<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(佐倉)
 Department of Neuropsychiatry (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















桂川 修一   教授
 2 1    2 1       3
(2)
 2
(2)
 
 
 
 
林 果林   講師
 3   1  3        1
 3
(2)
 
 2
 
 
 5 0  5 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














桂川 修一   教授
 2   2     3
(2)
 
 
林 果林   講師
 3   3     1
 
 
 5 0  5 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Saiki A, Kanai R, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Watanabe Y, Yamaguchi T, Ohira M, Oshiro T, Hayashi K, Tatsuno I:  Impact of mental health background and nutrition intake on medium-term weight loss in Japanese patients undergoing laparoscopic sleeve gastrectomy.  Obesity Facts  13 (4) :371 -383 , 2020
総説及び解説
1. 林 果林:  精神疾患合併例の手術適応と周術期・遠隔期のメンタルヘルス.  BIO Clinica  35 (13) :18 -22 , 2020
2. 林果林、中野弘一、桂川修一:  心身医療における脳波検査活用法ー脳の問題か、気持ちの問題かー.  心身医学  61 (1) :24 -30 , 2021
その他
1. 桂川修一:  書評:阿部 裕 著 多文化間精神医療―自然、風土、文化、そして、こころー.  こころと文化  16 (2) :194 -194 , 2020
2. 桂川修一:  野田文隆先生・五十嵐善雄先生に追悼特集に寄せて.  こころと文化  19 (2) :108 -112 , 2020
3. 林 果林:  テーマ「神戸宣言2018」 総合病院精神医学会より.  肥満研究  26 (2) :1 -1 , 2020
■ 著書
1. 桂川修一:  高度肥満に見られやすい精神疾患.  メタボリックサージェリー Clinical Update  13-17.  メディカ出版,  大阪, 2020
2. 林 果林:  第2章 高度肥満症に対する外科治療前の管理
6.術前の精神心理社会面の評価と準備.  メタボリックサージェリー Clinical Update  57-61.  メディカ出版,  大阪府、日本, 2020
3. 林 果林:  身体表現性障害.  心身医学用語事典第3版  149-149.  三輪書店,  東京都, 2020
4. 林果林:  身体表現性自律神経機能不全.  心身医学用語辞典第3版  150-150.  三輪書店,  東京都, 2020
5. 桂川修一:  認知症の治療の進め方.  認知症治療の排泄ケア ベッドサイドマニュアル  146-149.  中外医学社,  東京, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. 〇端こず恵,林 果林,曾田友里佳,中嶋希和,神前裕子,齋木厚人,桂川修一: 大食症質問票における肥満症患者の食行動への問題意識の検討.,WEB開催,2021,3.  第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会,  WEB開催(富山),  2021/03
2. 〇林 果林: 発達障害や知的障害がみられる患者の評価とその対応について..  第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会,  WEB開催(富山),  2021/03
3. 桂川修一: 教育講演「うつ病への気付き方、初期対応」.  第31回サイコネフロロジー学会学術集会,  熊谷,  2021/02
4. 桂川修一: 改正された研修会の実施と受講者による評価.  第33回日本総合病院精神医学会学術総会,  大宮,  2020/11
5. 會田友里佳 林果林 端こず恵 中嶋希和 齋木厚人 桂川修一: 肥満症患者における食行動の自覚と精神心理面の関連.  第33回日本総合病院精神医学会総会,  WEB開催,  2020/11
6. 中嶋希和・林果林・端こず恵、會田友里佳・桂川修一: 肥満症治療における 外国人患者への チーム医療の関わり方.  第28回多文化間精神医学会,  WEB開催,  2020/11
7. 桂川修一、鵜川 晃: 日本に暮らす難民のメンタルヘルス支援.  第116回日本精神神経学会学術総会,  仙台,  2020/09
国際学会
1. ◎Saiki A, Kanai R, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Watanabe Y, Yamaguchi T, Ohira M, Oshiro T, Hayashi K, Tatsuno I: Relationship between 1-year percent total weight loss, 3-year outcome and mental health background in Japanese patients after laparoscopic sleeve gastrectomy.  European and International Congress on Obesity 2020,  WEB開催,  2020/09
2. ◎Saiki A, Yamaguchi T, Tanaka S, Sasaki A, Naitoh T, Seto Y, Matsubara H, Yokote K, Okazumi S, Ugi S, Yamamoto H, Ohta M, Ishigaki Y, Kasama K, Seki Y, Irie J, Kusakabe T, Tsujino M, Shimizu H, Shirai K, Onozaki A, Kitahara A, Hayashi K, Miyazaki Y, Masaki T, Nagayama D, Yamamura S, Tatsuno I: Background characteristics and postoperative outcomes in Japanese patients with insufficient weight loss after laparoscopic sleeve gastrectomy.  European and International Congress on Obesity 2020,  WEB開催,  2020/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者