<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(大橋)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Ohashi)

教授:
  田中 京子
助教:
  釘宮 剛城
助教:
  村上 功
助教:
  髙橋 怜奈
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第4回新大橋婦人科フォーラム  ,東京  2020/07
2.  第5回新大橋婦人科フォーラム  ,東京  2020/11
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 京子   教授
 1 4    1        2
(2)
 5
(4)
 
 2
(2)
 
 1
(1)
釘宮 剛城   助教
 1      1       
 2
(2)
 
 1
(1)
 
 1
(1)
髙橋 怜奈   助教
  1            2
(2)
 
 
 1
(1)
 3
(2)
 
村上 功   助教
  1 1    1       
 2
(2)
 2
(2)
 
 
 1
(1)
 2 1  1 0  0  4
(4)
 2
(2)
 3
(2)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














田中 京子   教授
 1   1     2
(2)
 
 
釘宮 剛城   助教
 1        
 
 
髙橋 怜奈   助教
         2
(2)
 
 3
(2)
村上 功   助教
  1       
 2
(2)
 
 2 1  1 0  0  4
(4)
 2
(2)
 3
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kyoko Tanaka , Daisuke Aoki , Akiko Tozawa-Ono , Nao Suzuki , Kiyoshi Takamatsu , Masaru Nakamura , Hajime Tsunoda , Shigeo Seino , Noriko Kobayashi , Takefumi Shirayama , Fumiaki Takahashi:  Comparison of ThinPrep Integrated Imager-Assisted Screening versus Manual Screening of ThinPrep Liquid-Based Cytology Specimens.  Acta cytologica  64 (5) :486 -491 , 2020
2. Masao Iwamori , Shigeki Adachi , Bei Lin , Kyoko Tanaka , Daisuke Aoki , Taisei Nomura:  Spermatogenesis-associated changes of fucosylated glycolipids in murine testis.  Human Cell  33 (1) :23 -28 , 2020
3. 鎌田泰彦, 金尾祐之, 近藤英治, 田中京子, 寺尾泰久, 三上幹男, 平松祐司( 日本産婦人科手術学会編集委員会):  「子宮腺筋症手術」に関するアンケート調査 全国調査(2016~2018年).  産婦人科手術  31 :101 -105 , 2020
4. 田中京子, 金尾祐之, 近藤英治, 寺尾泰久, 鎌田泰彦, 三上幹男, 平松祐司( 日本産婦人科手術学会編集委員会):  「開腹手術、腹腔鏡下手術、ダヴィンチ支援下手術の割合」に関するアンケート調査 全国調査(2018年).  産婦人科手術  31 :89 -99 , 2020
5. Isao Murakami, Akiko Ohno,Masae Ikeda,Hiroshi Yamashita,Mikio Mikami,Yoichi Kobayashi,Satoru Nagase,Masatoshi Yokoyama,Takayuki Enomoto,Hidetaka Katabuchi:  Analysis of pathological and clinical characteristics of cervical conization according to age group in Japan.  Heliyon  6 (10) :1 -7 , 2020
6. Okamoto A, Kondo E, Nakamura T, Yanagida S, Hamanishi J, Harano K, Hasegawa K, Hirasawa T, Hori K, Komiyama S, Matsuura M, Nakai H, Nakamura H, Sakata J, Tabata T, Takehara K, Takekuma M, Yokoyama Y, Kase Y, Sumino S, Soeda J, Suri A, Aoki D, Sugiyama T.:  Phase 2 single-arm study on the efficacy and safety of niraparib in Japanese patients with heavily pretreated, homologous recombination-deficient ovarian cancer.  Journal of Gynecologic Oncology  32 (2) :1 -12 , 2020
