<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   准教授
  2  1  8        1
 3
(1)
 2
 3
(1)
 
 1
(1)
髙橋 真生   講師
    1  3 1       1
 4
 2
(1)
 4
 
 4
(2)
飯塚 卓夫   助教
              
 1
 
 1
 
 
清川 甫   助教
              
 3
(1)
 
 1
 
 
佐藤 修司   助教
              1
 2
 
 1
 
 1
(1)
鈴木 理代   助教
              
 
 
 
 
 
中神 隆洋   助教
              
 3
(1)
 
 1
 
 
美甘 周史   助教
              
 1
 
 1
 
 
 0 0  11 0  0  3
(0)
 4
(1)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 一寛   准教授
    8     1
 2
 
髙橋 真生   講師
    3     1
 2
(1)
 
飯塚 卓夫   助教
         
 
 
清川 甫   助教
         
 
 
佐藤 修司   助教
         1
 
 
鈴木 理代   助教
         
 
 
中神 隆洋   助教
         
 
 
美甘 周史   助教
         
 
 
 0 0  11 0  0  3
(0)
 4
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土屋あかり, 寺本博, 縄田千恵, 中島悠華, 高木瑛基, 新野直明, 中島新:  地域在住高齢者における身体機能指標としてのCalf Ankle Index -Short Physical Performance BatteryおよびShort Physical Performance Battery community-based scoreとの関連から-.  理学療法の科学と研究  11 (1) :11 -16 , 2020
2. Kohji Shirai, Kenji Suzuki, Shinichi Tsuda, Kazuhiro Shimizu, Masanobu Takata, Tomoyuki Yamamoto, Mitsuya Maruyama, Koji Takahashi:  Comparison of Cardio–Ankle Vascular Index (CAVI) and CAVI0 in Large Healthy and Hypertensive Populations.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  26 :000 -0000 , 2019
症例報告
1. 田端強志, 清水一寛, 高田伸夫:  左下大静脈の1例.  Japanese Journal of Medical Ultrasonics  47 (1) :31 -32 , 2020
2. 石井梨奈, 中村啓二郎, 浅見雅子, 高木高人, 橋本晃, 榎本善成, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫, 諸井雅男, 中村正人:  薬剤抵抗性の頻脈性心房細動を有する低心機能心不全患者に対して房室結節アブレーションとHis束ペーシングによる治療を行った1例.  心臓  51 (Suppl.1) :121 -125 , 2019
3. 清水貴之, 中村啓二郎, 佐原尚彦, 安齋均, 野呂眞人, 中村正人, 杉 薫:  左室内膜側と大心臓静脈遠位部での通電にてアブレーションに成功した2種類のMitral annulus起源のPVCの1例.  心臓  51 (Suppl.1) :211 -218 , 2019
■ 著書
1. 清水一寛, 白井厚治:  心臓‐血管動脈連関とは何か.  CAVIから眺める血管機能学  134-139.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
2. 清水一寛:  妊娠高血圧症の予知因子としてのCAVI.  CAVIから眺める血管機能学  158-160.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
3. 髙橋真生:  健常者の3年後における心電図虚血変化、網膜硬化発生とCAVI上昇.  CAVIから眺める血管機能  193-196.  株式会社コンパス,  東京、日本, 2019
4. 清水一寛, 白井厚治:  CAVIと動脈硬化巣破綻機構.  CAVIから眺める血管機能学  197-203.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
5. 清水一寛, 山本智幸, 高原章:  CAVIの持つ器質的弾性と機能的弾性.  CAVIから眺める血管機能学  54-58.  株式会社コンパス,  東京, 日本, 2019
6. 清水一寛:  僧帽弁狭窄症.  循環器薬の使い方  282-284.  羊土社,  東京, 日本, 2020
7. 清水一寛:  僧帽弁閉鎖不全症.  循環器薬の使い方  285-288.  羊土社,  東京, 日本, 2020
8. 髙橋真生:  急性心膜炎.  薬剤と疾患から探す循環器薬の使い方  295-301.  羊土社,  東京.日本, 2020
9. 高橋真生:  慢性収縮性心膜炎 295-301.2019.3.20.  疾患から探す循環器薬の使い方  301-304.  羊土社,  東京.日本, 2020
10. 高橋真生:  慢性収縮性心膜炎 2019.3.20.ISBN:978-4-7581-1868-2.  疾患から探す循環器薬の使い方  305-310.  羊土社,  .東京.日本, 2020
11. 清水一寛:  肺塞栓症.  循環器薬の使い方  328-334.  羊土社,  東京, 日本, 2020
