<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

客員教授:
  龍野 一郎
准教授:
  齋木 厚人
  清水 直美
講師:
  山口 崇
助教:
  渡邉 康弘
  田中 翔  
  中村 祥子
レジデント:
  阿部 一輝
  恩田 洋紀
  山岡 周平
非常勤講師:
  小山 朝一
  永山 大二
非常勤医師:
  遠藤 渓
  今村 榛樹
■ 概要
糖尿病・代謝・内分泌
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌分野(佐倉)は、初代の入江實先生、2代目の白井厚治先生、3代目の龍野一郎先生の指導のもとで発展してまいりました。臨床面では、佐倉病院の内科学講座の一員として総合内科診療の役目を担いつつ、1型・2型糖尿病、肥満症、メタボリックシンドローム、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝疾患、間脳下垂体、甲状腺、副腎を中心とした内分泌疾患、さらには一部の血液疾患の診療を行っています。研究面ではこれまで、インスリン抵抗性の臨床指標の開発、肥満糖尿病に対するformula Dietや低糖質食の有用性の検証、糖尿病性腎症に対する抗酸化療法による進展防止(Sakura Study)、metabolic surgeryの研究(厚労科研など)、難治性肥満症の心理性格分析の研究、新しい血管機能の指標であるCAVIの代謝分野での各種解析、酸化コレステロールによる動脈硬化巣内膜破綻機構、脂肪細胞の増殖分化機構さらに血管新生機構、高中性脂肪血症の解析などを行ってきました。英文論文は筆頭著者のみで毎年10報前後publishしています。現在は、これらの研究をさらに進めつつ、加えて「血管の不老長寿」の機序を解明するという究極的な夢を掲げています。Vascular agingの進行を積極的に抑制する「良性肥満」遺伝子、抗酸化作用を有する特殊なコリンエステラーゼによる抗動脈硬化作用、肥満心筋症における新しい脂肪酸代謝異常などの解明や治療法の確立をメインテーマとしています。
研究テーマ
1) ChEのC5変異を長寿因子候補とした基礎研究・前向き試験
2) 肥満外科検体を用いた「良性肥満」原因遺伝子の解明
3) ABSIとCAVIを用いた新たなMetabolic Syndromeの診断基準
4) 肥満心筋症の脂肪酸代謝異常(遺伝子とリパーゼ機能異常)
5) 肥満心筋症の実態とMCT食の効果
6) 脂肪酸代謝の臓器連関の研究
7) 高度肥満症の腎障害の実態と減量治療による効果
8) 高度肥満症に対する行動心理診断学の確立
9) 肥満外科データベース解析(DM寛解、高齢者、術式など)
10) 肥満内科治療、外科治療時のフォーミュラ食の有用性
11) 尿酸低下薬によるCAVIの影響(インドキシル硫酸との関連)
12) 各種血液疾患における血管機能の研究
13) 新規の脂肪細胞由来血管新生調節因子Tenomodulinの研究
14) 高中性脂肪血症の原因検索(LPL欠損症、アポA-V遺伝子異常など)
15) 高脂血症治療薬ペマフィブラートがCAVIに及ぼす影響
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和3年度学術研究助成基金 基盤研究C
 研究課題:妊娠糖尿病における教育用啓発カードの開発と糖尿病発症高リスク群の抽出に関する検討  (研究分担者:齋木厚人)
 研究補助金:130000円  (分担)
その他
1.  令和3年度一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会研究助成
 研究課題:中性脂肪蓄積心筋血管症に対する中鎖脂肪酸投与の有効機序の臨床的、並びに基礎的検証  (研究代表者:齋木厚人)
 研究補助金:2000000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  龍野一郎 :日本内科学会認定内科医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医, 日本内科学会内科指導医, 日本肥満症治療学会 理事長, 日本臨床栄養学会 理事・COI委員会委員, 日本栄養療法推進協議会 理事, 日本内分泌学会 関東甲信越支部幹事・評議員, 日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医, 日本糖尿病学会 学術評議員, 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医, 日本糖尿病学会認定糖尿病研修指導医, 日本骨粗鬆症学会評議員・認定医, 日本肥満学会評議員, 日本性差医療・医学会評議員, 日本臨床栄養学会理事, 千葉医学会評議員
2.  齋木厚人 :日本内科学会認定医,日本内科学会認定総合内科専門医, 日本内科学会指導医,日本糖尿病学会学術評議員, 日本病院総合診療医学会認定医, 日本肥満学会肥満症専門医, 日本肥満学会肥満症指導医, 日本肥満学会評議員, 日本肥満学会専門医カリキュラム委員, 日本肥満学会生活習慣病改善指導士試験問題作成委員, 日本肥満学会保険委員, 日本肥満学会肥満症治療薬開発に関するWG委員, 日本肥満学会刊行編集委員, 日本肥満症治療学会評議員, 日本肥満症治療学会メンタルヘルス部会副委員長, 日本肥満症治療学会栄養部会副委員長, 日本肥満症治療学会教育委員会副委員長, 日本肥満症治療学会データベース委員会委員, 日本肥満症治療学会医療安全対策委員会委員, 日本肥満症治療学会肥満外科治療ガイドライン策定委員会委員, 肥満 2 型糖尿病手術に対する代謝手術の適応基準に関する 3 学会合同委員会協力員, 日本臨床栄養学会評議員, 日本臨床栄養学会病棟栄養士推進委員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本動脈硬化学会予防部会員, 日本動脈硬化学会査読委員, 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版薬物療法システマティックレビュー委員, 第22回動脈硬化教育フォーラム事務局, 第22回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会事務局, 印旛市郡地区糖尿病対策推進会議世話人, Educational Conference for Medical Research世話人, 千葉若手糖尿病研究者の会世話人, 肥満外科栄養研究会世話人, 特定非営利活動法人血管健康増進協会世話人, 印旛市郡妊娠糖尿病対策協議会世話人, 腎疾患と代謝疾患を考える会世話人, 房総糖尿病セミナー世話人, Diabetes and Endocrinology Academic Meeting(DEAM)世話人, 東関東糖尿病代謝内分泌研究会
3.  清水直美 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本血液学会認定専門医・指導医, 日本輸血・細胞治療学会認定医, 日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医, 日本輸血細胞治療学会認定医
4.  山口崇 :日本内科学会認定医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本内科学会指導医, 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医, 日本糖尿病学会認定糖尿病研修指導医, 日本肥満症治療学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















