東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 脳神経外科学講座(大橋)
 Department of Neurosurgery (Ohashi)

教授:
  岩渕 聡
准教授:
  青木 和哉
講師:
  櫻井 貴敏
  伊藤 圭介
  林 盛人
  齋藤 紀彦
  中山 晴雄


     (2016年4月現在)
■ 概要
現在行われている基礎的,臨床的研究を列挙する。
1.基礎的研究
1)動脈硬化と血管浸襲に関する実験的研究
2)脳画像診断3次元コンピューターを用いた白質内伝導路の研究
3)脳血管攣縮における細胞内情報伝達機構に関する研究
4)転移性脳腫瘍の成立機序に関する研究
5)脳梗塞の神経再生治療に関する基礎的研究
6)Autopsy imaging の応用
7)P38MAPキナーゼ蛋白質による神経幹細胞機能維持機構の解析
8)中枢神経真菌症の病態解析
9)脳血管障害におけるフリーラジカルの変動
10)誘導型癌幹細胞による脳腫瘍モデルマウスを用いた腫瘍幹細胞のテモゾロミド抵抗性に関する基礎研究
11)Glioma stem cell における分子標的薬に対する薬剤耐性機構の解析
12)骨髄幹細胞を用いた脳内免疫調節を介した神経救済機構の解析
13)細胞の放射線治療時における代謝変化
2.臨床的研究
1)脳血管内治療におけるデバイスの開発
2)モヤモヤ病の臨床研究
3)脳血管疾患後遺症、てんかんと精神心理学的研究
4)中枢神経系における3次元画像に関する研究
5)MRIによる脳機能診断
6)脳室鏡インストルメントの改良・開発
7)くも膜下出血後脳血管攣縮に対する治療
8)認知症における画像解析
9)血小板凝集抑制剤による認知機能および脳血流改善作用
10)頸動脈ステント留置前後の網膜循環評価
11)転移性脳腫瘍に対する神経放射線学的診断
12)海馬傍回の萎縮に関わる因子の検討
13) スポーツ頭部外傷と脳震盪の研究
14) 頸動脈狭窄症におけるプラークの診断
15)下肢感覚障害に対する漢方薬の効果
16)救急外来における疼痛に対する漢方薬の効果
17)DPP-4阻害薬による動脈硬化作用の検討
18)仙町関節由来の疼痛に関する臨床研究
19)腰部脊柱管狭窄症に関する臨床研究
20)頚椎症性脊髄症に対する環納式棘突起縦割椎弓形形成術
21)急性期脳卒中診療体制の構築
22)脳卒中における深部静脈血栓症、肺塞栓の予防
23)頚動脈プラークの組織画像診断
24)脳卒中患者における睡眠障害の臨床的研究
25)バイパス術後の過環流症候群の研究
26)脳血管障害患者における睡眠呼吸障害の検討
27)てんかん重積患者におけるレベチラセタムの有効性に関する検討
28)小児頭部外傷における画像診断の適応についての検討
29)高齢者glioblastoma の化学療法
30)脳卒中後疼痛のボツリヌス療法に関する臨床的研究
31)脳卒中リハビリにおける運動・認知機能と栄養管理の検討
32)重傷下枝虚血に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
33)遷延性意識障害に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
34)パーキンソン病を中心とした周辺疾患による体幹姿勢異常に対する脊髄刺激療法の有功性に関する検討
35)グリオーマ患者痙攣重積に対するLevetiracetamの有効性の検討
36)痙攣重積に対するLevetiracetamの有効性の検討
37)敗血症性DICに対する遺伝子組換え型ヒトトロンボモジュリン製剤の有効性に関する検討
38)脳神経外科周術期における深在性真菌症治療の現状 -DPCデータを用いて-
39)Levetiracetamが骨密度へ与える影響の検討
40)脳神経外科領域におけるカテーテル関連血流感染症の傾向
41)脳振盪評価バイオマーカーの検討
42)脳振盪評価を目的としたSCAT2ベースラインデータベースの構築
43)歯科衛生士を含む嚥下チーム介入による脳卒中 急性期患者に対する院内肺炎予防効果の検討
■ Keywords
くも膜下出血, 脳血管攣縮, 脳動脈瘤, 脳震盪, レーザー治療, 機能的画像診断, 脳腫瘍, 中枢神経感染症, 神経内視鏡, 認知症, スポーツ頭部外傷
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成27年度文部科学省科学研究費補助金
 研究課題:グリオーマ幹細胞を標的としたNotchシグナル阻害による新規治療法の開発  (研究代表者:齋藤紀彦)
 研究補助金:1100000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  岩渕 聡 :東京労働局労災委員
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  東海クモ膜下出血研究会  ( 岩渕聡 )  ,名古屋  2016/10
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  岩渕 聡 :日本脳神経外科学会学術評議員・代議員, 日本脳神経外科学会関東支部理事, 日本脳卒中学会代議員, 日本脳卒中の外科学会代議員, 日本意識障害学会理事, 日本脳神経外傷学会理事, 日本脳神経外科漢方医学会理事, 日本術中画像情報学会理事, 日本神経放射線学会評議員, 日本血管内治療学会評議員, 日本心血管脳卒中学会評議員, 日本脳神経血管内治療学会関東地方会運営委員, スパズム・シンポジウム世話人, 関東脳神経外科懇話会幹事, 関東脳核医学研究会世話人, 脳機能核医学画像解析研究会幹事, 城南脳卒中研究会世話人, 東京脳血管内治療研究会世話人, 東海クモ膜下出血研究会幹事, Hybrid Neurosurgery 研究会世話人, Metro SCU Conference世話人, 城南脳神経外科懇話会幹事, 神経症状から学ぶ大橋の会代表世話人, Brain & Heart Attack Conference in Jonan世話人, Jonan Stroke Forum世話人, ブレインアタックフォーラム関東幹事, 財団法人額田医学生物学研究所評議員, 世田谷認知症ネットワーク研究会世話人, 二子玉川脳卒中・リハ連携研究会世話人, 日本セーリング連盟医事科学委員, 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)モータースポーツ専門部会メディカル部会委員, The World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (WFITN) Senior Member, Brain Edema Scientific Committee, Vasospasm 2015 Local Scientific Committee, Asian Oceanian Congress of Neuroradiology 2015 Local Organizing Committee, Pan-pacific Neurosurgical Convention 2016 Vice President
2.  青木和哉 :日本脳神経外科学会学術評議員
3.  櫻井貴敏 :日本脳神経外科学会学術評議員, 日本救急医学会広報医員
4.  伊藤圭介 :日本脳神経外科学会学術評議員
5.  林 盛人 :日本脳神経外科学会学術評議員
6.  齋藤紀彦 :日本脳神経外科学会学術評議員, 東京脳腫瘍研究会世話人, ニューロオンコロジーの会世話人, 東京脳腫瘍治療懇話会世話人
7.  中山晴雄 :日本脳神経外科学会学術評議員, 日本外科感染症学会評議員, 日本臨床スポーツ医学会評議員, 日本脳神経外傷学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩渕 聡   教授
  2  2          4
 51
(1)
 3
 10
 6
 9
青木 和哉   准教授
  1  1          2
 37
 
