<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高島 明子   准教授
    2          4
 3
 
 
 
 
石田 洋昭   助教
    2          2
 6
 
 
 
 
萬来 めぐみ   助教
    1          
 4
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  6
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














高島 明子   准教授
         4
 
 
石田 洋昭   助教
         2
 
 
萬来 めぐみ   助教
         
 
 
 0 0  0 0  0  6
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shimizu A, Sakakibara R, Nakata M, Takeshita N, Takashima A, Aiba Y, Tateno F, Suzuki H, Yano M:  Female detrusor underactivity: two uterine leiomyoma cases.  IJU Case Reports  (2021)4 :10 -13 , 2020
2. Chiho Tagui Hiroaki Ishida Akiko Takashima Megumi Manrai Toshihiko Kinoshita:  Laparoscopic Excisional Surgery for Grwoing Teratoma Syndrome Presenting 19 Yeras after Initial Treatment: A Case Report.  Toho Journal of Medinine  6 (3) :132 -135 , 2020
■ 学会発表
国内学会
1. 江頭大樹,石田洋昭,安達知弘,清水聖奈,田中悠子,田杭千穂,向井隆文,長岡理大,萬来めぐみ,高島明子: 腹腔鏡にて副角子宮を切除したOHVIRA症候群の一例.  千葉県産科婦人科医学会令和2年度冬季学術講演会,  千葉,  2021/02
2. 田中悠子1) 石田洋昭1) 萬来めぐみ1) 安達知弘1) 長岡理大1) 田杭千穂1) 向井隆文1) 野中みづき1) 江頭大樹1) 清水聖奈1) 杉浦善弥2) 高島明子1)
東邦大学医療センター佐倉病院 産婦人科1) 病院病理部2): 子宮頸部腺癌に扁平上皮癌と神経内分泌癌が混在していた1例.  千葉県産科婦人科医学会令和2年度冬季学術講演会,  千葉,  2021/02
3. 高島明子: 技術認定取得へ向けて~子宮鏡ビデオクリニック~.  第60回日本産科婦人科内視鏡学会,  日本,  2020/12
4. 高島明子、石田洋昭、大高 究、田杭千穂、長岡理大、安達知弘、萬来めぐみ: 子宮鏡下手術(TCR)の前処置としてのホルモン治療の有効性の検討
―黄体ホルモン(ディナゲストR)vsレルミナRの比較―.  第60回日本産科婦人科内視鏡学会,  日本,  2020/12
5. 高島明子、萬来めぐみ、田杭千穂、瓜田麻由美、横山安哉美: ART治療におけるレルゴリクスとカベルゴリンの併用による卵巣過剰刺激症候群予防効果の検討.  第65回日本生殖学会,  東京,  2020/12
6. 〇石田洋昭 萬来めぐみ 野中みづき 向井隆文 田杭千穂 長岡理大 安達知弘 高島明子: 当院で経験した胎盤遺残5例の検討.  第139回関東連合産科婦人科学会,  東京,  2020/06
7. 東邦大学医療センター佐倉病院産婦人科
○高島明子、本橋みづき、田杭千穂、長岡理大、安達知弘、 
 船登泉、萬来めぐみ、瓜田麻由美、石田洋昭: 腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術後の薬物療法の検討
―LEP周期vs LEP連続vsジェノゲストの比較―.  第72回日本産科婦人科学会学術講演会,  東京,  2020/04
8. 東邦大学医療センター佐倉病院産婦人科
〇安達知弘、高島明子、本橋みづき、田杭千穂、長岡理大、船登泉、萬来めぐみ、瓜田麻由美、石田洋昭: 自然分娩の経過中に子宮外の仮性動脈瘤が破裂し動脈塞栓術にて止血しえた一例.  第72回日本産科婦人科学術講演会,  東京,  2020/04
9. Hiroaki Ishida, Megumi Manrai, Akiko Takashima, Tomohiro Adachi, Masahiro Nagaoka, Chiho Tagui, Mizuki Motohashi, Toshihiko Kinoshita: Circulating soluble LR11, a differentiation regulatir for vascularcells, is increased during pregnancy and exaggerated in patients with pregnancy.  第72回日本産科婦人科学術講演会,  東京,  2020/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者