<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大橋)
 Department of Ophthalmology (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















富田 剛司   教授
 4 9 1 4   1       
 13
 
 1
 
 
石田 恭子   准教授
 4 10 1 7  2        7
(6)
 15
 3
(2)
 4
 1
(1)
 
八木 文彦   准教授
              
 1
 
 1
 
 
安樂 礼子   助教
   1           2
(2)
 6
 
 
 
 
榎本 暢子   助教
 1     1        
 5
 
 
 
 
髙木 誠二   助教
   1   1        3
 
 1
 
 
 
竹山 明日香   助教
              1
 3
 
 
 1
 
 9 4  4 0  0  13
(8)
 4
(2)
 2
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














富田 剛司   教授
 4 1       
 
 
石田 恭子   准教授
 4 1  2     7
(6)
 3
(2)
 1
(1)
八木 文彦   准教授
         
 
 
安樂 礼子   助教
  1       2
(2)
 
 
榎本 暢子   助教
 1   1     
 
 
髙木 誠二   助教
  1  1     3
 1
 
竹山 明日香   助教
         1
 
 1
 9 4  4 0  0  13
(8)
 4
(2)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 井上 賢治, 山本 智恵子, 塩川 美菜子, 比嘉 利沙子, 藤本 隆志, 石田 恭子, 富田 剛司:  視野障害進行中の正常眼圧緑内障患者に対するカシスアントシアニンの視野障害進行抑制効果.  あたらしい眼科  33 (11) :1656 -1661 , 2016
2. 井上 賢治, 瀬戸川 章, 石田 恭子, 富田 剛司:  リパスジル点眼薬の処方パターンと患者背景および眼圧下降効果.  あたらしい眼科  33 (12) :1774 -1778 , 2016
3. 砂川 広海, 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司:  ブリモニジンの処方パターンと眼圧下降効果.  あたらしい眼科  33 (7) :1049 -1052 , 2016
4. 井上 賢治, 岩佐 真弓, 増本 美枝子, 石田 恭子, 富田 剛司:  正常眼圧緑内障に対する防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬の長期投与による効果と安全性.  眼科臨床紀要  9 (5) :423 -427 , 2016
5. 井上 賢治, 石田 恭子, 富田 剛司:  開放隅角緑内障患者でのプロスタグランジン関連点眼薬の変更症例あるいは他剤追加症例の検討.  臨床眼科  70 (4) :479 -486 , 2016
6. 井上 賢治, 塩川 美菜子, 比嘉 利沙子, 向坂 俊裕, 石田 恭子, 富田 剛司:  リパスジル点眼薬の1滴点眼による結膜充血.  臨床眼科  71 (1) :103 -108 , 2017
7. 岩佐 真弓, 井上 賢治, 岡山 良子, 増本 美枝子, 石田 恭子, 富田 剛司:  防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬での点眼瓶の改良前後の使用感.  臨床眼科  71 (1) :115 -119 , 2017
8. 井上 賢治, 塩川 美菜子, 石田 恭子, 富田 剛司:  落屑緑内障に対するリパスジル点眼薬の眼圧下降効果と安全性.  臨床眼科  71 (3) :371 -376 , 2017
9. Watanabe R, Muramatsu C, Ishida K, Sawada A, Hatanaka Y, Yamamoto T, Fujita H:  Automated detection of nerve fiber layer defects on retinal fundus images using fully convolutional network for early diagnosis of glaucoma.  Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference  (10134) :1013438-1 -1013438-7 , 2017
10. Inoue K, Okayama R, Shiokawa M, Ishida K, Tomita G.:  Efficacy and safety of adding ripasudil to existing treatment regimens for reducing intraocular pressure.  International ophthalmology  :[Epub ahead of print] , 2017
11. Kawakami H, Mochizuki K, Ishida K, Ohkusu K.:  Seven cases of localized invasive sino-orbital aspergillosis.  Japanese journal of ophthalmology  61 (2) :179 -188 , 2017
