東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)

教授:
  木下 俊彦
准教授:
  竹下 直樹
講師:
  高島 明子
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  木下俊彦 :千葉県がん診療連携協議会子宮がん部会委員 千葉県周産期医療・保健協議会委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















木下 俊彦   教授
    2          
 5
(1)
 
 1
 
 
高島 明子   准教授
              2
 3
(1)
 1
 
 1
 
竹下 直樹   准教授
              
 5
(2)
 
 1
 
 
高島 明子   講師
              2
 3
(1)
 1
 
 1
 
石田 洋昭   助教
   2           
 5
(1)
 
 
 
 
萬来 めぐみ   助教
              
 5
(1)
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  4
(0)
 2
(0)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hiroaki Ishida, Meizi Jiang, Hiroyuki Ebinuma, Nobuyuki Hiruta, Wolfgang J. Schneider, Toshihiko Kinoshita, Hideaki Bujo:  Circulating soluble LR11, a differentiation regulator for vascular cell, is increased during pregnancy and exaggerated in patientnwith pre-eclampsia.  Clinica Chimica Acta  (497) :172 -177 , 2019
2. Ishida H, Jiang M, Ebinuma H, Hiruta N, Schneider WJ, Kinoshita T, Bujo H.:  Circulating soluble LR11, a differentiation regulator for vascular cells, is increased during pregnancy and exaggerated in patients with pre-eclampsia.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  497 :172 -177 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎横川 桂、高島明子、石田洋昭、本橋みづき、向井隆文、長岡理大、安達知弘、萬来めぐみ、竹下直樹,蛭田啓之、木下俊彦: 妊娠後期に初発し増大したが術前質的診断が困難であった卵巣粘液性境界悪性腫瘍の一例.  第138回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  群馬,  2019/10
2. ◎宮崎親男, 渕之上裕, 中田知恵, 小此木信一, 上田啓太, 小名木敦雄, 周郷延雄: クモ膜下出血における血管弾性変化の検討;CAVI(Cardio Ankle Vascular Index)を用いて.  日本脳神経外科学会第78回学術総会,  大阪,  2019/10
3. ◎高島明子、石田洋昭、大高 究、本橋みづき、長岡理大、安達知弘、横川 桂、
萬来めぐみ、竹下直樹、木下俊彦: 腹腔鏡下子宮全摘出術後に子宮腺肉腫と診断された1例.  第59回日本産科婦人科内視鏡学会,  京都,  2019/09
4. ◎本橋みづき,高島明子,石田洋昭,田杭千穂,長岡理大、安達知弘,船登泉,横川桂,竹下直樹,木下俊彦: 宗教上の問題を持つムスリム妊婦に対する当院の対応.  第137回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2019/06
5. 〇加藤正和、石田洋昭、竹下直樹、高島明子、萬来めぐみ、横川桂、長岡理大、田杭千穂、本橋みづき、蛭田啓之、木下俊彦: 粘液境界悪性腫瘍を伴った卵巣原発扁平上皮癌の一例.  日本産科婦人科学会第71回学術講演会,  名古屋,  2019/04
6. 〇高島明子、竹下直樹、萬来めぐみ、横川桂、瓜田麻由美、横山安哉美、木下俊彦: 高年齢患者に対するIVF-ETと内視鏡治療の併用療法において術前に凍結胚を得られなかった症例の検討.  日本産科婦人科学会第71回学術講演会,  名古屋,  2019/04
国際学会
1. ◎Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita: To evaluate the difference of the efficacy of usual cyclic low-dose monophasic oral contraceptive (OC) versus dienogest (DNG) hormonal therapy in the recurrence of after laparoscopic excision of ovarian endometrioma,.  48th AAGL Global Congress on Minimally Invasive Gynecology,  Vancouver Canada,  2019/10
その他
1. 高島明子: 婦人科疾患における薬物治療について.  佐倉市病薬連携セミナー,  佐倉市,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者