東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

講師:
  清水 一寛
  高橋 真生
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   講師
    1  4        1
 1
 2
 2
(1)
 
 1
(1)
高橋 真生   講師
              
 3
 1
(1)
 4
 
 1
(1)
飯塚 卓夫   助教
              
 1
 
 1
 
 
飯塚 卓夫   助教
              
 1
 
 1
 
 
清川 甫   助教
              
 2
 
 1
 
 
佐藤 修司   助教
              
 2
 
 1
 
 1
(1)
鈴木 理代   助教
              
 
 
 
 
 
中神 隆洋   助教
              
 2
 
 1
 
 
美甘 周史   助教
              
 1
 
 1
 
 
 0 0  4 0  0  1
(0)
 3
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kohji Shirai, Kenji Suzuki, Shinichi Tsuda, Kazuhiro Shimizu, Masanobu Takata, Tomoyuki Yamamoto, Mitsuya Maruyama, Koji Takahashi:  Comparison of Cardio–Ankle Vascular Index (CAVI) and CAVI0 in Large Healthy and Hypertensive Populations.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  26 :000 -0000 , 2019
■ 著書
1. 清水一寛, 白井厚治:  心臓‐血管動脈連関とは何か.  CAVIから眺める血管機能学  134-139.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
2. 清水一寛:  妊娠高血圧症の予知因子としてのCAVI.  CAVIから眺める血管機能学  158-160.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
3. 清水一寛, 白井厚治:  CAVIと動脈硬化巣破綻機構.  CAVIから眺める血管機能学  197-203.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
4. 清水一寛, 山本智幸, 高原章:  CAVIの持つ器質的弾性と機能的弾性.  CAVIから眺める血管機能学  54-58.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎佐久間 清, 永澤 悦伸, 佐藤 修司, 高橋 真生, 小松 哲也, 渡辺 研人, 白取 広芸, 霜田 晃, 千葉 達夫, 相本 恵美, 高原 章: 血管作動薬が動脈血管の硬さに与える影響は大動脈領域と大腿動脈領域で異なる:麻酔ウサギを用いた検討.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
2. ◎小川明宏, 清水一寛, 丸岡弘, 寺山圭一郎, 寺本博, 秋葉崇, 土谷あかり, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 高橋真生, 白井厚治: 高齢心不全患者における血管弾性能CAVIと運動耐用能.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都, 日本,  2019/07
3. ◎清水一寛, 田端強志, 伊藤拓朗, 岩川幹弘, 戸谷俊介, 杉崎雄太, 佐藤修司, 清川甫, 中神隆洋, 美甘周史, 飯塚卓夫, 高橋真生, 白井厚治, 野呂眞人: 左室心筋重量とCAVIからみた心臓血管連関.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都, 日本,  2019/07
国際学会
1. ◎K. SHIMIZU, K. SHIRAI: ARTERIAL SMOOTH MUSCLE CELL CONTRACTION
MONITORED AS ENHANCEMENT OF CAVI MIGHT BE A PREDICTOR
OF CARDIOVASCULAR EVENTS IN NEAR FUTURE.  29TH EUROPEAN MEETING ON HYPERTENSION AND CARDIOVASCULAR PROTECTION,  Milan, Italy,  2019/06
2. Yoshinobu Nagasawa, Hiroki Shiratori, Sachie Takagi, Kiyoshi Sakuma, Tatsuo Chiba, Tetsuya Komatsu, Kento Watanabe, Megumi Aimoto, Mao Takahashi, Kazuhiro Shimizu, Kohji Shirai, Akira Takahara: Biological significance of acute responses of arterial stiffness monitored with cardio-ankle vascular index (CAVI) to the various vascular loadings in rabbit model.  The 29th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection,  Milan, ITALY,  2019/06
3. ◎K. SHIMIZU, K. SHIRAI, T. TABATA, S. SATOH, H. KIYOKAWA,
H. MIKAMO, T. NAKAGAMI, T. IIDUKA, M. TAKAHASHI, M. NORO: THE CO-RELATIONSHIP BETWEEN CARDIAC HYPERTROPHIC PATTERN AND CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX IN HYPERTENSIVE PATIENTS.  the 29th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection,  Milan, Italy,  2019/06
4. ◎Syunsuke Todani, Mao Takahashi, Mahito Noro.: Relapse of stress-induced cardiomyopathy gradually decreased cardiac function (case report).  .Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2019,  Manila, Philippines,  2019/05
5. ◎Syunsuke Todani, Mao Takahashi, Mahito Noro.: Difficulty in Differentiating Takotsubo syndrome from Multiple Vasospastic Angina (case report).  Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2019,  Manila, Philippines,  2019/05
その他
1. ◎高原 章, 佐久間 清, 千葉 達夫, 相本 恵美, 永澤 悦伸, 佐藤 修司, 高橋 真生, 清水 一寛, 白井 厚治: 血管弾性の薬理学:リアルタイムCAVI計測システムを用いて.  第2回臨床血管健康研究会,  東京,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者