<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高島 明子   准教授
              1
 4
 
 
 
 
石田 洋昭   助教
              2
 1
 
 
 
 
萬来 めぐみ   助教
              
 4
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  3
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














高島 明子   准教授
         1
 
 
石田 洋昭   助教
         2
 
 
萬来 めぐみ   助教
         
 
 
 0 0  0 0  0  3
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. 高島明子、萬来めぐみ、田杭千穂、瓜田麻由美、横山安哉美: コロナ禍が及ぼす43歳以上の高年齢患者に対する高度生殖補助医療Assisted Reproductive Technology:ARTへ の影響.  第66回日本生殖医学会学術講演会,  米子,  2021/11
2. 高島明子: ハンズオンセミナー TCRを極める前にまずは基本から.  第61回日本産科婦人科内視鏡学会,  横浜,  2021/09
3. 〇高島明子、石田洋昭、萬来めぐみ、 田杭千穂、野中みづき: 術後5年を転帰とした腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術後の再発予防療法の検討 ―LEPの投薬期間は再発予後に影響するかー.  第61回日本産科婦人科内視鏡学会,  横浜,  2021/09
4. 東邦大学医療センター佐倉病院 産婦人科1) 病理科2): 高齢女性で卵巣未熟奇形腫G1を背景に生じた腺癌の1例.  第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  大阪,  2021/07
5. 東邦大学医療センター佐倉病院産婦人科
〇田杭千穂,野中みづき, 船登泉,萬来めぐみ,高島明子: 妊娠中に胆石性膵炎・急性胆嚢炎を発症し中心静脈栄養管理をした1例.  第57回日本周産期・新生児医学会学術集会,  宮崎,  2021/07
6. 東邦大学医療センター佐倉病院1)、日本医科大学千葉北総病院2)
野中みづき1)、中西一歩2)、施 紅蓮2)、大石優加里2)、井野創2)、柳川知明2)、坂田明子2)、大和田桃子2)、松田繁2)、石川源2)、高島明子1)、山田隆: 子宮体癌術後化学療法中にホスアプレピタント投与でアナフィラキシー反応を呈した一例.  第142回関東連合7産科婦人科学術講演会,  東京,  2021/07
7. 〇石田洋昭 萬来めぐみ 田杭千穂 向井隆文 野中みづき
田中悠子 江頭大樹 清水聖奈  高島明子: 当院で経験した子宮頸部神経内分泌癌と 神経内分泌癌が混在していた子宮頸部腺癌の検討.  第73回日本産科婦人科学術講演会,  新潟,  2021/04
8. 東邦大学医療センター佐倉病院産婦人科
〇高島明子、江頭大樹、清水聖奈、田中悠子、野中みづき、田杭千穂、船登泉、萬来めぐみ、石田洋昭: 3cm以上の子宮筋腫に対する子宮鏡下手術(TCR)の前処置としてのホルモン治療の有効性の検討
―GnRHagonist vs GnRHantagonistの比較―.  第73回日本産科婦人科学術講演会,  新潟,  2021/04
国際学会
1. Akiko Takashima: To evaluate the difference of the efficacy of long-term low-dose estrogen-progestin therapy in the recurrence of endometrioma after surgery.  The 21st APAGE Annual Congress,  Yokohama, Janan,  2021/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者