<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  龍野 一郎
准教授:
  齋木 厚人
  清水 直美
講師:
  大平 征宏
助教:
  山口 崇
  河越 尚幸
  渡邉 康弘
  岡 怜奈
レジデント:
  田中 翔
  中村 祥子
非常勤講師:
  小山 朝一
非常勤医師:
  遠藤 渓
  永山 大二
  今村 榛樹
■ 概要
糖尿病・代謝・内分泌
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌分野(佐倉)では 糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満を中心にした代謝疾患および視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・骨Ca代謝・性腺疾患などの内分泌疾患、さらに総合診療部門的疾患の診療を通して、“一般医療機関が担うことのできない先端・高度統合医療と希少疾患専門診療の実践”および“人材育成と診療連携を介した地域医療への貢献”を理念として、臨床から抽出されたそれぞれの問題点を解決することを最大の目的として幅広く 臨床・基礎研究を行なっている。
臨床研究では(1)糖尿病に対しては独自開発のヘルスケアファイルというデータグラフ化ファイルの効果・治療食の糖脂質比の再検討・インスリン抵抗性の臨床指標・糖尿病性腎症の進展防止(Sakura Study)・酸化亢進病態の解析・国内でほとんど例のないmetabolic surgeryの研究、(2)難治性肥満症に対する長期予後の調査・formula Dietの代謝改善効果・外科医 精神科医 臨床心理士の共同による減量手術や心理性格分析の研究、(3)動脈硬化の予防を目指して新しい血管機能の指標であるCAVIを開発し 新しい血管機能学の構築とCAVIを指標とした代謝障害の戦略的治療の開発研究、(4)閉経後骨粗鬆症・ステロイド骨粗鬆症の予防を目指した地域社会に根ざす臨床コホート研究などを実施している。
基礎研究としては(1)動脈硬化巣内膜破綻機構、特に酸化コレステロールによる細胞障害とその分子病態、ヒアルロン酸と血管弾性、脂肪細胞の増殖分化機構さらに血管新生機構、高中性脂肪血症の解析(とくにリポ蛋白リパーゼの遺伝子解析)、インクレチンの骨格筋代謝への作用、(2)糖尿病性腎症進展にかかわるROS制御機構とその分子病態の解明、(3)がん遺伝子P53による細胞内代謝制御とインスリン抵抗性、(4)骨粗鬆症の分子病態エピジェネチックスの研究などを行っている。