齋木 厚人   准教授
 1 2 2 3     1     3
(2)
 2
(2)
 
 
 6
(5)
 
清水 直美   准教授
    2          
 
 
 
 
 
山口 崇   講師
  1 1 5          1
(1)
 1
 
 
 
 
佐藤 悠太   助教
    1          
 
 
 
 
 
田中 翔   助教
    2          
 
 
 
 
 
早川 祥子   助教
    2          
 
 
 
 
 
渡邉 康弘   助教
    4          
 
 
 
 
 
 1 3  0 0  0  4
(3)
 0
(0)
 6
(5)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














齋木 厚人   准教授
 1 2       3
(2)
 
 6
(5)
清水 直美   准教授
         
 
 
山口 崇   講師
  1       1
(1)
 
 
佐藤 悠太   助教
         
 
 
田中 翔   助教
         
 
 
早川 祥子   助教
         
 
 
渡邉 康弘   助教
         
 
 
 1 3  0 0  0  4
(3)
 0
(0)
 6
(5)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yamaguchi T, Ohira M, Kawagoe N, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Watanabe Y, Sato Y, Nagayama D, Saiki A, Matsuzawa Y, Bujo H, Terai K, Hiruta N, Tatsuno I, Nakaseko C, Kikuchi H, Matsuoka K, Yokota H, Shimizu N.:  High presepsin concentrations in bile and its marked elevation in biliary tract diseases: A retrospective analysis.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  521 :278 -284 , 2021
2. Saiki A, Yamaguchi T, Sasaki A, Naitoh T, Matsubara H, Yokote K, Okazumi S, Ugi S, Yamamoto H, Ohta M, Ishigaki Y, Kasama K, Seki Y, Tsujino M, Shirai K, Miyazaki Y, Masaki T, Nagayama D, Tatsuno I:  Background characteristics and diabetes remission after laparoscopic
sleeve gastrectomy in Japanese patients with type 2 diabetes
stratified by BMI: subgroup analysis of J‑SMART.  Diabetology International  12 (3) :303 -312 , 2021
3. Ohira M, Watanabe Y, Yamaguchi T, Saiki A, Nakamura S, Tanaka S, Shimizu N, Nabekura T, Oshiro T, Tatsuno I:  Determinants of type 2 diabetes remission after bariatric surgery in obese Japanese patients: a retrospective cohort study.  Diabetology International  12 (4) :379 -388 , 2021
4. Nagayama D, Saiki A, Watanabe Y, Yamaguchi T, Ohira M, Sato N, Kanayama M, Moroi M, Miyashita Y, Shirai K, Tatsuno I:  Prevention of Cardiovascular Events with Pitavastatin is Associated with Increased Serum Lipoprotein Lipase Mass Level:Subgroup Analysis of the TOHO-LIP.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  :ahead of print -ahead of print , 2021
5. Saiki A, Watanabe Y, Yamaguchi T, Ohira M, Nagayama D, Sato N, Kanayama M, Takahashi M, Shimizu K, Moroi M, Miyashita Y, Shirai K, Tatsuno I.:  CAVI-Lowering Effect of Pitavastatin May Be Involved in the Prevention of Cardiovascular Disease: Subgroup Analysis of the TOHO-LIP.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  28 :1083 -1094 , 2021
総説及び解説
1. 林 果林,端こず恵,曾田友里佳,中嶋希和,齋木厚人,大城崇司,桂川修一:  肥満外科手術前の精神医学的及び心理社会的評価.  心身医学  61 :254 -260 , 2021
