<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(大橋)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Ohashi)

准教授:
  小宮山慎一(~6月30日)
  田中 京子(7月1日~)
助教:
  釘宮 剛城
シニア・レジデント:
  髙橋 怜奈
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第1回新大橋婦人科フォーラム  ,東京  2018/11
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小宮山 慎一   准教授
              
 2
(2)
 
 
 
 
田中 京子   准教授
 2 2            2
(2)
 9
(7)
 
 1
(1)
 2
(2)
 
釘宮 剛城   助教
  1  3          1
(1)
 3
(3)
 
 
 1
(1)
 1
(1)
 2 0  0 0  0  3
(3)
 0
(0)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 田中京子:  子宮頸部前がん病変および浸潤子宮頸癌に対する妊孕性温存手術.  埼玉産婦人科学会雑誌  48 (2) :103 -105 , 2018
2. 伊藤 歩, 片桐由起子, 福田雄介, 釘宮剛城, 永尾光一, 森田峰人:  片側付属器摘出後の対側卵巣に境界悪性腫瘍が再発した未婚女性に対して妊孕性温存目的で手術中に超音波ガイド下に採卵を施行した1例.  日本がん・生殖医療学会誌  2 (1) :49 -53 , 2019
3. Tadahiro Shoji,Shinichi Komiyama,Junzo Kigawa,Hiroshi Tanabe,Kazuyoshi Kato, Hiroaki Itamochi,Hiroyuki Fujiwara,Shoji Kamiura,Tetsutaro Hamano,Toru Sugiyama,and for the Japanese Gynecologic Oncology Group:  An open-label, randomized, phase II trial evaluating the efficacy and safety of standard of care with or without bevacizumab in platinum-resistant epithelial ovarian, fallopian tube, or primary peritoneal cancer patients previously treated with bevacizumab for front-line or platinum-sensitive ovarian cancer: rationale, design, and methods of the Japanese Gynecologic Oncology Group study JGOG3023.  BMC cancer  18 (1) :771 , 2018
4. Shinichi Komiyama,Kazuyoshi Kato,Yuki Inokuchi,Hirokuni Takano,Takashi Matsumoto,Atsushi Hongo,Mikiko Asai-Sato,Atsushi Arakawa,Shoji Kamiura,Tsutomu Tabata,Nobuhiro Takeshima,Toru Sugiyama.:  Bevacizumab combined with platinum-taxane chemotherapy as first-line treatment for advanced ovarian cancer: a prospective observational study of safety and efficacy in Japanese patients (JGOG3022 trial).  International Journal of Clinical Oncology  24 (1) :103 -114 , 2018
5. Shinichi Komiya,Tsuyoki Kugimiya,Kaneyuki Kubushiro.:  Safety and efficacy of neoadjuvant chemotherapy containing bevacizumab and interval debulking surgery for advanced epithelial ovarian cancer: A feasibility study.  Journal of surgical oncology  118 (4) :687 -693 , 2018
6. Shinichi Komiyama,Tsuyoki Kugimiya,Chiaki Takeya,Rena Takahashi,Kaneyuki Kubushiro.:  Platinum-resistant recurrent ovarian cancer with long survival on bevacizumab and gemcitabine.  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  44 (7) :1330 -1334 , 2018
総説及び解説
1. 田中京子,岩田 卓,青木大輔:  エキスパートに聞く合併症妊娠のすべて 合併症妊娠のすべて-妊娠前からのトータルケア-子宮頸癌.  産科と婦人科  85 (5) :562 -565 , 2018
2. 関 典子, 平松祐司, 小西郁生, 正岡直樹, 増山 寿, 寺尾泰久, 田中京子:  血栓症 術後管理(解説)