 9
 1
 7
伊藤 圭介   講師
    2          10
(6)
 31
(10)
 1
 11
(3)
 1
 6
(1)
齋藤 紀彦   講師
  2 1 1          3
 37
 2
 7
 6
 5
櫻井 貴敏   講師
 1 1  1          
 6
 
 3
 6
 4
中山 晴雄   講師
 2 4  2          16
(1)
 43
(1)
 4
 5
 9
 7
林 盛人   講師
  1  2          11
 34
 2
 8
 4
 6
伊古田 雅史   助教
              2
 9
 1
 4
 1
 4
岩間 淳哉   助教
              4
 35
 
 10
 1
 7
木村 仁   助教
  1            2
 10
 
 2
 
 1
佐藤 健一郎   助教
    1          
 8
 
 2
 
 1
原科 純一   助教
              
 2
 
 
 
 
平田 容子   助教
              
 
 
 3
(3)
 
 
 3 1  0 0  0  54
(7)
 13
(0)
 35
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shun yanai,Megumi Wakayama(),Haruo Nakayama(), Minoru Shinozaki, Hisayuki Tsukuma(), Naobumi Tochigi(), Tsutomu Saji(), and Kazutoshi Shibuya():  Implication of overexpression of dishevelled-associated activator of morphogenesis 1 (Daam-1) for the pathogenesis of human Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension (IPAH).  Diagnostic Pathology  12 (25) :1 -11 , 2017
2. Ishii M, Hayashi M, Yagi F, Sato K, Tomita G, Iwabuchi S:  Relationship between the direction of ophthalmic artery blood flow and ocular microcirculation before and after carotid artery stenting.  Journal of Ophthalmology  Article ID 2530914 :1 -6 , 2016
3. Saito N, Aoki K, Hirai N, Fujita S, Iwama J, Nakayama H, Hayashi M, Ito K, Sakurai T, Iwabuchi S:  Bevacizumab-induced normalization of tumor vasculature in glioblastoma.  Neuro-Oncology  18 (suppl6) :vi15 -vi15 , 2016
4. Koul D, Wang S, Wu S, Saito N, Zheng S, Gao F, Kaul I, Setoguchi M, Nakayama K, Koyama K, Shiose Y, Sulman EP, Hirota Y, Yung WKA.:  Preclinical therapeutic efficacy of a novel blood-brain barrier-penetrant dual PI3K/mTOR inhibitor with preferential response in PI3K/PTEN mutant glioma.  Oncotarget  8 (13) :21741 -21753 , 2017
5. Kurosawa D, Murakami E, Ozawa H, Koga H, Isu T, Chiba Y, Abe E, Unoki E, Musha
Y, Ito K, Katoh S, Yamaguchi T:  A Diagnostic Scoring System for Sacroiliac Joint Pain Originating from the Posterior Ligament.  Pain medicine  :e1 -e11 , 2016
6. Fujita S, Osuka S, Shibao S, Igarashi K, Soga T, Sampetrean O:  Effects of Fractionated Rediation on Murine Glioma Stem Cell Metabolism.  Toho Journal of Medicine  2 (2) :45 -52 , 2016
総説及び解説
1. 荻野雅宏, 福田修, 谷諭, 森達郎, 川又達朗, 杉本信吾, 中山晴雄, 佐藤晴彦, 重森裕, 田戸雅宏, 野地雅人, 成相直:  頭部外傷10か条の提言 改訂版の要旨.  日本臨床スポーツ医学会誌  24 (3) :364 -366 , 2016
2. 中山晴雄:  なぜ,脳振盪後すぐにプレーに戻ってはいけないのか?.  臨床スポーツ医学  33 (7) :642 -646 , 2016
症例報告
1. 松瀬厚人、押尾剛志、岸本久美子、中山晴雄:  胸腺腫を合併した重症筋無力症に対する免疫抑制療法中に発症した肺Mycobacterium abscessus感染症の1例.  結核  91 :53 -58 , 2016
2. 伊豆蔵英明, 海老原覚, 大国生幸, 大島力, 櫻井貴敏, 岩渕聡:  Bell麻痺難治例に対して桂枝茯苓丸が有効であった1例.  脳神経外科と漢方  2 :59 -62 , 2016
3. 平井希, 林盛人, 齋藤紀彦, 平元侑, 藤田聡, 中山晴雄, 木村仁, 青木和哉, 岩渕聡:  Dabigatran内服中の急性期脳主幹動脈閉塞に対し血栓回収術を施行した1例.  脳神経外科ジャーナル  25 (7) :592 -597 , 2016
その他
1. 八木橋彰憲, 石井敦子, 石井正三, 平井希, 藤田聡, 石井匡, 齋藤紀彦:  医師不足地域の小規模施設における臨床的・経営的に有用なPACSとは.  月刊新医療  43 (8) :38 -41 , 2016
2. 垣内英樹, 中山晴雄:  患者の心構え 選手の動きに細心の注意を.  神戸新聞  (2017年3月18日) :9 -9 , 2017
3. 中山晴雄:  続・健康のひけつ スポーツと脳振盪.  朝日新聞2016年6月4日  :9 , 2016
4. 櫻井貴敏, 河井健太郎, 太田祥一, 今井寛, 大槻穣治, 今明秀, 佐々木亮, 志賀隆, 竹内昭憲, 中川儀英, 藤見聡, 船曳知弘, 堀智志, 本間正人, 増野智彦, 久志本成樹:  熊本大震災に関わる日本救急医学会専門医指定施設の活動状況アンケート調査報告.  日本救急医学会雑誌  28 :118 -121 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中山晴雄: 結核病床を持たない急性期病院における結核院内感染対策.  第92回日本結核病学会総会,  東京,  2017/03
2. ◎中山晴雄: カテーテル関連血流感染症減少に与えるPICCカテーテルの可能性-医療安全の観点から-.  日本医療安全学会第3回学術総会,  東京,  2017/03
3. ◎長張浩昌, 武者芳朗, 伊藤圭介, 伊志嶺洋平, 松浦勇樹, 金城純人, 金子卓男, 池上博泰: 経皮的椎体形成術(BKP)における術中バルーン拡張圧(PSI)が術後セメント形態に及ぼす影響.  第57回関東整形災害外科学会,  東京,  2017/03
4. ◎岩渕聡, 林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 伊古田雅史, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 平元侑, 横内哲也: 塩酸ファスジル動注による血流動態変化(シンポジウム).  第33回スパズム・シンポジウム,  大阪,  2017/03
5. ◎岩間淳哉, 林盛人, 平井希, 藤田聡, 伊古田雅史, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩渕聡: CASの外頸動脈における影響についての検討.  第42回日本脳卒中学会学術集会,  大阪,  2017/03