12. Anraku A, Ishida K, Enomoto N, Takagi S, Ito H, Takeyama A, Yagi F, Tomita G.:  Association between Optic Nerve Head Microcirculation and Macular Ganglion Cell Complex Thickness in Eyes with Untreated Normal Tension Glaucoma and a Hemifield Defect.  Journal of Ophthalmology  :Epub , 2017
13. Inoue K, Setogaea A, Tomita G:  Nonresponders to prostaglandin analogs among normal-tension glaucoma patients.  Journal of ocular pharmacology and therapeutics : the official journal of the Association for Ocular Pharmacology and Therapeutics  32 :90 -96 , 2016
14. Ishida K, Nishida T, Niimi Y, Suemori S, Mochizuki K, Kawakami H, Kimura A, Hirayama T.:  Elderly onset vitreous opacities as the initial manifestation in hereditary transthyretin (ATTR Val30Met) carries.  Ophthalmic genetics  (13) :1 -5 , 2017
総説及び解説
1. 石田 恭子:  Glaucoma Q&A (Q1)血管新生緑内障について (Q2)白内障と緑内障の同時手術について(Q&A).  Frontiers in Glaucoma  (52) :154 -160 , 2016
2. 石田 恭子:  眼科検査の最新情報】 網膜 光干渉断層計(OCT) NFL厚測定.  眼科  58 (11) :1229 -1237 , 2016
3. 石田恭子:  【緑内障手術】 チューブシャント手術の現状 ロングチューブシャント手術.  眼科  58 (4) :369 -377 , 2016
4. 富田剛司:  特集「緑内障点眼薬の基礎と臨床」序論.  眼科  58 :1425 -1425 , 2016
5. 榎本暢子、富田剛司:  交感神経α2刺激薬の臨床.  眼科  58 :1455 -1459 , 2016
6. 富田剛司:  特集「緑内障画像解析診断の現況」.  眼科  58 :379 -379 , 2016
7. 富田剛司:  陥凹の変化をとらえる:HRT.  眼科  58 :381 -387 , 2016
8. 富田剛司:  特集「Preperimetric glaucoma」序論.  眼科  58 :909 -909 , 2016
9. 石田恭子:  緑内障同時手術のアップデート.開放隅角緑内障に対する白内障同時手術(濾過手術.  眼科手術  29 (2) :175 -181 , 2016
10. 稲谷 大, 石田 恭子, 大鹿 哲郎, 福地 健郎, 山本 哲也, 白内障手術併用眼内ドレーン会議:  白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準.  日本眼科学会雑誌  120 (7) :494 -497 , 2016
11. 富田剛司:  特集 「緑内障手術」序論.  眼科  58 :341 -341 , 2016
症例報告
1. 末森 晋典, 白木 育美, 石田 恭子, 望月 清文:  可及的範囲内へ内境界膜翻転法を用いた特発性黄斑円孔白人女性の1例(原著論文/症例報告).  眼科臨床紀要  9 (5) :434 -436 , 2016
2. Takagi S, Tomita G:  Changes in the thickness of the macular ganglion cell complex and retinal nerve fiber over time after surgery in a case of juvenile glaucoma.  American Journal of Ophthalmology Case Reports  2 :41 -43 , 2016
3. Yamada W, Takekoshi A, Ishida K, Mochizuki K, Sone J, Sobue G, Hayashi Y, Inuzuka T, Miyake Y.:  Case of adult-onset neuronal intranuclear hyaline inclusion disease with negative electroretinogram.  Documenta ophthalmologica. Advances in ophthalmology  :[Epub ahead of print] , 2017
4. Oie S, Mochizuki K, Ishida K, Nakayama A, Ohkusu K.:  Case of late-onset bleb associated endophthalmitis caused by Rothia mucilaginosa.  Journal of Infection and Chemotherapy  22 (2) :645 -647 , 2016
5. Murata K, Yamada W, Nishida T, Murase H, Ishida K, Mochizuki K, Sugita S.:  Sequential Optical Coherence Tomography Images of Early Macular Necrosis Caused by Acute Retinal Necrosis in Non-Human Immunodeficiency Virus Patients.  Retina (Philadelphia, Pa.)  36 (7) :55 -57 , 2016
