<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(佐倉)
 Department of Surgical Pathology (Sakura)

教授:
  蛭田 啓之
助教:
  杉浦 善弥
■ Keywords
骨・軟部腫瘍診断、切除縁評価、治療効果判定、画像解析、腫瘍の遺伝子診断
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















蛭田 啓之   教授
  5  5  1        
 8
(2)
 
 
 
 1
杉浦 善弥   助教
  1 1 2  1 1       
 5
(1)
 1
(1)
 
 
 
 0 1  2 0  0  0
(0)
 1
(1)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














蛭田 啓之   教授
    1     
 
 
杉浦 善弥   助教
  1  1     
 1
(1)
 
 0 1  2 0  0  0
(0)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Masaki Yokota, Shinji Mitsuyama, Norihide Akimoto, Fumihito Abe, Nobuyuki Hiruta, Tetsuya Higuchi:  Cutaneous pseudolymphoma induced by tumor necrosis factor-alpha inhibitors.  International journal of dermatology  :1 -1 , 2021
2. 三田真朗, 神谷直人, 杉﨑裕香, 森堂道, 杉山真康, 加藤精二, 岡了, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 蛭田啓之, 鈴木啓悦:  特発性後腹膜線維症における IgG4 の意義.  日本泌尿器科学会雑誌  112 (4) :192 -198 , 2021
3. 三津山信治, 樋口哲也, 蛭田啓之:  陰茎に生じた脂腺癌の1例.  皮膚科の臨床  63 (4) :469 -473 , 2021
4. Yamaguchi T, Ohira M, Kawagoe N, Nakamura S, Tanaka S, Oka R, Watanabe Y, Sato Y, Nagayama D, Saiki A, Matsuzawa Y, Bujo H, Terai K, Hiruta N, Tatsuno I, Nakaseko C, Kikuchi H, Matsuoka K, Yokota H, Shimizu N.:  High presepsin concentrations in bile and its marked elevation in biliary tract diseases: A retrospective analysis.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  521 :278 -284 , 2021
5. Yamashita. K, Funauchi.Y, Hayakawa. K, Ae. K, Matsumoto. S, Ikuta. K, Nishida. Y, Ueno. T, Shimoyama. Y, Hiruta, N, Machinami. R, Kawachi. H, Takeuchi. K:  S100-negative epithelioid malignant peripheral nerve sheath tumor with possible perineurial differentiation.  Journal Citation Reports  : , 2021
6. Yasuko Kurose, Atsushi Sano, Ayako Hiranuma, Makoto Nagashima, Yoshiya Sugiura, Nobuyuki Hiruta, Naobumi Tochigi, Kazutoshi Shibuya:  Lipoleiomyoma arising in soft tissue of the middle mediastinum.  Pathology International  72 :72 -74 , 2022
7. Yoshiya Sugiura, Rikuo Machinami, Seiichi Matsumoto, Hiroaki Kanda, Keisuke Ae, Yutaka Takazawa, Kengo Takeuchi:  Prognostic value of CD34 expression status in patients with myxofibrosarcomas and undifferentiated pleomorphic sarcomas.  Scientific Reports  11 :15494 , 2021
症例報告
1. 矢吹華代, 宇野嘉良子, 石川里穂, 平田晶子, 蛭田啓之, 林 明照:  頬部小唾液腺に発生した多形腺腫由来唾液腺導管癌の1例.  日本形成外科学会会誌  41 (11) :655 -662 , 2021
2. Kurose Y, Sano A, Hiranuma A, Nagashima M, Sugiura Y, Hiruta N, Tochigi N, Shibuya K:  Lipoleiomyoma arising in soft tissue of the middle mediastinum.  Pathology International  72 (1) :72 -74 , 2022
■ 著書
1. 杉浦善弥、町並陸生:    腫瘍病理鑑別診断アトラス 骨腫瘍  150-153.  文光堂,  東京, 2021
2. 蛭田啓之, 阿江啓介, 中山隆之, 杉浦善弥:  軟部肉腫の組織学的治療効果判定と切除縁評価.  腫瘍病理鑑別診断アトラス 悪性軟部腫瘍  307-315.  文光堂,  東京, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎清水一寛, 山口崇, 蛭田啓之: 心不全と心筋脂肪酸代謝障害をBMIPP検査から考える.  第41回日本画像医学会,  WEB,  2022/02
2. ◎岡了, 宋本尚俊, 加藤精二, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 神谷直人, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 進行胃癌に合併した精巣平滑筋肉腫の1例.  第10回日本泌尿器病理研究会学術集会,  東京都千代田区,  2022/02
3. ◎森堂道, 神谷直人, 杉﨑裕香, 白石智大, 島田悠希, 加藤精二, 宋本尚俊, 岡了, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 蛭田啓之, 鈴木啓悦: 膀胱癌 T1 high grade 症例に関する臨床病理学的検討.  第109回日本泌尿器科学会総会,  神奈川県横浜市,  2021/12
4. ◎鎌倉正和, 山崎利城, 大塚成美, 伊藤靖那, 山口みはる, 寺井謙介, 平山美佐子, 北村 真, 杉浦善弥, 松澤康雄, 平沼彩子, 長島 誠, 佐野 厚, 蛭田啓之: 肺原発滑膜肉腫の1例.  第60回日本臨床細胞学会秋期大会,  鳥取,  2021/11
5. ◎山崎利城, 北村 真, 大塚成美, 鎌倉正和, 伊藤靖那, 寺井謙介, 山口みはる, 平山美佐子, 杉浦善弥, 清水直美, 蛭田啓之: Bc12/Bc16二重免疫染色による濾胞性リンパ腫G1-2と反応性濾胞過形成との比較.  第60回日本臨床細胞学会秋期大会,  鳥取,  2021/11
6. ◎大塚成美, 山崎利城, 鎌倉正和, 伊藤靖那, 寺井謙介, 山口みはる, 平山美佐子, 北村 真, 杉浦善弥, 丸山治彦, 菊地秀昌, 蛭田啓之: 胆汁中に多数の肝吸虫と虫卵を認めた1例.  第60回日本臨床細胞学会秋期大会,  鳥取,  2021/11
7. ◎戸張 敬太、佐野 厚、平沼 彩子、長島 誠、杉浦 善弥、蛭田 啓之: 転移性肺腫瘍との鑑別を要した肺クリプトコッカス症の2例.  第190回日本肺癌学会関東支部学術集会,  オンライン,  2021/07
国際学会
1. Rikuo Machinami, Yoshiya Sugiura, Kengo Takeuchi
Kimie Nomura, Tabu Gokita, Hiroaki Kanda: Glomus tumor of the the right prtoximal radius.  International Skeletal Society 48th Annual Meeting,  Barcelona,  2021/10
その他
1. ◎戸谷 俊介, 蛭田 啓之, 高橋 啓, 本村 昇, 清水 一寛: 肺塞栓症の原因として右室内感染性心内膜炎か右室内腫瘍かの鑑別に難渋した一例.  第28回肺塞栓症研究会学術集会,  WEB,  2021/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者