6. ◎徳井有里, 山下和美, 林盛人, 岩渕聡: 脳卒中救急対応における救急外来看護師への不安軽減へのアプローチ(ポスター).  第42回日本脳卒中学会学術集会,  大阪,  2017/03
7. ◎林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 伊古田雅史, 青木和哉, 齋藤紀彦, 平井希, 服部尚史, 八木高伸, 岩渕聡: 頚動脈プラーク内出血発生に関わる血行力学的因子.  第42回日本脳卒中学会学術集会,  大阪,  2017/03
8. ◎伊古田雅史, 林盛人, 平井希, 藤田聡, 岩間淳哉, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 大石英則, 岩渕聡: Stent-assisted coil embolizationで治療しえた破裂内頚動脈blister-like aneurysmの一例(ポスター).  第46回日本脳卒中の外科学会学術集会,  大阪,  2017/03
9. ◎横内哲也, 林盛人, 佐藤健一郎, 平元侑, 岩間淳哉, 石井匡, 岩渕聡, 平元周: 内頚動脈-前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤塞栓術における経頭蓋MEPモニタリング(ポスター).  第46回日本脳卒中の外科学会学術集会,  大阪,  2017/03
10. ◎藤田聡, 林盛人, 石井匡, 佐藤健一郎, 平井希, 岩間淳哉, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩渕聡: 80歳以上の高齢者に対する急性期血栓回収療法の治療予後.  第46回日本脳卒中の外科学会学術集会,  大阪,  2017/03
11. ◎沼田悠梨子, 中山晴雄, 中島恵子, 平元侑, 岩渕聡: 脳震盪後検査における神経心理学的検査の必要性.  第40回日本脳神経外傷学会,  東京,  2017/03
12. ◎中山晴雄, 平元侑, 沼田悠里子, 川又達朗, 荻野雅宏, 野地雅人, 成相直, 福田修, 前田剛, 谷諭, 岩渕聡, 永廣信治: 外傷性脳症症候群の臨床診断基準を用いた繰り返すスポーツ脳振盪の評価と再発脳振盪に関する検討(シンポジウム).  第40回日本脳神経外傷学会,  東京,  2017/03
13. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 岩間淳哉, 藤田聡, 伊古田雅史, 齋藤紀彦, 林盛人, 青木和哉, 岩渕聡: スポーツ活動中よりくも膜嚢胞に関連した硬膜下血腫をきたしたと考えられる1例.  第40回日本脳神経外傷学会,  東京,  2017/03
14. ◎岩渕聡, 林盛人, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 伊藤圭介, 青木和哉, 渡部博之, 石田仁平, 桑原弘桂: 空中結像操作パネルによる画像ビューア.  第17回日本術中画像情報学会,  鹿児島,  2017/03
15. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 吉澤秀, 森武男, 阪元美里, 武者芳朗, 砂川隆英, 伊藤圭介, 中山隆之, 金子卓男: リバース型人工肩関節全置換術の短期治療成績(シンポ).  第47回日本人工関節学会,  沖縄,  2017/02
16. ◎池上博泰, 眞宅崇徳, 吉澤秀, 森武男, 阪元美里, 武者芳朗, 砂川隆英, 伊藤圭介, 中山隆之, 金子卓男: K-NOW人工肘関節全置換術のUnlinked typeについて(シンポ).  第47回日本人工関節学会,  沖縄,  2017/02
17. ◎中山晴雄, 平元侑, 平井希, 藤田聡, 岩間淳哉, 齋藤紀彦, 林盛人, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: スポーツ頭部外傷によるくも膜のう胞に併発した硬膜下血腫の1例(ポスター).  第46回日本神経放射線学会,  東京,  2017/02
18. ◎林盛人, 岩間淳哉, 伊古田雅史, 藤田聡, 平井希, 青木和哉, 齋藤紀彦, 服部尚史, 中山晴雄, 八木高伸, 岩渕聡: 頚動脈プラーク内出血に関わる血行力学的因子.  第46回日本神経放射線学会,  東京,  2017/02
19. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 岩間淳哉, 齋藤紀彦, 林盛人, 青木和哉, 岩渕聡: 学校柔道における脳振盪への対応の現状と課題(中学校指導者アンケートの検討).  第22回日本脳神経外科救急学会,  香川,  2017/02
20. ◎中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 石井匡, 平元侑, 平井希, 齋藤紀彦, 林盛人, 伊藤圭介, 青木和哉, 長尾建樹, 岩渕聡: ITB療法を中心とした痙縮の治療戦略(シンポジウム).  第56回日本定位・機能神経外科学会,  大阪,  2017/01
21. ◎大塚昌信, 太田雅人, 吉田美江子, 伊藤志昴, 中山晴雄: 当院における過去8年間の血液培養の動向と主要検出菌の推移.  第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会,  長崎,  2017/01
22. ◎富山新太, 山本祐太郎, 熊谷光佑, 豊岡輝繁, 大谷直樹, 和田孝次朗, 森健太郎: 転写因子Sp1は、テモゾロミド耐性獲得グリオーマの新規治療標的分子である(ポスター).  第34回日本脳腫瘍学会学術集会,  甲府,  2016/12
23. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 藤田聡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 岩渕聡: 神経膠芽腫におけるLMO2のSTAT3を介した細胞増殖機構の検討(ポスター).  第34回日本脳腫瘍学会学術集会,  甲府,  2016/12
24. ◎岩間淳哉, 林盛人, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 木村仁, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: 妊娠初期に合併したくも膜下出血の一例.  第131回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,  東京,  2016/12
25. ◎中山晴雄: 研修医教育の観点から見たSepsis新診断基準の意義(シンポジウム).  第29回日本外科感染症学会総会,  東京,  2016/11
26. ◎中山晴雄, 渡辺学, 松瀬厚人, 岩渕聡, 草地信也: 抗菌薬が効かない時のチェックポイント(シンポジウム).  第29回日本外科感染症学会総会,  東京,  2016/11
27. ◎伊古田雅史, 林盛人, 横内哲也, 佐藤健一郎, 石井匡, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 平井希, 岩渕聡: 後交通動脈経由で塞栓術を行った内頚動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤の一例(ポスター).  第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  神戸,  2016/11
28. ◎岩渕聡, 林盛人, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 深作和明, 入江是明, 吉田賢作, 中村芳樹, 渡邊玲: 二次医療圏内でのdrip, ship & retrieve体制構築(ポスター).  第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  神戸,  2016/11
29. ◎林盛人, 伊古田雅史, 石井匡, 横内哲也, 青木和哉, 齋藤紀彦, 佐藤健一郎, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 服部尚史, 岩渕聡: 頚動脈狭窄症における不安定プラークボリュームの経時的変化.  第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  神戸,  2016/11
