東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大森)
 Department of Radiology (Omori)

教授:
  寺原 敦朗
准教授:
  白神 伸之
  新部 譲
  水村 直
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















白神 伸之   准教授
    3          
 
 
 
 
 
水村 直   准教授
   1           4
(4)
 
 
 
 
 
鈴木 賢一   助教
              
 
 1
(1)
 
 
 
田村 謙太郎   助教
  1            
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  4
(4)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sunao Mizumura, Satoshi Iwabuchi, Satoshi Fujita, Junichi Harashina, Akiko Kajiyama, Tatsuya Gomi:  Measurement of cerebral vascular reserves with I-123 IMP SPECT without an arterial input function using the microsphere model and radiopharmaceutical dose calibration.  Annals of nuclear medicine  33 (6) :444 -448 , 2019
2. Shigiyama F, Hiruma S, Hisatake S, Shiraga N, Ikeda T, Hirose T, Kumashiro N:  Rationale, Design for the ASSET Study: A prospective randomized study comparing empagliflozin's effect to sitagliptin on cardiac fat accumulation/function in patients with type 2 diabetes.  Diabetes Therapy  10 (4) :1509 -1521 , 2019
3. Igarashi H, Shigiyama F, Wakui N, Nagai H, Shibuya K, Shiraga N, Hirose T, Kumashiro N:  Whole hepatic lipid volume quantification and color mapping by multi-slice and multi-point magnetic resonance imaging.  Hepatology Research  :doi: 10.1111/hepr.13408 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 水村 直: 脳血流連続動態 SPECT収集による側副血行の補足評価.  第6回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京、日本,  2019/06
2. 水村 直: シンチグラム読影の実際とコツ(脳).  第19回日本核医学会春季大会,  東京、日本,  2019/04
3. 水村 直: 脳血流SPECTの読影レポートの書き方・考え方~臨床での経験から~.  第19回日本核医学会春季大会,  東京、日本,  2019/04
4. 水村 直: 脳核医学の基礎と臨床.  第19回日本核医学会春季大会,  東京、日本,  2019/04
国際学会
1. Kenichi Suzuki, Masaaki Hori, Ryusuke Irie, Yujiro Otsuka, Wei Liu, Katsutoshi Murata, Akifumi Hagiwara, Kouhei Kamiya, Koji Kamagata, Kanako K Kumamaru, Michimasa Suzuki, Akihiko Wada, Shigeki Aoki: Cervical Spondylosis: microstructural tissue damage area evaluation by using
U net.  The 1st Annual Scientific Meeting of Asian Society of Magnetic Resonance in Medicine,  上海, 中国,  2019/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者