東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 眼科学講座(大森)
 Department of Ophthalmology (Omori)

教授:
  堀 裕一
准教授:
  柴 友明
  松本 直
寄付講座准教授:
  鈴木 崇
■ 概要
眼循環と全身疾患との関連についての研究
眼循環、特に網膜および視神経の血流と全身疾患(循環器疾患、呼吸器疾患、腎疾患)との関連についてレーザースペックルフローグラフィを用いての臨床研究を行う
新生児における眼底血流の研究
新生児用レーザースペックルを用いて、新生児の眼血流の研究を行う。さらに未熟児網膜症の病態や発症メカニズムについての研究を行う
眼球および付属器における血流動態についての研究
眼球および付属器(網膜、脈絡膜、結膜、眼瞼)における血流動態を検討し、各種疾患の病態解明について基礎研究および臨床研究を行う
正常人における眼血流の日本人データベースの構築
人間ドックや健康診断において眼血流(網膜血流)を測定し、全身状態と眼血流の関係を検討し、日本人の眼血流データベースを構築する。
角膜知覚神経と涙液分泌についての研究
角膜知覚神経がつかさどる様々な眼の症状について解明する。眼における神経因性疼痛についての研究を行う。
コンタクトレンズ装用が角膜に与える影響についての研究
コンタクトレンズ装用が角膜および眼表面に与える影響について、生物学的および光学的に検討を行う。またコンタクトレンズ装用による近視促進抑制効果について検討を行う
眼感染症における重症化メカニズムの遺伝子解析
角膜および眼感染症において、原因微生物の遺伝子解析を行い、重症化メカニズムについて検討を行う
眼科領域における多血小板血漿(PRP)の応用についての研究
角膜上皮欠損を始めとする様々なオキュラーサーフェス疾患に対して多血小板血漿の有効性を基礎的および臨床的な側面から検証する
眼表面ムチンの発現および機能に関する研究
涙液層および眼表面上皮に発現するムチンを研究し、眼表面の水濡れ性およびバリア機能について解明する。ドライアイおよび各種オキュラーサーフェス疾患の病態解明を行う
増殖糖尿病網膜症に関連した研究
糖尿病網膜症の重症化および他の全身疾患との検討、血中および硝子体中の様々な因子との関連を検討する
■ Keywords
角膜疾患、眼感染症、黄斑疾患、網膜硝子体手術、網膜剥離、未熟児網膜症、緑内障、角膜移植、白内障手術、眼瞼および涙道疾患、ぶどう膜炎、コンタクトレンズ
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  堀 裕一 :日本眼科学会理事・評議員, 日本角膜学会理事長, 日本コンタクトレンズ学会理事、日本眼感染症学会評議員、日本組織移植学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















堀 裕一   教授
 1   2          
 7
(1)
 1
 
 1
(1)
 
柴 友明   准教授
              
 1
 
 
 
 
松本 直   准教授
              1
 
 
 
 
 
岡島 行伸   助教
    1          
 3
 
 
 
 
岡部 智子   助教
              
 
 
 
 
 
長村 洋徳   助教
              
 
 
 
 
 
柿栖 康二   助教
    1          
 2
 
 
 
 
片山 雄治   助教
              
 
 
 
 
 
加藤 桂子   助教
              
 
 
 
 
 
熊代 俊   助教
              
 
 
 
 
 
権田 恭広   助教
              
 
 
 
 
 
鈴木 佑佳   助教
              
 
 
 
 
 
 1 0  0 0  0  1
(0)
 1
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Itokawa T, Okajima Y, Suzuki T, Kobayashi T, Tei Y, Kakisu K, Hori Y:  Association among Blink Rate, Changes in Ocular Surface Temperature, Tear Film Stability, and Functional Visual Acuity in Patients after Cataract Surgery.  Journal of Ophthalmology  2019 :ID8189097 -8 pages , 2019
2. Sakuma K, Shimoda A, Shiratori H, Komatsu T, Watanabe K, Chiba T, Aimoto M, Nagasawa Y, Hori Y, Shirai K, Takahara A:  Angiotensin II acutely increases arterial stiffness as monitored by cardio-ankle vascular index (CAVI) in anesthetized rabbits.  Journal of Pharmacological Sciences  140 (2) :205 -209 , 2019
総説及び解説
1. 堀 裕一:  第38回日本眼薬理学会プロシーディング シンポジウム1:前眼部治療の基礎と臨床「オキュラーサーフェス疾患における基礎と臨床」.  眼薬理  33 (1) :17 -20 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎糸川貴之: コンタクトレンズ装用感における眼表面温度変化と涙液動態の関連について.  第62回日本コンタクトレンズ学会総会,  国立京都国際会館、京都市,  2019/07
2. ◎鈴木 崇, 糸川貴之, 高 静花, 堀 裕一: ハードコンタクトレンズ装用時の視力と実用視力に関与する因子についての検討.  第62回日本コンタクトレンズ学会総会,  国立京都国際会館、京都市,  2019/07
3. ◎後藤田哲史, 鈴木 崇, 柿栖康二, 岡島行伸, 秋山朋代, 堀 裕一: Corynebacterium sp.が検出された角膜炎の臨床的特徴.  第56回日本眼感染症学会,  国立京都国際会館、京都市,  2019/07
4. ◎鈴木 崇, 岡野喜一郎, 堀 裕一: シンガポールから一時帰国中に認められたMicrosporidial keratitisの1例.  第56回日本眼感染症学会,  国立京都国際会館、京都市,  2019/07
5. ◎鈴木 崇: The Great Debate Part 7 細菌叢と眼について「メタゲノム解析は感染症診断に有用ではない」.  第56回日本眼感染症学会・第53回日本眼炎症学会,  国立京都国際会館、京都市,  2019/07
6. 糸川貴之, 後藤田哲史, 鄭 有人, 岩下紘子, 柿栖康二, 岡島行伸, 鈴木 崇, 堀 裕一: 眼表面および眼瞼における前眼部血流と温度の関連について.  第123回日本眼科学会総会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2019/04
7. 松本 直, 富田匡彦, 斉藤雄太, 糸川貴之, 横山康太, 由井千旦, 柴 友明, 堀 裕一: LSFG-Microを用いた未熟児網膜症(OIR)ラットの眼血流波形解析.  第123回日本眼科学会総会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2019/04
8. 岩下紘子, 岡島行伸, 糸川貴之, 鈴木 崇, 馬渕清資, 酒井利奈, 氏平政伸, 堀 裕一: 振子式摩擦測定機を用いたソフトコンタクトレンズ上の点眼液の潤滑性の評価.  第123回日本眼科学会総会,  東京国際フォーラム、東京都千代田区,  2019/04
国際学会
1. ◎Yuichi HORi, Takashi Itokawa, Takashi Suzuki: Correlation between Ocular Surface Temperature and Blood Flow in the Ocular Anterior Segment.  The 12th Joint Meeting of Chinese-Japanese-Korean Ophthalmologists,  蘇州、中国,  2019/09
その他
1. ◎Yuichi HORI: DNA Analysis for Detection of Pathogens in Corneal Diseases.  The 2019 Annual Meeting of the Zhejiang Ophthalmological Academy,  杭州市、中国,  2019/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者