30. 横内哲也, 佐藤健一郎, 平元侑, 林盛人, 岩渕聡, 平元周: 内頚動脈-前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤塞栓術におけるMEPモニタリングの有用性.  第32回日本脳神経血管内治療学会学術総会,  神戸,  2016/11
31. ◎青木和哉, 齋藤紀彦, 平井希, 藤田聡, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 岩間淳哉, 岩渕聡: 脳実質内腫瘍に対する内視鏡手術の適応と問題点(シンポジウム).  第23回日本神経内視鏡学会,  東京,  2016/11
32. ◎重森裕, 荻野雅宏, 福田修, 谷諭, 森達郎, 川又達朗, 杉本信吾, 中山晴雄, 佐藤晴彦, 野地雅人, 成相直, 田戸雅宏: スポーツ頭部外傷 救急医のわれわれが知っておくこと(ポスター).  第44回日本救急医学会総会,  東京,  2016/11
33. ◎伊藤圭介: 若手医師のための脊椎脊髄画像up to date:脊髄腫瘍を中心に(モーニングレクチャー).  第51回日本脊髄障害医学会,  千葉,  2016/11
34. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 武者芳朗: 腰部脊柱管狭窄症に対する還納式棘突起縦割法の成績不良因子に対する検討.  第51回日本脊髄障害医学会,  千葉,  2016/11
35. ◎石井克尚, 伊藤圭介, 長張浩昌, 金子卓男, 中山隆之, 武者芳朗: (症例)発作性の左坐骨神経痛を繰り返した馬尾部神経鞘腫の1例.  第51回日本脊髄障害医学会,  千葉,  2016/11
36. ◎中山晴雄, 長尾建樹, 岩渕聡: 痙縮治療の実際-バクロフェン持続髄注療法とボツリヌス治療-(教育講演).  第51回日本脊髄障害医学会,  千葉,  2016/11
37. ◎林盛人, 岩間淳哉, 伊古田雅史, 藤田聡, 平井希, 岩渕聡: ステント型血栓回収デバイス承認後の当院における脳梗塞急性期血栓回収療法.  第70回東邦医学会総会,  東京,  2016/11
38. ◎中山晴雄, 川又達朗, 森達郎, 反町武史, 月村泰規, 立石智彦, 本杉直哉, 福田崇, 麻生敬, 川原貴, 平元侑, 岩渕聡, 藤谷博人, 荻野雅宏: アメリカンフットボールにおける脳振盪~近年の脳振盪の現状と対策~(パネルディスカッション).  第27回日本臨床スポーツ医学会,  幕張,  2016/11
39. ◎中山晴雄, 川又達朗, 平元侑, 岩渕聡, 谷諭, 佐藤晴彦, 野地雅人, 重森裕, 福田修, 森達郎, 成相直, 杉本信吾, 田戸雅弘, 荻野雅宏: ラグビーにおける頭部外傷発生時の診断とマネージメント(パネルディスカッション).  第27回日本臨床スポーツ医学会,  幕張,  2016/11
40. ◎平元侑, 中山晴雄, 岩渕聡: スポーツ頭部外傷患者における自覚症状の経時変化に関する検討~スポーツ頭部外傷外来におけるSCAT2を用いた評価から~.  第27回日本臨床スポーツ医学会,  幕張,  2016/11
41. ◎中山晴雄, 平田晶子, 大塚昌信, 平井希, 岩間淳哉, 齋藤紀彦, 林盛人, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: Propionibacterium acnesによる脳神経外科術後硬膜外膿瘍の1例.  第21回日本神経感染症学会総会・学術大会,  金沢,  2016/10
42. ◎中山晴雄, 栃木直文, 篠崎稔, 若山恵, 澁谷和俊: 中枢神経カンジダ症.  第60回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2016/10
43. ◎栃木直文, 中山晴雄, 澁谷和俊: 予後を左右する中枢神経糸状菌症.  第60回日本医真菌学会総会・学術集会,  東京,  2016/10
44. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 平井希, 岩間淳哉, 藤田聡, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 林盛人, 青木和哉, 岩渕聡: 仙腸関節に対する高周波熱凝固術における疼痛関連部位,難治例の検討(シンポジウム).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
45. ◎荻野雅宏, 新郷哲郎, 中山晴雄, 川又達朗, 金彪: スポーツ頭部外傷のマネージメント;コンセンサスと現場の裁量(シンポジウム).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
46. ◎青木和哉, 中野正剛, 谷真理子, 齋藤紀彦, 伊藤圭介, 林盛人, 中山晴雄, 岩間淳哉, 平井希, 岩渕聡: 突発性正常圧水頭症患者における脳室拡大の物理的要因に関する検討 認知症患者の画像所見から(ポスター).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
47. ◎中山晴雄, 平元侑, 川又達朗, 荻野雅宏, 野地雅人, 成相直, 福田修, 前田剛, 佐藤晴彦, 重森裕, 末廣栄一, 荒木尚, 谷諭, 岩渕聡, 永廣信治: 本邦のスポーツ競技団体におけるスポーツ頭部外傷への取り組みの現状と対応(シンポジウム).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
48. ◎藤田聡, 本間博邦, 広川大輔, 宇佐美憲一, 荻原英樹: ITB療法における合併症を減らす工夫.  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
49. ◎平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 岩間淳哉, 藤田聡, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 大原関利章, 横内幸, 田部井勇助, 鈴木一郎, 岩渕聡: 再発神経膠芽腫に対するCyberKnife治療の病理組織学的検討(ポスター).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
50. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 岩間淳哉, 藤田聡, 齋藤紀彦, 林盛人, 木村仁, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: スポーツ頭部外傷患者における自覚症状の経時変化に関する検討~スポーツ頭部外傷外来におけるSCAT2を用いた評価から~.  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
51. ◎林盛人, 石井匡, 青木和哉, 伊藤圭介, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 平元侑, 平井希, 伊古田雅史, 櫻井貴敏, 服部尚文, 五味達哉, 岩渕聡: MR plaque imageを用いた頚動脈プラーク性状の経時的変化.  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
52. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 藤田聡, 岩間淳哉, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 岩渕聡: 神経膠芽腫におけるLMO2発現とその機能解析(ポスター).  日本脳神経外科学会第75回学術総会,  福岡,  2016/09
53. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 池上博泰, 金子卓男: 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割還納式除圧法のalignment変化.  第65回東日本整形災害外科学会,  箱根,  2016/09
