<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
  3  7          
 5
(1)
 1
 
 
 
石田 恭子   准教授
 1 7  9          
 3
 
 1
 
 
八木 文彦   准教授
              
 3
(1)
 
 
 
 
榎本 暢子   講師
  1  3          
 
 
 
 
 
安樂 礼子   助教
  1  4          
 1
(1)
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 1
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














富田 剛司   教授
         
 1
 
石田 恭子   准教授
 1        
 
 
八木 文彦   准教授
         
 
 
榎本 暢子   講師
         
 
 
安樂 礼子   助教
         
 
 
 1 0  0 0  0  0
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 正井 智子,井上 賢治, 塩川 美菜子, 岩佐 真弓, 石田 恭子, 富田 剛司.:  ラタノプロスト+カルテオロールからラタノプロスト/カルテオロール配合点眼薬への変更による長期投与.  あたらしい眼科  36 (6) :804 -809 , 2019
2. 良田 浩氣, 安樂 礼子, 石田 恭子, 榎本 暢子, 富田 剛司:  カルテオロール塩酸塩/ラタノプロスト配合点眼液の眼圧下降効果の検討.  あたらしい眼科  36 (8) :1083 -1086 , 2019
3. 中道晶子, 高橋嘉子, 井上賢治, 石田恭子, 富田剛司:  緑内障患者を対象とした点眼容器のアンケート調査報告.  あたらしい眼科  37 (1) :100 -103 , 2020
4. 井上賢治, 鶴岡三惠子, 岩佐真弓, 石田恭子, 富田剛司:  緑内障患者のHumphrey視野検査による視野障害別Quality of Lifeの評価.  眼科臨床紀要  12 :880 -886 , 2019
5. 中牟田 爽史, 井上 賢治, 塩川 美菜子, 岩佐 真弓, 山本 智恵子, 石田 恭子, 富田 剛司.:  ラタノプロスト点眼薬からラタノプロスト/カルテオロール塩酸塩配合点眼薬への変更.  臨床眼科  73 (6) :729 -735 , 2019
6. 井上 賢治, 鶴岡 三惠子, 國松 志保, 石田 恭子, 富田 剛司:  緑内障患者のゴールドマン視野検査による視野障害別quality of lifeの評価.  臨床眼科  74 (3) :341 -348 , 2020
7. Fumihiro Kubota 1 , Tetsuyuki Suetsugu 2 , Aki Kato 1 , Fumi Gomi 3 , Seiji Takagi 4 , Takamasa Kinoshita 5 , Hiroto Ishikawa 6 , Yoshinori Mitamura 7 , Mineo Kondo 8 , Chiharu Iwahashi 9 , Soichiro Kuwayama 1 , Yasuo Kurimoto 10 , Yuichiro Ogura 1 , Tsutomu Yasukawa 11 , Japanese Clinical Retina Study (J-CREST) Group:  Tilted Disc Syndrome Associated With Serous Retinal Detachment: Long-term Prognosis. A Retrospective Multicenter Survey.  American Journal of Ophthalmology  207 :313 -38 , 2019
8. Inoue K, Inoue J, Kunimatsu-Sanuki S, Nozaki N, Shimizu K, Ishida K, Tomita G.:  Short-Term Efficacy and Safety of Omidenepag Isopropyl in Patients with Normal-Tension Glaucoma.  Clin Ophthalmol  40 (2) :411 -417 , 2020
9. Honda H, Anraku A, Ishida K, Enomoto N, Tomita G:  Relationship between Macular Vessel Density and Focal Electroretinograms in Early Normal Tension Glaucoma.  Current eye research  44 (7) :753 -759 , 2019
10. Matsumura R, Inoue K, Shiokawa M, Ono M, Tanihara H, Ishida K, Tomita G.:  Changes in corneal endothelial cell shape after treatment with one drop of ROCK inhibitor.  Int Ophthalmo  Epub ahead of print :Epub ahead of print , 2019
11. Masai S, Ishida K, Anraku A, Takumi T, Tomita G.:  Pulse Waveform Analysis of the Ocular Blood Flow Using Laser Speckle Flowgraphy before and after Glaucoma Treatment.  J Ophthalmol  2019:1980493 :- , 2019
12. Inoue K, Ishida K, Tomita G, Noma H:  Network Meta-Analysis for Efficacy and Safety of Glaucoma Medications in Japanese Patients.  Japanese Journal of Ophthalmology  64 :103 -113 , 2020
13. Takeuchi R, Enomoto N, Ishida K, Anraku A, Tomita G.:  Factors Related to Superior and Inferior Hemifield Defects in Primary Open-Angle Glaucoma.  Journal of Ophthalmology  :4705485 , 2019
14. Uchida N, Ishida K, Anraku A, Takeyama A, Tomita G:  Macular vessel density in untreated normal tension glaucoma with a hemifield defect.  Jpn J Ophthalmol  63 (6) :457 -466 , 2019
15. Murata K, Ishida K, Ozawa K, Sawada A, Mochizuki K, Yamamoto T:  The characteristics of Posner-Schlossman syndrome: A comparison in the surgical outcome between cytomegalovirus-positive and cytomegalovirus-negative patients.  Medicine  98 (48) :e18123 , 2019
16. Takumi T, Enomoto N, Ishida K, Tomita G:  Changes in Bruch’s membrane opening-minimum rim width after reduction of intraocular pressure in eyes with open-angle glaucoma.  Toho Journal of Medicine.  5 (4) :161 -172 , 2019
総説及び解説
1. 杉山 和久, 新田 耕治, 石田 恭子, 村田 博史:  緑内障の予後予測.  Frontiers in Glaucoma  59 :17 -23 , 2020
2. 石田恭子:  【水晶体に関連する緑内障】急性原発閉塞隅角症の診断と治療(解説/特集).  あたらしい眼科  36 (9) :1123 -1131 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 高橋由衣, 榎本暢子, 石田恭子, 飯田純也, 黒田敦美, 安楽礼子, 富田剛司: 原発開放隅角緑内障眼と正常眼圧緑内障眼の乳頭周囲及び黄斑部血管密度の比較.  第73回日本臨床眼科学会,  京都 日本,  2019/10
2. 吉岡佐栄, 榎本暢子, 石田恭子, 飯田純也, 黒田敦美, 安楽礼子, 富田剛司: 未治療正常眼圧緑内障眼の高眼圧群と低眼圧群における乳頭周囲及び黄斑部血管密度の比較.  第30回日本緑内障学会,  熊本 日本,  2019/09
3. ◎林盛人, 八木文彦, 藤田聡, 平元侑, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 伊藤圭介, 平井希, 鈴木遼, 富田剛司, 岩渕聡: 頸動脈ステント留置前後での眼動脈血流パターンと網脈絡膜血流の変化.  第36回日本眼循環学会,  札幌,  2019/07
4. ◎岩渕聡, 林盛人, 石井匡, 藤田聡, 平元侑, 鈴木遼, 平井希, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 青木和哉, 八木文彦: 頸動脈ステント留置術前後の眼循環の変化.  第6回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2019/06
5. 飯田純也, 榎本暢子, 石田恭子, 内匠哲郎, 安樂礼子, 富田剛司: 線維柱帯切除術前後の乳頭周囲及び黄斑部血管密度.  第123回日本眼科学会総会,  東京 日本,  2019/04
国際学会
1. Goji Tomita; Tetsuro Takumi; Nobuko Enomoto; Kyoko Ishida: Displacement of retinal blood vessels within or at the edge of the optic disc following intraocular pressure reduction.  The association for research in vision and ophthalmology 2019,  Vancouver, Canada,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者