研究テーマ
1) 糖尿病に対する糖質脂質の適正比の研究(インクレチン)
2) 血清中のリポ蛋白リパーゼ蛋白量
3) 各種病態におけるCAVIの解明と基礎による裏付け(平滑筋細胞の形質変化とヒアルロン酸代謝)
4) 骨格筋細胞のLPL発現とAMPK(ビグアナイド、スタチン、インクレチン)
5) 新規の脂肪細胞由来血管新生調節因子Tenomodulinの研究
6) ブドウ糖毒性の解明と予防:酸化亢進とアルドース還元酵素の阻害効果
7) 高中性脂肪血症の原因検索(LPL欠損症、アポA-V遺伝子異常を中心に)
8) 高度肥満患者の心理分析と減量手術後の経過
9) Metabolic surgeryと代謝改善
10) Formula dietが肝細胞内の脂肪蓄積や酸化ストレスに及ぼす影響
11) 高度肥満患者の予後調査
12) 脂質改善薬プロブコールの糖尿病性腎症進展防止(Sakura Study)
13) C5陽性高コリンエステラーゼ血症の抗動脈硬化作用
14) メサンジウム細胞での酸化ストレスとアポトーシス制御
15) 脂肪細胞でのP53による細胞内代謝制御
16) 閉経後骨粗鬆症の疫学研究(Chiba Bone Study)
17) ステロイド骨粗鬆症の長期コホート研究(Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort)
16) 骨芽細胞の分化とエピジェネテイックス
■ Keywords
Lipoprotein lipase, CAVI, hypertriglyceridemia, formula diet, metabolic surgery, tenomodulin, Sakura Study, hyaluronic acid, oxidative stress, insulin resistance, osteoporosis, glucocorticoid, Chiba Bone Study, Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  龍野一郎 :日本内科学会認定内科医,日本内科学会認定総合内科専門医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医,日本内科学会内科指導医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医,日本糖尿病学会専門医,日本糖尿病学会研修指導医,日本骨粗鬆症学会認定医, 日本内分泌学会評議員, 日本内分泌学会専門医認定部会内科試験小委員, 日本肥満症治療学会副理事長理事・評議員・事務局長, 日本肥満症治療学会ガイドライン検討ワーキンググループ, 日本性差医療・医学研究会評議員, 日本臨床栄養学会評議員, 千葉医学会評議員, 日本循環器学会学術委員会「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」協力員(執筆員), 臨床代謝骨フォーラム世話人, 内分泌代謝研究会運営委員, 動脈硬化症例検討会世話人, 東関東臨床ホルモン研究会世話人, 千葉甲状腺研究会世話人, 千葉尿酸懇話会世話人, 千葉内分泌代謝談話会世話人, 千葉県動脈硬化セミナー幹事, 千葉市骨粗鬆所検診精度管理研究会世話人, 千葉骨を守る会幹事, 高齢者ステロイド骨粗鬆症研究会事務局長, Diabetes Endocrinology Forum代表世話人, NIS Endocrinology Coference代表世話人, 千葉下垂体疾患研究会世話人, 千葉糖尿病研究会幹事, 千葉糖尿病内分泌代謝研究会世話人, CKD糖尿病合併症研究会世話人
2.  齋木厚人 :日本内科学会認定医,日本内科学会認定総合内科専門医, 日本糖尿病学会学術評議員, 日本病院総合診療医学会認定医, 日本肥満学会肥満症専門医, 日本肥満学会専門医カリキュラム委員, 日本肥満学会生活習慣病改善指導士試験問題作成委員, 日本肥満学会保険委員, 日本肥満学会肥満症治療薬開発に関するWG委員, 日本肥満症治療学会評議員, 日本肥満症治療学会メンタルヘルス部会副委員長, 日本肥満症治療学会栄養部会副委員長, 日本肥満症治療学会教育委員会副委員長, 日本肥満症治療学会データベース委員会委員, 日本肥満症治療学会医療安全対策委員会委員, 日本肥満症治療学会肥満外科治療ガイドライン策定委員会委員, 日本臨床栄養学会評議員, 日本臨床栄養学会病棟栄養士推進委員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本動脈硬化学会腎動脈・末梢動脈硬化部会員, 日本動脈硬化学会査読委員, 印旛市郡地区糖尿病対策推進会議世話人, 千葉県動脈硬化セミナー世話人, Educational Conference for Medical Research世話人, 千葉若手糖尿病研究者の会世話人, 肥満外科栄養研究会世話人, 特定非営利活動法人血管健康増進協会, 印旛市郡妊娠糖尿病対策協議会世話人, 腎疾患と代謝疾患を考える会世話人
3.  清水直美 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本血液学会認定専門医・指導医, 日本輸血・細胞治療学会認定医, 日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医, 日本輸血細胞治療学会認定医
4.  大平征宏 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本糖尿病学会専門医, 日本糖尿病学会研修指導医, 日本東洋医学会漢方専門医, 日本東洋医学会千葉県部会委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















龍野 一郎   教授
 1 1 1 8  1 1       2
(2)
 24
(3)
 
 2
 
 1
齋木 厚人   准教授
 5  1 5  2        10
(6)
 16
(1)
 
 2
 16
(8)
 
清水 直美   准教授
              5
(1)
 6
(1)
 
 1
 
 
大平 征宏   講師
   1 2  2 1       2
 9
 1
 1
 9
(2)
 
河越 尚幸   助教
              
 7
 
 1
 
 
川名 秀俊   助教
              
 1
 
 
 
 
佐藤 悠太   助教
    2          
 5
 
 
 
 
南雲 彩子   助教
              
 
 
 
 
 
番 典子   助教
              
 
 
 
 
 
山口 和久   助教
    2          
 5
 
 
 
 
山口 崇   助教
  1  4  2        1
(1)
 18
(1)
 