54. ◎平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 高萩周作, 八木橋彰憲, 横内幸, 小林弘明, 松熊晋, 古賀絢乃, 岩渕聡: 全身転移を来し急速な経過をたどった神経膠芽腫の一例.  第130回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,  東京,  2016/09
55. ◎伊藤圭介: 仙腸関節痛に対する高周波凝固術における疼痛関連部位、難治例の検討.  第7回日本仙腸関節研究会,  東京,  2016/09
56. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 池上博泰, 金子卓男: 仙腸関節痛に対する高周波熱凝固術の有用性.  第24回日本腰痛学会,  甲府,  2016/09
57. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 石井克尚, 松浦勇樹, 池上博泰, 金子卓男: 仙腸関節障害性腰痛に対する高周波熱凝固術における難治例の臨床(QOL)評価.  第24回日本腰痛学会,  甲府,  2016/09
58. ◎伊藤圭介, 飯塚有応, 長張浩昌, 武者芳朗: 難治性腰痛を呈したParaspinal osseous AVMの1例.  第24回日本腰痛学会,  甲府,  2016/09
59. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 石井克尚, 松浦勇樹, 池上博泰, 金子卓男: 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割、METRx quadrant systemを用いた顕微鏡下、還納式棘突起縦割椎弓形成術の治療成績と限界.  第24回日本腰痛学会,  甲府,  2016/09
60. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 石井克尚, 松浦勇樹, 池上博泰, 金子卓男: 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割、METRx quadrant systemを用いた顕微鏡下、還納式棘突起縦割椎弓形成術の臨床(QOL)評価.  第24回日本腰痛学会,  甲府,  2016/09
61. ◎林盛人, 石井匡, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 八木文彦, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術前後の網膜血流の変化.  第22回日本血管内治療学会学術総会,  東京,  2016/07
62. ◎中山晴雄, 松岡千賀子, 大塚昌信, 小玉健太郎, 太田登志子, 白根尚子, 松瀬厚人: MRSA敗血症に対する治療管理の実際-東邦大学医療センター大橋病院での経験から-(ポスター).  MRSAフォーラム2016,  岐阜,  2016/07
63. ◎山下和美, 鶴見優子, 岡本真理, 中村幸子, 中山晴雄, 岩渕聡: 急性期意識障害患者の経口摂取訓練に影響する要因の検討(シンポ).  第25回日本意識障害学会,  高松,  2016/07
64. ◎中山晴雄, 藤田聡, 平井希, 岩間淳哉, 齋藤紀彦, 林盛人, 木村仁, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: 水頭症治療中にミルクアルカリ症候群による意識障害を来した1例.  第25回日本意識障害学会,  高松,  2016/07
65. ◎林盛人, 佐藤健一郎, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 横内哲也, 新倉寛輝, 原英彦, 岩渕聡: 重症大動脈弁狭窄症患者に対するCAS-バルーン大動脈弁形成術(BAV)の併用-.  第13回日本脳神経血管内治療学会関東地方会,  東京,  2016/07
66. 飯塚有応, 伊藤圭介, 林盛人, 岩渕聡, 大野晋吾, 橋本孝朗: 脊髄硬膜外動静脈瘻(奇形).  第13回日本脳神経血管内治療学会関東地方会,  東京,  2016/07
67. ◎岩間淳哉, 中山晴雄, 平井希, 藤田聡, 齋藤紀彦, 林盛人, 木村仁, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: ITB療法における術中脊髄造影の有用性.  第16回日本術中画像情報学会,  松山,  2016/07
68. ◎中山晴雄: 臨床例における第2世代MK法の測定結果に対する検討(ポスター).  第37回関東医真菌懇話会,  東京,  2016/06
69. ◎木村仁, 林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡: 抗凝固薬内服中に心房細動による心原性脳塞栓症を発症した患者の検討.  第3回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2016/06
70. ◎林盛人, 藤田聡, 青木和哉, 木村仁, 伊藤圭介, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 平井希, 岩渕聡: 当院における急性期血栓回収療法の成績-ステント型血栓回収デバイスがもたらした変革-(スポンサードセッション).  第3回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2016/06
71. ◎林盛人, 岩間淳哉, 横内哲也, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 伊藤圭介, 藤田聡, 平井希, 岩渕聡: 短期間で再出血したICPC ANの1例.  第9回東邦Neuro IVRカンファレンス,  佐倉,  2016/06
72. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 武者芳朗: 仙腸関節痛の病態、治療(高周波熱凝固術の有効性).  第31回日本脊髄外科学会,  東京,  2016/06
73. ◎伊藤圭介, 長張浩昌, 武者芳朗: 腰部脊柱管狭窄症に対する還納式棘突起縦割法の術後再手術例の検討.  第31回日本脊髄外科学会,  東京,  2016/06
74. ◎太田登志子, 白根尚子, 中山晴雄, 草地信也: ダプトマイシンの使用評価 投与方法と治療効果について(ワークショップ).  第64回日本化学療法学会総会,  神戸,  2016/06
75. ◎中山晴雄, 太田登志子, 竹縄一幸: 細菌性髄膜炎における髄液中のバンコマイシン動態.  第64回日本化学療法学会総会,  神戸,  2016/06
76. ◎林盛人, 岩渕聡, 石井匡, 青木和哉, 木村仁, 伊藤圭介, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 岩間淳哉, 平井希: 頚動脈狭窄症における不安定プラークの経時的変化-MRプラークイメージングを用いて-(シンポジウム).  第35回日本脳神経超音波学会,  横浜,  2016/06
77. ◎平井希, 齋藤紀彦, 青木和哉, 高萩周作, 八木橋彰憲, 横内幸, 小林弘明, 松熊晋, 古賀絢乃, 岩渕聡: 全身多発転移を来した神経膠芽腫の1例.  第34回日本脳腫瘍病理学会学術集会,  東京,  2016/05
78. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 岩間淳哉, 藤田聡, 中山晴雄, 林盛人, 大原関利章, 高橋啓, 岩渕聡: 神経膠芽腫に対するベバシズマブ療法による腫瘍血管正常化作用の検討(シンポジウム).  第34回日本脳腫瘍病理学会学術集会,  東京,  2016/05
79. ◎伊藤圭介, 武者芳朗, 長張浩昌, 砂川隆英, 池上博泰, 金子卓男: 仙腸関節障害に対する高周波熱凝固術における凝固部位の検討.  第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  千葉,  2016/04
80. ◎黒澤大輔, 村上栄一, 小澤浩司, 古賀公明, 阿部栄二, 鵜木栄樹, 武者芳朗, 伊藤圭介, 井須豊彦, 千葉泰弘: 仙腸関節障害と腰椎疾患(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症)の鑑別点.  第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  千葉,  2016/04