Source: 産婦人科手術 (0915-8375)29号 Page105-108(2018.06).  産婦人科手術  29 :105 -108 , 2018
3. 春日義史,田中京子, 宮越 敬, 田中 守:  【ここが知りたい! 早産の予知・予防の最前線】早産の予防:予防的子宮頸管縫縮術 広汎性子宮頸部摘出術における予防的子宮頸管縫縮術の必要性は?.  臨床婦人科産科  72 (3) :322 -327 , 2018
症例報告
1. Chiaki Takeya,Shinichi Komiyama,Tsuyoki Kugimiya, Rena Takahashi,Kaneyuki, Kubushiro,Kei Takahashi.:  Unusual Massive Endometrial Hyperplasia: Initial Presentation with a Small Ovarian Granulosa Cell Tumor.  The Medical Society of Toho University  4 (4) :141 -145 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎近藤英治、田中京子、金尾祐之、寺尾泰久、鎌田泰彦、三上幹男、平松祐司: 我が国における頸管縫縮術困難症例に対する工夫.  第41回日本産婦人科手術学会,  東京,  2019/02
2. ◎仲村 勝、田中京子、西尾 浩、春日義史、宮越 敬、森定 徹、岩田 卓、田中 守、青木 大輔: Radical trachelectomyにおける頸管縫縮術を含むneo-cervixの形成.  第41回日本産婦人科手術学会,  東京,  2019/02
3. ◎土屋雄彦, 片桐由起子, 谷口智子, 片倉雅文, 林裕子, 福田雄介, 田中京子, 前村俊満, 森田峰人: 異所性妊娠にて1000ml以上の腹腔内出血を来した輸血を要した62症例の検討.  第31回内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
4. ◎釘宮剛城、髙橋怜奈、武谷千晶、小宮山慎一、久布白兼行: 若年に発症した子宮体部平滑筋肉腫の再発例に対するエリブリンメシル酸塩の使用経験.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜,  2018/10
5. ◎田中京子、村上 功、岩田 卓、青木大輔、岩森正男: 卵巣癌由来細胞の糖脂質組成改変による抗腫瘍効果の変化(change of anti-cancer effect by alteration of glycolipid compositions in ovarian carcinoma-derived cells).  第77回日本癌学会学術総会,  大阪,  2018/09
6. ◎田中恒成,林茂徳,田中京子,冨永英一郎,青木大輔: 術中に頭低位にした直後に手術台が頭側に脱落した1例.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  島根,  2018/08
7. ◎飯島朋子,林茂徳,田中京子,冨永英一郎,青木大輔: 腹腔鏡下骨盤内リンパ節生検にて診断をし得た濾胞性リンパ腫の1例.  第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  島根,  2018/08
8. ◎田中京子, 青木大輔: 教育講演 広汎性子宮頸部摘出術.  第54回日本周産期・新生児医学会学術集会,  東京,  2018/07
9. ◎田中恒成、森定 徹、佐伯 直彦、飯島 朋子、仲村 勝、岩田 卓、田中京子、青木大輔、柊元 巌: 当院における子宮頸部細胞診ASC-USにおけるHPV型と病理結果に関する検討.  第59回日本臨床細胞学会総会春期大会,  札幌,  2018/06
10. ◎谷口智子, 長島克, 釘宮剛城, 波平制士, 力武崇之, 福田雄介, 土屋雄彦, 片桐由起子, 森田峰人: 当院で子宮頸部円錐切除術を施行した325例の治療成績の検討.  第70回日本産科婦人科学会,  仙台, 日本,  2018/05
11. ◎髙橋怜奈、武谷千晶、釘宮剛城、小宮山慎一、久布白兼行: 術後にリンパ管筋腫症と診断された骨盤内腫瘍の1例.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
12. ◎小宮山慎一: 卵巣癌治療におけるVEGF阻害薬の新たなエビデンス~国内臨床試験を中心に~.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
13. ◎武谷千晶、髙橋怜奈、釘宮剛城、小宮山慎一、久布白兼行: 婦人科悪性腫術後の栄養状態回復に関する調査.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
14. ◎Morisada Tohru, Saika Kumiko, Saitou Eiko, Kono Kanako, Nakamura Masaru, Iwata Takashi, Tanaka Kyoko, Saito Hiroshi, Tanaka Mamoru, Aoki Daisuke: Interim results of a cohort study assessing efficacy of cervical cytology and HPV testing as modalities for population-based cervical cancer screening.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
15. ◎Murakami Isao, Iwata Takashi, Nakamura Masaru, Morisada Tohru, Tanaka Kyoko, Tanaka Mamoru, Aoki Daisuke: HPV E1 is dispensable for low and high-risk HPV maintenance and latent replication in keratinocytes but is necessary for genome amplification.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
16. ◎Saiki Naohiko, Iwata Takashi, Tanaka Kohsei, Iijima Tomoko, Nakamura Masaru, Hayashi Shigenori, Morisada Tohru, Tanaka Kyoko, Tanaka Mamoru, Aoki Daisuke: Involvement of transcription factor HOXD9 in the malignant phenotype of cervical cancer through direct binding to HPV P97 promoter.  第70回日本産科婦人科学会学術講演会,  仙台,  2018/05
国際学会
1. ◎T MorisadaK SaikaE SaitohK KonoM NakamuraT IwataK TanakaH Saito,D Aoki.: Populationbased cohort study assessing the efficacy of cervical cytology and human papillomavirus (HPV) testing as modalities for cervical cancer screening: interimprogress.  17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (IGCS),  京都,日本,  2018/09
その他
1. ◎田中京子: 早期浸潤子宮頸癌に対する広汎性子宮頸部摘出術.  目黒区臨床懇話会,  東京,  2019/02
2. ◎釘宮剛城: 子宮内黄体ホルモン放出システム挿入中に子宮体がんと診断した1例.  第1回新大橋婦人科フォーラム,  東京,  2018/11
3. ◎田中京子: 子宮頸部病変に対する妊孕性温存手術.  第1回新大橋婦人科フォーラム,  東京,  2018/11
4. ◎武谷千晶, 高橋怜奈, 釘宮剛城, 小宮山慎一, 久布白兼行, 城田知己, 佐藤 啓, 吉田有輝: 婦人科悪性腫瘍術後の乳糜漏に対する脂肪制限食の有用性.  第3 回東邦大学医療センター大橋医学会,  東京,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者