 2
 
 
渡邉 康弘   助教
   1 3          
 12
 1
 1
 
 
 6 4  7 0  0  20
(10)
 2
(0)
 25
(10)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Saiki A, Yamaguchi T, Tanaka S, Sasaki A, Naitoh T, Seto Y, Matsubara H, Yokote K, Okazumi S, Ugi S, Yamamoto H, Ohta M, Ishigaki Y, Kasama K, Seki Y, Irie J, Kusakabe T, Tsujino M, Shimizu H, Shirai K, Onozaki A, Kitahara A, Hayashi K, Miyazaki Y, Masaki T, Nagayama D, Yamamura S, Tatsuno I; Japanese Survey of Morbid and Treatment‐Resistant Obesity Group (J‐SMART Group).:  Background characteristics and postoperative outcomes of insufficient weight loss after laparoscopic sleeve gastrectomy in Japanese patients.  Annals of Gastroenterological Surgery  3 (6) :638 -647 , 2019
2. Wakabayashi H, Matsuzawa Y, Hayakawa S, Irie T, Rikitake H, Tatsuno I:  Serum oxidative stress in patients with pulmonary Mycobacterium Avium Complex disease.  Heliyon  5 (1) :e02775 , 2019
3. Moroi M, Nagayama D, Hara F, Saiki A, Shimizu K, Takahashi M, Sato M, Shiba T, Sugimoto H, Fujioka T, Chiba T, Nishizawa K, Usui S, Iwasaki Y, Tatsuno I, Sugi K, Yamasaki J, Yamamura S, Shirai K:  Outcome of Pitavastatin Versus Atorvastatin Therapy in Patients With Hypercholesterolemia at High Risk for Atherosclerotic Cardiovascular Disease.  International journal of cardiology  :ahead of print -ahead of print , 2020
4. Suzuki A, Nomura T, Jokura H, Kitamura N, Saiki A, Fujii A:  Chlorogenic acid-enriched green coffee bean extract affects arterial stiffness assessed by the cardio-ankle vascular index in healthy men: a pilot study.  International journal of food sciences and nutrition  70 (7) :901 -908 , 2019
5. Ohira M, Yamaguchi T, Saiki A, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Watanabe Y, Sato Y, Oshiro T, Murano T, Tatsuno I:  Laparoscopic Sleeve Gastrectomy Significantly Increases Serum Lipoprotein Liptase Level in Obese Patients.  Obesity Facts  12 (3) :357 -368 , 2019
6. Tanaka S, Ishihara N, Suzuki S, Watanabe Y, Nagayama D, Yamaguchi T, Ohira M, Saiki A, Tanaka T, Tatsuno I:  Fatty acid desaaturase 2 is up-regulated by the treatment with statin through geranylgeranyl pyrophosphate-dependent Rho kinase pathway in HepG2 cells.  Scientific Reports  9 (1) :10009 , 2019
7. Yoshida T, Nakayama A, Tamura A, Higuchi S, Sakuma I, Nagano H, Felizola SJA, Hashimoto N, Takemoto M, Tatsuno I, Koide H, Yokote K, Tanaka T:  A case of Hashimoto's thyroiditis with multiple drug resistance and high expression of efflux transporters.  The Journal of clinical endocrinology and metabolism  105 (2) :399 -406 , 2020
