東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大橋)
 Department of Radiology (Ohashi)

教授:
  五味 達哉
臨床教授:
  関口 隆三
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















五味 達哉   教授
  1  2          
 2
 
 
 1
(1)
 
関口 隆三   臨床教授
  2            
 14
(10)
 
 
 
 
杉山 三紀   助教
              
 
 
 
 
 
角尾 美果   助教
              
 
 
 
 
 
長谷川 誠   助教
              
 
 
 
 
 
村田 望   助教
              
 
 
 
 
 
吉田 匡宏   助教
              
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 江戸博美,関口隆三,長基雅司,五味達哉:  リンパ腫以外の脾腫瘍.  血液内科  78 (6) :805 -811 , 2019
症例報告
1. Kajiyama A, Edo H, Inoue N, Yokouchi Y, Gomi T:  Magnetic Resonance Imaging and Histopathology in a Case of Pleomorphic Adenoma of a Minor Salivary Gland in the Nasal Cavity.  American Journal of Case Reports  12 (20) :679 -684 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎今吉由美, 中村卓, 平井都始子, 奥野敏隆, 島宏彰, 野間翠, 佐藤恵美, 亀井桂太郎, 加賀輝美, 三塚幸夫, 野呂綾, 金澤真作✝, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透, 竹政伊知朗: 造影超音波を加えた結果、悪性と診断した良性病変:FLOW-CEUS 01試験結果から.  第43回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  福島市,  2019/10
2. ◎佐藤恵美, 中村卓, 平井都始子, 加賀輝美, 三塚幸夫, 今吉由美, 島宏彰, 奥野敏隆, 野呂綾, 野間翠, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透: 造影超音波検査で良性と診断された乳癌症例の検討:他施設共同試験FLOW-CEUS 01の結果より.  第43回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  福島市,  2019/10
3. ◎島宏彰, 中村卓, 野間翠, 亀井桂太郎, 今吉由美, 加賀輝美, 佐藤恵美, 三塚幸夫, 野呂綾, 金澤真作✝, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透, 奥野敏隆, 竹政伊知朗, 平井都始子: 悪性の典型的造影パターンを示した3例報告:FLOW-CEUS 01試験.  第43回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  福島市,  2019/10
4. ◎野間翠, 中村卓, 佐藤恵美, 今吉由美, 島宏彰, 加賀輝美, 三塚幸夫, 野呂綾, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透, 奥野敏隆, 平井都始子: 良性の典型症例:FLOW-CEUS 01試験結果.  第43回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  福島市,  2019/10
5. 服部尚史,中野晃枝,竹丸照正,五味達哉: TSEとSimultaneous Multi-Slice(SMS)-TSEシーケンスにおける比較評価.  第47回日本磁気共鳴医学会大会,  熊本,  2019/09
6. 服部尚史,中野晃枝,林 盛人,岩渕 聡,五味達哉: 3D radial samplingを併用した広範囲頸動脈Black Blood imagingの検討.  第47回日本磁気共鳴医学会大会,  熊本,  2019/09
7. ◎加賀輝美, 中村卓, 平井都始子, 佐藤恵美, 三塚幸夫, 今吉由美, 島宏彰, 奥野敏隆, 野呂綾, 野間翠, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透: フローイメージング研究部会
「最終報告~造影超音波を用いた乳腺病変の造影パターンについての検討~」の概要.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
8. ◎今吉由美, 中村卓, 平井都始子, 奥野敏隆, 野間翠, 亀井桂太郎, 加賀輝美, 佐藤恵美, 三塚幸夫, 島宏彰, 野呂綾, 金澤真作✝, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透: フローイメージング研究部会
最終報告~造影超音波を用いた乳腺病変の造影パターンについての検討~「造影超音波検査が良悪性鑑別に有用と思われた良性病変」.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
9. ◎佐藤恵美, 中村卓, 平井都始子, 加賀輝美, 三塚幸夫, 今吉由美, 島宏彰, 奥野敏隆, 野呂綾, 野間翠, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透: フローイメージング研究部会
造影超音波検査が良悪性鑑別に有用と思われた悪性病変.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
10. ◎中村卓, 平井都始子, 佐藤恵美, 加賀輝美, 三塚幸夫, 今吉由美, 島宏彰, 奥野敏隆, 野呂綾, 野間翠, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一, 小椋透: フローイメージング研究部会
多施設共同試験「造影超音波を用いた乳腺病変の造影パターンについての検討」の結果.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
11. ◎野間翠, 中村卓, 平井都始子, 佐藤恵美, 加賀輝美, 三塚幸夫, 今吉由美, 島宏彰, 奥野敏隆, 野呂綾, 金澤真作✝, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 関口隆三✝, 白川崇子, 位藤俊一: フローイメージング研究部会
最終報告~造影超音波を用いた乳腺病変の造影パターンについての検討
DCISと乳腺症の比較.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
12. ◎金澤真作✝, 島宏彰, 中村卓, 三塚幸夫, 野呂綾, 佐藤恵美, 野間翠, 加賀輝美, 今吉由美, 亀井桂太郎, 加藤久美子, 竹政伊知郎, 久富五郎, 長谷川匡, 森満, 関口隆三✝, 位藤俊一, 平井都始子, 奥野敏隆: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究
Evergreen試験の概要について 2.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
13. ◎三塚幸夫, 島宏彰, 中村卓, 平井都始子, 野呂綾, 野間翠, 今吉由美, 佐藤恵美, 加賀輝美, 亀井桂太郎, 位藤俊一, 金澤真作✝, 関口隆三✝, 加藤久美子, 奥野敏隆: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
CEUSの広がり診断のポイント2 ~ Evergreen Studyにおける当院の登録症例提示~.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
14. ◎中村卓, 平井都始子, 島宏彰, 野呂綾, 野間翠, 今吉由美, 佐藤恵美, 加賀輝美, 三塚幸夫, 亀井桂太郎, 位藤俊一, 金澤真作✝, 関口隆三✝, 加藤久美子, 奥野敏隆: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
CEUSの広がり診断のポイント3 GE Healthcare E9における機器設定,診断のポイント.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
15. ◎島宏彰, 奥野敏隆, 中村卓, 野呂綾, 野間翆, 佐藤恵美, 加賀照美, 三塚幸夫, 亀井桂太郎, 今吉由美, 九冨五郎, 位藤俊一, 金澤真作✝, 関口隆三✝, 加藤久美子, 長谷川匡, 森満, 平井都始子, 竹政伊知朗: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
Evergreen試験の主な結果.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
16. ◎野間翠, 島宏彰, 中村卓, 平井都始子, 野呂綾, 今吉由美, 佐藤恵美, 加賀輝美, 三塚幸夫, 亀井桂太郎, 位藤俊一, 金澤真作✝, 関口隆三✝, 加藤久美子, 奥野敏隆: JABTS乳房造影超音波における乳がんの広がり診断に関する研究部会企画
CEUSの広がり診断のポイント 1.  第42回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  東京,  2019/05
その他
1. ◎五味達哉: CT、MRIを用いた上腹部の画像診断‐高頻度で遭遇する疾患の再確認‐.  画像診断研究会,  東京,  2019/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者