseases 】予防接種の実際 B型肝炎.  臨牀と研究  96 (2F) :177 -182 , 2019
症例報告
1. 林歩実, 三嶌典子, 伊藤智恵子, 星野廣樹, 武居正郎, 清水教一:  HbA1cとグリコアルブミンの乖離を認め、HbS症ヘテロ接合体の診断にいたった1型糖尿病の1例.  小児内科  50 (11) :1898 -1902 , 2018
2. 本山治, 高橋雄介, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 長谷川慶:  先天性腎尿路障害を伴う10q26欠失症候群の2例.  日本小児腎不全学会誌  38 :140 -143 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 梅津守一郎,乾 あやの,能登原憲司,中沢貴宏,小林宗也,塩畑 健,十河 剛,小松陽樹,田妻 進,藤澤知雄: 【PSC(2)】小児期発症原発性硬化性胆管炎(小児PSC)患者の長期予後子に関する検討.  第45回日本小児栄養消化器肝臓学会,  埼玉、大宮,  2018/10
2. 小松陽樹,乾 あやの,藤澤知雄: 次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エクソゾーム解析による肝疾患研究 母子感染予防不成功例における保存臍帯を用いたHBV遺伝子解析.  第54回日本肝臓学会,  大阪、日本,  2018/06
3. 小松陽樹,乾 あやの,梅津守一郎,十河 剛,藤澤知雄: B型肝炎ウイルス感染に対する爪と毛髪を用いた新しい診断アプローチ.  第54回日本肝臓学会,  大阪、日本,  2018/06
4. 本山 治,高橋雄介,濱崎祐子,宍戸清一郎,河村 毅: 移行医療における小児腎障害の新たな視点 小児腎臓病と発達障害.  第61回日本腎臓学会学術集会,  新潟,日本,  2018/06
5. 本山 治,斎藤彰信,酒井 謙,緒方公平,梅村なほみ,飯高喜久雄: 膜性増殖性糸球体腎炎1型の女性の多胎妊娠の経過.  第61回日本腎臓学会学術集会,  新潟,日本,  2018/06
6. 星野廣樹,福士茉莉子,早乙女壮彦,舘野昭彦,高橋幸利: グルタミン酸受容体N1・N2B・D2抗体が検出され、異なる臨床経過を辿った慢性小脳炎の2幼児例.  第60回日本小児神経学会学術集会,  幕張、日本,  2018/05
7. ◎長谷川慶,中川知亮,本山治,松裏裕行,小原明: 難治性小児IgA腎症における扁桃摘出パルス療法の効果.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡(博多),  2018/04
8. 本山治, 高橋雄介, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 長谷川慶, 喜瀬智郎: 先天性腎尿路異常を伴う10q26欠失症候群の2例.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
9. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶: 13~15歳に鉄欠乏性貧血に伴う氷食症を繰り返したNutcracker症候群の男児.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
10. 梅津守一郎,小林宗也,増澤雷吾,十河 剛,小松陽樹,乾 あやの,藤澤知雄: 小児発症原発性硬化性胆管炎患者における血清肝線維化マーカーM2BPGi測定の有用性検討.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
11. 本山治, 星野廣樹, 舘野昭彦, 稲岡努, 寺田一志, 中川知亮, 長谷川慶, 臼井信男: アトピー性皮膚炎の6歳女児に生じた黄色ブドウ球菌による腎膿瘍.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
12. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶: 免疫抑制薬併用中のネフローゼ症候群の男児におけるヘルペスウイルス感染症.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡, 日本,  2018/04
13. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶: 小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群の女性6例の8回の妊娠・出産の経験.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
14. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶, 酒井謙, 大橋靖: 小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群の成人後再発に関連する要因.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
15. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶, 塚口裕康: ステロイド反応性ネフローゼ症候群の家族内発症を認めた2家族の長期経過.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
16. 本山治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村毅, 相川厚, 長谷川慶: 常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡, 日本,  2018/04
17. 本山治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 相川厚, 長谷川慶, 長谷川昭: シクロスポリンを使用した小児25例の一次生体腎移植後20~30年の移植腎の生着状況.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者