8. Nagayama D, Imamura H, Endo K, Saiki A, Sato Y, Yamaguchi T, Watanabe Y, Ohira M, Shirai K, Tatsuno I:  Marker Of Sepsis Severity Is Associated With The Variation In Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) During Sepsis Treatment.  Vascular health and risk management  15 :509 -516 , 2019
総説及び解説
1. 齋木厚人:  コンサルテーション 高度肥満を伴った2型糖尿病患者の症例報告.  Diabetes Update  8 (2) :30 -35 , 2019
2. 齋木厚人:  会話から引き出す患者の困リごと 疾患別栄養指導のNGワードとOKワード 栄養指導における患者タイプ.  Nutrition Care  12 (5) :10 -14 , 2019
3. 中村祥子, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  動脈硬化診療のすべて
Ⅳ 動脈硬化と心血管疾患の予防
B.薬物療法
4.プロブコール.  日本医師会雑誌  148 (2) :235 -236 , 2019
4. 龍野一郎:  動脈硬化診療のすべて
Ⅳ 動脈硬化と心血管疾患の予防
B.薬物療法
10.n-3系多価不飽和脂肪酸.  日本医師会雑誌  148 (2) :250 -255 , 2019
5. 齋木 厚人:  周術期血糖管理up-to-date 高度肥満患者の術前・術後の栄養管理ならびに血糖管理.  麻酔  69 (1) :14 -26 , 2020
6. 齋木厚人:  フォーミュラ食療法 ~超低カロリー療法を含めて~.  臨床と研究  96 (6) :664 -672 , 2019
7. Watanabe Y, Tatsuno I:  Prevention of Cardiovascular Events by Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids and the Mechanism Involved.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  27 (3) :183 -198 , 2020
8. Tatsuno I:  Omega-3 polyunsaturated fatty acids in prevention for cardiovascular disease: its molecular mechanism and recent large-scale clinical studies.  journal of lipid nutrition  28 (1) :28 -41 , 2019
その他
1. 齋木厚人:  高度肥満の治療.  ドクターサロン  63 (10) :729 -735 , 2019
■ 著書
1. 大平征宏:  第6章 内分泌代謝.  臨床漢方治療学  71-88.  共立出版,  東京, 2019
2. 大平征宏:  第5章 各種動脈硬化危険因子とCAVI:治療効果も含む
2. 糖尿病とCAVI
2)糖尿病治療とCAVI.  CAVIから眺める血管機能学  103-106.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
3. 山口崇:  第5章 各種動脈硬化危険因子とCAVI:治療効果も含む
3. 脂質異常とCAVI
2)脂質低下剤(スタチン、フィブラート、EPA)とCAVI.  CAVIから眺める血管機能学  111-114.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
4. 龍野一郎:  第5章 各種動脈硬化危険因子とCAVI:治療効果も含む
8. 尿酸とCAVI‐心血管リスクとしての尿酸‐.  CAVIから眺める血管機能学  130-132.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
5. 大平征宏:  第6章 心臓‐血管連関
3.心不全治療とCAVI.  CAVIから眺める血管機能学  143-144.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
6. 山口崇, 白井厚治:  第7章 炎症性疾患、その他疾患とCAVI
1.血管炎、血管障害を伴う自己免疫、炎症性疾患.  CAVIから眺める血管機能学  150-153.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
7. 今村榛樹, 龍野一郎:  第9章 CAVIの新たな有用性
2. 血管機能改善作用を持つサプリメントとCAVI‐アンチエイジングへの模索‐.  CAVIから眺める血管機能学  181-184.  特定非営利活動法人 血管健康増進協会,  東京, 2019
8. 齋木厚人:  CAVIの新たな有用性 Early Vascular Aging Syndrome(老化学への挑戦).  CAVIから眺める血管機能学  178-180.  特定非営利活動法人血管健康増進協会,  東京, 2019
9. 齋木厚人:  CAVIの基本特性 日内変動.  CAVIから眺める血管機能学  44-46.  特定非営利活動法人血管健康増進協会,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 川久保さおり, 瀬尾恵理, 山浦一恵, 木下幸歩, 神戸和泉, 鮫田真理子, 山口崇, 大城崇司, 龍野一郎: スリーブ状胃切除術前後の栄養管理にフォーミュラ食を用いたIgA腎症合併高度肥満症の一例.  第23回日本病態栄養学会年次学術集会,  京都府京都市,  2020/01
2. ◎龍野一郎: 日本国内における減量(代謝・糖尿病)手術の現状と課題‐代謝手術にかかわる多職種医療チーム育成の必要性‐.  第32回日本内視鏡外科学会総会,  神奈川県横浜市,  2019/12
