(最終更新日:2022-10-25 17:50:13)
  オオハシ ヤスシ   Ohashi Yasushi
  大橋 靖
   所属   東邦大学  医学部 医学科(佐倉病院)
   職種   教授

学位


博士(医学)

刊行論文


1. 原著  Quantitative sonographic assessment of quadriceps muscle thickness for fall injury prediction in patients undergoing maintenance hemodialysis: an observational cohort study. 2021/05/22
2. 総説  高血圧と関連症状を予防・治療・ケアする!高血圧と関連症状の予防方法②患者指導 2020/10/01
3. 原著  Diagnostic Performance of Blood Pressure Measurement Modalities in Living Kidney Donor Candidates. 2019/05
4. 総説  Dry Weight Target: The Art and Science of Conventional Hemodialysis 2018/11
5. 原著  Changes in the fluid volume balance between intra- and extracellular water in a sample of Japanese adults aged 15-88 years old: a cross-sectional study. 2018/04
6. 原著  Association Between the Fertile Period and Live Birth Post–Kidney Transplantation: A Retrospective Single-Center Cohort Study 2017/06
7. 原著  Association between Low Dietary Protein Intake and Geriatric Nutrition Risk Index in Patients with Chronic Kidney Disease: A Retrospective Single-Center Cohort Study 2016/10
8. 原著  慢性腎臓病患者におけるBody Mass Index, 細胞外液量/細胞内液量比の不均衡, および余剰体液量の関係 2016/10
9. 原著  慢性腎臓病患者における細胞外液量/細胞内液量比の不均衡および余剰体液量と脳性ナトリウム利尿ペプチドの関係 2016/10
10. 原著  PD患者におけるgeriatric nutritional risk index (GNRI) と体組成の関係 2016/09
全件表示(25件)

著書


1. 部分執筆  第2章血液透析の選択「腎代替療法選択ガイド2020」 2020/09/10
2. 部分執筆  腎機能の変化「肥満患者の麻酔」 2018/11
3. 部分執筆  腎移植患者ではどのような指導・管理をするのでしょうか?それはなぜでしょうか?「栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ vol.3 CKD(慢性腎臓病)の最新食事療法のなぜに答える 基礎編」 2015/08
4. 部分執筆  血液透析患者の使用禁忌薬と避けるべき薬剤「やってはいけない薬:なぜかがわかれば決して忘れない,血液透析患者の合併症と薬剤投与:なぜかがわかればやってはいけないことがわかる(富野康日己編)」 2006/04

学会発表


1. Closing debate「現代の腎臓食とは何か?」 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2022/10/23
2. 栄養障害と体液過剰 (口頭,特別講演・招待講演など) 2022/04/23
3. 末期腎不全患者に対する減量・代謝 改善手術の意義と危険性 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2022/03/27
4. 高度肥満維持透析患者に対し腹腔鏡下スイーブ状胃切除術前後の透析管理を行った一例 (口頭,一般) 2021/09/26
5. 学生・研修医のための教育セミナー:症例2 高K血症を来した84歳の女性 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2020/09/26
6. 産後に急性腎障害を発症した腎性低尿酸血症の一例 (口頭,一般) 2020/09/26
7. 粘膜型類天疱瘡に管内増殖性糸球体腎炎を合併した1例 (口頭,一般) 2020/09/26
8. 教育講演:腹膜透析(PD)患者の体液管理 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2020/09/20
9. 乳び尿を伴ったネフローゼ症候群の一例 (口頭,一般) 2019/10/04
10. バイオインピーダンス法の実際、栄養評価、臨床応用 (口頭,特別講演・招待講演など) 2019/03/23
全件表示(66件)
プロフィール

職歴


1. 1997/05~1998/04 東邦大学医学部付属大森病院 腎センター 研究生
2. 1998/05~1999/04 国立病院東京医療センター 専門内科 レジデント
3. 2001/05~2002/04 東邦大学医学部付属大森病院 腎センター 研究生
4. 2002/05~2005/08 川崎社会保険病院 腎臓科 医員
5. 2005/09~2005/09 東邦大学医学部付属大森病院 腎センター 病院助手
6. 2005/10~ 東邦大学医学部医学科(大森病院) 腎臓学教室 助教
7. 2007/04~2013/07 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教
8. 2011/06~2013/05 Cleveland Clinic Department of Nephrology & Hypertension, Glickman Urological and Kidney Institute Internatinal Research Scholar
9. 2013/08~2015/11 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 講師
10. 2015/12 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 腎臓学講座(大森) 助教授・准教授
全件表示(14件)

受賞学術賞


1. 2010/06 日本腎臓学会 第53回(平成22年度)日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 (補正LBMは体液バランス異常を有する患者にも有効な栄養学的指標となり得る)
2. 2013/10 Joint Seminoar on Biomedical Sciences Award of the 8th Joint Seminoar on Biomedical Sciences (Association of metabolic syndrome with kidney function and histology in health.)