12. 清水一寛:  深部静脈血栓症.  循環器薬の使い方  335-338.  羊土社,  東京, 日本, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎榎本善成, 中村啓二郎, 石井梨奈, 浅見雅子, 橋本晃, 高木高人, 杉薫, 野呂眞人, 諸井雅男, 中村正人: 高齢者におけるリードレスペースメーカの効果と植込み手技の安全性について:経静脈リードペースメーカ植込みとの比較.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
2. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 当院における左脚領域ペーシングの方法と成績ー右室造影による解剖学的アプローチの有用性ー.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
3. ◎佐原尚彦, 酒井毅, 杉崎雄太, 名内雅弘, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: TAVI後の遠隔期房室ブロックに対し左脚領域ペーシングが成功した1例.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
4. ◎杉崎雄太, 酒井毅, 名内雅宏, 佐原尚彦, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 当院における左脚領域ペーシングの閾値、波高値.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
5. ◎石井梨奈, 榎本善成, 浅見雅子, 高木高人, 橋本晃, 中村啓二郎, 野呂眞人, 諸井雅男, 杉薫, 中村正人: 高齢者におけるペースメーカー植込み後における予後とFrailtyの関連性.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
6. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 左脚領域ペーシングの心電図の多様性と左室同期不全との関係.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
7. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 左脚領域ペーシング難渋例の検討.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
8. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土谷あかり, 寺本博, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 中島新, 丸岡弘, 白井厚治: 高齢心不全患者におけるサルコペニアと血管弾性機能CAVIの関連性.  第54回 日本成人病学会,  東京、日本,  2020/01
9. ◎佐久間 清, 永澤 悦伸, 佐藤 修司, 高橋 真生, 小松 哲也, 渡辺 研人, 白取 広芸, 霜田 晃, 千葉 達夫, 相本 恵美, 高原 章: 血管作動薬が動脈血管の硬さに与える影響は大動脈領域と大腿動脈領域で異なる:麻酔ウサギを用いた検討.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
10. ◎美甘 周史: EVT course How should I Treat PAD Long lesion DCB.  TOPIC2019,  東京,  2019/07
11. ◎佐藤 修司, 高橋 真生, 永澤 悦伸, 相本 恵美, 高原 章, 白井 厚治: 薬物処置または体液量増減に伴う CAVI の変化は血管内超音波法による血管断面積から求めたstiffness parameterβを反映する ―麻酔ウサギを用いた検討―.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都,  2019/07
12. ◎小川明宏, 清水一寛, 丸岡弘, 寺山圭一郎, 寺本博, 秋葉崇, 土谷あかり, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 高橋真生, 白井厚治: 高齢心不全患者における血管弾性能CAVIと運動耐用能.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都, 日本,  2019/07
13. ◎清水一寛, 田端強志, 伊藤拓朗, 岩川幹弘, 戸谷俊介, 杉崎雄太, 佐藤修司, 清川甫, 中神隆洋, 美甘周史, 飯塚卓夫, 高橋真生, 白井厚治, 野呂眞人: 左室心筋重量とCAVIからみた心臓血管連関.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都, 日本,  2019/07
14. ◎Mao Takahashi, Chikao Miyazaki, Cao Xin, Kazuhiro Shimizu, Tatsuo Chiba, Tomoaki Shiba, Tetsuya Komatsu, Megumi Aimoto, Yoshinobu Nagasawa, Akira Takahara, Kohji Shirai: Takotsubo-like cardiomyopathy observed in the intracranial hemorrhage model of rabbits.  .第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会.,  京都,  2019/07
国際学会
1. ◎Mao Takahashi, Tomoaki shiba, Kazuhiro Shimizu, Yuiti Hori, Mahito Noro.: Therapeutic effect of sleep apnea on atherosclerosis depended on ocular microcirculation shown by laser speckle flowgraphy.Asean ophthalmology society congress.  4th Asean ophthalmology society congress,  Siem reap, Cambodia,  2019/11