■ 著書
1. 石田恭子:  視神経網膜、正常、生理的乳頭陥凹拡大.  一目でわかる眼疾患の見分け方 角結膜疾患、緑内障  134-143.  MEDICAL VIEW,  東京, 2016
2. 石田恭子:  毛様体破壊術.  眼科診療マイスター 処置と手術手技  154-157.  MEDICAL VIEW,  東京, 2017
3. 高木誠二 平見恭彦 栗本康夫:  網膜の再生医療のこれまでと現在.  PHARMSTAGE  4-10.  株式会社技術情報協会,  日本, 2016
4. 富田剛司:    眼科
特集 緑内障点眼薬の基礎と臨床  1455-1459.  金原出版株式会社,  東京都 日本, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. 石田恭子: 新しい手術術式Ⅳ エクスプレス.  第50回東京緑内障懇話会記念講演会,  東京,  2017/03
2. 井上賢治、塩川美穂子、藤本隆志、石田恭子、富田剛司: 初回の線維柱帯切除術施行例の薬物治療.  第40回日本眼科手術学会総会,  東京都,  2017/01
3. 高木誠二 万代道子 宮本紀子 西田明弘 平見恭彦 宇山紘史12 山本翠 池見洋 高橋政代 富田剛司 栗本康夫: 抗VEGF治療中の加齢黄斑変性において矯正視力が不良となる症例の特徴と背景.  網膜硝子体学会,  日本 東京,  2016/12
4. 塚原瞬, 榎本暢子, 石田恭子, 安樂礼子, 伊藤浩幸, 富田剛司: リパスジル点眼液による眼圧下降効果の検討.  第70回日本臨床眼科学会,  京都府 日本,  2016/11
5. 井上賢治、塩川美菜子、石田恭子、富田剛司: 落屑緑内障に対するリパスジル点眼液の眼圧下降効果と安全性.  日本臨床眼科学会総会,  京都,  2016/11
6. 高木誠二 平見恭彦 高橋政代 山本庄吾 藤原雅史 富田剛司 栗本康夫: 色素性傍静脈網脈絡膜萎縮のFAFとOCT所見の特徴.  第55回日本臨床眼科学会,  日本 京都,  2016/11
7. 新井ゆりあ、井上賢治、塩川美菜子、石田恭子、富田剛司: 他施設による緑内障患者の治療実態調査-2016年版-NTGとPOAG-.  日本臨床眼科学会総会,  京都,  2016/11
8. ◎諸井遥 安樂礼子 石田恭子 富田剛司: 未治療の正常眼圧緑内障における視野障害の左右差と関与する因子の検討.  第70回日本臨床眼科学会,  京都府 日本,  2016/11
9. 千原悦夫、石田恭子、谷戸正樹、稲谷大、浜中輝彦: ロングチューブ型緑内障チューブシャント手術の適応、手技、合併症対策.  日本臨床眼科学会総会,  京都,  2016/11
10. 片倉聖基、塩川美菜子、井上賢治、石田恭子、富田剛司: icareHOMEを用いた緑内障患者の24時間眼圧自己測定.  日本臨床眼科学会総会,  京都,  2016/11
11. 永井瑞希、井上賢治、塩川美菜子、比嘉利莎子、石田恭子、富田剛司: 多施設における緑内障患者の治療実態調査2016年版―薬物治療―.  緑内障学会,  横浜,  2016/09
12. 比嘉利莎子、井上賢治、永井瑞希、塩川美菜子、鶴岡三恵子、岡山良子、井上順治、堀貞夫、石田恭子、富田剛司: 緑内障患者の視覚障害による身体障碍者手帳実態調査2016年版.  緑内障学会,  横浜,  2016/09
13. ◎安樂礼子: 緑内障点眼薬と眼血流.  第27回緑内障学会,  横浜市,  2016/09
14. 石田恭子: アーメド緑内障バルブの手術成績.  緑内障学会,  横浜,  2016/09
15. 石田恭子: 広義原発緑内障に対する手術のタイミングと目標眼圧.  緑内障学会,  横浜,  2016/09
16. 石田恭子: 診断治療の最前線.  緑内障学会,  横浜,  2016/09
17. 黒田敦美, 榎本暢子, 石田恭子, 嶋澤政光, 野口哲郎,寳来直人, 原英彰, 富田剛司: サル眼実験緑内障モデルにおける眼圧上昇後の視神経乳頭周囲の血管移動.  第27回日本緑内障学会,  神奈川県横浜市 日本,  2016/09
18. 竹山明日香, 石田恭子, 安樂礼子, 榎本暢子, 富田剛司: OCT angiographyとレーザースペックルフローグラフィーによる視神経乳頭部血流解析の比較.  第27回日本緑内障学会,  神奈川県横浜市 日本,  2016/09
19. 塩川美菜子、片倉聖基、井上賢治、石田恭子、富田剛司: Icare HOME眼圧計を用いた緑内障患者による眼圧自己測定.  日本緑内障学会,  横浜,  2016/09
20. 竹山明日香,石田恭子,安樂礼子,榎本暢子,富田剛司: OCT angiographyとレーザースペックルフローグラフィーによる視神経乳頭血流解析の比較.  第27回 日本緑内障学会,  横浜,  2016/09
21. ◎林盛人, 石井匡, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 八木文彦, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術前後の網膜血流の変化.  第22回日本血管内治療学会学術総会,  東京,  2016/07
22. ◎安樂礼子: 視神経乳頭血流と網膜層構造との関連および緑内障点眼前後での変化.  第33回 日本眼循環学会,  福岡市,  2016/07
23. 高木誠二 高橋政代 平見恭彦 藤原雅史 富田剛司 栗本康夫: 視力良好の定型網膜色素変性での網膜血管面積と中心窩無血管領域の評価.  日本眼科学会,  日本 仙台,  2016/04
24. 石田恭子: 白内障+緑内障同時手術の適応とコツ.  日本眼科学会,  仙台,  2016/04
25. 井上 賢治, 岡山 良子, 塩川 美菜子, 石田 恭子, 富田 剛司: リパスジル点眼薬の追加投与による眼圧下降効果と安全性.  日本眼科学会,  仙台,  2016/04