81. ◎木村仁, 岩渕聡, 林盛人, 岩間淳哉, 平元侑, 藤田聡, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 横内哲也: 塩酸ファスジル動注療法の検討-単一施設における146例の経験から-(シンポジウム).  第32回スパズム・シンポジウム,  札幌,  2016/04
82. ◎岩間淳哉, 林盛人, 青木和哉, 木村仁, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 伊藤圭介, 藤田聡, 平井希, 岩渕聡: t-PA投与後に急激な外傷性変化を来した二例(ポスター).  第41回日本脳卒中学会総会,  札幌,  2016/04
83. ◎岩渕聡, 林盛人, 佐藤健一郎, 石井匡, 青木和哉, 櫻井貴敏, 佐口隆之, 深作和明, 中村芳樹, 吉田賢作: 東京都医療圏内でのdrip, ship & retrieveの経験-急性期脳卒中連携システム構築に向けての取り組み-(ポスター).  第41回日本脳卒中学会総会,  札幌,  2016/04
84. ◎平井希, 林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 伊藤圭介, 木村仁, 青木和哉, 岩渕聡: NOAC内服中の脳梗塞に対する急性期再開通療法の検討(ポスター).  第41回日本脳卒中学会総会,  札幌,  2016/04
85. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 吉田健太郎, 池上博泰, 金子卓男: 頚胸椎部脊髄硬膜外血腫の自然治癒について -スコアリングによる保存療法の適応と手術移行時期の検討-.  第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  千葉,  2016/04
86. ◎武者芳朗, 伊藤圭介, 長張浩昌, 砂川隆英, 中山隆之, 望月雄大, 吉田健太郎, 池上博泰, 金子卓男: 腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡下、還納式棘突起縦割法の治療成績.  第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  千葉,  2016/04
87. ◎石井匡, 原科純一, 柴田憲男, 阿波根朝光: ステント併用コイル塞栓術後にくも膜下出血を呈した破裂動脈瘤に対し開頭クリッピング術を行った1例(ポスター).  第45回日本脳卒中の外科学会学術集会,  札幌,  2016/04
88. ◎藤田聡, 林盛人, 石井匡, 佐藤健一郎, 平井希, 岩間淳哉, 平元侑, 中山晴雄, 青木和哉, 岩渕聡: 80歳以上の高齢者に対する急性期血栓回収療法の治療予後.  第45回日本脳卒中の外科学会学術集会,  札幌,  2016/04
89. ◎林盛人, 石井匡, 岩間淳哉, 青木和哉, 木村仁, 伊藤圭介, 齋藤紀彦, 原科純一, 平井希, 岩渕聡: 頚動脈ステント留置術前後の網膜血流量の変化と眼動脈血流方向の相関.  第45回日本脳卒中の外科学会学術集会,  札幌,  2016/04
90. ◎中山晴雄: スポーツ外傷.  第75回日本医学放射線学会総会,  横浜,  2016/04
91. ◎藤田聡, 林盛人, 齋藤紀彦, 八木橋彰憲, 青木和哉, 岩渕聡: 瘻孔同定に工夫を要した外傷性椎骨動静脈瘻の一例.  第129回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,  東京,  2016/04
92. ◎平井希, 小林夏樹, 吉村知香, 岡野淳, 松本由香, 荻原英樹: 水頭症にて発症したradiologically occult medulloblastmaの一例.  第129回日本脳神経外科学会関東支部学術集会,  東京,  2016/04
国際学会
1. ◎Nakayama H, Hiramoto Y, Iwama J, Fujita S, Hirai N, Saito N, Hayashi M, Ito K, Sakurai T, Aoki K, Iwabuchi S: Neuroimaging findings in High school football players in Japan (poster).  The 12th World Congress on Brain Injury (IBIA2017),  New Orleans, USA,  2017/03
2. ◎Ikota M, Kusaka G: A case of EC-IC bypass surgery for acute ischemic stroke with cerebral artery dissection.  The 5th Shanghai-Tokyo Friendship Neurosurgical Forum,  上海, 中国,  2017/03
3. ◎Iwabuchi S, Hayashi M, Ikota M, Sato K, Saito N, Nakayama H, Ito K, Aoki K, Fujita S, Iwama J, Ishii M, Hiramoto Y, Hirai N, Yagi F: Retinal blood flow analysis using laser speckle flowgraphy before and after carotid artery stenting.  The 5th Shanghai-Tokyo Friendship Neurosurgical Forum,  上海, 中国,  2017/03
4. ◎Hayashi M, Ikota M, Hirai N, Iwama J, Iwabuchi S: Ruptured distal internal carotid artery dissection.  3rd International Society of Minimally Invasive Neurosurgery (ISMINS),  東京,  2017/02
5. ◎Nakayama H, Ota T, Shirane N, Matuoka C, Kodama K, Ohtsuka M: Utilization of diagnosis-procedure combination data for advancing the antimicrobial stewardship program.  The 8th International Congress of the Asia Pacific Society of Infection Control (APSIC2017),  Bangkok, Thailand,  2017/02
6. ◎Aghdas Movassaghi, Janathan Park, MD, Yoko Hirata, MD/PhD, Jimmy Huang, MD, Hilary Phan, Suchi Amin, Shota Yamamoto, MD: Automatic segmentation of diffuse gliomas in the TCGA-LGG dataset reveal cor
relation with biologically distinct molecular subsets.  American Physician Scientists Association 2016 meeting,  Los Angeles, California, U.S.A.,  2016/12
7. ◎Saito N, Aoki K, Hirai N, Fujita S, Iwama J, Nakayama H, Hayashi M, Ito K, Sakurai T, Iwabuchi S: Bevacizumab-induced normalization of tumor vasculature in glioblastoma(poster).  21st Annual Meeting and Education Day of The Society for Neuro-Oncology(SNO2016),  Arizona, USA,  2016/11
8. ◎Hayashi M, Iwabuchi S, Ishii M, Sato K, Ikota M, Fujita S, Iwama J, Hirai N, Saito N, Aoki K, Yokouchi T: The results of thrombectomy in the elderly patients(poster).  13th International Symposium on Thrombolysis Thrombectomy and Acute Stroke Therapy(TTST2016),  神戸,  2016/10