3. ◎龍野一郎: 肥満症への集学的治療‐内科治療と減量(代謝)手術‐.  日本内分泌学会第6回生涯教育講習会,  高知県高知市,  2019/12
4. ◎中村祥子, 山口崇, 田中翔, 岡怜奈, 渡邉康弘, 河越尚幸, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 山崎惠介, 大橋靖, 龍野一郎: 神経性やせ症に併発した末期腎不全にて血液透析導入に至った一例.  第29回臨床内分泌代謝Update,  高知県高知市,  2019/11
5. 村野武義, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 家族性低HDL血症症例の異常リポ蛋白解析.  第33回日本小児脂質研究会,  熊本市,  2019/11
6. ◎清水直美: つなげる献立、つなげるキャリア.  第66回日本臨床検査医学会,  岡山県岡山市,  2019/11
7. ◎村野武義, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 角膜混濁や腎障害を有さずABCA1遺伝子異常を有する著しい低HDL血症症例の異常リポ蛋白解析.  第66回日本臨床検査医学会学術集会,  岡山市,  2019/11
8. ◎橘 香穂里、岡島 史宜、齋木 厚人, 小幡 新太郎、石川 源、木下 俊彦, 龍野 一郎, 江本 直也: 妊娠糖尿病の診療状況に関する産後アンケート調査と啓発活動の中間報告.  第35回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会,  東京都台東区,  2019/11
9. ◎田中翔, 中村祥子, 岡怜奈, 渡邉康弘, 河越尚幸, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: バソプレシン投与により安全にNa補正を行うことが出来た低張性脱水の一例.  第47回内分泌代謝研究会,  東京都文京区,  2019/11
10. ◎齋木厚人: こころと栄養のアンバランスに対するフォーミュラ食 ~職域の高度肥満症対策を考える~.  第67回日本職業・災害医学会,  東京都千代田区,  2019/11
11. ◎金居理恵子,齋木厚人,川久保さおり,田中美帆,山浦一恵,瀬尾恵理,神戸和泉,鮫田真理子,大城崇司,林果林,龍野一郎: 肥満外科術後の体重減少率別にみた精神疾患および栄養摂取状況の特徴について.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
12. ◎鮫田真理子,渡邉康弘,田中翔,礒西淳,高橋禎,川久保さおり,田中美帆,山浦一恵,瀬尾恵理,金居理恵子,神戸和泉,辻沙耶香,山口崇,齋木厚人,龍野一郎: 胆膵バイパス術後 5年で重篤なビタミンA欠乏症をきたした一例.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
13. ◎齋木厚人: 高度肥満症のチーム医療を牽引するBariatric Physicianの育成を.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
14. ◎齋木厚人,田中美帆,川久保さおり,瀬尾恵理,山浦一恵,金居理恵子,神戸和泉,鮫田真理子,大城崇司,龍野一郎: 高度肥満症患者における低亜鉛血症の実態およびスリーブ状胃切除術による影響について.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
15. ◎圓角麻子, 朴木久恵, 平野勝久, 橋本伊佐也, 篠島佑子, 吉田明浩, 瀧川章子, 藤坂志帆, 古市厚志, 中條大輔, 齋木厚人, 八木邦公, 大城崇司, 藤井努, 戸邉一之: 肥満外科手術後の食事内容の違いによるインスリン分泌能の変化.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
16. ◎齋木厚人: こころと栄養のアンバランスに対するフォーミュラ食 ~内科・外科チーム医療での活用法~.  第40回日本肥満学会・第37回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2019/11
17. ◎大塚成美,山崎利城,鎌倉正和,伊藤靖那,寺井謙介,山口みはる,平山美佐子,北村 真,吉田美穂,清水直美,蛭田啓之: 多核巨細胞が多数出現したPlasmablastic tumorの1例.  第58回日本臨床細胞学会秋期大会,  岡山,  2019/11
18. ◎山口崇, 齋木厚人, 瀬尾恵理, 田中美帆, 鮫田真理子, 龍野一郎: 当院における入院中患者に対する管理栄養士による介入状況の実態とその効果.  第41回日本臨床栄養学会総会・第40回日本臨床栄養協会総会・第17回大連合大会,  愛知県名古屋市,  2019/10
19. ◎齋木厚人,金居理恵子,川久保さおり,田中美帆,瀬尾恵理,山浦一恵,神戸和泉,鮫田真理子,中村祥子, 田中翔,岡怜奈,渡邉康弘,河越尚幸,山口崇,大平征宏,大城崇司,林果林,龍野一郎: 肥満外科手術後の体重減少率別にみた精神疾患および栄養摂取状況の特徴について.  第41回日本臨床栄養学会総会・第40回日本臨床栄養協会総会・第17回大連合大会,  愛知県名古屋市,  2019/10
20. ◎清水直美, 中村祥子, 田中翔, 渡邉康弘, 河越尚幸, 岡怜奈, 佐藤悠太, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 内分泌異常により高Ca血症を呈したB細胞性悪性リンパ腫4症例の検討.  第81回日本血液学会,  東京都千代田区,  2019/10
21. ◎清水直美, 岡怜奈, 中村祥子, 渡邉康弘, 田中翔, 佐藤悠太, 今村榛樹, 川名秀俊, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 武城英明, 白井厚治, 龍野一郎: R-CHOP療法はvon Willebrand factorの上昇とともに動脈硬化を促進する.  第2回日本腫瘍循環器学会,  北海道旭川市,  2019/09
