東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 脳神経外科学講座(大森)
 Department of Neurosurgery (Omori)

教授:
  周郷 延雄
講師:
  近藤 康介
  原田 直幸
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究成基助成金)(基盤研究(c)(一般))  (研究課題番号:16K10800)
 研究課題:3Dプリンターによる立体模型を用いた脳神経外科手術教育システムの確立  (研究代表者:周郷延雄)
 研究補助金:2860000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業(学術研究成基助成金)(基盤研究(c)(一般))  (研究課題番号:16K10800)
 研究課題:3Dプリンターによる立体模型を用いた脳神経外科手術教育システムの確立  (研究分担者:近藤康介)
 研究補助金:1333570円  (分担)
3.  科学研究費助成事業(学術研究成基助成金)(基盤研究(c)(一般))  (研究課題番号:16K10800)
 研究課題:3Dプリンターによる立体模型を用いた脳神経外科手術教育システムの確立  (研究分担者:根本匡章)
 研究補助金:1526430円  (分担)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















周郷 延雄   教授
              
 7
(7)
 
 
 
 
近藤 康介   講師
              
 2
(2)
 
 
 
 
原田 直幸   講師
              
 2
(2)
 
 
 
 
安藤 俊平   助教
              
 2
(2)
 
 
 
 
福島 大輔   助教
              
 
 
 
 
 
桝田 博之   助教
              
 2
(2)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. 野本淳,植草啓之,福島大輔,桝田博之,北島悟,近藤康介,原田直幸,根本匡章,周郷延雄,: Bettered childが疑われた2例.  第6回多摩川脳神経外科カンファレンス,  東京,  2019/02
2. ◎榮山雄紀,寺園 明,長尾考晃,原田雅史,根本匡章,周郷延雄,長尾建樹: 下垂体卒中2例における手術時期の検討.  第137回日本脳神経外科学会関東支部会,  東京,  2018/12
3. ◎羽賀大輔,植草啓之: 当院におけるSTAMCA bypass吻合時の工夫 -簡単かつ確実に吻合面を形成するために-.  日本脳神経外科学会第77回学術集会,  仙台,  2018/10
4. ◎榮山雄紀,寺園 明,長尾考晃,原田雅史,根本匡章,周郷延雄,長尾建樹: 脳脊髄液減少症における頭部MRI冠状断FLAIR像の有効性の検討.  日本脳神経外科学会第77回学術総会,  仙台,  2018/10
5. ◎榮山雄紀,寺園 明,長尾考晃,原田雅史,根本匡章,周郷延雄,長尾建樹: 両側VPシャント術が有効であった特発性中脳水道狭窄の1例.  第136回日本脳神経外科学会関東支部会,  東京,  2018/09
6. ◎長尾建樹,原田雅史,長尾考晃,榮山雄紀,根本匡章,舘野冬樹,露崎洋平,岸 雅彦,榊原隆次,渕之上裕,周郷延雄: パーキンソン病(PD)非運動症状に対する視床下核脳深部刺激療法(STN-DBS)の効果.  第21回日本臨床脳神経外科学会,  金沢,  2018/07
7. ◎榮山雄紀,寺園 明,長尾考晃,原田雅史,根本匡章,周郷延雄,長尾建樹: 脳脊髄液減少症における頭部MRI冠状断FLAIR像の有効性.  第21日本臨床脳神経外科学会,  金沢,  2018/07
8. ◎榮山雄紀,桝田博之,小此木信一,野出康宏,安藤俊平,近藤康介,原田直幸,根本匡章,長尾建樹,周郷延雄: 当院の経錐体骨到達法における三叉神経心臓反射の臨床的検討.  第30回日本頭蓋底外科学会,  東京,  2018/07
9. ◎榮山雄紀,桝田博之,松浦知恵,小此木信一,野手康宏,安藤俊平,近藤康介,原田直幸,根本匡章,周郷延雄: 経錐体骨到達法の術中における三叉神経心臓反射の臨床的検討.  第27回脳神経外科手術と外科学会,  奈良,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者