東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 腎臓学講座(佐倉)
 

准教授:
  大橋 靖
講師:
  河村 毅
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















大橋 靖   准教授
  1 2 2  1        1
(1)
 2
(2)
 
 
 
 1
河村 毅   講師
 1 1  3          
 4
(3)
 
 3
(2)
 1
 1
(1)
山﨑 惠介   助教
  1  1          
 1
(1)
 
 
 
 1
 1 2  1 0  0  1
(1)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 本山 治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村 毅, 相川 厚, 長谷川慶:  常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  日本小児腎不全学会誌  38 :84 -87 , 2018
2. Ohashi Y, Joki N, Yamazaki K, Kawamura T, Tai R, Oguchi H, Yuasa R, Sakai K.:  Changes in the fluid volume balance between intra- and extracellular water in a sample of Japanese adults aged 15-88 years old: a cross-sectional study.  American journal of physiology. Renal physiology  314 (4) :F614 -F622 , 2018
総説及び解説
1. 河村 毅, 山崎啓介, 大橋 靖, 松村真樹, 酒井 謙, 宍戸清一郎:  腎移植という選択.  腎と透析  84 (別冊腎不全外科2018) :63 -67 , 2018
2. Ohashi Y, Sakai K, Hase H, Joki N:  Dry Weight Target: The Art and Science of Conventional Hemodialysis.  Seminars in dialysis  36 (6) :551 -556 , 2018
■ 著書
1. 大橋靖:  腎機能の変化.  肥満患者の麻酔  37-44.  金芳堂,  京都, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎大橋 靖: 体液バランス異常と心負荷~細胞内外水分量比によるDry-weightに関する一考察~.  第63回日本透析医学会学術集会 総会,  神戸,  2018/07
2. 本山治, 高橋雄介, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村毅: 移行医療における小児腎障害の新たな視点:小児腎臓病と発達障害.  第61回日本腎臓学会学術総会,  新潟, 日本,  2018/06
3. 本山治, 中川知亮, 長谷川慶, 酒井謙, 大橋靖: 小児期発症ステロイド反応性ネフローゼ症候群の成人後再発に関連する要因.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡、日本,  2018/04
4. 本山治, 濱崎祐子, 宍戸清一郎, 河村毅, 相川厚, 長谷川慶: 常染色体劣性多発性嚢胞腎の小児の成長・発達.  第121回日本小児科学会学術集会,  福岡, 日本,  2018/04
5. ◎Ohashi Y, Joki N, Yamazaki K, Kawamura T, Tai R, Oguchi H, Saito A, Yuasa R, Sakai K: Changes in the fluid volume balance between intra- and extracellular water in a sample of Japanese adults aged 15–88 years old: a cross-sectional study.  第61回日本腎臓学会学術総会,  新潟,  2018/06
その他
1. 〇河村 毅,小口英世,山崎恵介,大橋 靖,高須二郎,米倉尚志,兵頭洋二,板橋淑裕,柳沢健人,新井兼司,松島康二,酒井 謙,宍戸清一郎: 2次生体腎移植後、膜性腎症再発に対し加療中、パピローマウイルス感染による喉頭乳頭腫を発症した一例.  第2回 沖縄腎不全・腎移植アップデート研究会,  沖縄県 浦添市,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者