26. ◎内匠哲郎,伊藤浩幸,安樂礼子,竹山明日香,富田剛司: 点眼治療介入後の乳頭周囲脈絡網膜萎縮と視神経乳頭血流との関連の解析.  第120回 日本眼科学会総会,  仙台,  2016/04
27. ◎内田望, 竹山明日香, 石田恭子, 安樂礼子、榎本暢子、富田剛司: 広義原発開放隅角緑内障における視野障害進行に関与する因子.  第120回 日本眼科学会総会,  仙台,  2016/04
28. ◎Uchida N, Takeyama A, Ishida K, Tomita G: Risk factos for visual field progression in primary open angle glaucoma.  3rd Asia Pacific Glaucoma Congress,  Chiang Mai,Thailand,  2016/07
国際学会
1. Watanabe R, Muramatsu C, Ishida K, Sawada A, Yamamoto T, Fujita H.: Automated detection of nerve fiber layer defects on retinal fundus images using fully convolutional network for early diagnosis of glaucoma.  SPIE Medical Imaging 2017,  Orlando , USA,  2017/02
2. Seiji Takagi Yasuhiko Hirami Masyo Takahashi Masashi Fujihara Shogo Ymamaotoi Midori Yamamoto, Goji Tomita Yasuo Kurimoto: Fundus autofluorescence and optical coherence tomography in pigmented paravenous retinochoroidal atrophy.  Retinal degeneration 2016,  日本 京都,  2016/09
3. ◎Iwabuchi S, Hayashi M, Sato K, Saito N, Nakayama H, Ito K, Aoki K, Fujita S, Iwama J, Ishii M, Hiramkoto Y, Ikota M, Hirai N, Yagi F: Retinal blood flow analysis using laser speckle flowgraphy before and after carotid artery stenting.  2016 China-Japan Cerebral Vascular Diseases Forum,  上海, 中国,  2016/07
4. Ishida K: Step by step basics of performing good trabeculectomy.  3rd Asia Pacific Glaucoma Congress,  チェンマイ, Thai,  2016/07
5. Ishida K: Medical therapy in Pediatric Glaucoma.  3rd Asia Pacific Glaucoma Congress,  チェンマイ, Thai,  2016/07
6. Ishida K, Nakano Y, Ojino K, Shimazawa M, Otsuka T, Kawase K, Hara H, Yamamoto T: Evaluation of bleb characteristics after trabeculectomy, Ex-Press implantation, and tube shunt surgery.  The 12th EGS Congress,  Praha, cheska republika,  2016/06
7. Takahashi N, Yamada W, Tanaka H, Ishida K, Niimi Y, Mochizuki K, Yamamoto T: Intermediate-term outcomes of Baerveldt glaucoma implant surgery in Japanese patients.  The 12th EGS Congress,  Praha, cheska republika,  2016/06
8. Tanaka H, Yamada W, NishidaT, Mochizuki K, Ishida K, Sawada A, Yamamoto T: The relationship between retinal layer thickness and visual function in different stages of primary open angle glaucoma.  The 12th EGS Congress,  Praha, cheska republika,  2016/06
9. Yamada W, Tanaka H, Nishida T, Akira S, Mochizuki T, Yamamoto T, Ishida K.: Correlation among multifocal ERG, perimetry and OCT in open-angle glaucoma.  The 12th EGS Congress,  Praha, cheska republika,  2016/06
その他
1. 石田恭子: 緑内障治療.  平成28年卒後研修会,  東京,  2016/10
2. 竹山明日香,石田恭子,安樂礼子,榎本暢子,富田剛司: OCT angiographyとレーザースペックルフローグラフィーによる視神経乳頭血流解析の比較.  第7回 眼科レーザースペックル研究会,  日本 東京,  2016/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者