9. ◎Saito N, Aoki K, Hirai N, Iwama J, Fujita S, Nakayama H, Hayashi M, Ito K, Sakurai T, Iwabuchi S: Levetiracetam downregulates O6-Methylguanine DNA methyltransferase expression and sensitizes temozolomide-resistant glioma cells.  13th Asian Society for Neuro-Oncology Meeting (ASNO),  Sydney, Australia,  2016/09
10. ◎Iwabuchi S, Hayashi M, Sato K, Saito N, Nakayama H, Ito K, Aoki K, Fujita S, Iwama J, Ishii M, Hiramkoto Y, Ikota M, Hirai N, Yagi F: Retinal blood flow analysis using laser speckle flowgraphy before and after carotid artery stenting.  2016 China-Japan Cerebral Vascular Diseases Forum,  上海, 中国,  2016/07
11. ◎Nakayama H, Hiramoto Y, Numata Y, Hirai N, Fujita S, Iwama J, Saito N, Hayashi M, Ito K, Kimura H, Aoki K, Iwabuchi S: The duration of the headache in sports concussions?Evaluation of new diagnostic criteria(Poster).  American Academy of Neurology 2016 Sports Concussion Conference,  Chicago, USA,  2016/07
12. ◎Ikegami H, Shintaku T, Yoshizawa S, Musha Y, Sunakawa T, Ito K, Kaneko T: A specific characteristic of the carpel bone fractures in professional baseball players compared to the case of professional football players.  XXI FESSH Congress,  Santander, Spain,  2016/06
13. ◎Ikegami H, Shintaku T, Yoshizawa S, Musha Y, Sunakawa T, Ito K, Kaneko T: Ruptures of the Flexor Tendon in Athletes.  XXI FESSH Congress,  Santander, Spain,  2016/06
14. ◎Ikegami H, Shintaku T, Yoshizawa S, Musha Y, Sunakawa T, Ito K, Kaneko T: Accessory nerve plasty.  XXI FESSH Congress,  Santander, Spain,  2016/06
15. ◎Hiramoto Y, Nakayama H, Hirai N, Iwama J, Fujita S, Saito N, Hayashi M, Ito K, Aoki K, Iwabuchi S: Medical knowlwdge about "sports related head injury" at Judo in junior high school in Japan(poster).  The 4th International Congress of Asia-Oceania Neurotrauma Society(AONTS2016),  Incheon, Korea,  2016/05
16. ◎Nakayama H, Hiramoto Y, Numata Y, Hirai N, Fujita S, Iwama J, Saito N, Hayashi M, Ito K, Kimura H, Aoki K, Iwabuchi S: The duration of the headache in sports concussions?-Evaluation of new Diagnostic criteria-(poster).  The 4th International Congress of Asia-Oceania Neurotrauma Society(AONTS2016),  Incheon, Korea,  2016/05
17. ◎Akira Yogi, MD, Yoko Hirata, MD, PhD, Robert J. Harris, MS, Joyce Y. Wu, MD, Michael Linetsky, MD, Gary W. Mathern, MD, Benjamin M. Ellingson, PhD, Noriko Salamon, MD: Predicting the epileptogenic tubers in tuberous sclerosis complex patients using machine learning.  American Society of Neuroradiology, 2016,  Washington, DC, U.S.A.,  2016/05
18. ◎Akira Yogi, MD, Yoko Hirata, MD, PhD, Robert J. Harris, MS, Joyce Y. Wu, MD, Michael Linetsky, MD, Gary W. Mathern, MD, Benjamin M. Ellingson, PhD, Noriko Salamon, MD, PhD: Is heterogeneity of cortical tubers useful for predicting the epileptogenicity in tuberous sclerosis complex patients ?: The preliminary results.  American society of Neuroradiology, 2016,  Washington, DC, U.S.A.,  2016/05
19. ◎Fujita S, Sampetrean O, Iwabuchi S, Saya H: Effects of fractionated radiation on murine glioma stem cell matabolism (Poster).  5th Mt. Bandai and Pan-Pacific Joint Neurosurgical Convention 2016 (JNC2016),  Phnom Penh, Cambodia,  2016/04
20. ◎Ito K, Musha Y, Fujita S, Iwabuchi S: The change of sagittal spinal alignment of lumbar spine after reposition type of spinous process splitting posterior decompression for lumbar canal stenosis.  5th Mt. Bandai and Pan-Pacific Joint Neurosurgical Convention 2016 (JNC2016),  Phnom Penh, Cambodia,  2016/04
21. ◎Iwabuchi S: Outcome of mechanical thrombectomy after approval of stent retrievers.  5th Mt. Bandai and Pan-Pacific Joint Neurosurgical Convention 2016 (JNC2016),  Phnom Penh, Cambodia,  2016/04
