<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(佐倉)
 Department of Neuropsychiatry (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















桂川 修一   教授
  1            
 2
(2)
 
 
 
 
林 果林   講師
 2 1    2        3
(3)
 1
 
 
 
 
 2 0  2 0  0  3
(3)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














桂川 修一   教授
         
 
 
林 果林   講師
 2   2     3
(3)
 
 
 2 0  2 0  0  3
(3)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 林 果林,端こず恵,曾田友里佳,中嶋希和,齋木厚人,大城崇司,桂川修一:  肥満外科手術前の精神医学的及び心理社会的評価.  心身医学  61 :254 -260 , 2021
その他
1. 林 果林:  特集:肥満の心身医学 特集にあたって.  心身医学  61 :230 -230 , 2021
2. 佐々木 章(岩手医科大学 医学部外科学講座), 内藤 剛, 横手 幸太郎, 稲垣 暢也, 益崎 裕章, 綿田 裕孝, 小川 渉, 下村 伊一郎, 山内 敏正, 石垣 泰, 笠間 和典, 野崎 剛弘, 島袋 充生, 藤倉 純二, 宮塚 健, 庄嶋 伸浩, 西澤 均, 廣田 勇士, 卯木 智, 太田 正之, 岡住 慎一, 吉川 絵梨, 小山 英則, 齋木 厚人, 関 洋介, 辻野 元祥, 林 果林, 山口 崇, 龍野 一郎, 植木 浩二郎, 門脇 孝,
日本肥満症治療学会, 日本糖尿病学会, 日本肥満学会, 日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術の適応基準に関する3学会合同委員会:  日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント.  肥満研究  27 (2) :1 -74 , 2021
■ 著書
1. 林果林:  第四章 周術期管理とフォローアップ体制
<1>術前管理
4)精神疾患の対応と管理.  日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント  59-59.  コンパス出版局,  東京都文京区, 2021
2. 林果林:  第4章 周術期管理とフォローアップ体制
<3>フォローアップ
3)メンタルヘルス管理.  日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント  67-68.  コンパス出版局,  東京都文京区, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. 〇林 果林1), 端 こず恵1), 曾田 友里佳1), 中嶋 希和1),
齋木厚人2),大城崇司3),桂川 修一1): 肥満外科手術前の 精神・心理社会的評価時の診断と治療.  第62回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  香川県 高松市,  2021/07
2. 演者 富田 益臣
演者 高橋 一久
コメンテータ- 大城 崇司
コメンテータ- 山口 崇
コメンテータ- 林 果林
コメンテータ- 浅原 哲子
コメンテータ- 内藤 剛: ディベート2:高度肥満症例 内科的治療 vs 外科的治療.  第64回日本糖尿病学会年次学術集会,  WEB開催(金沢),  2021/05
3. 石垣 泰, 綿田 裕孝, 下村 伊一郎, 宮塚 健, 西澤 均, 関 洋介, 林 果林, 辻野 元祥, 吉川 絵梨, 横手 幸太郎: 肥満2型糖尿病と減量・代謝改善手術-その適応,効果と注意すべき周術期を含めた患者管理 
~減量・代謝改善手術における周術期管理とフォローアップ体制~.  第64回日本糖尿病学会年次学術集会,  WEB開催(金沢),  2021/05
4. 林 果林、 端こず恵、 曾田友里佳、中嶋希和、桂川修一: 第2部 メタボリックサージェリーの実際
術後フォローアップにおけるメンタル管理.  第12回肥満症総合治療セミナー,  WEB開催,  2021/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者