症例報告
1. 釘宮剛城,田中京子,臼井健人,髙橋怜奈,村上 功,佐藤若菜,田中 淳,森田峰人:  子宮頸部蒸散術を契機に診断し得た内向発育型子宮頸部扁平上皮癌の1例.  東京産科婦人科学会会誌  70 (1) :109 -115 , 2021
2. Nagashima Masaru, Komiyama Shinichi, Yoshida Takayuki, Kimura Yuria, Sadamoto Sota, Saito Arisa, Rikitake Takayuki, Katakura Masahumi, Taniguchi Tomoko, Morita Mineto. :  Intravenous leiomyomatosis successfully treated by multidisciplinary treatment including GnRH antagonist Relugolix.  Medicine Case Reports and Study Protocols  2 (2) :1 -6 , 2021
■ 著書
1. 田中 京子,村上 功,釘宮 剛城:  婦人科がん術後リンパ浮腫.  臨床婦人科産科 増刊号 産婦人科処方のすべて2020―症例に応じた実践マニュアル  234-237.  医学書院,  東京, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田中京子: 広汎子宮頸部摘(若手医師セミナー5:広汎子宮全摘術を学ぶ).  第62回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  Web開催,  2021/01
2. ◎高橋怜奈,村上 功,釘宮剛城,田中京子,森田峰人: 腹腔鏡下癒着剥離術により疼痛改善を認めた、子宮内膜症手術後再発の1例.  第60回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  Web開催,  2020/12
3. ◎高橋怜奈,村上 功,釘宮剛城,田中京子: 当院での子宮内黄体ホルモン放出システムの使用経験.  第35回日本女性医学学会学術集会,  東京,  2020/11
4. ◎鎌田泰彦, 金尾祐之, 近藤英治, 田中京子, 寺尾泰久, 三上幹男, 平松祐司: 子宮腺筋症に対する温存手術を考える 子宮腺筋症手術に関するアンケート調査.  第43回日本産婦人科手術学会,  Web開催,  2020/11
5. ◎田中京子,金尾祐之, 近藤英治,寺尾泰久,鎌田泰彦,三上幹男,平松祐: ロボット手術における子宮内膜症・高度骨盤内癒着 開腹手術、腹腔鏡下手術、ダヴィンチ手術の割合に関するアンケート調査.  第43回日本産婦人科手術学会,  Web開催,  2020/11
6. ◎安部来美,村上 功,髙橋怜奈,釘宮剛城,田中京子: 乳癌術後の内分泌療法中に発症した子宮内腫瘤の2例.  第394回東京産科婦人科学会例会,  Web開催,  2020/09
7. ◎湯浅瑛介, 中村千秋, 佐々木智子, 村石佳重, 藤田正志, 横内幸, 大原関利章, 髙橋啓, 田中京子, 安田貢: 子宮体部癌肉腫の1例.  第61回日本臨床細胞学会総会春期大会,  Web開催,  2020/06
国際学会
1. ◎Murakami I, Iwata T, Egawa N, Saito M, Nakamura M, Morisada T, Tanaka K, Griffin H, Doorbar J, Aoki D.: The HPV E4 is a candidate biomarker in cervical intraepithelial neoplasia grade 2.  The 33rd International Papillomavirus Conference and Clinical Workshop,  Barcelona,  2020/07
2. ◎Isao Murakami,Kyoko Tanaka, Rena Takahashi, Tsuyoki Kugimiya, Mineto Morita: Nucleosome positioning on episomal human papillomavirus DNA in cultured cells.  The 72nd Annual Congress of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology,  Web開催,  2020/04
その他
1. ◎髙橋怜奈,吉田隆之,村上 功,釘宮剛城,田中京子: 腹腔鏡下癒着剥離術とホルモン療法で疼痛改善を認めた,再発子宮内膜症の1例.  第395回東京産科婦人科学会例会,  Web開催,  2020/12
2. ◎髙橋怜奈: 当院産婦人科における漢方薬の使用状況.  第5回新大橋婦人科フォーラム,  東京,  2020/11
3. ◎髙橋怜奈: 再発卵巣がんの治療について.  第4回新大橋婦人科フォーラム,  東京,  2020/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者