その他
1. ◎岩渕聡: 脳外科疾患に関連するてんかん治療と薬剤の使い分け.  第33回大橋ニューロカンファレンス,  東京,  2017/03
2. ◎林盛人: Solitaireの有効性・安全性の検討.  The 1st Solitaire de Night in Shinagawa,  東京,  2017/03
3. ◎櫻井貴敏: 医薬品の適正使用に関わる医学薬学的知識の向上.  大塚製薬株式会社社内招聘勉強会,  東京,  2017/03
4. ◎中山晴雄: 脳振盪、急性硬膜下血腫の最新情報.  第20回日本アメリカンフットボール医科学研究会,  西宮,  2017/02
5. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 藤田聡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 岩渕聡: 脳腫瘍における分子生物学的診断の重要性.  第2回東邦大学医療センター大橋病院医学会,  東京,  2017/02
6. ◎岩渕聡: 区西南部医療圏内での急性期脳主幹動脈閉塞治療連携.  第9回医療連携学術セミナー,  東京,  2017/02
7. ◎中山晴雄: 敗血症診療における早期治療介入の意義.  多摩DIC講演会,  東京,  2017/02
8. ◎櫻井貴敏: 抗血栓療法時における消化管障害のリスクとマネジメント.  武田薬品工業株式会社社外講師勉強会,  横浜,  2017/01
9. ◎齋藤紀彦: 私の留学体験記(MD Anderson Cancer Center).  第52回ニューロ・オンコロジィの会,  東京,  2017/01
10. ◎中山晴雄: スポーツ頭部外傷の診断と治療.  第47回慶應スポーツ医・科学研究会,  東京,  2016/12
11. ◎林盛人: 区西南部D&Sについて.  TREVO User's Meeting,  横浜,  2016/12
12. ◎岩渕聡, 林盛人, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 藤田聡, 平井希, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 青木和哉, 櫻井貴敏: 区西南部医療圏内での急性期脳梗塞治療(drip, ship & retrieve)連携.  第16回世田谷医師会医学会,  東京,  2016/12
13. ◎長張浩昌, 武者芳朗, 伊藤圭介, 伊志嶺洋平, 金子卓男, 池上博泰: 当院の低侵襲脊椎脊髄外科手術への取り組み.  第16回世田谷区医師会医学会,  東京,  2016/12
14. ◎平元侑, 中山晴雄, 平井希, 岩間淳哉, 齋藤紀彦, 林盛人, 青木和哉, 岩渕聡: 学校柔道における脳振盪への対応の現状と課題(中学校指導者アンケートの検討).  2016年度第4回柔道医科学研究会,  東京,  2016/12
15. ◎櫻井貴敏: サインバルタのCLBP患者に対する症例検討.  塩野義製薬株式会社社内研修会,  横浜,  2016/11
16. ◎岩渕聡: 区西南部医療圏でのdrip, ship & retrieveの取り組み.  第29回東部脳神経外科フォーラム,  東京,  2016/11
17. ◎櫻井貴敏: てんかん診療の実際.  第一三共株式会社てんかん領域社内研修会,  横浜,  2016/11
18. ◎齋藤紀彦: 脳腫瘍とてんかんを考える.  大塚製薬・東京支店双方向e講演会,  東京,  2016/10
19. ◎伊古田雅史, 林盛人, 平井希, 藤田聡, 岩間淳哉, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 青木和哉, 岩渕聡: Stent-assisted coil embolizationddで治療しえた破裂内頚動脈blister-like aneurysm.  第37回東海クモ膜下出血研究会,  名古屋,  2016/10
20. ◎伊藤圭介: 仙腸関節由来の疼痛の病態,診断,治療について.  第3回横浜川崎整形外科UpToDate,  横浜,  2016/09
21. ◎中山晴雄: 敗血症診療における早期治療介入の意義.  城南感染症フォーラム,  東京,  2016/09
22. ◎林盛人, 横内哲也, 佐藤健一郎, 石井匡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 藤田聡, 平元侑, 平井希, 岩渕聡: 内頚動脈-前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤閉塞術におけるMEPモニタリングの有用性.  第4回Hybrid Neurosurgery研究会,  東京,  2016/09
23. ◎藤田聡, サンペトラオルテア, 曽我朋義, 岩渕聡, 佐谷秀行: 放射線治療中グリオーマ幹細胞における代謝変化.  第51回ニューロ・オンコロジィの会,  東京,  2016/08
24. ◎岩渕聡: レビー小体型認知症の治療について(ミニレクチャー).  第32回大橋ニューロカンファレンス,  東京,  2016/08
25. ◎藤田聡: Migration of a lumbar catheter into the abdominal subcutaneous after Lumboperitoneal shunt.  第32回大橋ニューロカンファレンス,  東京,  2016/08
26. ◎齋藤紀彦, 青木和哉, 平井希, 藤田聡, 伊古田雅史, 岩間淳哉, 中山晴雄, 林盛人, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 岩渕聡: 当科における脳腫瘍治療の実際.  第1回東邦大学医療センター大橋病院医学会,  東京,  2016/07
27. ◎中山晴雄: 2016米国神経学会スポーツ脳振盪会議に参加して.  第11回メディカルサポートBANKセミナー,  東京,  2016/07
28. ◎中山晴雄: 脳振盪と急性硬膜下血腫の病態と競技復帰.  2016年度関東学生連盟選手・安全対策セミナー,  東京,  2016/07
29. ◎岩間淳哉, 林盛人, 平井希, 中山晴雄, 齋藤紀彦, 木村仁, 伊藤圭介, 青木和哉, 岩渕聡: 妊娠初期に合併したくも膜下出血の一例.  第9回南十字星脳神経外科手術研究会,  宮古島,  2016/07
30. ◎中山晴雄: 脳振盪と急性硬膜下血腫の病態と競技復帰.  2016年度日本社会人アメリカンフットボール協会安全対策セミナー,  東京,  2016/06
31. ◎櫻井貴敏: 脳神経外科から考える薬剤性潰瘍リスクについて.  武田薬品工業株式会社社外講師勉強会,  横浜,  2016/06
32. ◎齋藤紀彦, 平井希: グリオーマ幹細胞を標的としたNotchシグナル阻害による新規治療法の開発.  第148回東邦医学会例会,  東京,  2016/06
33. ◎林盛人, 岩間淳哉, 青木和哉, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 伊藤圭介, 藤田聡, 平井希, 岩渕聡, 横内哲也: 妊娠初期にくも膜下出血を合併した1例.  第9回東邦NeuroIVRカンファレンス,  佐倉,  2016/06
34. ◎齋藤紀彦: 悪性神経膠腫の治療およびBevacizumab療法の位置づけ.  中外製薬株式会社社内研修会,  東京,  2016/06
35. ◎中山晴雄: スポーツ頭部外傷の最新の知見.  日本野球機構第1回脳振盪ガイドライン説明会,  東京,  2016/06
36. ◎中山晴雄: スポーツにおける頭部外傷.  東邦大学医療センター大橋病院医学公開講座,  東京,  2016/05
37. ◎櫻井貴敏: 心房細動と抗凝固療法.  第一三共講師招聘社内勉強会,  横浜,  2016/05
38. ◎岩渕聡: 脳卒中の予防と最新治療!.  第133回区民のための健康教室(世田谷区),  東京,  2016/04
39. ◎青木和哉: 脳にまつわるよもやま話~脳梗塞から認知症まで~.  世田谷在宅医療研究会,  東京,  2016/04
40. ◎服部尚史, 五味達哉, 岩渕聡: 頸動脈プラーク撮像 カラーマッピングによる性状判定について.  第5回MRI循環器撮影研究会,  横浜,  2016/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者