22. ◎江頭大樹, 渡邉康弘, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 河越尚幸, 山口崇, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 1,25-(OH)2ビタミンDの産生により高Ca血症を呈したと考えられた悪性リンパ腫の一例.  第20回日本内分泌学会・関東甲信越支部学術集会,  東京都港区,  2019/09
23. ◎中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 河越尚幸, 山口崇, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 低Na血症を合併したデング熱の一例.  第20回日本内分泌学会・関東甲信越支部学術集会,  東京都港区,  2019/09
24. ◎齋木厚人: 肥満症患者の心理社会的な特徴とチーム医療における管理栄養士の役割.  第12回日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会,  山口県宇部市,  2019/08
25. ◎村野武義, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: BCA1遺伝子異常を有する著しい低HDL血症症例の異常リポ蛋白の解析.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都,  2019/07
26. ◎大平征宏, 田中翔, 中村祥子, 岡怜奈, 渡邉康弘, 河越尚幸, 山口崇, 清水直美, 齋木厚人, 石原典子, 龍野一郎: Xanthine oxidoreductase活性及びその血管弾性機能Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI)に及ぼす影響ー2型糖尿病患者での検討ー.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都府京都市,  2019/07
27. ◎齋木厚人, 金居理恵子, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 渡邉康弘, 河越尚幸, 佐藤悠太, 山口崇, 大平征宏, 大城崇司, 林果林, 龍野一郎: 肥満外科術後患者における体重減少率ごとの精神疾患および栄養摂取状況の特徴について.  第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  京都府京都市,  2019/07
28. ◎橘香穂里、岡島史宜、齋木厚人, 小幡新太郎、石川源、木下俊彦、龍野一郎, 江本直也: 妊娠糖尿病の診療状況に関する産後のアンケート調査と啓蒙カードによる活動の中間報告.  第62回日本糖尿病学会年次学術集会,  宮城県仙台市,  2019/05
29. ◎清水直美, 蓮沼秀和, 鈴木大夢, 石田智子, 岩下洋一: 輸血部から薬剤部へのアルブミン管理の移行.  第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会,  熊本県熊本市,  2019/05
30. ◎齋木厚人: 心理社会面を含めた総合的肥満症治療におけるフォーミュラ食の位置付け.  第92回日本産業衛生学会 第4回産業衛生肥満症研究会,  愛知県名古屋市,  2019/05
31. ◎大平征宏, 中村祥子, 田中翔, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 齋木厚人, 清水直美, 龍野一郎: 日本人中高年2型糖尿病女性におけるFracture Risk Assessment Tool (FRAX)の有用性についての検討〜千葉市骨粗鬆症検診データでの解析〜.  第92回日本内分泌学会学術総会,  宮城県仙台市,  2019/05
32. ◎齋木厚人, 田中翔, 山口崇, 卯木智,太田正之,笠間和典,佐々木章,辻野元祥, 横手幸太郎,龍野一郎: 優秀演題プレナリーセッション スリーブ状胃切除を施行した日本人高度肥満症の背景および術後体重減少不良例の特徴(多施設研究 J-SMART).  第116回日本内科学会講演会,  愛知県名古屋市,  2019/04
33. ◎齋木厚人, 田中翔, 山口崇, 卯木智,太田正之,笠間和典,佐々木章,辻野元祥, 横手幸太郎,龍野一郎: スリーブ状胃切除を施行した日本人高度肥満症の背景および術後体重減少不良例の特徴(多施設研究 J-SMART).  第116回日本内科学会講演会,  愛知県名古屋市,  2019/04
34. ◎清水直美, 山口崇, 大平征宏, 河越尚幸, 中村祥子, 田中翔, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 齋木厚人, 龍野一郎: プレセプシン測定値に影響を与える新たな病態.  第116回日本内科学会総会,  愛知県名古屋市,  2019/04
国際学会
1. ◎Ohira M, Yamaguchi Y, Saiki A, Nakamura S, Tanaka S, Watanabe Y, Kawagoe N, Oshiro T, Murano T, Oka R, Tatsuno I: Bariatric Surgery Significantly Increases Serum Lipoprotein Lipase Level in Patients with Obesity.  ObesityWeek 2019,  Las Vegas,USA,  2019/11