2. ◎K. SHIMIZU, K. SHIRAI: ARTERIAL SMOOTH MUSCLE CELL CONTRACTION
MONITORED AS ENHANCEMENT OF CAVI MIGHT BE A PREDICTOR
OF CARDIOVASCULAR EVENTS IN NEAR FUTURE.  29TH EUROPEAN MEETING ON HYPERTENSION AND CARDIOVASCULAR PROTECTION,  Milan, Italy,  2019/06
3. Yoshinobu Nagasawa, Hiroki Shiratori, Sachie Takagi, Kiyoshi Sakuma, Tatsuo Chiba, Tetsuya Komatsu, Kento Watanabe, Megumi Aimoto, Mao Takahashi, Kazuhiro Shimizu, Kohji Shirai, Akira Takahara: Biological significance of acute responses of arterial stiffness monitored with cardio-ankle vascular index (CAVI) to the various vascular loadings in rabbit model.  The 29th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection,  Milan, ITALY,  2019/06
4. ◎K. SHIMIZU, K. SHIRAI, T. TABATA, S. SATOH, H. KIYOKAWA,
H. MIKAMO, T. NAKAGAMI, T. IIDUKA, M. TAKAHASHI, M. NORO: THE CO-RELATIONSHIP BETWEEN CARDIAC HYPERTROPHIC PATTERN AND CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX IN HYPERTENSIVE PATIENTS.  the 29th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection,  Milan, Italy,  2019/06
5. ◎Syunsuke Todani, Mao Takahashi, Mahito Noro.: Relapse of stress-induced cardiomyopathy gradually decreased cardiac function (case report).  .Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2019,  Manila, Philippines,  2019/05
6. ◎Syunsuke Todani, Mao Takahashi, Mahito Noro.: Difficulty in Differentiating Takotsubo syndrome from Multiple Vasospastic Angina (case report).  Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2019,  Manila, Philippines,  2019/05
その他
1. ◎美甘 周史、坪野 雅一、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、佐藤 修司、飯塚 卓夫: Crosser tipが断裂した高度石灰化の一例.  第8回千葉EVT研究会,  千葉,  2019/11
2. ◎美甘 周史、坪野 雅一、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、岩川 幹弘、清川 甫、佐藤 修司、高橋 真生、清水 一寛、飯塚 卓夫、野呂 眞人: 早期発見、早期介入に成功した末梢動脈疾患の1例.  四街道市循環器カンファレンス,  千葉,  2019/10
3. ◎美甘 周史: 症例から学ぶ治療方針~重症虚血肢~.  第10回医療連携セミナー,  千葉,  2019/09
4. ◎美甘 周史: DCB for long lesion CTO.  Chiba small meeting,  千葉,  2019/08
5. ◎美甘 周史、坪野 雅一、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、岩川 幹弘、清川 甫、佐藤 修司、高橋 真生、清水 一寛、飯塚 卓夫、野呂 眞人: 当院におけるPCSK9阻害剤エボロクマブ使用症例の報告.  第53回循環器合同カンファレンス,  千葉,  2019/07
6. ◎髙橋真生: 睡眠呼吸障害 臨床の視点から.  東邦大学 生命倫理シンポジウム,  習志野,  2019/07
7. ◎戸谷俊介, 高橋真生, 柴友明、野呂眞人: 微小循環が停滞している患者に対する睡眠呼吸障害の治療が頸動脈硬化を改善した.  第62回脈波研究会,  東京,  2019/06
8. ◎高橋真生,戸谷俊介, 柴友明、野呂眞人.: 眼血流が示す全身状態.  第62回脈波研究会.,  東京,  2019/06
9. ◎高原 章, 佐久間 清, 千葉 達夫, 相本 恵美, 永澤 悦伸, 佐藤 修司, 高橋 真生, 清水 一寛, 白井 厚治: 血管弾性の薬理学:リアルタイムCAVI計測システムを用いて.  第2回臨床血管健康研究会,  東京,  2019/06
10. ◎美甘 周史: 当院における末梢動脈疾患の診療.  印旛Expert Forum,  千葉,  2019/04
11. ◎美甘 周史: Y-graft置換術後の脚閉塞に対してEVTを行った一例.  第7回千葉EVT研究会,  千葉,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者