東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大橋)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  藤岡 俊樹
准教授:
  杉本 英樹
講師:
  紺野 晋吾
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤岡 俊樹   教授
  1  2          1
 3
 2
 1
 
 
杉本 英樹   准教授
  1            
 3
 
 2
 
 
紺野 晋吾   講師
  1  2          1
 3
 
 3
 
 
井上 雅史   助教
  1            
 3
 
 1
 
 
村田 眞由美   助教
  1            
 4
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  2
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nishida Y, Takahashi YK, Kanai T, Nose Y, Ishibashi S, Sanjo N, Uzawa A, Oda F, Ozawa Y, Kuwabara S, Noguchi E, Suzuki S, Nakahara J, Suzuki N, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Konno S, Fujioka T, Kawaguchi N, Hatanaka Y, Sonoo M, Kaneko J, Ogino M, Nishiyama K, Nomura K, Yokota T.:  Safety of tapering tacrolimus dose in patients with well-controlled anti-acetylcholine receptor antibody-positive myasthenia gravis.  Eur J Neurol.  15 (10) :1111 -1111 , 2019
2. Kihara H, Konno S, Fujioka T:  Alpha-tocopherol ameliorates experimental autoimmune neuritis.  Toho J Med.  5 :101 -110 , 2019
総説及び解説
1. 藤岡俊樹、萩原渉、久手堅司、木原英雄、内孝文、紺野晋吾、井上雅史、松嶋茉莉、松本美幸、今村友美、村田眞由美、杉本英樹:  実験的自己免疫性神経炎に対する選択的phosphodiesterase 3,5阻害剤の効果.  末梢神経  20 :42 -50 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ○松嶋茉莉 、村田眞由美 、紺野晋吾 、井上有希 、武中さや佳 、亀田秀人 、高橋 啓 、 藤岡俊樹: 肥厚性硬膜炎を伴った肉芽腫性血管炎の治療中に白質脳症を伴った70歳代男性例.  第230回日本神経学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/09
2. ◎藤岡俊樹,木原英雄,内 孝文,久手堅 司,萩原 渉,紺野晋吾,井上雅史,布施彰久,松嶋茉莉,松本美幸,今村友美,村田眞由美,杉本英樹: 実験的自己免疫性神経炎におけるphoshodiesterase阻害効果の比較.  第29回日本末梢神経学会学術集会,  下関,  2019/09
3. ◎林盛人, 原英彦, 藤田聡, 木原英雄, 橋本剛, 平元侑, 中村啓二郎, 岩渕聡: 当院におけるBrain&Heartチームの結成.  第6回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2019/06
4. 紺野晋吾, 木原英雄,松嶋茉莉, 松本美幸, 今村友美, 井上雅史, 村田眞由美, 杉本
英樹, 藤岡俊樹: Tacrolimusを使用した重症筋無力症患者の予後因子の検討と課題.  第60回日本神経学会学術大会,  大阪,  2019/05
5. ◯内 孝文, 井上 雅史, 木原 英雄, 松嶋 茉莉, 松本 美幸, 今村 友美, 村田 眞由美, 紺野 晋吾, 杉本 英樹, 藤岡 俊樹.: 血中ビタミンB12低下とホモシステイン上昇以外の検査は正常だがビタミンB12の非経口投与により診断的治療が可能であった亜急性連合性脊髄変性症の49歳女性例.  第650回内科学会関東地方会,  東京,  2019/05
国際学会
1. Fujioka T, Hagiwara W, Kihara H, Uchi T, Inoue M, Konno S, Murata M.Imamura T, Matsumoto M, Matsushima M, Sugimoto H.: The effect of phosphodiesterase-2 inhibitor on CX3C chemokine axis in experimental autoimmune neuritis.  2019 PNS Annual Meeting,  Geniova,  2019/04
2. Fujioka T, Hagiwara W, Kihara H, Inoue M, Uchi T, Kudeken T, Konno S, Sugimoto H.: Different Effects of Selective Phosphodiesterase Inhibitors on Experimental Autoimmune Neuritis.  The American Academy of Neurology 70th Annual Meeting,  Philadelphia,  2019/04
3. Kihara H, Konno S, Fujioka T.: Alpha-Tocopherol Ameliorates Experimental Autoimmune Neuritis.  The American Academy of Neurology 70th Annual Meeting,  Philadelphia,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者