2. 齋木 厚人:  肥満外科A to Z 肥満症の病態と行動心理.  臨床外科  76 (4) :399 -405 , 2021
3. Kuroda M, Bujo H, Yokote K, Murano T, Yamaguchi T, Ogura M, Ikewaki K, Koseki M, Takeuchi Y, Nakatsuka A, Hori M, Matsuki K, Miida T, Yokoyama S, Wada J, Harada-Shiba M.:  Current Status of Familial LCAT Deficiency in Japan.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  28 (7) :679 -691 , 2021
その他
1. 佐々木 章(岩手医科大学 医学部外科学講座), 内藤 剛, 横手 幸太郎, 稲垣 暢也, 益崎 裕章, 綿田 裕孝, 小川 渉, 下村 伊一郎, 山内 敏正, 石垣 泰, 笠間 和典, 野崎 剛弘, 島袋 充生, 藤倉 純二, 宮塚 健, 庄嶋 伸浩, 西澤 均, 廣田 勇士, 卯木 智, 太田 正之, 岡住 慎一, 吉川 絵梨, 小山 英則, 齋木 厚人, 関 洋介, 辻野 元祥, 林 果林, 山口 崇, 龍野 一郎, 植木 浩二郎, 門脇 孝,
日本肥満症治療学会, 日本糖尿病学会, 日本肥満学会, 日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術の適応基準に関する3学会合同委員会:  日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント.  肥満研究  27 (2) :1 -74 , 2021
■ 著書
1. Kazuhiro Shimizu, Mao Takahashi, Shuji Sato, Atsuhito Saiki, Daiji Nagayama, Masashi Harada, Chikao Miyazaki, Akira Takahara, Kohji Shirai:  Smooth muscle cell contraction theory for cardiovascular events.  CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX OVERVIEW & CLINICAL APPLICATION  339-344.  COMPASS Co., Ltd,  Tokyo, Japan, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎清水一寛, 高橋真生, 佐藤修司, 永山大二, 原田雅史, 宮崎親男, 高原章, 白井厚治: CAVI as a predictor of cardiovascular events.  第3回 臨床血管健康WEB研究会,  本郷、東京,  2021/10
2. 〇林 果林1), 端 こず恵1), 曾田 友里佳1), 中嶋 希和1),
齋木厚人2),大城崇司3),桂川 修一1): 肥満外科手術前の 精神・心理社会的評価時の診断と治療.  第62回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  香川県 高松市,  2021/07
3. ◎齋木 厚人: 肥満2型糖尿病と減量・代謝改善手術~その適応、効果と注意すべき周術期を含めた患者管理~ 日本における減量・代謝改善手術の現状と課題 J-SMART 研究.  第64回日本糖尿病学会年次学術集会,  石川県金沢市(WEB),  2021/05
4. ◎齋木 厚人: 高度肥満を合併した2型糖尿病の治療 (減量・代謝改善手術を含めて).  第64回日本糖尿病学会年次学術集会,  石川県金沢市(WEB),  2021/05
5. ◎齋木厚人, 山口崇, 佐々木章, 内藤剛, 松原久裕, 横手幸太郎, 岡住慎一, 卯木智, 山本寛, 太田正之, 石垣泰, 笠間和典, 関洋介, 辻野元祥, 白井厚治, 宮崎安弘, 正木孝幸, 永山大二, 龍野一郎,: 日本人肥満2型糖尿病における BMI35kg/m2未満の代謝学的特徴と スリーブ状胃切除後の糖尿病改善効果 ~J-SMARTサブ解析~.  第64回日本糖尿病学会年次学術集会,  石川県金沢市(WEB),  2021/05
その他
1. ◎齋木 厚人: 肥満糖尿病患者に対する積極的な薬物治療、外科治療 ~透析予防の観点から~.  糖尿病患者さんのCKD予防を考える会,  千葉県佐倉市(WEB),  2021/06
2. ◎齋木 厚人: 2型糖尿病治療の新たな展開 肥満合併例に対する多角的治療体制と Vascular Aging抑制を目指した治療戦略.  インスリン発見100周年記念講演会,  千葉県千葉市(WEB),  2021/06
3. ◎齋木 厚人: 進化するメタボリックサージェリー J-SMART研究.  第12回肥満症総合治療セミナー,  宮城県仙台市(WEB),  2021/05
4. ◎齋木 厚人: メタボリックサージェリーの実際 術前栄養管理と減量プログラム.  第12回肥満症総合治療セミナー,  宮城県仙台市(WEB),  2021/05
5. ◎齋木 厚人: 内分泌系疾患 視床下部・下垂体疾患の診断と治療について(肥満症との関連も含めて).  東邦大学薬学部上期生涯学習,  千葉県習志野市(WEB),  2021/04
6. ◎齋木 厚人: 2型糖尿病治療の新たな展開 ~low BMIに対する外科治療および経口GLP-1受容体作動薬への期待~.  学術講演会in大田区,  東京都大田区(WEB),  2021/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者