2. ◎Watanabe Y, Kuribayashi N, Uchida D, Suzuki D, Kato M, Nagayama D, Ohashi H, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Yamaguchi T, Ohira M, Shimizu N, Saiki A, Tatsuno I: The effects of formula diet with dapagliflozin on metabolic improvement and body composition in type 2 diabetes(Diet-Dapper Study).  55th ANNUAL MEETING OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF DIABETES,  Barcelona Spain,  2019/09
その他
1. ◎齋木厚人: 日本肥満症治療学会の取り組みとチームビルディング プロジェクト研究について.  第11回肥満症総合治療セミナー,  福岡県博多市,  2020/02
2. ◎齋木厚人: 術前治療と術前後管理について 術後リバウンドさせない管理とは?.  第11回肥満症総合治療セミナー,  福岡県博多市,  2020/02
3. ◎齋木厚人: 東邦中学を卒業して医師になった人の物語 ~自分のストーリーを描くということ~.  東邦大学付属東邦中学校 職業講話,  千葉県習志野市,  2020/02
4. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  印旛市郡医師会学術講演会 包括的な生活習慣病治療を考える会,  千葉県佐倉市,  2020/02
5. ◎齋木厚人: 当院で行われている高度肥満症に対する最新の内科・外科治療.  印旛市郡医師会学術講演会 包括的な生活習慣病治療を考える会,  千葉県佐倉市,  2020/02
6. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  なごみ会糖尿病診療フォーラム,  奈良県奈良市,  2019/12
7. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  Takeda Diabetes Web Seminar in Chiba-Saitama,  千葉県千葉市,  2019/12
8. ◎齋木厚人: 肥満症は“栄養凸凹症” ~じつは多い低亜鉛血症~.  第11回医療連携セミナー,  千葉県佐倉市,  2019/12
9. ◎齋木厚人: Metabolic Surgeryの適応とチーム医療について.  生活習慣病と骨粗鬆症を考える会,  千葉県柏市,  2019/11
10. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病に対するGLP-1受容体作動薬の使い方(高用量の使用経験を含め).  Diabetes Conference 新たな時代の2型糖尿病治療,  千葉県成田市,  2019/10
11. ◎齋木厚人: 腎不全予防のための肥満糖尿病治療 ~薬物療法とMetabolic Surgery~.  糖尿病WEB講演会,  千葉県千葉市,  2019/10
12. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  Takeda Primary Care Seminor,  埼玉県志木市,  2019/09
13. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  千葉糖尿病治療セミナー,  千葉県千葉市,  2019/09
14. ◎齋木厚人: 血管弾性検査CAVIからみた新しい糖尿病治療薬の位置づけ.  糖尿病WEBセミナー,  千葉県千葉市,  2019/09
15. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病に対する新しい治療 ~SGLT2阻害薬とMetabolic Surgery~.  SGLT2i Interactive Webinar,  千葉県千葉市,  2019/09
16. ◎齋木厚人: エンパワーメントを引き出す肥満糖尿病チーム医療 ~SGLT2阻害薬の位置づけ~.  Diabetes Seminar in Chiba ~糖尿病と肥満を考える~,  千葉県佐倉市,  2019/09
17. ◎大平征宏: 食欲不振、糖尿病領域、婦人科領域の漢方薬.  薬剤師のための漢方勉強会,  千葉県佐倉市,  2019/08
18. ◎齋木厚人: 腎障害進展予防を視野に入れた肥満糖尿病の内科・外科治療.  糖尿病治療の現在 肥満糖尿病治療を考える,  神奈川県川崎市,  2019/06
19. ◎齋木厚人: 東邦佐倉病院における高度肥満症治療の取り組み.  印旛市郡糖尿病学術講演会,  千葉県成田市,  2019/06
20. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病患者に行動変容をもたらすための外科治療と薬物療法.  北足立郡市医師会学術講演会,  埼玉県北本市,  2019/06
21. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  第6回和泉土曜会,  大阪府大阪市,  2019/06
22. ◎大平征宏: 糖尿病治療におけるCardio-Ankle Vascular Indexの有用性.  第2回臨床血管健康研究会,  東京都大田区,  2019/06
23. ◎齋木厚人: 導入時のピットフォール 精神疾患の評価および精神科との連携.  第4回肥満・糖尿病外科手術セミナー,  東京都中央区,  2019/05
24. ◎齋木厚人: 肥満2型糖尿病の内科的外科的治療を考える.  エビデンスを重視した肥満2型糖尿病治療を考える会,  千葉県千葉市,  2019/04
25. ◎大平征宏: 低用量メトホルミンについて.  第30回東関東臨床ホルモン研究会,  千葉県佐倉市,  2019/04
26. ◎中村祥子, 龍野一郎: SIADHを合併したデング熱の臨床検討.  第30回東関東臨床ホルモン研究会,  千葉県佐倉市,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者